›2014- 3- 1

長澤知之 “Nagasa・Oneman8 Band Ver.”@Music Club JANUS

Posted by LSD at 12:41 / Category : ライブ
長澤くんのライブの感想です。
とはいえ、昨日の東京LIQUIDROOMのライブじゃなくて、2月15日の大阪でのライブ。
ツアーが終わるまで、私にしては珍しく寝かしてました。

先日(2月15日)、長澤知之、長澤くんのワンマンライブ・バンドバージョンの初日に行ってきました。
長澤くんのバンドでのライブは、12月以来です。もう2か月も経っちゃうんだなー。

大阪のMusic Club JANUSというライブハウスは、この数年?名前をよく聞くところですが、私は初めてでした。
記録的な大雪が降った翌日、でもって、私は、エンジントラブルブギな
問題を抱えたまま、という日に大阪遠征。
長澤くんも、大阪入りが大変だったみたいです。MCでも言ってたなー。
という、なんとなく、特別な日、のような大阪ライブです。

心配だった交通も、ま、概ね問題なく、17時30分開場のところ、17時40分くらいに着いたのかな。
お客さんは、どちらかといえば若い、学生くらい?の方が多かったような気がします。
でもって、男が多かった!ように感じました。
これは、長澤くんもそんな風に見えたようで、男が沢山いて嬉しい!といったMCもあったなー。
もちろん、女性のほうが多いんですけどね。
ソールドアウトにはならなかったようですが、お客さん少なくて寂しいって感じはぜんぜんありません。

Music Club JANUSは、やっぱ新しいのかな、ビルの8階かな、にあって、とても綺麗なライブハウスです。
狭くもなく、かといって激しく大きくもない、ステージも広そうでした。

そんなこんなで、18時に開演。
ほぼ定刻に長澤くんほかメンバーがステージに登場です。
メンバーは、12月の時と同じ、Guitar:西川進、Bass:松田”FIRE”卓己、Drums:タナカジュン、でした。
見た目バラバラなんですが、慣れたのか、違和感もなくなったような気がします。
なにより、長澤くんが楽しそうで。
メンバー紹介、2、3回してたんじゃないかなー。

で、一曲目「あんまり素敵じゃない世界」。
長澤くん、声の調子も良さげです。
バンドもいい感じ。
盛り上がりました。さすが大阪!
こんばんは、長澤知之です。よーこそ。よく来てくれた。愛してるぞー
といったMC。
長澤くんなので?弾けた感じではありませんが、なんだか、清志郎をホーフツさせるMCがあったりして。
そう、この日の長澤くん、最初からすごくご機嫌な感じで、いつもよりは饒舌だったかな。
ウェーイ!とか。
楽しかったです。

で、「明日のラストナイト」、「追憶」、「フラッシュバック瞬き」と続きました。
「追憶」のボーカルの高音のところとか、すごかったなー。
楽しいと書きましたが、基本、この緊張感あふれるボーカルと演奏がたまらんのです。
濃厚な時間。
「フラッシュバック瞬き」は、ボーカロイド?を使ってたのかな、たぶん。
これは、長澤くんのボーカルだけで聴いてみたいなー、ぜひとも。

「夢先案内人」、「無条件幸福」と続きます。
この二曲も激しくかっこよかったのですが、次からの三連荘がものすごかった。
「幻覚」、「黄金の在処」、「片思い」です。
幻覚と片思い、久々のような気がしますが、長澤くんらしい曲で、転調が激しく、シャウトがかっこいい!
その二曲の間に、上手い感じにアレンジされた静かで綺麗な「黄金の在処」。
私的には、この三曲が、ライブの一つのハイライト、だったなー。
感動です。

この後、なんと、ウェーイで、お客さんとコール&レスポンス!
なんというか、照れぎみというか、ふざけながら、なんですけど、ここまで明確?なコール&レスポンスって、長澤くんのライブでは初めて見たかも〜。
ご機嫌だったなー。

で、「誰より愛を込めて」、「はぐれ雲 けもの道 ひとり旅」、「24時のランドリー」と続きます。
この辺りは、長澤くんのメロディーメーカーとしての素晴らしさを堪能。
はげしくエラそうな感想でスイマセン。
この三曲では「誰より愛を込めて」がよかったなー。長澤くんのシャウトも可愛くて、メンバーのソロ回しもよかった。

この日の朝の大阪入りとかのMCとかがあったかな、で、ゼンマイの効果音が鳴り響いて「左巻きのゼンマイ」。
そして「バベル」。バベル、聴けてすごく嬉しかったし、良かったんだけど、以前にもっともっと凄いバベルを体験しちゃってたりしたので、次回、更に期待しちゃいます。
とはいえ、十分によかったけどね。

後半、今度発売されるMVのDVDの告知のMC(拙い感じもよくて、でも、撮影風景を面白く語ったりして)なんかを挟んで、次からの怒涛の連荘もまたすごかった。
まずは「P.S.S.O.S.」。
これまた久々な気がしますが、やっぱいいんだなー、鳥肌。
激しいシャウト。
なぜか涙が、って感覚はいつもです。

で、間髪入れずの「俺のアレ」、「THE ROLE」、「EXISTAR」。
盛り上がります。
かっこいいなー。
なかでも、これまた、いつもですが、THE ROLEの激しいかっこよさは、最高としか言えませんなー。

何回か目のメンバー紹介があって、ラストは、「マンドラゴラの花」そして「STOP THE MUSIC」でした。
マンドラゴラは、最後の長澤くんの絶叫がギターに変わってたのが、若干残念でしたが、それでもよかったー。
素晴らしい。
感動です。
「STOP THE MUSIC」、異常にかっこいい。
本編はこれで終わりでした。

程なくしてアンコール。
このタイミングだったか忘れちゃいましたが、長澤くんが、男性のお客さんを指さして「帽子をかぶってる彼、すごくいい感じ。彼を褒めてあげてください」みたいなMC。
これもなんか珍しい感じだったなー。
Chaboの「お前中心にやる〜」みたいな。ちょっと違うか。
「ホントにありがとう」っていうMCもすごく多かったな。
「みんなの記憶に残ることがすごく嬉しい」
「また会おうよ〜」で「GOODBYE, HELLO」。
バンドでの演奏です。曲の始まりで歌詞が飛んじゃったようですが、大盛り上がり。
ゴキゲンだったなー。

そして2回めのアンコール。
長澤くん、お一人でステージに登場。
なんと、お客さんに歌わせる「僕らの輝き」。
長澤くんもマイクをほとんど通さないで歌ってます。
ほぼアカペラ、だったかな。
長澤くんの声で聴きたかったとも思いましたが、こういうのもたまにはありだな~。
にしても、お客さん、歌詞ぜんぜん間違えてない(と思う)し、すごく盛り上がって。
もしかして、大阪ならでは、だったのかもしれません。
東京でもここまで盛り上がるかなー。

という“Nagasa・Oneman8 Band Ver.”の初日。
3回めのアンコールを求める手拍子も止まなかったなー。
すごくいいライブでした。楽しかった。
長澤くんもゴキゲンで。

そうそう、長澤くんのバンドバージョンのライブ。
今回、長澤くんの弾き語りコーナー?がありませんでした。
私は、バンドバージョンで弾き語りがないライブって初めてだったなー。
そういう意味でも、なんだかよかったな~。
すごく瑣末なところも書いちゃうと、長澤くんが水を飲む姿も極端に減ったように感じたし。
いい意味で、プロフェッショナルな印象を感じたかな。
でもって、新しい試み?もあったりして。

ま、なにより、長澤くんの声がすばらしい。
歌がいい。
演奏がいい。
これに尽きます。
何度でも観たいぜ〜。
バンドでのライブ、これからもたくさんやってほしいなー!


最後に曲リストです。間違ってるかもしれません。
01. あんまり素敵じゃない世界(黄金の在処)
02. 明日のラストナイト(JUNKLIFE)
03. 追憶(黄金の在処)
04. フラッシュバック瞬き(黄金の在処)
05. 夢先案内人(JUNKLIFE)
06. 無条件幸福(黄金の在処)
07. 幻覚(EXISTAR)
08. 黄金の在処(黄金の在処)
09. 片思い(PAPER STAR)
10. 誰より愛を込めて(黄金の在処)
11. はぐれ雲 けもの道 ひとり旅(JUNKLIFE)
12. 24時のランドリー(EXISTAR)
13. 左巻きのゼンマイ(PAPER STAR)
14. バベル(SEVEN)
15. P.S.S.O.S.(P.S.S.O.S.)
16. 俺のアレ(P.S.S.O.S.)
17. THE ROLE(JUNKLIFE)
18. EXISTAR(EXISTAR)
19. マンドラゴラの花(JUNKLIFE)
20. STOP THE MUSIC(黄金の在処)

〜アンコール 1 〜
21. GOODBYE, HELLO(黄金の在処)

〜アンコール 2 〜
22. 僕らの輝き(JUNKLIFE)

›2014- 3- 2

長澤知之 “Nagasa・Oneman8 Band Ver.”@LIQUIDROOM

Posted by LSD at 17:40 / Category : ライブ
先日(2/28)、長澤知之、長澤くんのツアー“Nagasa・Oneman8 Band Ver.”の最終日、恵比寿のLIQUIDROOMに行ってきました。
私はこのツアーは、初日の大阪に続いてです。

LIQUIDROOM、私はどうやら2011年3月の長澤くんのライブ「ライド5」以来だったようです。
なんとなく、そんな気もしてましたが、もう3年も経っちゃうんだなー。
お客さんは大阪のときよりも若干年齢層高めだったような。
やっぱり女性が目立ちますなー。
ソールドアウトにはならなかったようですが、寂しい感じの入りではありません。
長澤くんのバンドでのライブは、東京では、代官山UNIT、新宿BLAZE、そして恵比寿LIQUIDROOMと観てますが、LIQUIDROOMが一番いいような気がするなー。
キャパもこのなかでは一番大きいのかな、もしかして。

で、そのLIQUIDROOMでの最終日。
はじめに感想をザクっと書いてしまうと、素晴らしかった。
すごかった。
もしかして、長澤くんのライブでは、これまで観てきた中で一番よかったかも、ってなくらいに感動でした。
ホントによかった。

私、この2,3週間、なんだかバタバタしていて、このライブも遅刻か、もしかして行けないかもなーってなくらいの不安定な日常だったんですが、無事に、最初から最後まで観ることができてホントによかったよ。

ということで、19時に開演。
大阪のときも若干気にはなっていましたが、オープニングのSEはなんだろうな。
きれいな歌声かな、ポップスとかロックとかとは違うような感じの曲が流れます。
そんななか、ほぼ定刻に長澤くんほかメンバーがステージに登場。
Guitar:西川進、Bass:松田”FIRE”卓己、Drums:タナカジュンです。
ワタシ的には、すっかり慣れました。

「あんまり素敵じゃない世界」、今日も、長澤くん、声の調子が良さげです。
こんばんは。よろしくどうぞ。今日ここに来てくれてありがとう。うぇーい。
ってなMCから「明日のラストナイト」、「追憶」。
これまでのバンドよりもロック色が強い、かな。
ロック色ってなんだ?って気もするけど。
なんだか強引な感じがいいです。
「追憶」とかすごくかっこよくて、固まります。

照明のスタッフ、今日が誕生日。長澤くんのお母さん、昨日?が誕生日。
俺を産んでくれてありがとう。
という感じのMC。今日もけっこう饒舌だったなー、長澤くん。

「フラッシュバック瞬き」、「夢先案内人」、「無条件幸福」に続いての三連荘。
「幻覚」、「黄金の在処」、「片思い」。
大阪でも思いましたが、やっぱり、このライブの一つのハイライト、だと思うなー。
「幻覚」での長澤くんのアコギ、ボーカル、転調、転調、シャウト。
激しくカッコイーです。
静かな「黄金の在処」から「片思い」。
流れるように続くアレンジがホントに素晴らしいです。
でもって、「片思い」がまた転調、転調、シャウト!

「はぐれ雲 けもの道 ひとり旅」から「24時のランドリー」。
いい歌だなー。
でもって、この日の「24時のランドリー」は一際ググッときたなー。
大阪で聴いた時よりも、なぜか、ググっときました。
涙。

あなた方の記憶に残ってくれるのが嬉しい。
コール&レスポンスやらないか?と言われて、「やりません」と答えた。
で、やってみたらすごく楽しかった。
といったMCから「誰より愛を込めて」。
長澤くんから、コーラスの手ほどきというか、練習までやってから、でした。
これもよかったなー。メンバーのソロ回しもよかった。
お客さんのコーラスも、まーまーだったかな??
大阪でもあったっけかなー。

「左巻きのゼンマイ」に続いてからの曲がまた圧巻。
「俺のアレ」、「P.S.S.O.S.」、「ハレルヤ」、「THE ROLE」、「EXISTAR」
ちょっと狂気がかった曲の連荘、な感じ。
音の塊がガーンと突き刺さる感じでした。圧倒される。
この音の塊がガーンって感じは、なんだかすごく久しぶりで。
気分はめちゃくちゃ高揚してるんですが、私自身が固まる固まる。
「ハレルヤ」は、私はライブでは初めてでしたが、長澤くん、完全ハンドマイク。
ビックリしたなー。
曲は、アップテンポでけっこう盛り上がるタイプな曲だと思うのに、なんでライブで演らないのかなーって思ってました。
曲前のMCで、気分が落ち込んでる時に、作ったって言ってたかな。
ハンドマイクの長澤くん、ステージに座り込んだり、フラフラしながらのシャウト。
カッコイー。
ヤサグレ感がたまりません。

そして「マンドラゴラの花」。
これがまたすごくよかった。
固まる固まる。
魂に突き刺さる。というか、魂抜かれるって感じ。
もしかして、私が聴いたことのある「マンドラゴラ」で、一番感動したかも、です。
間髪入れず「STOP THE MUSIC」のイントロ。
固まる固まる。
長澤くんは、「STOP THE MUSIC」と歌ってから、歌詞が飛んでしまったようですが、なんだか私の方も魂抜かれたままだったんで、そんなに気にならなくて。
というか、そのあとの鬼気迫るボーカルでチョー消しというか。
 もう おしまい
 もう おしまい
激しく感動しました。

アンコールはメンバー紹介とかPVを集めたDVDのMCのあとに「バベル」。
メンバー紹介、東京ではここで初めてだったな、そういえば。
この曲に限ってってわけじゃないんですが、もうこれで声が潰れても構わないってな感じの長澤くんのボーカルはとにかくスゴイです。
で、「GOODBYE, HELLO」で大団円って感じです。
大盛り上がりで終わりました。

2回めのアンコールは、大阪と同じく、長澤くんだけがステージに登場。
4月からの、長澤知之 LIVE IN MY ROOMの告知とかのMCのあとに、デビュー曲を演らせていただきます、で「僕らの輝き」。
弾き語りです。
よかった。

“Nagasa・Oneman8 Band Ver.”が終わっちゃったなー。
やっぱりすごいな、長澤くん。
もっとライブを演ってほしいなってな勝手な思いが強くなります。
勝手ついでに書いちゃうと、今回のツアーは、なんとなく、これまでの長澤くんの集大成ってな感じもしたなー。
ぜんぜんそんなつもりはないだろうけど、なんとなく。
集大成って言うには早いような気もするし、新しい次元に進む第一歩ってな感じもしたかな。
そんなふうに思えたのが、また、嬉しくて。
でもって、その集大成なり、第一歩なりが、自分の好む方向と合っているのも嬉しくて。
自分の好む方向ってのは、ちょっと違うか。
長澤くんの新しいライブなり音源を楽しめることが嬉しくて。

今年はどんな活動をしてくれるのかな。
とにかく今年も一番気になる存在なのです、長澤知之。


最後に曲リストです。間違ってるかもしれません。
01. あんまり素敵じゃない世界(黄金の在処)
02. 明日のラストナイト(JUNKLIFE)
03. 追憶(黄金の在処)
04. フラッシュバック瞬き(黄金の在処)
05. 夢先案内人(JUNKLIFE)
06. 無条件幸福(黄金の在処)
07. 幻覚(EXISTAR)
08. 黄金の在処(黄金の在処)
09. 片思い(PAPER STAR)
10. はぐれ雲 けもの道 ひとり旅(JUNKLIFE)
11. 24時のランドリー(EXISTAR)
12. 誰より愛を込めて(黄金の在処)
13. 左巻きのゼンマイ(PAPER STAR)
14. 俺のアレ(P.S.S.O.S.)
15. P.S.S.O.S.(P.S.S.O.S.)
16. ハレルヤ(黄金の在処)
17. THE ROLE(JUNKLIFE)
18. EXISTAR(EXISTAR)
19. マンドラゴラの花(JUNKLIFE)
20. STOP THE MUSIC(黄金の在処)

〜アンコール 1 〜
21. バベル(SEVEN)
22. GOODBYE, HELLO(黄金の在処)

〜アンコール 2 〜
23. 僕らの輝き(JUNKLIFE)

›2014- 3- 4

ザ・ローリング・ストーンズ 14on fire ジャパンツアー@東京ドーム 二日目

Posted by LSD at 23:19 / Category : ライブ
ザ・ローリング・ストーンズ 14on fire ジャパンツアー@東京ドームの二日目に行ってきました。
とはいえ、仕事がバタバタで、遅刻。
始めの5曲くらいは見逃してしまった。うむー。

とはいえ、今日はよかったなー。
私は、1階のちょうど真ん中、三塁側あたり。
前回は、アリーナだったんだけど、後ろの客がうるさくて。
って、客はどうでもいいけど、ストーンズも今日のほうがよかったような気がするなー。
ミックは、もしかすると、初日のほうがよかったかも、だけど、なんといってもキースがよかった。
初日よりもね。

ま、何より、バンドがよかった。
バンドメンバーの紹介のときになぜかグッときたよ。
なんだかんだでずっとバンドやってるんだよなーって改めて思っちゃったりして。
幸せな時間でした。

あとは、もう最終日しかないのかー。
以前みたいに、もっと演ってほしいなぁ。

›2014- 3- 5

今年は

Posted by LSD at 22:39 / Category : Rock
ライブにはげしく通ってるなー。
自分にしては。
今日までで8本出かけてるみたい。
すんごいハイペース。

でもって、偶然とはいえ、一年で一番仕事が忙しい時期に。
なかなかキビシイ毎日です。
楽しいけどね。

とはいえ、こんな生活ももうすぐ終わりだなー。
終わりというか、先が見えてないというか、チケット買ってないというか。
なんだか燃え尽きそうな今日このごろ。

›2014- 3- 7

ザ・ローリング・ストーンズ 14on fire ジャパンツアー@東京ドーム 最終日

Posted by LSD at 23:7 / Category : ライブ
昨日(3/6)、ザ・ローリング・ストーンズ 14on fire ジャパンツアー@東京ドーム 最終日に行ってきました。
ちょっとは詳細な感想を書きたいなーとは思うものの、いまひとつ書けるかどうかってな感じなので、とりあえず。

よかったなー。
すごくよかった。
ストーンズ、8年ぶり6回目の日本ツアーだったんだなー。
Wikipediaによると。
私は、たぶん、全ての日本ツアーに複数回以上のライブを観てるはず、だから、これまでに少なくとも12回以上は観てるのかなー。

で、今回は、3公演、とりあえずは全部行きました。
で、最終日。
シツコイですが、よかった。
これまでのストーンズの来日公演も感動しましたが、今回の、そして昨日のライブが一番よかった、感動したライブだった、ような気がします。
それほど強烈でした。

ざっと思い浮かんだことをテキトーに書くと、ライブの始まりは、グッとくることあまりなく、いつものストーンズってな感じ。
中盤以降かな、なんだか音の塊がズドーンって響いてきたのは。
私は、この日は、ずっと座って見てたんですが、それでも否応なしに興奮させられる。
適度に緊張感のある演奏で、ギターやボーカル、ドラムがガンガン突き刺さってくる。
激しく陳腐な言い方ですが、これがロック、ロックンロールだなーってあらためて思ったなー。
私は英語がさっぱりなんで、歌の内容はまるっきりわかりません。
なもんで、歌詞でぐさってくることはありませんが、演奏だけでズドーンとくる。

曲でいえば、なんといってもMidnight Ramblerかな。
すさまじくよかったなー。
なんなのよ〜これ。って感じ。

後半のたたみかけてくるロックンロールナンバー、Sympathy for the Devilもよかったし。
最後のSatisfactionも、もちろん。

何がいいって、なんだか今回のライブは、メンバーだけの音で固めてるって感じがよかったのかもなー。
ホーンとかコーラスも必要最小限って感じがしたなー。
でもって、やっぱりミック・ジャガーかなー。
何度も書いてるけど、化け物、って印象がさらにさらに強くなりました。
すんごいボーカリストだよ。
キースのギターもこの日はよかったと思ったな。

書く順番が間違えたかな。
その各々の音やらボーカルやらが、一丸となってガーンとくる感じ。
これがホントに快感で。
ライブが終わったあとは、元気になるどころか、放心、でした。

また来てくれないかな。
なかなか海外まで観にいくのはキビシイしな。
また来日してくれることを祈ってます。
ストーンズばんざい!

›2014- 3- 9

僕だけがいない街/三部けい

Posted by LSD at 22:50 / Category : BOOK
僕だけがいない街
僕だけがいない街 (Amazon)
毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それとも…。 (Amazon)

久々に漫画を読みました。
三部けい「僕だけがいない街」です。
まったく前知識ないまま、完結しているのかどうかすらわからないまま、1巻から3巻まで一気に読みました。

サスペンス、になるのかな。
主人公がいまひとつぱっとしないというか、若干、鬱々としているところが、なんか共感。
でもって、物語、展開がすごくおもしろいです。
壮大といえば壮大な展開なので、これからどうやって収束させるのか、収束できるのか。
それによって、ずいぶん、感想が変わっちゃうような気もします。

とはいえ、おもしろいなー。と素直に思うなー。
これからが楽しみです。

›2014- 3- 10

ミック

Posted by LSD at 21:3 / Category : Rock
ストーンズの来日公演。
一番印象に残ってる場面といえば、ま、いろいろあるんだけど、最終日のアンコールだったかな、のミックのアクションだなー。
なんかかっこよくキメてるというんじゃぜんぜんなくて。
なんか激情にまかせためちゃくちゃな動きだった。ように見えた。
まるで新人ボーカリストのようなね。
あそこまで、なんというか、狂ったような動きをするミック・ジャガーって初めて観たような気がするんだよな。
そんなことないのかもしれないし、もちろん、ミックのことだから計算ずく、なんだとは思うけど。

にしても、カッコよかった。
ふと思い出したのが、2008年、清志郎完全復活祭@京都でのChabo。
何回も書いてるけど、あの「雨あがりの夜空に」でのChaboはめちゃくちゃだった。
はげしくカッコよかった。
目が釘付けになった。
映像になったのを観たことがないけど、撮ってないのかな。
それでも、すごく印象に残ってる。
それと同じように、すごく印象に残ったな。
ミック・ジャガーのめちゃくちゃさ。
そんなことをふと思い出した。

›2014- 3- 16

なんと

Posted by LSD at 21:44 / Category : その他
ほぼ1週間があっという間に過ぎちゃったな。
ストーンズ、長澤くんから1週間、2週間。
先週は、どうなることやらと思っていた仕事関係も、なんとか目処がついた感じ。
今度は年度末、年度初めに向けた準備が本格的に始まるのかなー。
とはいえ、ようやく自宅仕事もなくなった土日。
って先週もそうだったかな。
のんびり過ごせたような気がする。

昨年末から正月にガーッと準備?してた新たな企画?にも3か月ぶりくらいに再び着手。
なんとなくの予定ではとっくに公開してたはずなんだけど。
ま、これはカンペキ趣味の世界だし、誰に何を言われてやってるわけでもないからな。
そのうち概ね完成するだろ。
にしても、あと2週間くらいかー。今年度も。早いなー。

›2014- 3- 17

Kindle

Posted by LSD at 22:42 / Category : その他
Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhiteはワイヤレス接続で簡単に本をダウンロードできる、持ち運びに便利な電子書籍リーダーです。
本物のインクを使用したe-ink スクリーンを採用し、紙と同じ感覚で快適な読書が体験できるよう開発に努めました。Kindle Paperwhiteなら明るい日差しの中でも、反射を気にせず読書を楽しむことができます。
 (Amazon)

昨日の夜、ついつい、衝動買いでAmazonのKindleを購入してしまいました。
本なんかぜんぜん読まないのに。
で、さっきブツが届いたので、早速あけてみました。

筐体はちょっと安っぽい感じですが、そのぶん、軽いし、手触りもよさげです。
画面に表示される文字も、なんとはなしに目に優しそう。
なかなかいーんじゃないかなー。

だがしかし。
なんか動きがもさっとしてるんだなー。
4年前に買った初代iPadのほうがよっぽどキビキビしてるなー。
激しく重たいけどね、iPad。
でもって、ページをめくった時、新しいページの表示のされ方が、イマイチ気に入らない。
慣れ、かもしれないけど、なんだか酔いそう。
これも、iPadとかiPhoneとかのほうがぜんぜん好みだな~。
あぁ、もさっとした感じも、このページめくりの時も激しく感じる。

うむー。
若干、失敗したかな。
iPad miniだっけ?
最近、まったく調べてないから、よくわからないんだけど、そのiPad miniのほうがよかったような気がする。
たぶん、値段が数倍は高いと思うけど。

ま、しょーがないか。
とうぶん、このKindleを使ってみようと思う。
って、本、読まないんだけど。。。

›2014- 3- 18

つかの間

Posted by LSD at 20:26 / Category : その他
このところかなりのんびりしてる。
お仕事だけど。
ひところの自宅仕事の連荘はなくなった。
概ね、定時から1時間くらいで帰ってるし。

とはいえ、なんというか、中休みというか、ぽっくり空いたすき間というか。
そんな感じだろーな。
なにしろ、今年度も2週間を切ってしまったではないか。
そのうちに激しくバタバタするんだろうなー。
ま、致し方ない。

4月からどんな毎日になるんだろうなー。
大きくは、2択というか、どっちの道に転ぶか、なんだけど。
それも判明するのが、ちょうど1週間後かな。
早いなー。
今日は春みたいな陽気だったしな。
というか、もう春、といってもおかしくない季節になりつつあるもんなー。
という、3月下旬になろうとしてる夜。

›2014- 3- 21

10年

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
ふと10年前を思う。
きっかけは2003年のストーンズ武道館だったんだけど。
それはちょっと置いといて。

10年前というと、2004年。
このWebでの日記もなんと11年続いてる。
かなりビックリ。

で、その間、不定期日記とか書いてる割にはけっこうマメに更新したりして。
とはいえ、その10年前、2004年3月から5月にかけては、すっかり抜け落ちてる。
仕事が忙しいとか自宅仕事がなんだかんだとか書いていても、あるいは、今日もなにげに職場に休日出勤みたいな感じで出かけたりもしてたんだけど。
2004年3月から5月にかけてが、なんといっても、激しく忙しかったんだなー。
忙しいというか、頭めちゃくちゃというか。
残業も多かったのかなー。
あんまり覚えてない。
けど、昼休みに、職場に居るのが嫌で、車のなかに篭っていたりしてたのは覚えてる。
てことは、車で通ってたんだなー。
チャリ通勤なのに。

4月1日が新しいシステムの稼働だった。
激しくわかりやすいんだけど、システム稼働直前、というか、そのあと数か月が一番忙しい。
忙しいというか、めちゃくちゃというか。
毎日、新たなバグが発覚してはその対処に追われて。
緊張の連続。
なんだか思い出してきたな。
激しくキビシイ毎日だった。

考えてみると、概ねシステム周りのお仕事ばっか続いてるんだけど、純粋なシステム開発は、その2004年が最後なんだな。
もう一度あのような体験?を、と言われても、もう無理かもしれないなー。
などと考える、夜。

›2014- 3- 22

中日

Posted by LSD at 19:53 / Category : その他
3連休の中日。
中日っていうのかな。
それはともかく。
いい季節になってきたなー。
激しく寒い日が続くってのはもうないんじゃないかなー。
うれしい限り。

来週の今頃は、なんというか、悲喜こもごもな感じで、バタバタしてるのかな。
というよりは、新年度をマジカに、不安でいっぱいって感じか。
今年度がもう終わりってのもなんだか信じられない気分。
それでも去年の今頃に比べれば、やっぱり落ち着いてるんだろーな。

てな感じの3連休。
遠出をするでもなく、ライブに出かけるでもなく、のんびり。
いい感じの時間が過ぎてる。うれしい。

›2014- 3- 23

今日も晴れて

Posted by LSD at 21:6 / Category : その他
3連休。3日間ともいい天気で。
よかったなー。
小学生とか中学生とか高校生、大学生は今はもう休みなのかな。
すぐに4月。新学期だ。
来週は新年度目前だし、なかなか気もそぞろ、かもしれないし。
この3日間でのんびりできてよかったな。
この調子で、このくらいの気温、天気で毎日が過ぎてくれれば最高なんだけどな。
そうだ。
こんなにのんびりできたのは、久々だったな。
年末年始以来だったかもな。
休みはこうじゃなくっちゃ。
ってな3連休。

›2014- 3- 27

有無をいわさず

Posted by LSD at 23:15 / Category : その他
年度末に突入。
今年度は、この20数年間で初めて庶務?総務?的なお仕事もやってる。
なもんで、非常に瑣末な、瑣末というとちょっとアレだけど、ま、瑣末な仕事が多くて。
なんだか年度末であとからあとから舞い込んでくる。
しかも、なんだか非常にメンドーで、なんというか、その道のプロ?的な知識がないとキビシイような。

てことで、今週に入って、非常に疲れる。
落ち着きたい。んだけどなー。
明日は部屋のレイアウト変更だってさー。
これまた非常に苦手な力仕事で一日がほぼ終わりそう。
うむー。

›2014- 3- 31

2013年度終わり

Posted by LSD at 22:51 / Category : その他
あまりに早い。
この1週間もはげしく早くて、何がなんだかって感じで過ぎていった。
けれでも。
なにしろ、もう2013年度もこれで終わり。
なんと、だなー。

今のところに戻ってきてから1年が過ぎたのかー。
でもって、昨年、一昨年とちょっと別のところに行っていて、その前の年は、今のところに居たから、明日からの新しい年度は通算して5年目に突入ってことになる。
ふむー。
そう考えると、なんだか感慨深い、というか、早すぎだなー。
いろいろあったけど、けっこう忘れたかな。いつものごとく。
忘れっぽい私に、この歌はすごく勇気をくれた。
ということで、明日からは新年度。
遅刻しないようにしなければ。

毎日がブランニューデイ (作詞:忌野清志郎  作曲:仲井戸麗市)

君と真夜中に話した いろんな事 75%は 忘れてしまった
君と長い間過した この人生 80%以上は 覚えてないかも

Hey Hey Hey でもいいのさ
Hey Hey Hey 問題ない
君がいつもそばにいるから 毎日が新しい

ぼくとこれからも うまくやって行けるか 20%くらいは 疑問を感じるかい?

Hey Hey Hey でもいいのさ
Hey Hey Hey 問題ない
君がいつもそばにいるから 毎日が新しい

Hey Hey Hey でもいいのさ
Hey Hey Hey 問題ない
君がぼくのそばにいるから 毎日が新しい