›2018- 4- 30

気づいたら

Posted by LSD at 22:58 / Category : その他
4月も終わりか!
そこそこ怒涛の3か月だったか。
そうでもなかったか。

まー時間があっても、あんまりMacを触らない、やっぱりiPhoneをいじっている時間が増えたんだろうねー。
Macは、相変わらず、iTunesで音楽を聴くために、ほぼずっと可動し続けているけれど、こうしてキーボードで文字を打つ頻度が低くなってる。
自宅仕事では、そこそこ使っているか。

ま、ともかく4月が終わりか。
もうすぐ新しい歌ができ上がるはずの、5月だ。
2018年の5月だってよ。

›2018- 3- 1

そして

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
3月も過ぎちゃった。
3月は、前月のバタバタのまま、でもって、年度末的作業が新たに入ってきたり。
この2年間、けっこうのんびり過ごしてきたんだけど、それなりに忙しく毎日が過ぎていきました。

›2018- 2- 1

なんと

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
2月が終わっていたよ。
いや、2月はかなりバタバタしていて。
久々に、そこそこ大きな、でもないかな、のプロジェクトの稼働日があったりして。
まー想像通り、いや、想像以上かなー、の不具合もあったりして。
そんなこんなで過ぎていきました。

›2018- 1- 14

エイリアン3

Posted by LSD at 22:7 / Category : Movie
惑星LV426から離脱したスラコ号は突発事故に見舞われ、リプリーたちは救命艇で惑星フィオリーナ161へ不時着。ひとり生き残り労働矯正施設に収容されたリプリーは、その星が過酷な環境にある監獄星である事を知った。事故の原因を究明しようとするリプリー。実は救命艇内部にはエイリアンが潜んでおり、囚人の飼い犬の体を借りて新たな姿へと成長していたのだ。逃げ場もなく、武器すらない状況下でエイリアンとリプリーの最後の死闘が始まろうとしていた……。 解説・あらすじ - エイリアン3 - 作品 - Yahoo!映画

映画「エイリアン3」を観ました。
これも、20年くらい前に観て以来、です。
前に観たときも、いまひとつって印象があって、ネットとかの評判もいまひとつのようです。

で、観たところ。
なんだかけっこうよかったんだな〜。
いまひとつだろうな〜と期待してなかったからかもですが、意外と面白かった。
なんとはなしに、「エイリアン2」よりもいいんじゃないの、くらいには面白かったです。

最初の出だしが、なんか気に入りました。
緊張感あって引き込まれました。
最初がよかったから、途中、たるいな〜って感じもありつつ、最後まで観れたって感じでしょうか。

最後も、まー予想通り、ですが、3作で終わるんだみたいな終わり方でけっこう好きです。
ちょっとリプリーが綺麗すぎに撮られてるような気がしないでもないですが。
ま、けっこう楽しめました。

›2018- 1- 13

エイリアン2

Posted by LSD at 23:9 / Category : Movie
ノストロモ号事件唯一の生存者、二等航海士リプリーが眠るシャトルは57年の後にようやく発見されゲッタウェイ・ステーションに回収された。エイリアンの存在と危険性を会社に訴えるリプリーを驚愕の事実が襲う。今やアチェロンと名付けられたあの惑星LV426は数十家族が移り住み植民惑星となっていたのだ。そしてアチェロンからの連絡が途絶え、リプリーの危惧は現実のものとなった。宇宙海兵隊と共にアドバイザーとして宇宙船スラコ号に乗り込んだリプリーは再び悪夢の星へと旅立つのだが……。 解説・あらすじ - エイリアン2 - 作品 - Yahoo!映画

「エイリアン2」を観ました。
10年以上前、ひょっとして20年、30年くらい前に、観た映画です。
が、やっぱり、さっぱり忘れてました。

「エイリアン」シリーズ、この「2」が一番面白いという気がしていました。
たしかにけっこう面白かったです。
1作めは、かなりグロテスクなシーンもあって、それはそれでよくて、というか、なんか1作めのほうがよかったかな。
「2」は、SFというか、大掛かりな対決ってな感じが強調されていたような。
それはそれで面白いけど、「1」の続々するような怖さは、ほとんどなくなってた。

ラストのほうの、リプリーとエイリアンの一騎打ち?も凄いんですけど、さすがにそりゃないだろうみたいな。
ちょっとリプリー強すぎというか。
ロボットのようなもので戦うシーンは、ちょっと失笑しちゃうような。

まーそれでもよかったかな。
エイリアンの、あの独特な姿形はやっぱり衝撃的だしね。

›2018- 1- 8

成人の日

Posted by LSD at 23:0 / Category : その他
今日は成人の日だったらしい。
成人の日というと、はるか昔。
全く参加したくはなかったけど、なんだか仕方なく、市主催の式典に出かけた。
家を出るときは、親の手前からか、ネクタイなんて絞めちゃって出発したんだけど、会場近くの駐車場でネクタイ取ってフツウの私服に着替えて参加した覚えがある。
式典の後、テキトーに、その場に居た同級生たちとロイヤルホストに行ったんだったか。
その時、一緒に居た同級生、一人しか覚えていないけど、彼はどうしてるかな。
あぁ、あだ名しか覚えていない。
彼は、「ボンベ」と呼ばれていた。
なんで、「ボンベ」と呼ばれるようになったか、覚えていない、か、そもそも知らない。
ボンベとはその時以来、会っていない。いま、何やってるかな。

›2018- 1- 7

イリュージョニスト

Posted by LSD at 20:24 / Category : Movie
『ぼくの伯父さん』シリーズで名をはせたジャック・タチが娘のために書いた幻の脚本を基に、長編デビュー作『ベルヴィル・ランデブー』で独特のセンスを発揮したシルヴァン・ショメが映画化したアニメーション。解説・あらすじ - イリュージョニスト - 作品 - Yahoo!映画

映画「イリュージョニスト」を観ました。
ぜんぜん知らない映画でしたが、Amazonプライムにあったので。

ジャック・タチという方もぜんぜん知らなかったんですが、「ぼくの伯父さん」シリーズが有名なのか。
で、この「イリュージョニスト」、いまひとつピンとこなかったな〜。
なんとなく評判は良さげでしたが、面白くないというとアレですけど、ま、あんまり面白くなかった。

どこかで絵本のよう、という感想のようなものを見かけましたが、そういうふうにみれば、なるほど絵本か。
絵本ってけっこう残酷な感じもしますが、このイリュージョニストもなんだか残酷というか物悲しいというか。
淡々としていて、起伏に乏しいところもなんだか絵本かも。
そんな感じに最初から観てれば、ちょっと印象が変わったかも、です。

›2018- 1- 6

初詣

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
初詣、殆ど行ったことがありません。
覚えてる限りで、いままでで2回かな。
信心深くないっていうのかしら。
こういうところは、けっこう遺伝するのかしら。
ウチの実家は、かなり田舎のほうで、神社とかも近くにあったりするのですが、祖父母、父母ともに初詣に興味がなかったみたい。
興味がないってのは変か。
ともかく家族で初詣ってのは一度も行ったことがない。
話題にもなった覚えもない。
だから何だってこともないんだけど、そこそこ珍しいのかしらん。

そういえばお盆の行事?とかも、いちおうやっていたけど、ちょーテキトーだったような気がするし。
そうだ。そもそもお盆の意味も、長い間、知らなかった。
いや、いまでもよくわかってない。
先祖代々ってほどではないけど、そんなようなお墓とかもあったりするのにね。
そこそこ珍しいのかしらん。

初詣もお盆も厄年も、ぜーんぜん興味がないまま今に至ってます。
だって、ぜーんぜんどうでもいいことに思えるしね。
そういう家系に育って、そういうところには感謝しちゃうね〜。

›2018- 1- 5

2017年 ライブ

Posted by LSD at 23:10 / Category : Rock
2017年に参加したライブは9本のようです。

長澤知之“Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017”@東京キネマ倶楽部(01/21)
長澤知之“Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017”@umeda AKASO(01/24)
Nagasawa Tomoyuki Band Tour 'Kumo No Ito' 2017@大阪 BIGCAT(04/18)
THE STONE ROSES@日本武道館(04/21)
Nagasawa Tomoyuki Band Tour 'Kumo No Ito' 2017@LIQUIDROOM(04/24)
Chara Live Tour 2017 “Sympathy”@人見記念講堂(09/24)
CHABO BAND「雨あがりの夜空に2017」@日比谷野外音楽堂(10/09)
AL LIVE 2017@LIQUIDROOM(11/27)
矢野顕子「さとがえる/ひきがたるツアー “ひとりでみんなに届けます”」@NHKホール(12/10)

さすがに少なくなりました。
で、9本のなかで、5本が長澤くん関係という。

長澤くん、2017年はほとんどライブを観なかったな〜なんて思ってたんですが、4月までで4本とけっこう集中して観てたんですね。
バンドツアーがやっぱりよかったな。

で、このなかでは、ストーン・ローゼズが一番印象に残っているかな。
なんだかんだで、大好きです。
ボーカルのイアン・ブラウンが激しくヨレヨレだったんですが、それすら不快?にならないバンドマジック。
って、褒めすぎでしょうか。
とにかくよかったです。

›2018- 1- 4

2017年 本

Posted by LSD at 21:14 / Category : BOOK
2017年に読んだ本は35冊だったようです。

AKIRA(1) / 大友 克洋
AKIRA(2) / 大友 克洋
AKIRA(3) / 大友 克洋
AKIRA(4) / 大友 克洋
AKIRA(5) / 大友 克洋
AKIRA(6) / 大友 克洋
きりひと讃歌 1 / 手塚治虫
きりひと讃歌 2 / 手塚治虫
きりひと讃歌 3 / 手塚治虫
きりひと讃歌 4 / 手塚治虫
そして誰もいなくなった / アガサ・クリスティー
ハサミ男 / 殊能将之
火の鳥 1 / 手塚治虫
火の鳥 2 / 手塚治虫
火の鳥 3 / 手塚治虫
火の鳥 4 / 手塚治虫
火の鳥 5 / 手塚治虫
火の鳥 6 / 手塚治虫
火の鳥 7 / 手塚治虫
火の鳥 8 / 手塚治虫
火の鳥 9 / 手塚治虫
荷風になりたい~不良老人指南~ 1 / ケン 月影
荷風になりたい~不良老人指南~ 2 / ケン 月影
荷風になりたい~不良老人指南~ 3 / ケン 月影
限りなく透明に近いブルー / 村上 龍
人間椅子 / 江戸川 乱歩
沈黙 / 遠藤 周作
舞姫 / 森 鴎外
僕だけがいない街 9 / 三部 けい
累(10) / 松浦 だるま
累(11) / 松浦だるま
累(12) / 松浦 だるま
累(7) / 松浦だるま
累(8) / 松浦だるま
累(9) / 松浦だるま

ほとんど漫画です。
しかも、再読が多いかな。
このなかでは、手塚治虫の一連の作品がやっぱり面白かったかなー。
手塚治虫はちょっと別格ですなー。