›2013- 9- 1

斉藤和義 20th Anniversary Live

Posted by LSD at 23:59 / Category : 斉藤和義
斉藤和義 20th Anniversary Live@さいたまアリーナに行ってきました。
4時間弱の長丁場。
すごかったなー。
いや、いつものせっちゃんで、飄々としたライブでしたが。
とはいえ、声も最後までよく通って、ギターもかっこいいし。
さすがに、ヘロヘロだった、のかもしれませんが、汗だくのせっちゃんに感動でした。

そう、なんか空調の効きが悪いのか、暑かったんだよな、さいたまアリーナ。

詳細は、後日、書ければ書こうと思いますが、今、思いつくまま印象に残った曲といえば、「ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~」と「僕の見たビートルズはTVの中」の2曲。
どちらも、まーロックな曲で、ぜんぜん悲しくない歌詞なんですが、なぜか泣けてきたな〜。
ベリーベリーストロングは、もしかして、せっちゃんの作詞じゃないのかも、なんですが、どちらもなんだか普遍的な歌詞で、なんというか、リアルというか、好みというか、切ないというか、で。

せっちゃん。
何気に、この1年くらい、あんまり興味がわかなくて、何気に新曲もぜんぜん知らない感じでした。
とはいえ。
やっぱり、いい曲ばっかだし。
ライブはいいし。
そろそろまた熱が復活しそうです。

›2013- 4- 11

弾き語り 十二月 in 武道館~青春ブルース完結編~/斉藤和義

Posted by LSD at 23:48 / Category : 斉藤和義

弾き語り 十二月 in 武道館~青春ブルース完結編~/斉藤和義 (Amazon)

2005年に発売されたのかな。
私は当時購入しつつも、ほとんど聴いてなくて。
で、久々に、今日、たまたまこのアルバムを聴いてみると。
これがいいんだなー。

って、書いてて、あれ、これもしかして昔に書いたかな?
って気がしてきたけど、ま、いいか。

せっちゃんのギター、ジャカジャカしててかっこいー。
メロディーや歌詞は好みだし。
久々に弾き語りのせっちゃんのステージも観たくなりました。
ソロで演ってくれないかなー。
いや、バンドのツアーでもいいけど。

まだこのアルバムが鳴っているけど、ホント、いいアルバムだなー。

›2012- 3- 31

せっちゃんライブ

Posted by LSD at 23:56 / Category : 斉藤和義
斉藤和義、せっちゃんのライブに行ってきました。
ツアー最終公演、せっちゃんの地元、宇都宮です。
去年の11月かな、始まったこのツアー、43本目、といってたかなー。
私は、初日のさいたまをはじめ、横浜、武道館と観てきて、これで4回目でした。

一つのツアーで4本観にいくって、なんか久しぶりだなー。
清志郎以来、かもしれない。
タイミングもあったけど、ハマったなー、せっちゃん。

そのライブ、よかったなー。
ライブの始まる前の客席の盛り上がりが凄かった。
鳥肌立ったよ。
これまた、こんなことは、もしかして清志郎以来、かもしんない。

せっちゃんも、絶好調、とは言えなかったかもしれないけど、ぜんぜんOK、かっこよかったです。
最終日に地元、ということもあって、MCも多かったし、ゴキゲンだし、最後特有のというか、いつもの、かもしれないけど、演奏もばっちりだったと思います。

セットリストは本編は、いつもと変わらずだと思いますが、アンコールで披露された私は初めて聴く新曲の「今夜、リンゴの木の下で」。
映画「ポテチ」の主題歌とのことでしたが、すごいいい曲でした。
弾き語りですが、泣きそうな感じ。
せっちゃんメロディー爆発ってな感じです。
今、公式サイト見たら、5月2日発売のようです。楽しみ。

で、公演終了後にその新曲のPVを撮ると、せっちゃんが。
おお!と思ったんですが、さすがにそれを観てると新幹線の時間に間に合いそうもなかったんで、残念ながら、それは観られず。
新曲のPV、もしかして、「月光」のほうかもしれないです。

ということで、せっちゃんライブ、詳細は後日!
(書けるかなー)

›2011- 11- 7

そういえば

Posted by LSD at 21:46 / Category : 斉藤和義
斉藤和義ってカテゴリーがあるのも忘れてた。
って、ことではなくて。
先日の初日ライブでちょっと書き忘れてたこと。
スイマセン、また、完全ネタバレになります。

せっちゃんのライブって、何気にステージデザインっていうのかなー、が凝ってることが多いです。
前回ツアーは行かなかったのでわからないんですが、一昨年のツアーでは巨大な女性の風船が出てきたりしなかったっけ。
違ったかな。

で、今回。
開演する前は、ステージに幕が下りていて、その幕のデザインがアメリカっぽい漫画であることは書きました。
女性を模した猫っぽい絵だったかな〜。
で、幕が開けてステージ。
ステージの後方が結構高い段になっていて、ドラムセットが2つ。
その後方、ドラムセットの両脇左右には巨大なスピーカーの模型。
最初は気が付かなかったんですが、よくよく見るとそのスピーカーの絵柄は。。。
せっちゃんらしい(笑)。
と、ここまで書けば、わかる方はすぐわかると思いますが、この図を見れば一目瞭然。
Wikipediaのスピーカーの画像です。
こちら

で、ライブの後半だったかな、ロックンロールって展開になった頃には、そのスピーカーの上に、猫(だと思うんだけど)の風船というか人形が。
みたいな演出もありました。
他愛もないといえば、そうなんですけど、楽しいです。

それと、ロッキンオンのサイト、RO69に、その初日のせっちゃんの写真が5枚掲載されてました。
カッコイーです。
なんか精悍になった感じがあります。
RO69のサイトは、こちらです。
斉藤和義、全42公演のツアーがスタート! 初日11・5 @ さいたま市文化センター フォト特集!

›2011- 10- 26

45 STONES/斉藤和義

Posted by LSD at 23:15 / Category : 斉藤和義

斉藤和義、せっちゃんのニューアルバムです。
いいなー。好きだなー。
数日前に購入してから、ほとんどずっとこればっか聴いてます。
45 STONES、タイトルもいいなー。
35 Stonesも好きなアルバム。

一曲目が「ウサギとカメ」。
爆発する感じはぜんぜんなくて。
ちょっと拍子抜けする感じすらして。
それでもいいんだなー。
アルバム一曲目にぴったりかも。

そう、3.11、ずっとウソだったを経たアルバム。
それでも、力みがなくて、とはいえ、内に秘めた怒りとか絶望が感じられて。
内に秘めた、はちょっと違うか。けっこう直接的だな。
そして絶望ともちょっと違って、絶望を通り越したうえでの希望というか。
それでも、あくまでもせっちゃんらしく。
なんといっても歌がいいなー、歌詞がいいなー、メロディーがいいなー。

この数年間のアルバムでは「月が昇れば」もすごい好きだけど、それと同じくらいか、もしかしてもっと好きかもしれないな。
何気に前作はほとんど聴いてないんだ。
とうとう前回ツアーは行かなかったし。
ということで、ツアーがむちゃくちゃ楽しみ。

そうそう、このアルバム、弾き語りというか、そんな曲がいい感じに挿入されてるんだよなー。
弾き語りじゃないかもだけど、アコギだけの「虹が消えるまで」。
ピアノの弾き語りっぽい「雨宿り」。
この曲だけじゃないけど、ついつい頭の中では浮かんでしまう。
清志郎。

好きな曲も挙げておこう。
「ウサギとカメ」
ミディアムテンポで、ホントにせっちゃんらしい名曲だと思うなー。
風刺が効いた歌詞のなかに「札幌に椰子の木」、「沖縄に白い雪」というフレーズが印象に残ります。

「猿の惑星」
カッコイー!
ドラムスが中村達也ですなー。
ウッキッキッキが全てだなー。

「ボクと彼女とロックンロール」
これはホントに好きだなー。一番好きかもなー、いや、一番好きだ。
50年代ロックンロール、かなー。
もう典型的なロックンロールなんだけど、これがいいのだ。
胸キュン(死語)だ。
たまらんよ。

「おとな」と「ギター」。
アルバム最後を飾る2曲です。
懐かしい感じがするなー。
このメロディー、なにしろ曲がいいよなー。
特に「ギター」が好きかな。
突き抜けた前向きな感じ。

あぁ、やっぱり良いアルバムだと思うな。
大好きだ。

›2011- 10- 23

ボクと彼女とロックンロール

Posted by LSD at 23:59 / Category : 斉藤和義
斉藤和義ニューアルバム「45 STONES」聴きました。
とりあえずは、ともかくは「ボクと彼女とロックンロール」。
この曲、いいなぁ。
最高だなー。

タイトル通りのロックンロール。
かっこいー。
歌詞が素敵。
泣けてくるほど素晴らしい。
いや、キヨシローという言葉が出てくるからじゃないよ。
いや、それもあるかもしれない。

ヘッドフォン、ロックンロール、あのコの好きな、チャック ベリー、エルヴィス、ローリングストーンズ、ジャケ買い、レコード、小脇にかかえて電車へ、やったぜベイベー、素晴らしい発明、、、
単語を羅列するだけでも泣けてくるじゃないか。

そして、
ヒロトにマーシー チャボにキヨシロー

素敵だなー。
ブルースハープもかっこいー。
クレジットを見たら、この曲もせっちゃんが一人で演奏してるんだなぁ。
すごいな。
一発録りみたいなノリ。

アルバム「45 STONES」そのものもよかった。
けど、なんか、この曲がホントにイイ。

あのコの好きなロックンロール
ロックンロールが大好き

›2011- 10- 19

斉藤和義 on USTREAM『45 STONES』

Posted by LSD at 22:4 / Category : 斉藤和義
21時からオンエアーされた斉藤和義 on USTREAM『45 STONES』を観ました。
アルバム「45 STONES」今日発売だったんだよな〜。
うっかり忘れてて、まだ注文もしてない。
が、今日のUst。
新曲ばかりで5曲。
全部、いい曲だったなー。
すごく久しぶりにせっちゃん熱が高まってるんだけど、ホントにアルバム期待しちゃうなー。

Ustでのせっちゃん。
なんというか、いつもの斉藤和義で。
にしても、ギターうまいなー。
めちゃくちゃうまいよなー。と思います。

あぁ、今日演奏された1曲「やさしくなりたい」はアルバムに収録されてないんだなー。
シングルで11月に、ってもうすぐか、発売されるそう。
テレビドラマのために書き下ろしたらしく、もっと早く話があればアルバムに入れたのにー、みたいなことを話してました。
あと、アルバムは春頃から作り始めたらしいんですが、収録順が、ほぼレコーディング順になってるとか。
2011年の春以降に作られたアルバム。
これだけでなんだか意味のあることになっちゃったな。

という、せっちゃんUst。
感想らしい感想書いてないけど、よかったです。
弾き語りで、ギターも唄もうまくて、グググッとくるのはいいよなー。
シツコイですが、ニューアルバムが楽しみです。

演奏された曲は、こんな感じ。
01. ウサギとカメ
02. 猿の惑星
03. おとな
04. ギター
05. やさしくなりたい

›2011- 8- 31

斉藤和義 on USTREAM

Posted by LSD at 23:59 / Category : 斉藤和義
21時過ぎに始まった「斉藤和義 on USTREAM」を観ました。
新曲を交えて、バンド形式で8曲かな。
よかったです。
うん、非常によかった。
特に、新曲がいいなー。

この数年、特に、この1年間くらいは何気に斉藤和義からは離れてました。
前回のツアーは結局一度も足を運ばなかったし。
アルバムもこの数年は、どうも、うーむ、、、って感じることも多くて。

だがしかし、今度のニューアルバムはお気に入りになりそうな予感。です。
そう、ニューアルバム「45 STONES」が10月19日に発売されるそうです。
なんだ、タイトルもいいじゃないかー。
私は「35 STONES」というアルバムが大好きなのです。

うーん、期待しちゃうぞ。
今度はライブにも行こう。と思ってます。


ということで、今日演奏された曲リストです。
01. 罪な奴
02. 猿の惑星
03. 進めなまけもの
04. ウサギとカメ
05. アメリカ
06. Stick to fun! Tonight!
07. Summer Days
08. 空に星が綺麗

›2011- 4- 29

斉藤和義 on USTREAM 『空に星が綺麗』

Posted by LSD at 23:59 / Category : 斉藤和義
斉藤和義 on USTREAM 『空に星が綺麗』の第5回かな、を観ました。
よかったー。
なんやかんやとPCから買物しながらですが、かなりしっかり観ました。
斉藤和義、以前よりかっこ良くなったような気がするなー。

4月毎週金曜日に演ってたUstreamでの配信。
私は、えーと、もしかして生でずっと観たのは初めて、だったかな。
今回が最終日、ゲストがわんさか。
そのゲストがまたむちゃくちゃ豪華。
とりあえず、コピペ。
【出演ゲストアーティスト】
泉谷しげる、浦沢直樹、奥田民生、田島貴男、仲井戸“CHABO”麗市、中村達也、浜崎貴司

うーん、豪華。
せっちゃんがMCで語ってましたが、せっちゃんがホストのこういうイベントって初めてなんですよね。
私も途中で同じことを思ってました。
イベントでまくりのせっちゃんですが、ゲストで出演ばっかだったし。
おもしろいなー、なんだか。
思えば、私がせっちゃんの存在をハッキリ認識、というか、好きになっていったのもそういうイベントを通してでした。

で、今日のライブで印象に残ったといえば、なんと、中村達也、でした。
私、ブランキージェットシティはファーストから3枚くらいはアルバムも買ってたし、好きなんですが、その後はどうも、、、なので、何気にほとんどまったく興味ありませんでした。
だがしかし。
これがむちゃくちゃカッコいー。
ドラマーなんで、ギターで歌うわけじゃないのですが、とにかくよかった。
「黒塗りのセダン」、「僕の踵はなかなか減らない」、「バカにすんなよ!」という選曲もよかった。
Chaboが中村くんよかったねーって言ってたので、嬉しかった。

そう、そのChabo。
これまた良かったなー。
とにかく、存在感が全然違うなー。
Chabo、この数年でさらにかっこ良くなったような気がする。
それとも、私が気づかなかっただけ、なのかな。
ま、ともかく良かった。
せっちゃんとのふたりだけのセッションって初めて、だよなー、たぶん。

ということで、良かった。
ライブ、観ることができて良かった。
斉藤和義、最高でした。


曲リストは、ネットから拾いました。間違ってるかもしれません。
01. 何処へ行こう
02. 男節
03. ハミングバード
04. オリオン通り(with 浜崎貴司)
05. かえりみち(with 浜崎貴司)
06. さよなら(with 田島貴男)
07. ルビーチューズディ(with 田島貴男)
08. 歌うたいのバラッド(with 田島貴男)
09. 息子(with 奥田民生)
10. イージュー★ライダー(with 奥田民生)
11. 黒塗りのセダン(with 中村達也)
12. 僕の踵はなかなか減らない(with 中村達也)
13. バカにすんなよ!(with 中村達也)
14. 風に吹かれて(with 浦沢直樹)
15. Bob Lennon(with 浦沢直樹)
16. 明日も今日の夢のつづきを(with 泉谷しげる)
17. 春夏秋冬(with 泉谷しげる)
18. GIBSON(CHABO'S BLUES)(with 仲井戸”CHABO”麗市)
19. ティーンエイジャー(with 仲井戸”CHABO”麗市)
20. 歩いて帰ろう(全員)
21. 空に星が綺麗

›2010- 11- 9

ARE YOU READY?/斉藤和義

Posted by LSD at 23:22 / Category : 斉藤和義

斉藤和義のニューアルバム。
よくまー良質なアルバムを量産するなー。
適度にポップで適度にアバンギャルドで、何より聴きやすい。
何よりメロディーが素晴らしい。
これをほとんどの楽器を一人で操り多重録音。
器用だよなー。

前作「月が昇れば」は個人的に思いっきりツボで、たぶん、斉藤和義の代表作といってもいいんじゃないかってアルバムだった。
その前作に比べれば、インパクトはない、かもしれない。
だがしかし、これがまたいいんだな。

3曲目、シングルで先に発売された「ずっと好きだった」の直球ラブソング。
これはたまらん。

他にも、って、あまりこれ!って作品はない、かな。
でもいまひとつだなーって感じは不思議にない。
適度に力が抜けてる斉藤和義らしいアルバム、のような気がする。
10曲で46分って尺もいい。
「Stick to fun! Tonight!」や「Are you ready?」もカッコいー。
どちらかと言えば、聴けば聴くほどハマるってタイプのアルバム、かもしれない。

ライブも行きたいんだけど、今回もライブハウスばかりなんだよなー。
でもって、微妙に日程が合わない。
ということで、来年、早々にホールツアーがあることを期待してる。

そうそう、初回限定盤に付いているスペシャルフォトブック「和とロック」。
全く期待してなかったんだけど、これがスゴクいい。
斉藤和義のカッコいー写真が満載だった。
ホント満載。
特に、真夏のステージでの斉藤和義の写真がスゴクいい。
汗だくの斉藤和義がいい。
カッコいー。

1 |  2 |  3  次へ