›2010- 12- 28

Golden Circle 2010

Posted by LSD at 23:59 / Category : TV SHOW
NHK BS2で放送された「Golden Circle 2010」を観ました。
10月24日武道館で行われた寺岡呼人主催のイベントライブ「Golden Circle Live Vol.15」です。
Chaboのほか、奥田民生、桜井和寿、寺岡呼人、中村中、ゆずといった方々がゲストでした。
私も参加したこのライブ、そう、Chaboが出演したのです。

私はこのライブに参加しましたが、良かったです。
Chaboが活躍してくれました。
ほとんどアウェイといっていい武道館で、弾き語り「ティーンエイジャー」でお客さんを魅了したChabo。
それがテレビで放送される。
嬉しい!

で、その番組。
これまた良かったです。
丁寧に作られてるなーって印象。
曲を途中でカットすることもなく、適度にリハーサルの風景を盛り込んだりして、よくまとまっていたと思います。
長かったんだよな、このライブ。
そう、私はアンコールを観ないで帰っちゃったんだ。

で、スイマセン、一気にChaboへ。
21時から始まった番組で、22時8分辺りからChabo登場、結局、そのまま最後までずっと登場でした。
嬉しい。Chaboのリハ風景とかは映されませんでしたが、ま、いいや。

詳細はライブ感想に書いちゃったとおりですが、まずは、初っ端、寺岡呼人の「"飲んだくれジョニー"を探して」のときのスライドギター。
カッコいー!
Chaboのギター、しかもスライドは個性あるよなーと思います。
好きだなー。
音はもちろん、ギターを弾く姿もめちゃくちゃかっこ良くて。
夢中で画面を見ちゃいました。

で、お一人での「ティーンエイジャー」。
これもすごいな。
Chaboが一人で、武道館のお客さんに歌わせてしまう。
けっこう想像できないような光景。
すごいな。

残念ながら桜井さんとの「月夜のハイウェイドライブ」はまるまるカットされていましたが、その後のアンコールの時もChaboはゴキゲンそうにステージに立っていました。
そして、「雨あがりの夜空に」。
Chaboは最後のほうだけボーカルでした。
エンディングのあと、マイクの前に立って、

  Oh 雨あがりの夜空に吹く風が
  Woo 早く来いよとオレたちを呼んでる
  グレイト 忌野清志郎!

感動。
でも、ウワサ?によると、【ギターを天に突き上げ】って場面があったらしいのですが、テレビには映らなかったなー。
ま、いいや。

その他、ゆずの歌(だと思う)とか披露されましたが、スイマセン、タイトルが思い出せないのでちょっと省略。
そんなときでも、Chaboは楽しそうにステージでギターを弾いてました。
良かった。うーん、良かった。

最後、寺岡呼人を優しくたたいてハグしてるシーンも良かったなー。
他の出演者もChaboを讃えてるような感じで嬉しい。
ゆずのリーダーは歌の途中で「個人的にChaboさんと演れて嬉しい」って言ってたし(たぶん)。

長いライブだったと思うのですが、よく2時間にまとめたなーとも思います。
いい番組でした。
シツコイですが、Chabo、カッコいー!!

›2010- 9- 27

THE GREAT PEACE 10 SONGS "RESPECT FOR 忌野清志郎"

Posted by LSD at 22:2 / Category : TV SHOW
THE GREAT PEACE 10 SONGS "RESPECT FOR 忌野清志郎"。
先日、フジテレビNext「ARABAKI ROCK FEST.10」のなか、5時間放送枠で50分弱くらい放送されました。
10組以上のアーティストが清志郎(RC)を歌うというもの。
今年、5月2日、Arabakiのオオトリのステージです。

私は、このライブは生で観ていました。
そのときの感想はこちら

感想としては、このときとほとんど同じなのですが、ちょっと違った感じももちました。
まずは、中納良恵(EGO-WRAPPIN')の「エンジェル」がいいなー。
実はEGO-WRAPPIN'、ぜんぜん聴いたことないんですが、よかった。
歌詞をほとんど見てないところ、これだけでもなんだかよくて。
伝わるものがありました。

あとは、やっぱり、奥田民生。
このときの「スローバラード」はスゴイです。
すごく感動しました。
なんだか何回も繰り返し観ちゃいました。
今もまた観ちゃったりしてるのですが、これはほんとスゴイ。
実際、会場でも、鳥肌モノのボーカルでしたが、テレビでもそれが伝わります。
上手く歌おうとしてない(ような気がする)、とにかく大きな声で。
音割れ寸前だったんじゃないかなーってくらい。
いやー、良いです。
映像もいいなー。
途中、女の子が涙するところも映されるんですが、まさにそんな感じ。
最後のシャウトも感動。あぁ、これはいい。
奥田民生、素晴らしい。

OK! チャボ!!

Chaboのステージは、もちろん、最高でした。
この一言で全てを語ってる。そんな感じです。
いや、演奏もスゴイんですが。

あらためて観てみると、ギターもカッコいー。当たり前か。
いや、このときの「雨あがり」。
お馴染みのフレーズなんだけど、なんだか音がChaboなんだなー。
ぜんぜん詳しくないんだけど、なんだかわかる。
独特の音、なような気がして。
最後のジャーンってところも、ただコードをかき鳴らすだけなんだけど、カッコよくて。
で、ギターを右手で上に掲げて、ネックからステージに落とすところも、すごくカッコよくて。

奥田民生「スローバラード」、Chabo「毎日がブランニューデイ」、「雨あがりの夜空に」。
最後のこの3曲が生で体験できた、ただそれだけでも、今年のArabakiに行ってよかった。
ホントにそう思います。

›2010- 9- 23

ぼくはロックで大人になった

Posted by LSD at 23:59 / Category : TV SHOW
ロックで大人になった7月23日にNHK BShiで放送された「ぼくはロックで大人になった〜忌野清志郎が描いた500枚の絵画〜」のうち半分、1時間を観ました。

いい番組だなー。
先日出かけた日野高校の映像も懐かしく、顔のない自画像のドアップも素晴らしい。
小林先生の眼差しがいい。
何より番組そのものが素晴らしい。

よく言われている暗黒時代が中心の前半です。
この番組を観ると、なんというか、ロックスター、というか、芸術家になるべくしてなった、そんな気がします、清志郎。
中学、高校はもちろん、小学校のときの創作物がこれほど残っているのも凄いなと思いますが、そのどれもが、なんというか、将来の姿を垣間見せてくれるというか、予感させてくれるというか。
こう言っていいかどうかはわかりませんが、努力だけではどうにもならない世界を見せてくれるというか。
いや、清志郎が努力していないというわけではなく、ですが。

と、そんなこんなの1時間。

なんで1時間かといえば、DVD2枚に焼いたからってのと、時間がないからです。
で、映像をちょっとずつまとめると数日前に書いて、それを実行しているから、なのですが。

数日前とはちょっと事情が変わって、今は、いままで保存してきたDVDの映像をパソコンのハードディスクに落として、さらに、それらをデータベース化して整理する、ってことを始めています。
もっと具体的に書いちゃうと、DVDをHandBrakeというソフトでハードディスクにmp4ファイルで変換保存。
これが1時間のDVDだと、ほぼ同じ時間、1時間くらいかかります。
それをチェックしながら、Bentoというデータベースソフトにまとめる。
そんなことをしています。
BentoというソフトはMacオンリーですが、HandBrakeはWindows版もあるようです。
HandBrake、日本語化されていないバージョンを使っているということもあって、さらには、バグのようなものもあるのか、何度も保存しなおしたりしてました。

今までの映像を全部ハードディスクに落とすって考えると、ぞっとしますが、ボチボチやっていこうと思ってます。
で、今日は仕事にも行ったりして。雨の中。
と、こんな感じの、中途半端な休日でした。

›2010- 9- 20

YOU RCふたたび

Posted by LSD at 14:29 / Category : TV SHOW
YOU RCふたたびタイトル:YOU RCふたたび
放送日:1983-08-27
放送局:NHK
放送時間:60分

放送された曲
キモちE
スローバラード
トランジスタ・ラジオ
雨あがりの夜空に
君が僕を知ってる
NEW SONG
SUMMER TOUR
指輪をはめたい

唐突に、清志郎に関する映像をちょっとずつまとめることにしました。
すぐにやめてしまうかもしれません。
きっかけはNHKオンデマンドでの「YOU RCふたたび」。
夏の限定105円シリーズ?で、9月27日まで配信しています。
8月7日のNHK教育での再放送が15分もカットされたバージョンで非常に悔しい思いをしたので、リベンジ?てな感じで観ました。

といっても、この番組は、当時、自分で録画したビデオテープで、今でも持っています。
たぶん、保存しているテープでは一番古いです。
ということもあって、思い入れがタップリです。

思い入れなしでも、この番組は良かった。
いや、良いとはいえないかな。
なにしろ、ライブの映像を見ながら、糸井重里、清志郎、Chaboがおしゃべりするという構成。
おしゃべりする清志郎の映像を見るのは楽しいですが、ライブ映像をもっと見せてくれというジレンマが苦しい。
ライブ映像だけ切りだして、なんとか、商品化してほしいなーと思ってます。

そのライブ映像は、前半4曲が1983年正月に「YOU」で放送されたスタジオライブ。
私はそのときの「YOU」は録画してません。
というか、番組を放送していたことも知らなかったです。
このスタジオライブがいいんだなー。
もーむちゃくちゃカッコイーです。
特に、「キモちE」から「スローバラード」へのつなぎのところ。
そして、「スローバラード」のアレンジ。
後半の「ぼくら〜」の前に、「愛しあってるかい」やコール&レスポンスが入るバージョンですが、ホントにめちゃくちゃカッコいーのです。
この頃から、カンペキに完成されたステージを演ってたんだなーってことをヒシヒシと感じさせます。

後半の4曲は「POP'83 In Hakone」の野外ライブから。
後日、だったか、別の日に「POP'83 In Hakone」の模様は放送されてます。
その時の放送とは、曲がまったく被ってません。
このライブもなんとか完全版で商品化してほしいです。

清志郎もChaboもスタジオではすっかりおとなしくて、糸井重里が困ってる姿がちょっと笑えます。
おとなしいといっても、清志郎、最後の方では飽きてしまったのか、面白い顔をしてみたり、シャツの中に両腕を突っ込んだりとあまり意味のない行動?をしてたりして、可愛いです。
荻野目慶子からの電話を糸井重里が取るときなんかは、
「けーこ」なんて言ってたりして。
この部分は今回はじめて気付きました。

と、そんなこんなの60分。
シツコイですが、トーク部分なしで放送してほしー。