›2017- 1- 30

ジャンヌ・ダルク

Posted by LSD at 21:35 / Category : Movie

百年戦争下のフランス。英国軍に両親を殺され、親戚のもとに引き取られたジャンヌ。ある日教会で神の声を聞いた彼女は、自分が神の使者であると確信する。やがて成長した彼女は、王太子に認められフランス軍を指揮。彼女の存在で軍は息を吹き返し、闘いは奇跡的な勝利を収めるが...。Yahoo!映画

映画「ジャンヌ・ダルク」を観ました。
ほとんど映画が公開していたことすら知らなかったんですが、1999年公開、リュック・ベッソン監督の映画でした。
ジャンヌ・ダルク役のミラ・ジョボヴィッチをはじめ、ジョン・マルコビッチ、ダスティン・ホフマンなど豪華、なのかな、出演者です。

いわゆる歴史モノっていうんでしょうか。
ジャンヌ・ダルクの一生を駆け足で描く、みたいな感じのストーリーです。
ざっとネットの評判とか見てみると、あんまり評判良くないんですが、私は、けっこう面白く思えたな〜。
なにしろ、ジャンヌ・ダルクのことをほぼ知らなくて、当時のこともほぼ知らず、宗教観もほぼわからず、の状態だったので、なんだか興味深く、勉強になりました。

勉強になっただけじゃなくて、物語もけっこう起伏があって面白いと思ったな〜。
ジャンヌ・ダルクを単なるヒロインとして描いていないところもよかったです。
宗教というか、神に取り憑かれたというか。
共感はまったくできませんが、周りの空気を含め、こういう歴史が積み重なってきたんだなーというか。

ちょっと黒澤映画のような映像だったり。
これは勘違いかな。
またこういう面白い歴史モノの映画が観たくなりました。