›2015- 8- 11

ラン・ローラ・ラン

Posted by LSD at 23:59 / Category : Movie

本国ドイツで大ヒットを飛ばした、ハイテンションなラブ・ストーリー。SOSの電話を受けた主人公・ローラが家を飛び出すオープニングから、思いもよらない結末まで、物語がスピーディに展開。主人公達の運命が、フィルムとビデオ、カラーとモノクロ、写真、アニメーション、画面の分割、早送り、コマ落とし等、あらゆる手段を駆使した映像で語られる。ベルリン、夏。ローラの家に恋人マニから突然電話が掛かる。ボスの10万マルクを無くし、12時までに金を作らないと殺されると懇願するマニ。彼の悲痛な叫びを聞いたローラは、金を工面するため家を飛び出す。映画 ラン・ローラ・ラン - allcinema:

ラン・ローラ・ランという映画を観ました。
1998年制作のようですが、知らなかったな〜。
サンダンス映画祭ワールドシネマ観客賞を受賞してたりするようです。

で、そのラン・ローラ・ラン。
不思議な映画でした。
ネタバレになってしまうかもですが、一つのストーリーで完結するわけじゃありません。
ちょっと実験的な感じもしないでもない。
途中、アニメーションが挿入されたり。

なにより、主人公が走る、走る。
ちょっとしたタイミングで、物語が変わる、変わる。

大げさにいってしまえば、人生どう転ぶかわからないから、今、悩んだり後悔してもしょーがない。
ってな気分になる。かもしれない。
そんな映画。

はげしく面白いかといえば、そうでもないんですが、なんとなく印象に残る。
そんな映画でした。

›2015- 8- 12

マッドマックス 怒りのデス・ロード

Posted by LSD at 23:59 / Category : Movie

石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は、愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、自由への逃走を開始する。凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、マックスと仲間たちの決死の反撃が始まる!マッドマックス 怒りのデス・ロード | Movie Walker

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観ました。
マッドマックスシリーズ4作目になるのかな。
評判、めちゃくちゃよくて。
それほど興味あるジャンルでもなく、マッドマックスシリーズもほとんど見たことないんだけど、何気にかなり期待しちゃってました。

で、その映画。
うむー。
つまらなくはないです。
アクションシーンは凄いし、物語も、まー飽きることなくといっていいかなー。
とはいえ、ちょっと期待しすぎちゃったかな〜って感じです。

なんとなくぜんぜん「狂気」って感じじゃないし。
マックスも、相手方も。
あたりまえなんですけど、娯楽作品として、コーフンしたぜ〜ってな感じでいいんだろうなー。

と、思えば、けっこう面白いです。
にしても、よくわからない部分もあったりもしたので、もしかして、シリーズぜんぶ観てからのほうが腑に落ちる、のかもしれません。

›2015- 8- 13

マッドマックス

Posted by LSD at 23:59 / Category : Movie

黒皮の上下を着込み、マグナム拳銃とショットガンで完全武装した警察官マックス(メル・ギブソン)。彼は、追跡専門のパトカー、インターセプターに乗り、同僚のグース(スティーヴ・ビズレー)からの無線連絡を受け、ナイトライダーを追跡していた。ナイトライダーは警官を殺し、パトカーを奪い、追跡車を次々に転倒させて逃走中の凶悪犯だ。マッドマックス | Movie Walker

映画「マッドマックス」です。
最新作の評判がちょーよくて、興味がわきました。
1979年の作品のようですが、一度も観たことがありませんでした。

最新作よりも、実は、その後にシリーズをほとんど観たんですけど、この1作目が一番面白いような気がします。
なんとはなしに、話もテンポよく、緩急もいい感じで。
なにより、狂気、って感じもするし。

とか言いつつ、一月以上前になるのかな、観たのは。
ほとんどストーリーを忘れてしまったんですが。
でも、エンディングもよかったような気がするなー。

1979年というと、ずいぶん前ですが、あまり昔の映画って感じもなかったような。
なんとなくハードボイルドな、でも低予算な感じがよかったです。

›2015- 8- 14

マッドマックス2

Posted by LSD at 23:59 / Category : Movie

警官をしていたマックス(メル・ギブソン)は、暴走族との戦いの最中、妻子を殺され、今は何の望みもない日々を送っていた。中東の産油地帯が戦争によって潰滅し、世界は石油パニックに陥り、滅びかけていた。人々はいくつかのグループに分かれ、ガソリンを奪い合う熾烈な戦いが展開されていた。スーパーチャージャーV8インターセプターを駆って荒野を旅するマックスは、ガソリンを狙ってくる暴走族と戦い、日々を生き延びていた。マッドマックス2 | Movie Walker

またしてもマッドマックス。
シリーズ2作目です。
これは、最新作を観て、とりあえず残りのやつも観ておこうかなてな感じで観始めました。

2も、そこそこ面白かったです。
1作目と同じくらいかな。
なんとなく、1匹狼的な感じが薄れたような気がしましたが、脇を固める方々が個性的だったりして。

でもって、これまたストーリーをほとんど忘れてしまいましたが、アクションもすごいしね。
ここで、シリーズを終わりにしとけばよかったんじゃないかな〜、なんてことも思ったり。

›2015- 8- 15

マッドマックス/サンダードーム

Posted by LSD at 23:59 / Category : Movie

核戦争で荒廃した近未来の地球。豚メタンガスでエネルギーを製造し、物々交換で市場が成り立っている街、バータータウン。そこに疲れきったマックス(メル・ギブソン)が辿りつく。街を見はらす塔の頂に君臨する地上世界の支配者、アウンティ・エンティティ(ティナ・ターナー)は、屈強な部下たちにマックスを急襲させる。マッドマックス/サンダードーム | Movie Walker

で、またしても、マッドマックス。
シリーズ三作目でしょうか。
もはや、なにがなんだかよくわからなくなってきたところ。

二作目に引き続き、観始めたんですが、さすがに飽きてきて。
というか、この三作目が一番おもしろくないような気がするな〜。
最後まで観ることなく、いまに至ってます。
ラスト30分くらいはまだ観てないのかな。

いやー、でも、これはおもしろくないと思うな〜。
もはや狂気って感じがぜんぜんしないし。
どちらかと言うと、ヒロイック・ファンタジーみたいな世界観だし。

ティナ・ターナーはけっこう印象に残ってます。
トミーのアシッド・クィーンも強烈でしたが、ここでもすごい存在感。

ということで、なんとなく、ティナ・ターナーしか印象に残っていないマッドマックス/サンダードームでした。

›2015- 8- 16

仁義なき戦い

Posted by LSD at 23:59 / Category : Movie

日本暴力団抗争史上で最も多くの血を流した“広島ヤクザ抗争”を、渦中の人物“美能組”元組長の獄中手記を基に描いた飯干晃一の同名ノンフィクションの映画化。深作欣二監督が、斬新で迫力ある映像を駆使してドキュメンタリー・タッチで描いた大ヒット実録ヤクザシリーズの記念すべき第1作目。敗戦直後の広島・呉。復員してきた広能はその度胸ときっぷの良さを買われ、山守組の一員に。それを機に、弱小勢力だった山守組は組織を拡大、ついには他組織との全面抗争へと発展していく……。仁義なき戦い - allcinema

仁義なき戦いを観ました。
1973年の映画、のようです。
「キネマ旬報が2009年に実施した<日本映画史上ベストテン>「オールタイム・ベスト映画遺産200 」では、本作を歴代第5位に選出」したようで、名作、なんでしょうね。
さすがに、私もタイトルは知っていました。

とはいえ、私、ヤクザとか抗争とか、ドキュメンタリーとか、いまひとつ興味ないんだな〜。
なもんで、いままで、ぜんぜん観たことがなく。

とはいえ、とはいえ。
仁義なき戦い、そんなヤクザ映画嫌いの私でも、けっこう楽しめました。
なんなんでしょうね。
画面から迸るエネルギーが尋常じゃないというか。
そこに尽きるのかな。
テンポもいいし、最後まで見せちゃうみたいな。

ラストの、たぶん、有名な菅原文太のシーンもよかったな。
なるほど、名作、となんとはなしに、納得しちゃうような映画でした。

›2015- 8- 17

iRobot Braava 320

Posted by LSD at 23:43 / Category : その他

iRobot Braava 320
(Amazon)
★iRobot Braava 320です。 ★水拭き&乾拭きの両方をこなすインドアGPS機能搭載。 ★とっても静かです。 ★Mintより良い性能です。

ほぼ衝動買い、そうでもないかな、私には珍しく、そこそこ迷って購入してみました。
床拭きロボットです。
掃除機ロボットのルンバのほうが有名です。
私も、前々からルンバ買っちゃおうかな〜と思ってました。
でもルンバは高いし、どうも、音もデカそうで。

で、Braava。
いいです。気に入りました。
2週間くらい前に買ったのかな〜。
で、ほぼ毎日、使ってます。
そもそも私、掃除機かけるのが嫌いで、メンドーで。
1週間に一度がやっと。それもけっこうイヤイヤで。

という人なら、そこそこ満足いく商品じゃないかな〜。
なんか動きもかわいいし。
動きを見てても飽きなかったりします。

ただ、2時間くらいしか電池がもたない。
3部屋強、そのくらいで電池切れ。
ま、ウチは、電池が切れるくらいの広さなんで、なんとかなってますが。
水拭き、雑巾がけですかね、のほうが、やっぱり電池切れが早い。
今は、乾拭きをほぼ毎日やってます。
でもって、充電の時間が長い。
10時間くらいかかります。
けっこう電気を消費するのかな〜。そこはちょっと心配です。
あ、そういえば、並行輸入品ということで、マニュアル類がぜんぶ英語だったのもちょっと、アレでした。
とりあえず使えてるから、ま、いいかーって感じです。

ともかく、これは買ってよかったな~。
たぶん、ずっと使い続けるモノのような気がします。
かわいいよ、Braava。

›2015- 8- 18

時をかける少女

Posted by LSD at 22:13 / Category : Movie

明るく元気な高校2年生、紺野真琴は、優等生の功介とちょっと不良な千昭と3人でいつもつるんで野球ばかりして楽しい毎日を送っていた。そんなある日の放課後、真琴は理科準備室で、突然現れた人影に驚いて転倒してしまう。その後、修復士をしている叔母・芳山和子のもとへ自転車で向かった真琴は、ブレーキの故障で踏切事故に遭ってしまう。死んだと思った瞬間、真琴はその数秒手前で意識を取り戻す。その話を和子にすると、和子は意味ありげに、それは“タイムリープ”といって年頃の女の子にはよくあることだと、冗談とも本気ともつかない説明をするのだった。最初は半信半疑だったが、いつしか使い方を覚えて些細な問題でも簡単にタイムリープで解決してしまい、すっかり調子に乗る真琴。そんなある日、真琴は千昭から突然の告白を受ける。3人の友だち関係がいつまでも続くと思い込んでいた彼女は、動揺のあまり、タイムリープで告白そのものをなかったことにしてしまうのだが…。時をかける少女 - allcinema

アニメの「時をかける少女」を観ました。
2006年の映画のようですが、私はなんとなく知っていた、くらいかなー。
その後、「サマーウォーズ」を昨年観て、細田守、すごいなーと思い、先日、「バケモノの子」を観てはげしく感動し、ってな感じです。

評判いい映画です。
バケモノも面白かったし、やっぱり、期待しちゃいます。
だがしかし。
期待しすぎちゃったかな〜。
いや、すごく面白い映画だと思うし、全編丁寧に作られていて、ラストもいい感じ。
フツウに面白かった。

とはいえ。とはいえ。
ちょっとタイムリープしすぎ?、時をかけすぎちゃってるような、なんとなくリアリティが抜けちゃうような。
いやいやSFにアニメにリアリティもないだろうとは思いますが、なんとなく冷めちゃうような。
そんな感じかなー。
高校生の青春、というには、幼すぎ???は言いすぎかなー。

それでも面白いんですけどね。
映画館で集中して観れば、また違った感想になったかもしれません。