›2013- 11- 4

サイコ

Posted by LSD at 22:6 / Category : Movie

会社の金を横領した女が立ち寄ったベイツ・モーテル。そこには管理人の青年ノーマンと離れの一軒屋に住む年老いた“母”がいた……。伝説的ヒッチコック・スリラーにして全てのサイコ・サスペンスのルーツであり、その演出スタイルは恐怖感を煽るバーナード・ハーマンの音楽と共に数多くの模倣やパロディを生んだ。原作はロバート・ブロック。Yahoo!映画

久々に映画「サイコ」を観ました。
ヒッチコックの名作です。
30年くらい前に初めてみて、これで3回めくらいかな〜。
何度観ても面白い。

サスペンス?ホラー?になるのかな。
にしても、ぎょっとする、まさに、ぎょっとするラストとか、斬新だと思うな〜。
絶対に想像つかないと思うし。少なくとも、自分は想像つかないなー。
でもって、そのラストに至るまでも緊張感あって。
こういうホラーなら、大好きです。

そういえば、サイコは1960年に公開されてるらしい。
当時の米国の風景、なんだか立派だな〜なんてことも思ったな。
わかっていることではあるんだけど、今の日本よりもずっと広い家に住んでて、なんだか余裕ある生活のようにも見えるし。登場人物が。
今の米国の生活がどうだかよくわからないし、この映画で描かれる生活が一般の人のものなのかもよくわからないんだけど、日本の生活って、この映画に描かれている水準?にもまだ達してないような気がするな〜。
なんて思ったり。

ま、それはともかく。
サイコは面白いな。何回見ても、ぜんぜん飽きません。

›2013- 11- 5

黄金の在処/長澤知之

Posted by LSD at 22:12 / Category : 長澤知之
黄金の在処/長澤知之
黄金の在処/長澤知之(Amazon)

自身二枚目のフルアルバム! ポップへの軌跡を残した前作「SEVEN」からのさらなる進化はNabowa、津野米咲(赤い公園)、ボカロPれるりりとの挑戦的なコラボにも。より広くより深い長澤知之渾身の作品! ! (Amazon)

長澤知之、長澤くんのセカンドアルバムです。
明日、11月6日が発売日ですが、フライングで入手して聴いてます。
前作のフル・アルバム「JUNKLIFE」が2011年4月発売なので、2年半ぶりです。
2年半も経つのか〜。
そして、前作のミニ・アルバム「SEVEN」からは1年と数か月が経ってます。

すごく楽しみなアルバムでした。
なにより、発売が楽しみなニューアルバムがあるってだけで、すごくうれしい。
それだけでもすごくうれしい。
ホントにうれしい。

で、早速聴いてます。
今、3回め。
1回めでは、正直、ふーむ!ってな感想でした。
私、「SILENTSIREN」、「JUNKLIFE」、「SEVEN」と、この数年間のアルバムが大好きで。
長澤くんのアルバムの中でも、この3枚をダントツで聴いてます。

ついつい比べちゃったかな、これらのアルバムと。
そう、またまた違った色のアルバムでした。
ある意味、またまた裏切られた〜って感じもするかも。
いや、いい意味で。

長澤くんのアルバムって、どちらかと言うと、スルメ的というか、何回か聴いてるとじわじわくるって感じが多いような気がします。
このアルバムは、そのスルメ感がさらに強いような気がします。
今、3回めのリピートなんですが、なにしろ、一度目に聴いた時よりも、ずっとよく聴こえてくるし。

ちゃんとした感想は、まだまだ書けなさそうです。
そのうち書こうかな。書けるかな。
とうぶん、このアルバムが毎日を楽しませてくれそうです。
何回でもリピートできそうだ。

まずは長澤くんの新しいアルバムが聴くことができて、ホントにうれしい。

›2013- 11- 6

ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987

Posted by LSD at 21:47 / Category : Movie

映画「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987」を観ました。
1987年8月22日から23日にかけて熊本県阿蘇郡久木野村(現・南阿蘇村)にあるアスペクタで行われた日本初のオールナイト・ロック・フェスティバルである「BEAT CHILD」を映画化したもの。
だそうです。Wikipediaによると。

当時、私は、大学2年かな。
周りにはロックを聴くものもなく、すでに、バイト中心の生活でした。
とはいえ、この頃はレコードかな、で音楽は聴いてました。
そういえば、ギターも遊びで弾いてたな。
RCとスライダーズ、SION、ストーンズってところが好きだったんだと思います。
今と変わらないけど。

で、この「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987」。
当時は、こんなライブイベントが行われていたことを知らなかったな〜、たぶん。
出演者、豪華です。とりあえず、コピペするとこんな感じ。

THE BLUE HEARTS
RED WARRIORS
岡村靖幸
白井貴子&CRAZY BOYS
HOUND DOG
BOØWY
THE STREET SLIDERS
尾崎豊
渡辺美里
佐野元春 with THE HEARTLAND

さすがに、存在さえ知らないって方は一人もいないなー。
みんな知ってる。
THE BLUE HEARTS、RED WARRIORS、BOØWY、THE STREET SLIDERS、佐野元春 with THE HEARTLANDは、当時、CDだかレコードだかテープで聴いてました。

そう考えると、やっぱ豪華だよな〜。
かなり偏ってる私ですら、こんなに知ってるんだもの。
よくよく考えると、今のArabakiとかのフェスでこんなメンツ、さらに、これに清志郎でも加わったものなら、絶対に行くもんな。

って、逸れました。
ライブは豪雨のなか、です。
これまたすごい雨なんだ。ホントにすごい雨。
恐ろしいね〜。
出演者も激しく大変そうだったけど、客席は言葉に出来ないくらいだろうなー。
よく、オールナイトでやり遂げたと思います。
オーラスは佐野元春、明け方の時間帯だと思いますが、その頃は雨も止んでいて、なかなか感動的なフィナーレでした。

ライブのドキュメンタリー映画なので、ところどころでナレーションが入ります。
それも、そんなには気にならない程度。若干、うむーってところもありましたが。
基本的には音楽映画として、キモちよく映像を観ることができました。

にしても。
やっぱり、この出演者のなかでは、スライダーズと佐野元春がよかったな。
スライダーズはオフのときの映像も流れましたが、風貌からして、絵になるというか、とにかくカッコイー。

しかし、この豪雨。
私だったら、会場からさっさと逃げちゃうなー。ごめんよう!って感じで。
逃げることすらできるのか、難しそうな感じでしたが。

ともかく、一つのライブイベントの記録映画として面白いものだったなー。

›2013- 11- 8

黄金の在処/長澤知之

Posted by LSD at 22:36 / Category : 長澤知之
黄金の在処/長澤知之
黄金の在処/長澤知之(Amazon)

なかなか上手く感想が書けそうもないからさっさととりあえず書いちゃおう。
長澤知之「黄金の在処」
初めて聴いた時は、正直、ふーむ。って感じだった。
悪くはないんだけど、どうしても、直近のアルバムとかのイメージが強くて、どうしてもそれらと比べちゃって。

それでも、やっぱり引きつけられる力が強くて。
この4日間になるのかな。
ウチに居る時、時間があるときは、ずっとこのアルバムを聴いてました。
じわじわくるんだなー。

最初は、ちょっとポップな感じになったかなって思いました。
シャウトする曲も少ないし。
だがしかし。
アバンギャルドといっていいのか、他に言葉が思いつかないから、アバンギャルドって書いちゃうけど、そんな感じが強いな〜。
「JUNKLIFE」はまさに衝撃ってな感じで、ホントに強烈なアルバムで、今でもそう思ってるんですけど、ある意味、JUNKLIFEよりも深化しているような気がします。

長澤くんには、とにかく、いろいろ変わってほしいと思っていて、今までずっと変わり続けていると思ってます。
そして、このアルバム「黄金の在処」でも確実に今までの長澤くんではない長澤くんがあります。
それが、やっぱりハマるんだな〜。
今、「追憶」が流れてるんですが、この曲も強烈。

今年の長澤くんは、傍目には、あんまり活動的には見えなくて。
ライブも、なんだかめっきり減っちゃて。
原因はもちろんわかりません。
が、今まで待った甲斐がありました。
15回めのリピートに入った「黄金の在処」、今では、ハッキリ言えます。
このアルバムもいいです。すばらしい。

先行でiTunesで配信された「誰より愛を込めて」は、最高に素敵な曲です。
が、私が今、このアルバムで一番気に入ってるのは「STOP THE MUSIC」かな。
単純と思われるコード進行、サビがあるのかないのかよくわからないこの曲。
これがいいのです。
この曲はライブで聴いたら、固まっちゃうだろうな。
  黙って歌え
長澤くんらしいような気がします。

来年にはバンドでのツアーも決まったようです。
とにかく、今、私が夢中なのは長澤くん。
ライブもむちゃくちゃ期待してます。
願わくば、もう少しでいいから、ライブを頻繁に演ってくれるとうれしいな。

›2013- 11- 9

インフル予防接種

Posted by LSD at 23:9 / Category : その他
たぶん、久々にインフル予防接種を受けてきました。
忘れっぽいので、ウソかもしれませんが、大人になってからインフル予防接種を受けたのはこれで2回め。
前回は、激しく印象に残ってます。
2007年12月でした。
その頃、清志郎の完全復活が発表されました。
完全復活祭@武道館が2月10日。
その他、京都や大阪でも公演があります。
これは、どんなことがあっても逃せない。
観ないわけにはいかない。
てなことで、12月以降、節制生活に。
ずいぶん緊張した毎日を送ったよ、2008年2月が終わるまでは。

で、今回のインフル。
6年ぶりになるのかな。ウソみたい。
うむ。ホントにウソみたいに早いな。
それはそうと、今回の予防接種は、これといった理由があるわけでもない。
あえて言うなら、仕事かな〜。
2月くらいまで、インフルエンザとかになるわけにもいかないんだよな〜。
なんて、なんだかすごくカッコ悪い。
仕事のためにインフル予防接種だって。
ハズカシイくらいにカッコ悪いな〜。
ま、いいかー。

清志郎とか予防接種を受けてたのかな〜。
覚えてる限りでは、2001年から2006年まで、清志郎のライブが流れたことってないと思うんだな〜。
骨折とかあったけど、なんだかうまい具合?に、まだツアーとか発表される前というか、ライブがない時期だったし。
体、丈夫だったんだろうな〜。
などと思う11月の夜。

›2013- 11- 11

1986年 小平

Posted by LSD at 21:57 / Category : 清志郎が教えてくれた
1986年、ウェイターのバイトを探し、けっこうあっという間に見つかりました。
ウェイターにこだわりはまったくありません。
切実にバイトをやらなくちゃってこともありませんでした。
すべては、友達まかせ。
なもんで、友達の自宅近くの小平駅周辺でバイトを探してました。

だがしかし。
まさか、この小平が、この先、第二の故郷といっていいほどの街になるとは、この時は思ってもみなかったな。
とりたてて特徴のある街ってわけでもないんですが、小平。
とにかく、このさき、5年間以上、なんとはなしに通い詰めることになりました。
濃いといえば、濃い毎日。
もしかして、人生で一番自由な時間の大半を小平で過ごすことになったのです。
って、かなり大げさですが。

ファミレスのバイトが始まって1か月。
事情は忘れちゃったけど、一緒に入った友達とは、まったくシフトが合うことはありませんでした。
私は、18時から22時って感じでバイトしてたのかな〜。
ウェイターのバイトだったんですが、新人は、パントリーといって、皿洗い補助みたいな仕事をさせられます。
なんというか、タイミングとか要領のよさとか、その他モロモロの理由から、パントリーをぬけ出して、本来のウェイターの仕事に移るんですが、私は、1か月くらいはパントリーをやっていました。
その頃のバイト仲間とも、ほとんど話をすることもなく。
当時は、もう自分の性格がわかっていたので、別に何とも思ってなかったかな。
さすがに、居づらいなーとか思ってたんだろうけど。
でも、一人で黙々と皿洗いやって、時間がきたらウチに帰るってだけでも、さして問題があるわけでもないし。
職場いじめ??にあうこともないし。
気楽なもんです。

そんなこんなで1か月が過ぎ。
さすがに慣れてきたのかな。
バイト仲間とも、ちょっとは話をするようになったりして。
慣れてくると、態度がでかくなるってな悪い性格も徐々に顔を出してきたりして。
たぶん。
パントリーを卒業して、ホールに出るようになりました。
ウェイターです。
ファミレスの、テキトーなウェイターだけどね。
てなところで、また次回。

›2013- 11- 12

なんとなく

Posted by LSD at 22:33 / Category : Rock
andymoriのサイトをチョー久しぶりに見たりして。
いろんなことがあったんだな、この1年。
私はアルバム2枚かな、3枚かな、を持っていて、それほど激しくファンってわけでもないんですが、けっこう好きです。
そういえば、andymoriを初めて聴いてから暫くの間は、長澤くんと小山田くんが仲がいいってのは知らなかったんだよな。

バンド結成してから、比較的はやくレコードを出してたり。
かなり早く売れたんだな〜。
なんて思ったり。

ユニークなバンドなような気がするんで、復活してほしいなぁ。
って、解散そのものは決まったままなのかな。
小山田くんはどうするんだろうなぁ。

›2013- 11- 13

そして1週間

Posted by LSD at 21:56 / Category : 長澤知之
長澤くんのアルバム「黄金の在処」が発売されて1週間。
ハマってます。カンペキに。
最初は、うーむって思ったとは、1週間前に書いた通り。
だがしかし。
やっぱりいい。好きだな〜。
「JUNKLIFE」のような衝撃はありませんが、じわじわときます。
さらにいえば、「JUNKLIFE」があまりにぶっ飛んだ世界観?を描いた感じが強いのに対して、「黄金の在処」は、地についた世界を歌っているのが大きな違いのような。
にしても、
  あいつらの面が 俺を死ぬ気にさせる
  バイバイ この野郎 もう会わないよ あんたとは
  お前なんか大嫌いだ
などなど、辛辣な言葉が並びます。

もちろん、それと同じくらいに、あるいはそれ以上に素敵なフレーズもあります。
とりあえず歌詞のことしか書いてませんが、まったくもって、すばらしい。
もしかしてダメな人はダメかもしれないけど、私にはピッタリとハマる。

進化したというのか、変化したというのか、違った面が見られるというのか。
長澤くんのこれまでのアルバムとは色が違うってのが、また嬉しい。
でもって、それが最初はうーむから、徐々にハマる感じがたまリません。

  僕の歌は人を選ぶそうだから 調子をこくぜ 僕は人を選んでる

いい気になって、ずっと聴いてます。
長澤くんの「黄金の在処」しか聴いてないよ、この1周間。
今も聴いてる。
これで、50回目のリピートです。

›2013- 11- 14

なんだか

Posted by LSD at 22:56 / Category : その他
がんがんと月日が過ぎていくから、よくわからないまま毎日を送ってる。
が、どうも、この日記を振り返ると、10月末のときに「落ち着いてから半月」とかなんとか書いてるみたい。
ってことは、落ち着いてからもう1か月が経つのか〜。
ふむー。
早いな〜。

で。
いよいよまたまた忙しくなりそうさー。
ってことで、久しぶり、でもないか、の自宅仕事。
そこそこヘビーな。
年末まであと1か月か〜。へ〜。
インフル予防接種もしたしな。
テキトーにがんばります。

›2013- 11- 17

懸案

Posted by LSD at 23:34 / Category : その他
なんだかんだと意外とバタバタと日々が過ぎていきます。
で、こんな時に限って、というか、嫌なことを後回しにしていたツケが回ってきます。
といってもたいしたことないんだけど。
インフルとかクルマのちょっとした故障とかiPhoneのちょっとした故障とか人間ドックの予約とか。

こんなちょっとした懸案が頭の片隅にあって、ふとした瞬間に思い出したりして。
それがちょっとしたストレスになったりして。
さっさと済ませちゃえばいいのにね。

てことで、ここに書いたもののうち、iPhone故障を除いて、概ね目処?がつきました。
よかったよかった。
かなりサッパリした気分。
とはいえ、まだなんだかスッキリしないことが残っているような気もするし、目処がついただけだったりするんだけど。

ま、よかった。

そういえば、金曜日は長澤くんインストアライブがあったんだよな。
すごくよかったって評判で。
新しいアルバムからの曲ばっかだったみたいだし。
行きたかったな〜。うむー。
チャンスを逃した〜。って感じ。
その後に、ニコ生で、弾き語りのプロモーションがあって、それは観たんだけど、イマイチだったしな。
なんとなく。
なだけに、なおさら、その前に行われたライブが気になるな〜。
ま、しょーがない。

という、日曜も終わりかけてる夜。
今日の夜になって、ようやく長澤くん「黄金の在処」じゃないアルバムを聴き始めました。
たぶん、10日間くらいで62回くらいリピートしてた。延々と。
我ながらすごいなって思う。
なんとなく、「JUNKLIFE」と同じくらいに気に入ったかもしれないよ。黄金の在処。

›2013- 11- 18

ポール・マッカトニー@東京ドーム

Posted by LSD at 23:59 / Category : ライブ
ポール・マッカトニーのライブに行ってきました。東京ドーム。
ドームのライブ、久々だな〜。ストーンズ以来かな。

ポール・マッカトニー。
何気にほとんど興味がなくて。
ソロアルバムもぜんぜん聴いてないし、実は、ビートルズもそんなに激しくは聴いてません。
てなことで、今日もそんなに激しく期待してたわけでもなく。
そもそもこの10日間以上、長澤くんに激しくハマってたりしてたし。

で、ポール・マッカトニー。
これがよかったんだなー。
よかったというか、最高、といっていいほどのライブでした。
私にとって。
ホントに感動。
ビートルズの曲とソロ?が半々くらいだったのかな。
バンド・オン・ザ・ランしか、ソロの曲はわかりませんでしたが、それでもよかった。
ビートルズの曲よりも、何気にソロの知らない曲のほうがよかった!って思う場面もあったり。

なにより、プロのライブ!ってな印象です。
でもって、なんだか大げさに言うと、これから生きていくうえで勇気が湧いてくるような。
この感覚は久々でした。
清志郎以来、かも、です。

ポール・マッカトニー、声もバリバリ。
元気だったな〜。
サービス精神も旺盛だし。かといって過剰ではないし。
3時間弱くらいは演ってたかな。
とにかくすごくいいライブでした。
行ってよかったよ。

›2013- 11- 20

そういえば

Posted by LSD at 23:28 / Category : Rock
ポール・マッカトニー。
ライブの間、イロイロ思ったな。
そういえば、ポール・マッカトニーってベースだったんだよなとか。
世界で一番有名?なベーシストだよなとか。
あ、左利きだったっけとか。
左利きのベースってポール・マッカトニーのほかは知らないな〜とか。

みんな当たり前のことというか、すごく基本的なことばかり。
それでも私にとってはなんだかすごく新鮮で。

ジョージ・ハリスンもジョン・レノンももういないんだったなとか。
ビートルズ再結成なんてもうありえないんだなとか。

›2013- 11- 22

なかなか

Posted by LSD at 22:25 / Category : その他
はげしい1週間が終わった。
なかなかキビシイというか、バタバタしてたなー。
年内はこの調子が続くかな〜、多少の山谷があるにせよ。
それでも、またひとつイベントというかなんというかが終わってちょっと気が抜けた。

ま、また来週だ!

›2013- 11- 24

いい天気

Posted by LSD at 23:37 / Category : その他
この二日間の休日。
すばらしい天気でした。
いいなー。最高だな〜。
もうすぐ12月ってことを忘れそうなすばらしい日。
このまま、ずっと、こんな感じでぜんぜんかまわないぜ〜。

›2013- 11- 27

バイオリズム

Posted by LSD at 23:26 / Category : その他
でいいんだっけ。
そんな言葉があったような気がする。
Wikipediaかなんかで調べたほうがいいような気もするけど。ま、いいか。

と、そんな感じで、このところいまひとつな感じ。
昼間はバタバタしているものの、とりあえずは遅くまで仕事ってほどでもない。
ほんとはマズイのかも、だけど、とりあえずは、ない。
にしても、どうもいまひとつ。

風邪でもひいたかな、って気もするけど、そんなこともないなー。
なもんで、バイオリズムってことにしとく。
なんか周期でダメダメといい時があるんじゃなかったっけ。
ホントのことなのかどうか、さっぱり。
ま、低調な時期ってことにしておこう。
って、歳とっただけだったり、かもしれないけれど。

てなことを書いてるうちに、11月も終わろうとしてるのか〜。
そう、この日記の「11月」を表示させることもやってないくらいに、メンドー。
ま、低調なバイオリズム。だな。

›2013- 11- 28

上向き

Posted by LSD at 23:20 / Category : その他
現金なもので。
って言うかな。
げんきんなもので、今日はなんだかちょっと調子いい。
昨日がバイオリズムの底辺だったのかな。
バイオリズムなんてものがあるとして。

ともかく、ちょっと調子いい。
調子いいと嬉しい。そりゃそうだ。
なんだかんだいって体調がよくないとダメだよなー。
そりゃそうだ。
そりゃそうだ。

›2013- 11- 30

忘年会

Posted by LSD at 23:39 / Category : その他
のシーズンだな〜。
いつのまにやら。
去年のことが昨日のことのよう。
一年なんてほんとにあっという間。

そういえばライブとかでお客さんが振ってる光ってるやつ。
あれはなんだか棒をパカっと折ると液体が光りだすなんて仕組みを初めて知ったぜ〜。
驚いたな〜。
びっくりさー。

ということで、来年もよろしく〜
ってそれはちょっと早すぎか〜

いや、にしても1年早い。