›2016- 4- 14

TOPPING VX2 デジタルアンプ

Posted by LSD at 21:7 / Category : iTunes

TOPPING VX2 デジタルアンプ DAC不要 STA326 24bit/96kHz USB(Amazon)

デジタルミニアンプというんでしょうか。
また衝動買いしてしまいました。
いままで、今もだけど、メインに聴いてるデッキ類が部屋の配置上、音が後ろから聴こえてくる状況で。
3年間そんな感じで過ごしてきたんですが、どうも、やっぱりいまひとつ感があって。
ともかく前方から音が聴こえてきてほしい。
とりあえず、まずはそんな動機です。

で、そんなこんなで時が流れて?、数か月前に、これまた衝動買いでプロジェクターを購入。
これは映画を見るのに、かなりいい感じです。
それとともに、Apple TVも追加購入。
隣の部屋からの音出しの環境が整いつつありました。

隣の部屋のApple TV経由でiTunesの音を聴こう。
ということで、購入してみました。
このデジタルアンプに、入力はApple TV、出力は昔買ってそのまま放置していたフツウのコンポ用?のちょっと小さなスピーカー。

昨日の夜くらいから聴きはじめてますが、とりあえず満足です。
まーラジカセに毛が生えたくらい、なんだと思いますが、いいのです。
ホントは、AirPlay対応のスピーカーとかのほうがいいんだろうけど。
放置してたスピーカーも復活したことだし、いいのだ。

しばらくは、こいつをメインに音楽を聴くことにします。
映画を見る時も、このスピーカーから出力できるしね。

›2011- 10- 28

AirFoilとAirfoil Speakers Touch

Posted by LSD at 23:59 / Category : iTunes
先日、ウチのどこにいても同じ音を聴きたい!ということでスピーカーを衝動買いしたことを書きました。
で、イマイチ、失敗したことも書きました。
結局、スピーカー、今のところ、使ってないなぁ。

で、そんなこんなをしてるうちに、思い出してしまいました。
まずは、Airfoil というソフトウェア。
Mac専用のソフトだと思いますが、これをインストールすると、他のMacとかに音を飛ばせます。
数年前に購入したんですが、イマイチ、重くて、殆ど使ってませんでした。

それと、Airfoil Speakers Touch。
これはiPhone、iPad専用のアプリ。こちらは無料。
正直、これを導入した経緯もきっかけも使用した記憶もサッパリ。
が、なんと、ふと思いついて立ち上げてみると、使えた!

あ、MacでAirfoil を立ち上げておいて、Airfoil 経由で音を出力させます。
最初だけ音が鳴るタイミングに遅れが若干ありますが、気になるのはその時だけです。
で、iPhoneなりiPadで、Airfoil Speakers Touchを立ち上げると、音が鳴る!
ナント! です。

なんだー、スピーカー要らなかったーってのもありますが、それより、実現できたことのほうが嬉しい!
かなり快適です。
そりゃ、Mac Book ProやiPadから鳴ってる音なんで、いい音とはいえないでしょう。
でも、いいんだ。
私は、ウチのなか、どこでも同じ音が鳴ってる環境がいいんだ。
二日連続で、風呂の中にまでiPadを持って行ってしまったよ。
うーん、快適。満足だ〜。
(もっと早くきがつけばよかった)

あぁ、私は設定とかは昔にやってたので、サッパリ覚えてないんですが、以下のサイトが参考になりそうです。
AirMac Expressを活用するにはAirFoilというソフトがお勧め|MacT
iPhoneやiPadをスピーカーにしてしまうAirfoil Speakers Touch|MacT

›2011- 10- 24

Creative D100 ワイヤレス スピーカー

Posted by LSD at 22:51 / Category : iTunes

ついつい衝動買い。アマゾンで。
仕組みはよくわからないのですが、Bluetooth経由でいいのかな、ケーブル無しでMacの音を出すスピーカーです。

元々の自宅ではFMで飛ばしたり、なんだかんだで、部屋のどこにいても、風呂にいても、同じ音が流れる環境にしています。
で、こっちでも、できるだけ簡易にそんな風にしたいなーと思っていて。
Apple TVやAirMac Expressも考えましたが、それ単独だと音が出ないんだよなー。
結局、プラスでスピーカーが必要で。
ということで、Bluetoothスピーカー。

Bluetooth。
昔、ケーブルレスということで、イヤフォンを購入してちょっとだけ使ったことがあります。
でも、ダメだったんだよなー。
いまひとつ、エラーが出やすいというか、接続がスムーズじゃないというか。
で、すっかり使ってないんですが。
ついつい。

で、この「Creative D100 ワイヤレス スピーカー」。
今もこれで聴いてます。
悪くはないよな。
音もいいような気がするし。
いや、Macで聴いてるよりはいいよなー。

だがしかし。
やっぱ、今でも、接続がどうもスマートじゃないなー。
いちいち認識させなくちゃ使えない。
こんなはずじゃない、よなー。
それと、何気なく距離が飛ばない。
そもそもそんなに飛ばすことが目的じゃないんだろうけど。
5mくらいかな、壁とかはさむと音が途切れちゃう。
FMのほうが飛ぶなー。
そうそう、それと。
このスピーカーが原因かどうかはわからないのですが、Mac強制終了が3回連続。
8月に購入したこのMacBookProで初めてのこと。
これにはかなり閉口(原因不明だけど)。。。

さらには。
忘れてたんだけど、一番ちょっとなーなところが、Macと一緒に鳴ってくれない。
そりゃそうだったっけ。
同時に鳴ってほしいんだよなー。
今、こうしてMacに向かってるところと、違う部屋とか、同時に。

とはいえ。
乾電池で鳴ってくれるんで、これを持ってテキトウに場所を移動できるのはいいなー。
軽いといえば軽いし。

うむ。もうちょっと悩もう。

›2011- 2- 7

自宅内音楽鳴らし環境

Posted by LSD at 21:17 / Category : iTunes
接続機器
何のきっかけもないけれど、自宅の音楽鑑賞(ってほどじゃない)環境紹介。
なんだそれ。

随分昔から音楽をCDから聴くことがなくなってます。
レンタルはしないし、iTunes等からダウンロードもしません、基本的には。
ただ、自宅で音楽を聴くのに、いちいちCDを取り出して、プレイヤーにセットして、ってのが面倒で、パソコンから鳴らすということに、慣れすぎました。
まだWindowsがメインマシンの時、2000年くらいからかな、パソコンでmp3音楽ファイルを聴くようになったのは。
そのうちiPodが発売されて、釣られるようにiBook G4を購入。
これを音楽専用パソコンのように仕立てて、試行錯誤しつつ、アンプに繋げたり、FMに飛ばしたり、ってな感じで今にいたってます。
あぁ、前置きが長い。

今はiMacのiTunesが基本です。
iBookの頃に手持ちのCDをガンガン取り込んでいたのですが、その頃のハードディスクの容量は少なく、全てを取り込むことは断念。
そのため、未だに、手持ちCDのうち3割くらいは取り込んでいなかったりもします。
で、今は、動画等を含めて、iTunesに1024アルバム、53GB管理しているようです。

そのiMacと繋げているオーディオ・デバイスがRoland『UA-30』。
製品情報はこちら
といっても、もうとっくに販売停止のシロモノ。
これ、いつ買ったんだろうな。
Windowsを使っていた頃なのは間違いなくて、その昔DTMにチョットだけハマっていた頃に買ったんだよな、きっと。
そんなに高いものじゃありません。というか安いはず。
でも、構造が単純なのか、壊れないですねー。
コンセントなしで、パソコンから電源供給されて動いてくれるので助かります。
で、このUA-30をiMacにUSB接続して、iMacの音を外部出力させています。

このUA-30をアンプに接続して音を鳴らすだけでよいのですが、これだと風呂場とか寝室とかに音が飛びません。
もしかして二股コードなんてモノもあるかもしれませんが、ま、風呂場にはちょっとそれもキツイ。
で、なんとか、もう一つ、音を出力させなければ、しかも同時に。
てなわけで、UA-30から出力される音は、さらに別のオーディオ・デバイスM-Audio『DELTA Omni Studio 66』に入力し、そこから二系統に音を流してます。
この『DELTA Omni Studio 66』は高かったなー、確か。
やっぱり、WindowsでDTMにハマっていた頃に、正確には、二度目にハマった時に購入したもの。
2003年か、もう少し後かな。
マザーボードに突き刺して使うデバイスで、Macには非対応。
なもんで、『UA-30』をかまさざるを得ない、という結論に至ったんだな、たぶん。
ただ音を分岐させる(?)だけの為に使ってるなんて、バカじゃないか、と言われる使い方です。
ま、しょーがない。
今はDTMやってないし。
『DELTA』もとっくに販売停止の模様。
商品紹介ページも見当たりませんでした。

『DELTA』の音出力は、1つは、フツウのオーディオコードでアンプに繋げてます。
コードはさすがに長いです。壁を這わせてるので、5メートルはあるかなー。
もう1つの出力は、FMトランスミッター『TR-10RDX』に繋げてます。
2003年から私は愛用してます。
まだ売ってんのかなーと思ったら、あった。

で、寝るときとか風呂に入るときにはこの『TR-10RDX』のスイッチを入れて、安物FMラジオで音を拾って聴く、なんてことをしてます。
このFM飛ばしはけっこう良くて。
音に拘りさえなければ、全然OKです。使えます。
とはいえ、最近は、寝室にはこのFM飛ばしではなくて、MacからMacへと試行錯誤中ですが。

と、こんな感じのウチでの音楽鳴らし環境。
なんだかそれなりに快適で。
ウチに篭りがちになる一因、だろーなー。

›2009- 12- 15

BELKIN Tune Direct トランスミッタ F8Z417JA

Posted by LSD at 22:54 / Category : iTunes
ここ数年でめっきり車に乗らなくなってしまった。
20年前は年間8万キロくらいは乗っていたが、今では年間3千キロ未満。
特にこれといった理由もないのだが、なんとなく乗らなくなっている。

で、さらに、車の中で音楽を鳴らすこともあまりなくなってしまった。
家の中では、とりあえずはいつでも音が鳴っているが、なんとなく車の中では聴かなくなっている。

とはいえ、それでも車の中で音楽を聴きたくなる時もある。
今までは、iPodに「Belkin iPod MOBILE POWER CORD」を経由させ、「TR-10RDX」というFMトランスミッターの音声入力に繋いだうえでカーステレオのFMから聴いていた。
なんだかかなり泥臭いというか、スマートじゃないやり方だ。
それでも、外部端子のないカーステでiPodの音を聴くには、これが一番だと思っている。

で、iPhoneを入手し、「orb」あるいは「Simplify Media」というアプリを使用して、自宅のiTunesの音を鳴らせるということを知ってからは、いよいよiPodを使わなくてもOKの状態になってしまった。
もちろん、「orb」あるいは「Simplify Media」は完璧じゃない(そもそも回線が繋がってないとダメだし、自宅Macも起動している必要がある)のでiPodを利用した方がよいのだが、iPhoneとiPodを二つ持ち歩くのもメンドーだ。

ということで、今度は車の中でiPhone、しかも自宅Macの音を飛ばして聴く、に挑戦してみた。
基本のやり方は前述の方法で問題ないだろうと思っていたが、「Belkin iPod MOBILE POWER CORD」がiPhone未対応であった。
残念。
で、テキトウに検索してこれならダイジョブだと思い購入したのが「BELKIN Tune Direct トランスミッタ F8Z417JA」。

「Belkin iPod MOBILE POWER CORD」を引っこ抜き、こいつのミニステレオケーブルを「TR-10RDX」に接続。
もちろん、iPhone本体にも接続。
で、カーラジオはFMのスイッチを入れ、iPhoneのorbアプリを起動。
果たして、うまくいった。
たまに3G回線が弱くなるのか、聴き取りづらくなったり、一度だったか音が完全に切れちゃったときもあったが、まー私の中では許容範囲だ。
ちなみに、試してみたのは、この前のアッコちゃんコンサート@NHKホールからの帰り道。
首都高を抜けて自宅までおよそ1時間弱。
アルバム「akiko」を聴きながら帰宅した。

「Belkin iPod MOBILE POWER CORD」には付いていたヴォリュームがなくなっちゃったのは残念だけど、これさえあれば車の中でiPhoneの充電もできる。
ま、満足だ。


そういえば、私のお気に入りのFMトランスミッター「TR-10RDX」。
すっかり市場から消えてしまったような気がしていたのだが、今年の5月からAmazonで取り扱いが始まっていたようだ。

5年くらい前に車載のトランスミッターをいろいろ研究?したときには、これが一番だと感じた。
もしかして、今ではもっといいものがあるのかもしれないが、これまた私はとっても重宝している。
自宅でも、毎日、大活躍(私は自宅用にも購入してしまった)だ。

›2008- 12- 7

FMラジオ

Posted by LSD at 23:24 / Category : iTunes

そういえば、このところまたしても散財が止まらない。
2年くらい前だったか、購入して使っていたCD付きラジオがあっけなく壊れてしまったので、テキトウにAmazonで検索して購入したのがこれ。

iMac > Roland UA30 > M-AUDIO DELTA OMNI STUDIO66 > ステレオ経由で iTunesからの音を楽しむ習慣は変わっていない。
で、M-AUDIO DELTA OMNI STUDIO66 からFMトランスミッター「TR-10RDX」に分岐させ、隣の部屋や風呂場でFMラジオ経由の音を拾うのだ。

さすがに、ラジオからの音はちょっとしょぼい。
が、まーいいのだ。今のところ、家のなかどこでも音が鳴っているという環境はこれがベスト。

で、このFM/AMラジオ。
CDもカセットテープも付いてない。
カセットはもはやどんな商品も付いてないのかな。
(つい気になって検索したらまだ売っていた。テープも需要があるんだ。)
と、ラジオの機能しかないのにちょっと高い。
どうやら、高感度設計が売りらしい。
確かに、かなり安定した受信だ。
前のやつは、いまひとつ音を捕まえてくれなくて、補助アンテナ?らしきものを使っていたが、これはそんなものは必要なく「TR-10RDX」からの音を拾ってくれる。

ということで、とりあえず満足。

›2008- 6- 19

iTunes

Posted by LSD at 22:7 / Category : iTunes
最近、iTunesの取り込みの仕様が変わったんでしょうか。
たとえば、清志郎のライブ@武道館やSIONのニューアルバムなど、新しい音源を取り込んだ音がどーも小さいような気がします。
古いアルバムなどはしょーがないと諦めてますが、新しいアルバムはどれも気になるほどの差はないはずなんだけどなぁ。
そのうち調べてみよう。

›2007- 12- 22

Boot Campの続き

Posted by LSD at 23:27 / Category : iTunes
MacでWindowsを動かすBoot Camp。
3週間ぶりくらいにインストールの続きをやりました。
前回は悪戦苦闘の末、キーボードが動かんというところで終わってました。
今回もそのキーボードの不具合をなんとかしようと再びトライしてみましたが、どーにもこーにもならないのであっさり諦め、Windowsマシンで使用しているワイヤレスキーボード&マウスを突っ込んでみました。で、あっさり動いたぞと。

ひとつのマシンでMacとWinを使い分けるという意味からして、二つのキーボード&マウスのセットを使うのはどーかとも思いますが、致し方ない。

ということでOSは完了。
あとはWindows Update、フリーのウィルス対策ソフトやファイヤーウォールソフト、スパイウェア対策ソフト、Firefoxなどをインストールして、まぁ日常使えるレベルまでになりました。さくさく動いてなかなか気分が良いです。

とはいえ、たとえば遊びでいれてみたワンセグソフトとか動かない(画面が映らん)とか不具合もあったりします。
でもって、Mac OS Xに戻ってみると、今度はどーもMacの調子が悪かったりして。
ブルートゥースマウスが動かなかったり、システム環境設定が固まったり。
なかなか完全にうまくはいかないもんですなー。

うまくはいかないといえば、今日はこんなことをする予定じゃなかったんだよなぁ、そういえば。なにがきっかけで今日はBoot Campに着手しちゃったんだろう。予定では年末に向けていろいろ出かけてたりなんだかんだと片付けるはずだったんだが。
ま、無事にWindows XPのインストールが完了したということでOKということにしよ。

›2007- 11- 30

Boot Camp

Posted by LSD at 23:59 / Category : iTunes
iMacの機能、Boot Campを試してみました。
iMacでWindows XPを動かすというものですが、一応、インストールまではできました。
が、最後にMacのドライバーとかをMac OS XのDVDからコピーするのに失敗するらしく、いまいちうまく行きません。具体的にはキーボードを認識してくれません。
もう少し詳細に書くと、最初のうちはキーボードは認識していて、Lanアダプタがダメだったので再度というかけっこう繰り返しそのDVDからのコピーをやり直ししているうちに、Lanはなんとなく認識したものの、キーボードがダメになってしまいました。

これじゃ、使えねー。
もともと遊びのつもりだったんでまぁいいか。
それにしても、こういうBoot Campのような機能ひとつとっても、それがいまひとつうまく動かない代物だったとしても、Appleの製品のほうが魅力あるよなぁと思います。
とにかく面白いですね。

Boot Campは、どーするかな。
よくよく考えれば、MacとWindowsの共存といっても、いちいち再起動かけなきゃならないんでそれほど使い勝手がいいもんじゃない。さらにいえば、もっぱらiMacのみ使う生活になったうえに、Windowsマシンも複数ある状況だから、iMac上でWindowsを動かさなきゃならんわけでもない。
ということで、とりあえず、XPは置いとこうかなー。
ま、そのうちぼちぼちと考えることとします。

›2007- 11- 23

Konfabulator

Posted by LSD at 23:29 / Category : iTunes
結局、Yahoo ! Widget Engine3.0をダウンロードできるサイトを発見できず、またしても迷路に入ってしまったが、MacのアプリケーションにKonfabulatorが残っていた。
Konfabulatorは、Yahooによって買収され、Yahoo ! Widgetに生まれ変わった。ということでずいぶん前の、といってもまだ2年くらい前のことなんだよなー、ソフトウェアだ。
そいつを動かしてみたら、なんてこたない、動いた。

ということで、Sputnic復活。
あぁ、Sputnicとはこのサイトの右側に、iTunesで流している曲のCDジャケットやリストを表示させているソフト。
なんとなく、このほうが落ち着く。

何気にSputnicの復活もけっこー手間取ったりして、なんだかんだでほぼ一日パソコンと格闘。
そんな一日だった。

1 |  2 |  3 |  4 |  5  次へ