›2016- 4- 13

心の中の色紙 /AL

Posted by LSD at 20:30 / Category : 長澤知之

心の中の色紙(Amazon)

長澤知之とandymoriの新しいバンド、と言っていいのかな、のデビュー・アルバム「心の中の色紙」を聴きました。

長澤くんとandymoriの小山田壮平くんは、仲が良くて、前々からちょこちょこと一緒に活動してたりしてました。
てことは、何気に私はよく知らなくて。

私は、長澤くんはメジャーデビューから半年後くらいかな、2007年4月くらいにARABAKIフェスに出演する、しかも、Harryのステージの直前に、てことで初めて知ったんだと思います。
実際に、そのステージを観て、CDも聴いて、これはユニークだなーと思って、徐々にハマって、2010年頃には行けるライブには通うようになり、アルバム「JUNKLIFE」で決定的、てな経緯です。

andymoriは、2010年かな、アルバム「ファンファーレと熱狂」がTwitterでちょっと話題になってて、聴いてみようかと思い、なるほど、いいね、と思ったものの、その後のアルバムはちょっとピンとこなくて、結局、単独ライブには見たことがないまま、今に至るって感じです。

長澤くんと壮平くんが仲がいいってのは、いつ頃かなー、少なくとも「ファンファーレと熱狂」を初めて聴いたときには知らなかったな。

一昨年、もうそんなに経つのか、の長澤くんのソロライブで、このライブが当分最後になるって趣旨のMCを聴いて衝撃を受けました。
それでも、いまでも、邦楽ではダントツに長澤くんの音源を聴いてます。
いや、RCと同じくらいかな。
前置きが異様に長くなりましたが、結局のところ、私は、長澤くんに夢中なファンという立ち位置にいるのだ、というところから今度のアルバムを聴いてるということになります。

「心の中の色紙」
いいアルバムだと思いました。
いい曲が多いし、聴きやすいし。
ちょっと叙情的な感じに振れ過ぎかなって気もするけど、いい感じのアルバムだと思います。

だがしかし。
やっぱ、私は長澤くんのボーカルが、シャウトが聴きたいんだなー。
そして、長澤くんの独特の歌詞が聴きたい。
ALというバンドでの音源だから、当然、なんですけど、長澤くんの強烈な個性は薄まっちゃってます。
だからこそ、聴きやすい、ってことも言えるような気もしますが。
でもやっぱり、私は、長澤くん一色の世界が聴きたいなー。

ライブもひと月くらい前に一度観ましたが、同じような感想でした。

ムズカシイよなー。とは思います。
長澤くんや壮平くん、ご本人は今の状況が最高と思っているのかもしれません。
でも、我儘なファンからすると、やっぱりソロの姿が観たい。

とはいえ。とはいえ。
取ってつけたような感じでアレなんですが、アルバムは好きです。
今後、どういう活動になるのかわかりませんが、このアルバムはずっと聴き続けると思います。
ライブも楽しみだしね。

という、複雑な感じの「心の中の色紙」でした。

›2016- 1- 7

長澤くん

Posted by LSD at 21:51 / Category : 長澤知之
結局、もう1年以上、長澤くんのライブを観てないんだな〜。
これからは、ALでの活動がメインになりそうだな〜。
なんとなく、これまでの長澤くんの活動が忘れられそうでちょっと残念な気分。

私は、頻度は落ちてるとはいえ、邦楽では、まだまだほとんどダントツで聴いてる。
今も、JUNKLIFEを聴いてる。
どうもいまひとつブレイクしているって感じがしないし、評論家とかの評価を見る機会さえほとんどない。
どうしてかな~。

私は、清志郎は別格として、その時々で、SIONや佐野元春とかごくごく限られた世界でハマったりする音楽があったけど、長澤くんの音楽は、清志郎の次にハマったと言っていいくらいにハマってる。
けっこう、自信をもって、長澤くんはいい! と言えるんだけどな〜。

Amazonで、andymoriと長澤くんのアルバムを眺めてて、コメント数の違いに驚いて、こんなことを書いている。

›2014- 12- 6

享楽列車/長澤知之

Posted by LSD at 23:30 / Category : 長澤知之


長澤くんの新しいアルバム「長澤知之III」に収録された新曲、「享楽列車」。
私は、4月のIn My Roomのライブで初めて聴きました。
そのときから、いい曲だな〜と思ってましたが、ほんとにいいんだなー。

4月のときの感想では、「ハードな曲」って書いてましたが、アルバムで聴くとそうでもなさげに聴こえるかもしれません。
フォークっぽいといえば、フォークっぽいし。
とはいえ、やっぱりハードな曲って思いはあるなー。
ハードというか、ヘビーというか。

新宿駅という言葉から始まるこの曲。
新宿って固有名詞が歌詞にある名曲はたくさんあるけど、この曲もその仲間入り。
だなー、私にとっては。

  君は不謹慎を言い出す
  君こそ止めるな ひとまず乗れよ
  ただの逢魔時さ
  どうせ訪れるんだから

といった言葉。
一つのシーンが目の前に鮮やかに思い描けます。
一つのシーンだけじゃなくて、なんとなく、1本の映画のようなストーリーをもって。

  大丈夫だよ 大丈夫

この一言に救われます。
にしても、こういう新曲が、がんがん発表されるのはほんとに嬉しくて。
私が長澤くんにはげしくハマりだして、もう4年以上経つのかな〜。
この曲にピンとくる人が多いといいんだけど。

  俺と君がボーッとプラットホーム

›2014- 11- 23

長澤知之“IN MY ROOM”TOUR 2014@大阪

Posted by LSD at 23:59 / Category : 長澤知之
長澤知之“IN MY ROOM”TOUR 2014@大阪 世界館に行ってきました。
ツアー最終日です。
大阪の世界館、私は初めてでした。
こんなライブハウス、というか小ホールかな、があったとは。
そんなに新しそうでもなかったんですが、なんだか渋谷のプレジャープレジャーにちょっと似てるような、そんなことないかな、ってなところでした。

詳しい感想はまた後日書くとして、たぶん。
ライブ、非常に素晴らしかったです。
すごくよかった。
3時間弱というライブ。
時間が長ければいいってことはないでしょうが、私の長澤くんライブ参加のなかで、おそらく最長、です。

長澤くん自身もツアー最終日ということを意識していたようで、ライブ最初のほうで、声が潰れるまでやるみたいなMCがありました。
そのMCのとおり。
曲によっては若干、声のかすれが気になりましたが、それを吹き飛ばし、無理にでも乗り越えるようなシャウト。
めちゃくちゃよかった。
ムリしないで〜。と思わないでもないですが、そのムリしている姿がすごくかっこいい。
ギターもよかった。
歌詞飛ばしも今日は少なかった。

なにしろ、なんだか泣けてくる場面が多かった。
要するにライブが、ステージがよかったんだと思います。

MCも少なめで、曲ががんがん繰り広げられました。
唐突に演奏される「回送」とかね。
もう心に突き刺さる、突き刺さる。
「RED」に「ベテルギウス」、「風を待つカーテン」、「幻覚」、「長い長い五時の公園」、「ねぇ、アリス」、「捨て猫とカラス」、「茜ヶ空」、「三日月の誓い」、「はぐれ雲 けもの道 ひとり旅」、「とても何気ない言葉」、「 スーパーマーケット・ブルース」などなど。
思いつくままに上げてみましたが、ホントによかったよ。

そういえば、久々に聴くことができた「君だけだ」もすごくよかった。
ビートルズカバーの「BLACK BIRD」もね。
「享楽列車」も「バニラ」もいいし。

“IN MY ROOM”TOUR 2014。
私は4公演、観ることができましたが、それぞれ、ちがった感動、思いを抱くことができたような気がします。
にしても、今日の長澤くんが、ま、さっき観終わったばかりということもあるかもしれませんが、一番、印象に残ってるかな〜。

とにかくよかったよ。
数年前のソロツアーよりも、ぜんぜんいいんじゃないかな。
そんな気がします。
どんどん良くなっていく長澤くんのライブ。
はやく、次のワンマンが観たいなー。と思います。
大満足の大阪の夜。

›2014- 11- 19

長澤知之“IN MY ROOM”TOUR 2014@名古屋

Posted by LSD at 23:31 / Category : 長澤知之
長澤知之“IN MY ROOM”TOUR 2014@名古屋に行ってきました。
TOKUZOです。
私は、2011年の長澤くんのNagasa・Oneman 6 "JUNKLIFE"TOUR ~Acoustic ver.~以来だったみたい。
あれから3年以上経つんだな〜。

ライブの感想の詳細は、また後日、書くとして。たぶん。

今日の長澤くんもよかったです。
東京2Daysと、雰囲気は同じ、かな。
曲は、4,5曲は違ってたような気がします。

若干、歌詞を飛ばしちゃった曲が多かったような気もしましたし、ギターのミストーンも多かったような気もしましたし、声も若干かすれ気味だったような気もします。
って、悪いところばっか書いちゃってますが、それでも。
長澤くんの歌とギターは最高最強なんだなー。
東京のライブの時から薄々感じていたんですが、以前よりも、さらに声が通るようになっているような気がするな〜。
太くなってるというか。

ともかく、よかった。
名古屋まできてよかったよ。
満足のライブでした。

›2014- 11- 18

ライブが終わって

Posted by LSD at 21:41 / Category : 長澤知之
長澤くんのライブが終わって、といっても東京二日間だけど、数日が経つ。
この数年は、ほとんど長澤くん中心の音楽生活?だったんだけど、この数か月はなんとなく洋楽を聴く機会のほうが多かった。
なんとなく。

で、この数日は、長澤知之IIIが発売されたこともあって、かなりヘビーに長澤くんを聴いてる。
どのアルバムも素晴らしく、長澤知之IIIもけっこう好きだ。

とはいえ。
やっぱり長澤くんはライブがいいなー。
もしかして、ほとんどの方は、ライブのほうがいいのかな〜。
よくわからないけども、長澤くんのライブはほんとにすばらしいと思うよ。
歌詞を飛ばしちゃったり、ミストーンがあったり、どうも進行がちぐはぐな感じがしたり。
そんな感じだけど、それもまたいい。
というか、長澤くんの歌とギターで、それらは全部チョー消し。
みたいな感じ。

悪く言うと、カンペキ?とは程遠いライブ、ステージなのかもしれない。
それでも、満足度が非常に高い。
あぁ、そもそもロックってカンペキなものじゃないもんなー。
完璧なロックなんてあり得ない。

って、はげしくまとまりがないんだけど、ともかく、長澤くんのライブ、ぜひとも体験してほしいなー。

›2014- 11- 15

長澤知之“IN MY ROOM”TOUR 2014

Posted by LSD at 23:59 / Category : 長澤知之
昨日、今日(11/14、15)と長澤くんのライブ、長澤知之“IN MY ROOM”TOUR 2014@東京キネマ倶楽部に行ってきました。
久々のツアーです。
今年の4月からだっけ、月一の“IN MY ROOM”ライブの発展形、みたいな感じかなー。

で、私、何気に“IN MY ROOM”の企画がちょっとピンとこなくて、フツウのライブを演ってくれないかな〜。
しかも、ソロとバンドのやつを。
なんて思ってたりして。
といいつつ、2回だったかな、“IN MY ROOM”のライブに参加すると、それはそれでやっぱりすばらしいななんて思ってたりして。

てな感じで、始まったツアー。
まずは東京二日間。
これが、はげしくよかった。
すごくよかったんだな〜。
驚く、ほんとに驚きの演出?もあったりして。
ネタバレをほぼ気にしてない、この日記なんですけど、さすがに書くのは憚られるってな感じのね。

ま、ちょっと時間も余裕もないので、詳細な感想はまた後日書きます。たぶん。
にしても、ほんとに、いいライブでした。
大満足です。
長澤知之、すごいよ。

›2014- 8- 23

NHK FM「Music Line」/長澤知之

Posted by LSD at 23:35 / Category : 長澤知之
NHK FMの「Music Line」を聴きました。
長澤くんが生ライブでゲストってことで。

10分くらいがライブ、10分位がトークって感じの構成。
トークは、いつものような、若干情けないような(シツレイ!)、でも、誠実そうな、でした。
レコーディングがヤマを超えたとかいうようなことを言ってたかな。
アルバム、だと思うんですが、楽しみです。

で、生ライブ。
弾き語りで、「左巻きのゼンマイ」、そして新曲の「享楽列車」でした。
これがよかったんだなー。
正直、それほど期待してたわけでもないんですが、すごくよかった。

「左巻きのゼンマイ」は、いつものような、ちょっと丁寧な、でもシャウトあり、みたいな。
同じコードだったので、というトークもありましたが、そのまま間髪入れずに「享楽列車」。
ライブでは何回か聴いていて、いい歌だな〜と思っていましたが、じっくり聴かせていただいて、やっぱすごくよかった。
若干フォークっぽい展開のような気もしますが、なんだかちょっと浮遊感漂うような、でも緊張感あふれるような。

録音をしていたので、長澤くんの出演が終わった17時くらいだっけ、それからずっと、聴き続けています。
かれこれ6時間、延々リピート。

で、ようやく「享楽列車」がわかったような気もしてきました。
私がわかったような内容でちょっとでも合っているなら、ヘビーだなー。
いや、ヘビーとも言えないか。
いずれにしても、またしても、映画を観てるような、豊潤な?、すごく濃い空気感をもった曲です。

またライブで聴きたいな〜。
ラジオでの生ライブ、すごくよかったです。
すごいな、長澤知之。

›2014- 7- 18

長澤くん

Posted by LSD at 22:28 / Category : 長澤知之
カテゴリーに長澤知之って設定していながら、あんまり何も書いてないことに気づく。
とはいえ、まだまだすごい頻度で聴いてる。長澤くん。
たぶん、この半年も、ダントツで一番聴いてるはず。

にしても、いまひとつ売れてなさそうだなー。
別に売れてようが売れてまいが、あんまり気にするほうじゃないんだけど。
にしてもなー。

ライブが凄いのはもちろん、なんだけど、スタジオ録音盤もいいアルバムばかりなんだけどな。
と思うんだけどな。
日本の音楽シーン?にアンテナ張って、幅広く聴いてるってなわけじゃぜんぜんないし、ぜんぜん詳しくもないけど、少なくとも、この10数年の間で、これほどハマってる方はいないんだけどな。
個人的に。

ちょっとクセが強いから、万人に受けるのはムリかもしれないけど(特に日本では)、もっと売れてもいいと思うんだけどな。
そんなことを思うのは、もう少し、大きな、できればホールクラスのところでライブが観たいからってのもある。
もう少し、ライブをたくさん演ってほしいってのもある。
なんだか残念だな〜。
JUNKLIFEでがーん!といくと思ったんだけどな。

ま、いいか。
自分が楽しめれば、基本、ぜんぜんOK。まったく問題なし、だし。
長澤くんが、数が少なくても、いいライブを演ってくれて、それを観ることができて、新しい素晴らしいアルバムを発表してくれて、それを聴くことができるだけで嬉しい。

›2014- 4- 13

長澤知之 LIVE ~IN MY ROOM~

Posted by LSD at 23:5 / Category : 長澤知之
先週の木曜だったか、10日、長澤くんのライブ「長澤知之 LIVE ~IN MY ROOM~」に行ってきました。
はげしくバタバタしている毎日で、一応、ぽっくり空いた時間に。
行けてラッキーでした。

だがしかし。
今もまた、なんだかバタバタと忙しく、感想をたくさん書けそうもありません。
なもんで一言。
よかった。想像していたよりも、ずっとずっとよかった。
雰囲気もライブそのものもよかったな。

今回は、私にしては珍しく、長澤くんのライブだというのに、チケット購入を迷ってました。
バタバタ忙しいのはわかっていたし、平日だし。
何より、そのコンセプト?がちょっとなー。
何故、 ~IN MY ROOM~、なの??
ってな感じがあって。

ま、でもシツコイですが、行ってよかった。
チケット抽選に当たってよかったな。
5月、6月とまたあるのかな、 ~IN MY ROOM~。
チケット抽選に当たれば、観たいです。
って、まだぜんぜん自分のスケジュールの確認ができてないんですが。

1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6  次へ