›2014- 6- 2

久々に

Posted by LSD at 22:44 / Category : その他
都心にお仕事で。
仕事といっても、セミナー参加だからお気楽なもの。
そこそこ役に立つのかな。きっと役に立ってるんだろう。たぶん。

とはいえ、セミナーとか研修とかは苦手だな〜。
苦手というか嫌いというか。
好きな人はいないか。いるのかな。

ま、いいや。

にしても、あたりまえだけど、みなさん、プレゼンがうまいな~。
必ずしもプロの人の話じゃないんだけど。
プレゼンがまたちょー苦手でね。
プレゼン資料の作成だけで勘弁してほしいな。
などといつも思ってる。
ま、いいか。
今日も、なかなか平和な一日でした。

›2014- 6- 8

プリンス/パープル・レイン

Posted by LSD at 19:26 / Category : Movie

プリンス/パープル・レイン(Amazon)
一人のミュージシャンの苦悩と挫折と栄光…。悩める一人のミュージシャンが愛と夢を求めて、傷つき挫折しながらもスーパースターへの道を歩む姿を描いた本作は、正にプリンス自身の人生を描いた傑作。プリンスの映画初主演作品となった、人生と音楽のサクセス・ストーリー。 (Amazon)

プリンスの1984年の主演映画。
なんと30年前?になるのかな。
私は当時プリンスにはまったく興味なく、とはいえ、さすがにその存在もヒット曲も知っていた、と思います。
30年前ってたぶんヘビメタに入っちゃった頃だしな。
プリンスにハマるのはそれから5年以上経ってから、です。

てことで、初めて観ました、パープル・レイン。
ジャケットが全てを物語ってるような、そんな感じ。
ざっと検索したりすると、「陳腐」てな言葉があちこちで。
陳腐、だよなー。やっぱ。
映画としては、激しくつまらないとは言わないまでも、それほどおもしろくはないかなー。

だがしかし。
プリンスのライブシーンはカッコイーし、何より曲が演奏が素晴らしいから。
何より、パープル・レインが素晴らしすぎるから。
それだけで満足です。
パープル・レインのちょっと長めのMVってな感じで観てもぜんぜん問題ないです。

20年くらいまえにライブを観ておくべきだったな〜。
その頃ライブに行くって習慣がなかったからさっぱりノーチェックだった。
それがすごく後悔。

とはいえ、とはいえ。
今のプリンスのちょろちょろと流れてるライブ映像も激しくカッコイーからな。
来日を待ってます。
って、映画の感想からズレたな。

30年くらい経っちゃったけど観てよかったよ。
プリンス、素晴らしい。

›2014- 6- 9

ブリジット・ジョーンズの日記

Posted by LSD at 22:12 / Category : Movie

ブリジット・ジョーンズの日記(Amazon)
ありのままの君が好きだ!世界中が笑って泣いて、“等身大のブリジット”に大共感!!「ノッティング・ヒルの恋人」のスタッフが贈る大ヒットラブコメ(Amazon)

映画「ブリジット・ジョーンズの日記」を観ました。
小説がなんだかすごくヒットした記憶があります。
映画もヒットしたっけかな。
にしても、制作が2001年だって。
なんともう15年近く前じゃないか〜。
ふむー。

で、その映画。
なかなかおもしろいです。
けっこう好きなんだよなー、ラブコメ。
他愛のないといえば他愛のないストーリーなんですが、なんというか、ちょっとウィットに飛んでるというか、イギリスっぽいところがちょっとスパイス効いてるというか。
それは言いすぎかな。

それはともかく。
主人公の一直線ぶりというか、等身大っぽいところというか、好感持てます。
出演者それぞれ共感できないところも多々あるんですけど、それでも、恋愛に関してはどの国でも同じだなーなんてことをあらためて思ったりして。

気楽に楽しめる、そんな映画でした。
悪くない、って思うな〜。

›2014- 6- 11

Lazaretto/Jack White

Posted by LSD at 23:21 / Category : Rock

Lazaretto/Jack White(Amazon)

初ソロ名義アルバム『ブランダーバス』リリースから二年―
100%のジャック・ホワイト・ワールドの第二章開幕
(Amazon)

ジャック・ホワイトの新しいアルバムが発売されていたので、購入、聴いてみました。
なんかニューアルバムが楽しみってのがずいぶん減っちゃって寂しい感じがしてたんですが、このアルバム「Lazaretto」よかったです。

まだ2回しか聴いてないんですけど、お気に入りになりそうな気配がプンプン。
なんとなく、前のアルバムに似たような曲があるような気がするな〜って気がしないでもないんですけど、カッコイー。
独特のリズムに、キャッチー(死後?)なリフが乗っかるってな曲が印象深いです。

ギターアルバムってわけでもなく、ハードなロックってなわけでもないんですけど、カッコイー。
前作の延長ってな雰囲気です。
世間の評判??ってぜんぜん知らないんですけど、私は好きだな〜。
またステージを観てみたいです。
そう、ジャック・ホワイト、フジロックで観たんだよなー。

›2014- 6- 14

そういえば

Posted by LSD at 23:47 / Category : その他
先週は2日連続で懇親会的なものがあったんだよなー。
なかなかきびしい2日間でした。

そもそも、そういう懇親会みたいのはチョー苦手で、友達同士ならともかく、ほぼ初対面の方と親交を深めるため、とか言われるとヒジョーに困ってしまうのです。

そもそも、そういう接待みたいなものが少ないんじゃなかろうかってなことも、今の職業に就いた理由ですし。
そもそも、私は飲めないのだよ。

それでも、就職して20数年。
ずいぶんとそういう会にも慣れたよな、我ながら。
たぶん。
顔はひきつってるかもしれないし、ほとんど会話らしい会話になってなかったとしても、なんとか3時間くらいは、一次会くらいは我慢できるしな。
二次会はでないけど。

しかしまー人脈づくりとか言われてもな。
そういう言葉とは無縁のところで生活できたらいいし、仕事ができればいいんだけどな。
って、まーそういう言葉とは無縁のところで生きてるけどね、概ね。

ま、とりあえずはそのヘビーな2連荘も終わったし。
ほっとするよ。

›2014- 6- 17

茄子 アンダルシアの夏

Posted by LSD at 23:25 / Category : Movie

茄子 アンダルシアの夏(Amazon)
『千と千尋の神隠し』の作画監督・高坂希太郎による、自転車レーサーの奮闘と人間模様を描く青春ドラマ。チームからの解雇を知りながらスペインでのレースで疾走するペペは、やがて故郷に差し掛かる。そこではかつての恋人と兄の結婚式が開かれていた。(Amazon)

2003年7月に公開された映画「茄子」を観ました。
短編アニメです。47分みたい。

清志郎がエンディングテーマを歌ってます。
なもんで、サントラは発売当時から持ってるんだよなー。
とはいえ、なんとはなしに映画は観てなくて。
録画はしてたんですが。

で、その映画。
なんか、感情移入というか、映画の物語に入り込む前に終わってしまったってな印象が強いかなー。
つまらなくはないんですが。
何気に、日本が舞台じゃないとか、いつの時代の物語なのかといった前知識ゼロで観始めて、そんな素朴な疑問を感じつつ観てたら終わっちゃった、みたいな。

後々、あのシーンはあーいう意味があったのか、とか、あのシーンは誰彼の心象を現してたのか、とか思い返しました。
てな思い返しがあるってのは、それなりに面白い、ってことだよな。

レースシーンは迫力ありました。
というか、レースシーンがほとんどなんですが。
原作も短編の連作?なのかな、短編映画としておもしろいなって感じです。
もう一度、観てみるとまた違った感想を持つような、そんな気もします。

›2014- 6- 21

うぐー

Posted by LSD at 22:26 / Category : その他
てな感じの1週間でした。
なんというか、徹夜続きってほどではないのはもちろんですが、バタバタと忙しかったな〜。
昨日の金曜日がその頂点ってな感じ。
とはいえ、その余波というかなんというかで、今日もほぼ一日自宅仕事だったのですが。

昨年よりは忙しくなくなるはず、だったんだけどなー。
どうだろ。
まだ3か月、なので、1年を通してどうなるか、わからないけども。
にしても、金曜日は重なったな〜。行事が。

よくよく考えると、いや、すぐに分かるんだけど、ぜんぜん違う環境で右往左往し始めたのは、もう3年前の出来事なんだよなー。
3年前の今頃に、初めて九州福岡に行ったんじゃなかったかな、仕事で。
そのときが20数年ぶりの飛行機じゃなかったかな。
でもって、ちょうど長澤くんのツアーが重なってたから、福岡でうまいことタイミング合ってくれないかななんて思ったり。
ダメだったけど。
そして6月には笹塚で会合?があったり。

ずいぶん昔のような、そうでもないような。
いや、ずいぶん前の出来事のような気がするな〜。
なんか、淡々と、部屋に篭って毎日を過ごしているつもりなんだけど、それなりに激動の日々を過ごしてるんじゃないかしら。
なんて思ったりもして。

ま、なにしろこの1週間はそこそこ激動だったわー。
来週はどうだろ、落ち着くかな〜。

›2014- 6- 26

ライブ

Posted by LSD at 23:59 / Category : Rock
あー、バタバタ。
の毎日ですが、そのすき間を縫うように、6月22日にLeyona、今日の26日に長澤くんのライブに行ってきました。
どちらもよかったなー。
ちょっと余裕がぜんぜんないので、感想もかけないけど、とにかくよかった。
長澤くん、ちょっと特殊?なライブの3回め、だったんですが、安定した感じがより一層。
それでもアレンジを変えた数々の曲。
ギターが素晴らしい。
声が素晴らしい。
いってよかったです。