›2014- 8- 4

御託

Posted by LSD at 22:10 / Category : その他
あっという間に8月。
しかも、もう4日。早いな〜。

御託を並べるって言葉を思い出した。
goo辞書によると、「自分勝手なことを、もったいぶってくどくど言うこと。偉そうに言いたてること。また、その言葉。」だって。
なるほど。

自分自身、御託を並べちゃったりしちゃったりするほうだと思うけど、御託を並べられるのはいまひとつカッコ悪いと思うな〜。
その点、いまさらながら、だけど、清志郎はそういうところはほとんど一切なかったように思えるな〜。
文句を言ったり、怒ったりしていても、なんだか直球って感じだったし。
そもそも、偉そうに言いたてたりなんかぜんぜんしなかったし。
すごーく悪くいえば、どちらかと言えば、駄々をこねてる感じ。
偉そうじゃなかったな。

  黙って歌え ギターを手にした理由に帰れ

好きなフレーズだ。
すごくカッコイー。
偉そうに言いたてる前に、御託を並べる前に、黙って歌ったほうがいい。
って気がするね。

›2014- 8- 14

久々

Posted by LSD at 22:15 / Category : その他
久々の日記。のような気がするな〜。
ってのもあるんだけど、いつからだろ、3日前くらいからか、お仕事の企画書らしきもの作成に四苦八苦。
夏休みを一日潰して、篭って、ずっとやってたんだけど遅々として進まず。
そうこうしてるうちに締め切り間近。
なかなか焦ったな〜。
焦ったというか、焦燥感というか。って、同じ意味か。

今日も、ホントは、いつものように職場に行って、別のお仕事をするはずだったんだけど、間に合わない!ってことで、半日お休みをいただいて、企画書作成。
それでも終わらず、1時間休暇延長。
で、とりあえず、完成。
相手先に送付して、とりあえず、終わり。
よかった。ほっとするな〜。

ってな感覚が久々だった。
もう2年前になるかなー。
こんな感じの毎日で。
なかなか刺激的な日々だったなー。

てなことを思い出すお盆の日。
お盆、今日もそうなのかしら。イマイチ把握してない。

›2014- 8- 16

バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2、Part 3

Posted by LSD at 22:9 / Category : Movie

バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2(Amazon)


バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3(Amazon)

バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2、Part 3を一気に観ました。
どちらも昔に観ていたと、私、すっかり勘違いしてました。
たぶん、どちらも初めて、でした。

面白かったですね〜。
Part 1の新鮮さには負けるかも、ですが、十分おもしろい。
すばらしいアイデアだなーと思います。

どちらも同じくらいに面白かったですが、どちらかと言えば、若干シリアスなPart 2のほうが好みかも。
とはいえ、Part 3の大団円もすばらしい。
なるほど、名作、だな~って感じっす。
たしかに何回観ても、新鮮に観れるような気がするな〜。

なんとなく西部劇を観たくなっちゃったりもしました。
すばらしいバック・トゥ・ザ・フューチャー!

›2014- 8- 17

海街diary 6/吉田秋生

Posted by LSD at 19:0 / Category : BOOK

海街diary 6 四月になれば彼女は(Amazon)

吉田秋生の「海街diary 6」を読みました。
来年の映画化も決まったらしい海街diary。
今回の巻もすごくよかったです。

4月になれば彼女は。
副題ですけど、凝縮されてるな〜。って感じ。
中学生を中心にした物語。
どこにでもあるようなお話をざっくり切り取って、自然に展開するような。
行間というか何というか、間がいいんだよなー。

なんだかんだでもう6巻。
ラストに向かって、ってな雰囲気も漂って。
次巻も楽しみです。

›2014- 8- 18

僕だけがいない街 (4)/三部けい

Posted by LSD at 20:40 / Category : BOOK

僕だけがいない街 (4)(Amazon)

逮捕された瞬間、悟に【再上映】が起きる! その結果、再度1988年へと舞い戻ることに。今度こそ失敗しない、雛月を救う! 強く誓う悟であったが、戻った先で見たもの…それは同級生・ケンヤの冷たい眼差しで! ?

「僕だけがいない街」の4巻です。
3月くらいにひょんなことから知った漫画、Amazonのセールか何かだったかなー、なんですが、おもしろいです。
サスペンスものになるのかなー。

物語では、【再上映】、リバイバルと読んでる、ふとした拍子にやってくるタイムトラベル?で過去に戻ったり、現代に戻ったり。

3巻が、絶望的な瞬間でのエンディング、それが、今回は再々度だったか、の過去に戻ってからのお話。
今回は、ひとつのエピソードが無事に解決したって感じでしょうか。
そうそう、主人公が、なよなよしてるというか、篭りがちだったっけかな。
そんな主人公が、物語が進むにつれて、成長していくような、そんな感じもあります。

ともかく。
4巻では、ようやく、ひとつの物語が一応のハッピーエンドで完結。たぶん。
これが現代にどう影響するのか。
完結といっても、この時代にもよくわからない点がたくさんあったり。

まだまだ謎はたくさん残ってます。
これらをどう収斂させるのか。
うまいこと、パズルが全部ハマるようなエンディングを期待してるんだけどな。
まだまだ当分先かな。
続きが楽しみな漫画です。
おもしろいよ。

›2014- 8- 19

One for the Road/Kinks

Posted by LSD at 22:52 / Category : Rock

One for the Road/Kinks(Amazon)

Kinksのライブ盤、DVDです。
私、Kinks、ほとんど知らないんだよなー。
オリジナルアルバムもデビュー・アルバムだったかの数枚、洋楽を聴き始めた頃、ちょっとヒットしてたのかなの「State of Confusion」、気まぐれで買ったのか「Phobia」の3枚くらいしか持ってないし。
そもそもそんなに激しくハマってないし。

とはいえ、このDVDと同タイトルの「One for the Road」というライブ盤は、数年前に購入して、すごくお気に入りでした。
たぶん、同じ頃に買っておきながら、そのままにしておいたこのDVD。
ようやく観ました。

ざっとググってみると、(あんまり情報でてこなかったんですが)どうも同タイトルのCD盤とはテイクというか、別モノみたい。
とはいえ。

これはカッコイー。
すごくよかったな~。
Kinks。レイ・デイビスがギターを弾くのか、そういやボーカリストだったのか??ってなくらい、ハズカシイ知識しかない私でしたが、このライブ映像にはぐぐっときました。
めちゃくちゃかっこいーじゃないですか。Kinks。
ビックリしたな〜。

レイ・デイビス、観客を煽るのもサマになってるし、って激しくエラそうですが。
サマになってるどころか、盛り上げるな〜。
なんとなく、クールに演奏するようなイメージがあったんですが、ストーンズのようなエンターテイメントなステージで。
よかったです。
ひねくれてるとか、そんなウワサ?も聞きますが、なにせ、英語はわからないし。
すばらしいロックンロールショーってな感じで楽しめました。

これはカッコイー、ロックショーだぜ〜。
Kinks、いいね!

›2014- 8- 23

NHK FM「Music Line」/長澤知之

Posted by LSD at 23:35 / Category : 長澤知之
NHK FMの「Music Line」を聴きました。
長澤くんが生ライブでゲストってことで。

10分くらいがライブ、10分位がトークって感じの構成。
トークは、いつものような、若干情けないような(シツレイ!)、でも、誠実そうな、でした。
レコーディングがヤマを超えたとかいうようなことを言ってたかな。
アルバム、だと思うんですが、楽しみです。

で、生ライブ。
弾き語りで、「左巻きのゼンマイ」、そして新曲の「享楽列車」でした。
これがよかったんだなー。
正直、それほど期待してたわけでもないんですが、すごくよかった。

「左巻きのゼンマイ」は、いつものような、ちょっと丁寧な、でもシャウトあり、みたいな。
同じコードだったので、というトークもありましたが、そのまま間髪入れずに「享楽列車」。
ライブでは何回か聴いていて、いい歌だな〜と思っていましたが、じっくり聴かせていただいて、やっぱすごくよかった。
若干フォークっぽい展開のような気もしますが、なんだかちょっと浮遊感漂うような、でも緊張感あふれるような。

録音をしていたので、長澤くんの出演が終わった17時くらいだっけ、それからずっと、聴き続けています。
かれこれ6時間、延々リピート。

で、ようやく「享楽列車」がわかったような気もしてきました。
私がわかったような内容でちょっとでも合っているなら、ヘビーだなー。
いや、ヘビーとも言えないか。
いずれにしても、またしても、映画を観てるような、豊潤な?、すごく濃い空気感をもった曲です。

またライブで聴きたいな〜。
ラジオでの生ライブ、すごくよかったです。
すごいな、長澤知之。

›2014- 8- 26

Posted by LSD at 22:0 / Category : Movie

鳥(Amazon)

ヒッチコックの「鳥」を観ました。
20数年ぶり、たぶん、2度めです。

「鳥」
シンプルなタイトルだな〜。
ストーリーもいたってシンプルなような気がします。
とはいえ、2度めのはずなんですが、まったくストーリーは覚えてなく。
というか、もしかして、この作品はあんまりストーリーは重視されてないのかもしれません。

おもしろい、といえば、おもしろかったかなー。
2時間弱の作品ですが、常に緊張感があふれてる感じです。

なぜか、突然、鳥が人を襲ってくるようになります。
鷲とか鷹とかじゃなくて、小鳥やカラスが集団で。
映像が素晴らしいです。
どうやって撮ったんだろうな〜。
やっぱり興味はそこにいってしまいます。

主人公の女性が、ベンチでタバコを吸ってるその間、背後に1羽、2羽と集まってくる鳥。
フツウの光景が、数分の間で不気味な光景に変わりゆく様。
嘘かも、ですが、全編にわたって、音楽も流れてなく。
淡々と不気味さを煽る映像がなにしろ不気味ですし、ともかく怖い。

ラストは、かなり唐突感がありますが、きっと、計算してのエンディングなんだと思います。
解決なしの終わり方。
これからどうなってしまうのかという不安感を抱いたまま、です。

ヒッチコック、やっぱり好きだな〜。
20数年ぶりにちょこちょこと観てますが、やっぱりおもしろい。

›2014- 8- 29

飛蚊症

Posted by LSD at 20:53 / Category : その他
昨日の午後に、トートツに。
右目に違和感。
黒い気色悪いモノがあちこちに。
飛蚊症ですなー。

にしても、たまーにあった症状と比べて、明らかに黒いモノの出現が多い。
非常にキモち悪い。
とはいえ、まーガマンできない程度でもないし、日常生活にはさほど支障をきたすわけでもなかったから様子見に。

で、今日。
症状は治ってなかったけど、もしかして、若干よくなったような気もしてたんで、ほうっておくことに。
だがしかし。
午後になってから、これまたトートツに悪化。
一時は、うようよした黒いモノに覆われちゃうんじゃないか(若干大げさ)ってな感じ。

これはやっぱり医者に行ってこようと。
たまたま仕事も抜け出せそうなタイミング。
てことで、医者に行ってみたら、加齢による飛蚊症、だってさー。
加齢による。。。
うむー。。。

とりあえず、慣れるしかないってことらしい。
クスリもなかったし。
いたしかたなし。
慣れるように、意識しないことにするよ。
にしても、加齢による。。。

›2014- 8- 30

矢野顕子 アンコールLIVE ~ピアノ弾き語り~@狛江エコルマホール

Posted by LSD at 23:44 / Category : ライブ
矢野顕子、アッコちゃんのライブに行ってきました。
狛江エコルマホール、私は、初めてでしたが、アッコちゃんは2011年8月に続いて3年ぶりだったようです。
その狛江エコルマホール、というか狛江市そのものも、私は初めて、です。
狛江市、シツレイですが、東京のなかでは私のなかでは、もしかして一番くらいに馴染みがないところだなー。
とはいえ、街そのものは、ウチの近所にも似た、なんだか落ち着けそうな印象を持ちました。

エコルマホールも、シマムラとかが入ってるショッピング店の4階だったかな、にあったりして、すごく庶民的な感じ。
でも、なんだか、開放的で綺麗なホールでした。
キャパが800人弱かな、のこじんまりとしたホールです。
話それるけど、こういうホールで長澤くんのライブがみたいな~。

お客さんは、まさに老若男女入り乱れ、って感じ。
お子さんの姿もけっこう見られました。
これまたアットホームないい感じです。

私は、アッコちゃんのライブは、1年半ぶり、だったかな。
いつものアッコちゃんでした。
って書くと、感想が終わっちゃうんですが、いつものアッコちゃんだったなー。
すごくよかったです。
特に、ラストの5曲。
これがホントによくて。

「飛ばしていくよ」
私、新しいアルバムをまだ聴いてないんですが、まさに飛ばしてる、かっこよかったな〜。
でもって、「Yes,Yes,Yes」。
小田和正のカバー?
アッコちゃんMCがなかったらカバーとは気づかなかったよ。

丁寧に歌われた「ひとつだけ」がすばらしいのはいつもどおり。
いつ聴いても感動です。

でもって、なにより、ラストのラスト「Prayer」。
もしかして、私は矢野顕子の曲の中で一番好きかもしれない曲。
ライブではもしかして初めて聴いたかな〜。
これがまたすさまじくよくて。
私には。

帰宅してから、延々、リピートしてますが、ホントにいい曲で。
この曲が聴けただけでも大満足です。

いいライブだったな〜。
また観にいきたいなー、矢野顕子。


最後に曲リストです。

01. グッドモーニング
02. Never Give Up on You
03. ごはんとおかず
04. GLORY DAYS
05. たいようのおなら
06. ニットキャップマン
07. リラのホテル
08. 野ばら
09. いい日旅立ち
10. 飛ばしていくよ
11. ひとつだけ

〜アンコール〜
12. YES-YES-YES
13. PRAYER