›2013- 8- 6

WAVELAB ELEMENTS 8

Posted by LSD at 23:58 / Category : DAW

Steinberg Cubase WAVELAB ELEMENTS 8 (Amazon)

CD マスタリング、レストレーション、音響効果などの仕事をマルチに行うプロフェッショナルから、レコードコレクションを整理したいオーディオファンまで。WaveLab はプロが求める最先端のオーディオ編集、マスタリング機能を統合し、作業効率を追求したアプリケーションです。Steinberg

Macで動かす波型編集ソフトを買ってしまいました。
久々にけっこう高いソフトで、Amazonで1万円くらい。
オフィシャルサイトで紹介するような機能は、ほとんど使わないんですが、どうも、これまでテキトーに使ってきた波型編集ソフトがいまひとつで。

で、ちょっとだけ遊んでみました。
そこそこかなー。
フリーソフトよりはぜんぜん使い勝手がいいですし、Sound Studionというかなり安価なヤツよりも高機能っぽいです。
このままCDも焼けそうですし。まだ試してませんが。
Waveファイルの読み込みや保存もそこそこ速い。
操作性も直感的に、まーまーできます。

とはいえ。
私が、Windows2000にインストールしてまだ使っている「SAMPLITUDE MASTER v5.9」のほうが、やっぱりいいんだよなー。
10年くらい前に購入したんだと思うし、そもそもWindows2000のマシンなのに、こっちのほうがさくさく動く。
使い勝手もいいと思うな〜。
たしかに、激しく高いソフトウェアだったんだけど。

ま、しょーがありません。
いまさらWindowsマシン用のDAWソフト、波型編集ソフトを購入する気もないしな。
って、マシンがないし。

もう少しいじってみます。
にしても、もうちょっとよくて、安いソフトウェア、Macで動くやつが出てきてくれると嬉しいんだけどな。

›2008- 6- 21

SAMPLITUDE MASTER v5.9

Posted by LSD at 23:59 / Category : DAW

業務用DAW(デジタルオーディオワークステーション)ソフト。レコーディング、ミキシング、音声編集、マスタリング、業務用Red Book対応CDバーニング等、デジタル・オーディオ・ワークステーションに必要とされる全てが装備されている。またDVD製作に必要とされる 24bit、192kHzでの仕事も完全にこなすことができる。MIDIとVSTiを使った音楽制作から最終的にCDを作るまでの作業が一台のコンピュータとSamplitudeの中だけで完結させることも可能。

音楽CD-Rの作成に欠かせないのがこのSAMPLITUDE。
あまり知られていないソフトだと思う。私は5年くらい前かな、どこかのサイトでその存在を知ってなんとなく衝動買い。

私が持っているのは、バージョン5.9というずいぶん昔のものだけど、今でも充分使える。
というか、このソフトが持っている機能の半分も使いこなせていない。
なにしろ、英語バージョンなのでどう使って良いものかわからなかったりする。

でも、いいのだ。
「音がいい」というのが売りみたいだけど、なんとなく確かに音がいいような気がする。
基本的な操作はなんとなく覚えたし。

ということで、今日は半日くらいかな、このソフトで遊んでた。

›2007- 10- 17

花火'96

Posted by LSD at 21:30 / Category : DAW
この3〜4日、仕事とかそーいうどうしようもない時間を除いたほとんどの時間を費やした「初音ミク」DAW作業の曲のタイトルが「花火'96」です。何回も書いてますが、このソフトは面白い。昨日の夜、ニコニコ動画にアップ、この曲は完了としました。いろいろ不満なところはあるんですが、ちょっともう修正する気にはなれないなぁ。
というか、今はもう次の曲に着手しようと考えているところです。熱しやすく冷めやすい、とってもわかりやすい私の性格。まだまだ夢中です。

で、ここに書くべきか迷いましたが、ま、記念ということで。
「花火'96」のアドレスです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1295670
興味のある方は聴いてみてください。

›2007- 10- 16

動画作成

Posted by LSD at 23:59 / Category : DAW
動画なんて、録画した番組をDVDに焼くときくらいしかいじったことがない。
今日は早く寝なくちゃなーと気ばかりあせるなか、とにかく早く簡単に動画が作れるものはないかと検索。結局、そう簡単につくれるものはないことがわかった。

だがしかし、「音楽とともに歌詞が徐々に表示される動画をつくる」というツールを発見。
そいつで超テキトウに動画作成に励む。励むというか実際には10分足らずの作業で完成。

そのツールとは、「iKaraoke Tune Prompter」で、Macの手書き説明書さんの解説ページはここです。

›2007- 10- 15

1曲完成

Posted by LSD at 23:33 / Category : DAW
SC88-Pro & M-AUDIO DELTA OMNI STUDIO66初音ミクボーカルの曲がとりあえず完成。昨日から12時間くらいかなー、もっとかもしれない。とはいえ、オケは10年近く前に完成済みな曲なので、これでも簡単に済んだと思う。もう最初から打ち込みをやる気力はちょっと出ないかも。

さて、出来具合はどーだろう。
どーかな?自分じゃよくわからんな。そもそもオリジナルなんで前提となる曲の良し悪しっつう問題がある。そこは目を瞑るとして、パソコンが機械が歌うボーカル、昨日も書いたが、これかなり面白い。まーまーよくできたんじゃないか。いや自信を持とう。傑作だ。なんちゃって。

今回は昔の曲を引っ張りだしたので、外部音源のSC-88Proを使わざるを得なかったが、今はもうソフト音源を使うのが主流なんだろーな、きっと。だがしかし、今回久しぶりにSC-88Proの音を聴いてやっぱいいなーと再確認。

だがだがしかし、SC-88Proを使った音源に、初音ミクボーカルトラックを合わせるのにはちょっと苦労した。VOCALOID2 Editorではエクスポートしたボーカルトラックで作業。で、そいつをWAV変換して、Sonarにぶち込み原曲のMIDIに合わせた。初音ミクのVOCALOID2 Editorではエフェクトをかけることができなかったので(ボーカルだけの1トラックなのであたりまえかもしれん)、SonarのほうでボーカルにReverbとChorusをテキトウに(デフォルト設定から変えてない)。で、Sonar上では完成。

それでも、こいつをWavなりに変換しないとSonarでしか聴けない。ソフト音源だけならSonarでオーディオ変換できるが、SC-88Proからの音は無理ってもんだろう。しょーがないから、オーディオインタフェースM-AUDIO DELTA OMNI STUDIO66から出力される音をアナログで別のパソコンに取り込んで、Samplitudeで最終作業で完成。ちなみに、このSamplitudeってソフトはちょっと高いけどとってもお気に入りの波形編集ソフトだ。もうズイブン前からCD-R作成に激使用している。

ということで、ともかく1曲完成したので、これまた久しぶりに、そのうちどこかに公開してみようかと思ってる。

あ、そういえば、昨日?テレビ番組のなかで初音ミクが紹介されたようだ。あまりいい扱いじゃなかったみたいだけど、これはいいソフトだと思うよ。パッケージはどうかと思うけど、基本的に「音源ソフト」だからね。

›2007- 10- 14

初音ミク HATSUNE MIKU

Posted by LSD at 23:52 / Category : DAW


メロディと歌詞を入力するだけでリアルな歌声を生成するキャラクター・ボーカル・シリーズ第1弾。「VOCALOID」は、ヤマハ株式会社サウンドテクノロジー開発センターにて研究開発された音声合成ソフトウェアに、データベース化された人間の発声を組み込んだ、本格的な「歌うソフトウェア音源」。メロディと歌詞を入力することにより、いつでも自由自在に、バーチャル・シンガーを歌わせることが可能。
(Amazon)

初音ミクをいじってみる。
元の歌は、10年近く前に一応完成としたオリジナルのMIDI。
初音ミクはボーカルのトラックのみ作成するソフトなので、元歌のボーカルトラックのみインポートしてさっそく歌詞を入力してみる。

が、いまいち音が飛ぶ。動作環境が
 コンピュータ : Pentium4 2GHz / Athlon XP 2000+以上(Pentium4 2.8GHz / Athlon 64 2800+以上を推奨)
 OS : Windows XP / VISTA(VISTAの場合はスタンドアロンを推奨)
 RAMメモリ : 512MB以上(1GB以上を推奨)
と書かれてあったので、多少というかすごく不安だったが、やはりかなりのマシンパワーを必要とするらしい。
ちなみに、私の環境は
 コンピュータ : Pentium4 2.4GHz
 OS : Windows 2000
 RAMメモリ : 768MB
なので、ぎりぎりのラインってところ。OSにいたっては対象外だ。

しょーがないので、発売元のクリプトンのFAQ「音飛びが発生してしまう場合には、「設定(Setting)」メニューから「プリファレンス(Preference)」を開き、「オーディオの設定(Audio Settings)」タブの「バッファーサイズ(Buffer Size)」の値を大きくしてみてください。また、「その他の設定(Other Settins)」タブで「プリセンドタイム(Pre-Send Time)」と「待機時間(Waiting Time)」の値を大きくすることもお試し下さい。」を忠実に実行。なんとか音飛びは回避されたものの、ちょっと覚束ないような感じもする。

ま、とりあえず、音は出たので、いよいよボーカルのチューニング。
「実際の人間と変わらないような流暢な日本語を発音」とはいうものの、そこは機械。ムミカンソウな感じだ。でもって、元のボーカルトラックはメロディーラインが聴ければいいやということで、100%歌詞に沿ってなかったりもする。

ということで、たかだか32小節に6時間くらいかなぁ、四苦八苦。
まだまだ満足にはほど遠いんだけど、このくらいが今の自分の限界かなーってとこまでやってみた。進捗としては30%程度。想像はしていたけど、かなり時間がかかりそうだ。
まぁ、こういう類のものって、どこかで見切りをつけるしかない。

だがしかし、初音ミク。ブームになってる(よなー、たぶん)だけのことはある。
かーなり、楽しい。10年前だったら、きっと、睡眠時間を削りまくっていたと思うな。

›2006- 1- 23

DAW 3曲目

Posted by LSD at 23:43 / Category : DAW
土曜日と日曜日には、数か月ぶりにSONARを動かした。とりあえず、ドラムはループ音源からテキトウに、ベースはテキトウに自ら弾いて、アコギの音をテキトウにかぶせた。そういえば、この曲は、Band in a Box という作曲ソフトで、オオスジを作っておいたんだ。とはいえ、そのソフトで作成されたMIDIデータは、キーボードとストリングスだけしか残さない予定。
なんだかんだで、レコーディングの真似事は面白い。

›2005- 5- 15

2曲目覚書の3

Posted by LSD at 23:9 / Category : DAW
自己嫌悪が引き続き、9時起床。なんだか、このほうが健康に良いような気さえしてくる。
とりあえず、ほぼ1日Sonarで遊ぶ。E.Guitarのパートを2つかぶせる。あとはギター・ソロをかぶせて完成だ。
E.Guitar_1:PODデフォルトの2A(Line6 Clean)
E.Guitar_2:PODデフォルトの2D(Line6 Layer)

›2005- 5- 8

2曲目覚書の2

Posted by LSD at 23:51 / Category : DAW
EDIROL PCR-M30EDIROL PCR-M30
キーボードとしての演奏性向上のため、新規パーツを使用したこだわりの新鍵盤を採用した32標準鍵盤、USB-MIDIキーボード/コントローラー。27ものコントローラーを備え、DAWソフトやソフト・シンセのコントロールも思いのままです。USBケーブル1本でパソコンと簡単に接続することができます。MIDIプロセシングは、アプリケーションを選ばず、安定したMIDI入出力が行えるFPTに対応。ボディ・カラーも一新されました。Windows、Macintosh両対応。 コグレレコード楽器館楽天市場店


晴れていたら出かけようと思っていたが、12時過ぎ起床、さらに曇り。ということで、昨日に引き続き今日もほぼ1日Sonarで遊ぶ。Bassとボーカルパートを録音。ボーカルはMIDI音源を使っているが、キーボードからのリアルタイム録音なので打ち込みという感じがしない。そのMIDIキーボードというのが、EDIROL PCR-M30。
Bass:PODデフォルトの5D(Tube Preamp)
ボーカル:Cakewalk TTS-1 Normal Solo Vox

›2005- 5- 7

2曲目覚書

Posted by LSD at 23:54 / Category : DAW
そういえば、DTM環境を整えてから、最初の1曲目は4月中旬くらいに出来上がった。何から何まで手探りでやったのだが、とりあえず自己満足。
で、本日、2曲目に着手。1曲目は曲の構成を打ち込みながら順順に作っていったが、これはとても効率が悪くて、いまひとつのやりかただった。ということで、今回は、だいたいの構成を決めちゃってからまずはドラムのトラックを最後まで作成。続いて、ほとんどノーマルなエレキギターを録音。このエレキはガイドのようなもんで、ミックス時にはまるまる落とすつもり。
最後にPODのメモ。
エレキ:デフォルトの5D(Tube Preamp)

1 |  2  次へ