›2012- 8- 1

FUJI ROCK FESTIVAL '12 二日目

Posted by LSD at 23:41 / Category : ライブ
7月28日(土)、FUJI ROCK FESTIVAL '12 二日目です。
この日も、というか、3日間ともですが、がんばりました。
12時30分からの星野源に間に合うように宿を出発したんですが、どうだったっけ、駐車場に着いたのが12時過ぎだったよな、確か。
でもって、その宿が会社パソコンのモバイルが通じない環境で、しょーがないから、駐車場で会社パソコンを開いてメールチェックせざるを得ない状況。

そんなこんなで、私がフジロックのグリーンステージに着いたのが、14時過ぎくらいだったかな〜。
グリーンで演奏していたのが、SEUN KUTI & EGYPT 80。
名前も知りませんでしたが、何やら、めちゃくちゃパワフルでソウルな演奏。
公式サイトによると、「シェウン・アニクラポ・クティ&エジプト80 [ナイジェリア] 1982年生まれ。世界の音楽史に偉大な軌跡を残し多大な影響を与えた、アフロ・ビートの創始者、ナイジェリアのフェラ・クティの末っ子であり、父のバンド「エジプト80」を受け継ぐ正統なる後継者。現代のアフロ・ビートの最高峰」だそうです。

ほ〜。
何やらスゴそう。
って、ホントに演奏がすごかったんだ。
最初はぼんやり観てたんですが、最後には熱中してました。
いいもの観たな〜。って感じです。

で、15時に彼らの演奏が終わって、ヘブンに向かいます。
この日も暑かったな〜。でも、ちょっと曇りがちでもあったかな。

そして、16時10分から麗蘭。
なんだか久々の麗蘭、のような気がするな〜。
蘭丸はおよそフジロックらしからぬ格好(シツレイ)。
にしても、いつもの麗蘭。
いや、いつもよりもなんだかシャープ。というか、キレがいい感じの演奏だったような。
カッコよかったわ〜。
久々、Chaboのギターも堪能できました。
Chabo、ほとんどの曲でエレキを持ってたんじゃないかな〜。
定番の曲がほとんどだったかな。
それでも、よかった。
そうそう、ガラガラヘビも聴けたしな。
よかったです。
最後は、Get Backからミュージックで終わったのかな。
いいステージでした。

そして、ヘブンに留まります。
18時から、ELVIN BISHOP。
またまた、名前も知らず。
なんですが、フジロックに行く直前に、評判がいいのを知ってちょっと楽しみに。
オフィシャルサイトによると、「エルヴィン・ビショップはシカゴのポール・バターフィールド・ブルース・バンドと共に1960年代初頭のU.S.ブルース・リバイバルの火付け役として知られている」とのこと。

ステージには、ギターが二人、ドラムス、ベース、キーボード、サックスって感じ。
私はどの方がエルヴィン・ビショップなのかも最初はわかりませんでしたが、ギターの方でした。
で、これまた最高に良かったんだなー。
ちょっと汚い格好(シツレイ!)のエルヴィン・ビショップ。
ギターがなにしろカッコいー。
派手なギタープレイというよりも、シブイというか、なんというか。
私は、Chaboのギタープレイを思い浮かべちゃったなー。
派手じゃないんだけどアクが強い。
曲もブギーな感じで。
メロディも好み。
比べるのもなんですが、麗蘭よりも感動しちゃったかもしれません。
エルヴィン・ビショップ、最後の方には、客席に乱入してギター弾きまくり。
さらには、女性のお客さんをステージに上げて、ギターを弾かせたりして。
サービス精神も満点って感じでした。
そうそう、日本語が堪能みたいで、MCも日本語が多かったかな。
そこら辺も可愛らしくて。
愛すべきオジサンってな感じです。
あぁ、観てよかった! エルヴィン・ビショップ。
今度、CDでも聴いてみたいです。

そして、今度は、ジプシーアバロンという、小さなステージに移ります。
20時から、東田トモヒロ×Leyona×沼澤尚。
Leyonaは、いつものLeyonaでしたが、先日のGo Go Power、だっけ、のステージとはちょっと趣の違う感じ。
先日のステージがすごく良かったんで、ちょっと拍子抜けした感じもなきにしもあらず、だったんですが、やっぱりよかった。
ドラムスの沼澤尚が、相変わらず、すごいのです。
沼澤尚のドラム、好きなんだよな〜。
とにかくかっこよくて。
Leyonaの曲では「Stars」がむちゃくちゃよかった。
感動でした。
東田トモヒロさん。私は初めて知ったんですが、熊本だったかな、で活躍している方のようです。
Leyonaお目当てのお客さん、私ですが、よりも東田トモヒロお目当てのお客さんのほうが多かったかな。
なんか、熱い感じのシンガーでした。

と、そんなこんなで夜もふけていき、グリーンステージに戻ります。
なんだかんだで6時間以上ぶりに戻ってきたグリーンステージでは、21時30分からNOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS。
言わずと知れたオアシスの兄貴、ギタリストの新しいバンドです。
などと書いてますが、ノエルの新譜はまったく聴いたことがないままでした。
そのノエルのステージ。
うーむ。
なんだか、私にはピンとこなかったんだなー。なぜか。
その前の晩のリアムはカッコいーって思ったんだけど。
振り返ると、この日は、シブイというか、どちらかと言うと、商業的な感じの音楽からは遠ざかっていて、それがその日の気分にもあっていて、そういう方向にゴキゲンだったから、かもしれません。
メロディはいいんだけどな。
でも、ボーカルでいえば、やっぱ、リアムのほうが好きだしな。
自分でもちょっと不思議なくらいに、いまいちピンとこないステージでした。
いや、たぶん、悪くはなかったと思うんですけどね。
お客さんの声援もすごかったし。盛り上がってたし。
ま、私の気分、だったのかな。

てな感じで、この日のトリのノエルのステージも最後まで観ました。
すごいな、自分。
頑張りました。

あぁ、この日も天気が崩れることもなく、素晴らしい一日でした。
最高だな〜。フジロック。
楽しかったです。
宿に着いたのが、またまた1時30分過ぎくらい、だっけ。
なんと、充実した一日なんでしょう。
夢のような一日でした。

›2012- 8- 2

FUJI ROCK FESTIVAL '12 三日目

Posted by LSD at 21:38 / Category : ライブ
7月30日(日)、いよいよ、FUJI ROCK FESTIVAL '12 最終日です。
今年は、ホントに、自分にとってツボな出演者が多くて。
でもって、特に三日目のこの日はグリーンに集中。
こんなフジロックはホントに珍しいと思うよ。
天気も、曇りがちだったけど、雨もふらず。
これまたチョー珍しい。
はじめに書いちゃうけど、3日間、雨降らず!
こんなフジロックは初めてだよ。素晴らしい。
めちゃくちゃ暑すぎるってこともなく、雨が降らない。
ぬかるんでいるトコロがない!
よかったなー。

ということで、三日目のフジロック。
グリーンステージには、15時30分くらいに着いたのかな〜。
ちょっと忘れたけど、15時50分からの井上陽水には間に合いました。
その井上陽水。いつもの陽水って感じでしたが、やっぱりいいのです。
私は、たぶん、2002年だっけ、ちがうかな、のこれまたフジロックグリーンでの陽水以来。かな。
そのときも感動したんですが、この日も同じようなリストでしたが、やっぱりよい。
圧巻は、ラスト(だっけ)の「傘がない」。
好き嫌いってのは超越して、すごいって思うんじゃないかな〜。
とにかくフツウじゃないです、その存在感。
怪物、妖怪。
そんな表現がピッタリ。(容姿もかな。シツレイ!)
ということで満足の井上陽水でした。

続いては、17時30分からJACK WHITE。
JACK WHITEも、数週間前に知ったばかり。
オフィシャルサイトによると、「2000年代から現代に至るロック・シーンの最重要アーティストの1人と称されるジャック・ホワイト。97年のデビュー以降、ザ・ホワイト・ストライプスとして6枚、ザ・ラカンターズ、ザ・デッド・ウェザーで各2枚のアルバムを発表」てな感じ。
ソロアルバムが4月に発表されたんですが、これがよかったんだな。
なもんで、すごく期待してました。
で、JACK WHITE。
そのソロアルバムからの曲がほとんどだったんじゃないかな。全部かな。
よかった。期待通りだったなー。
想像よりも、ちょっと、いい意味で変態ぽいとこもよかった。
変態ぽいはないか。ま、そんな印象を受けたんだよな。
プリンスのような、ジミヘンのような変態さといえば、ちょっとは印象良くなるかな。
ま、そんな感じ。
バンドメンバーはJACK WHITEを除いて、全て女性で固めてるしね。
ギターのストラップは変だし。
それはともかく、カッコよかった。
これまた満足だなー。観られてよかったよ。

続いては、19時20分からのELVIS COSTELLO AND THE IMPOSTERS。
だったんですが、ちょっとトイレにと思ったら、近くのトイレは激混みだったので、ヘブンの方に散歩がてら。
と、そんなこんなをしてグリーンに戻ったら、19時20分を回ってしまい、コステロのステージは始まってました。
エルビス・コステロ。
そんなに思い入れがあるってこともないんですが、けっこう好きだなー。
デビュー・アルバムとか初期のコステロが特に。
で、そのコステロのステージ。
これまた、これまた。
カッコいー!
めちゃくちゃカッコいー!
よかったです。
意外とバラエティに富んだ選曲だったのかなー。
私は知ってる曲と知らない曲がちょうど半々くらいだったかも。
その知らない曲で印象に残ってるのが、「I Want You」。
かなりヘビーな曲でしたが、なんだかすごかったな。
そんなコステロのステージ、最後は、「Pump It Up」、「Red Shoes」で終わったんだったかな。
ロックンロールなステージでした。
満足。

そしてそして、グリーンのオオトリは、21時30分からRADIOHEAD。
とはいえ。
私は、実は、苦手なんだなー、RADIOHEAD。
オフィシャルサイトによると「現在世界で最も革新的なロック・バンドとして、揺るぎない評価と絶大な人気を誇る英国オックスフォード出身5人組ロック・バンド。1987年結成以来、グラミー賞を5作品でのべ5部門受賞。今までにオリコン洋楽チャート初登場第1位を4回獲得、97年に発表した 『OKコンピューター』以降のアルバムは全てゴールドもしくはプラチナ・ディスクを獲得している」だそう。
デビュー・アルバムは、確か、リアルタイムで聴いたんですが、どうもいまひとつピンとこなくて。
そのまま聴かないまま時が流れて。
数週間前にアルバム「The Bends」を聴いてみて、あ、けっこういいかもなーなどと思って、この日を迎えました。
そして、そのステージ。
うーむ。。。やっぱりちょっと苦手かなー。
曲によっては、すごいって感じもしましたが、全体的にちょっと好みと違うかな〜って。
それでも楽しめたけどね。
お客さんもすごい盛り上がりでした。

というフジロック三日目。
RADIOHEADのステージが23時30分くらいに終わったのかなー。
そのあと、会場を出るのに一苦労。
駐車場から出るのに一苦労。
てな感じで、宿に着いたのが、やっぱり2時近く。だったかな。

それでもそれでも。
やっぱり楽しかったなー。めちゃくちゃ楽しかった。
今年のフジロックはいつにも増して最高でした。
まさに、夢のような時間でした。
また来年も行きたいぜ〜!

›2012- 8- 3

もう一回 FUJI ROCK

Posted by LSD at 23:58 / Category : Rock
それにしても、今年のフジロック。
すごくよかった。
まずは天気がよかった。
これ、ホントに大事なんだよなー。
めちゃくちゃ暑いとか、大雨とかだと、やっぱり気分が落ち込むもの。
今回は、ホントに運がよかった。
こんな天気がいいのは、この先も、そうそうないんじゃないかなー。

でもって、出演者がツボだったし、その出演者のパフォーマンスが素晴らしかった。
洋楽に詳しくない私でも興奮するような面々。
その出演者の興奮なパフォーマンス。
よかったよ〜。

で、なんだか、日本人と外人の差を感じちゃったなー。
なんとなく、だけど。
ストーン・ローゼズとか、音の塊が、ガーンとくるんだよね。
あーいう感覚って、あまり感じことがなかったな。
もちろん、陽水とかよかったけど、なんというか、ありきたりの言葉でハズカシイんだけど、本物のロック、R&Bを見せつけられたって感じ。
いやいや、それは幻想かもしれないし、勘違いかもしれないんだけど。
それでも、そんな風に感じたのは事実だな〜。

それと。
これもよく言われていることだと思うけど、音がいい。ような気がする。
実際のトコロはわからない。
でも、なんか気持ちのいい音なんだ。
宿に戻ると、軽い耳鳴りがしてたから、かなりの爆音だと思うんだけど、それが気にならない。
音のヌケが良いというか、なんというか。
あれだけバカデカイ会場で、野外で、あの音の良さはちょっと尋常じゃないんじゃないかい?

でもって、やっぱり、雰囲気が最高。
これが一番かな〜。
ロックフェスティバル、今では一年中そこかしこで開催されているけど、フジロックは別格だなー。
そんな気がする。
天国にいる気分。
とにかく気持ちがいい。
これはハマっちゃうよ。

人やクルマの渋滞、混みあうトイレ、などなど嫌なトコロもたくさんあるけど、それらを差し引いても、ぜんぜん素敵な空間なんだなー。
素晴らしいロックフェスティバルだと思うよ。
てなことを、再認識した3日間でした。
素敵な毎日をありがとう!
また来年! (行けるかな〜)

›2012- 8- 4

髪の毛

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
すごくどうでもいいことなんだけど、私、1年に3回しか髪の毛を切りません。
これ、頻度が多いのか少ないのかわからないけど、まー、多くはないよな、きっと。
そもそもあの雰囲気がキライってのが大きいんだけど、もうこの頻度が習慣になっちゃった。
10年以上は、4か月に一度だなー。

なんだか楽でいい。
できれば、一度も行かずに済めばいいんだけど、さすがに5か月はキビシイ。
4か月くらいだと、ま、なんとか社会的にも許されるかなと。
許されてないのかな?
ま、今まで文句を言われたこともないし、ダイジョブなんだろう。

ということで、今日、髪を切ってきました。
他人からすると、イメチェンみたいな感じに見えるのかもしれないけど、自分では4か月ぶりに前の髪型に戻っただけなんで、そんなに違和感ないんだよな。
という、なんだか平和な8月初旬の暑い夏の日。

›2012- 8- 5

1週間

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
気がつけば、フジロックから1週間が経つんだよな〜。ビックリ。
シツコク、フジロックのことを書いてるけど、自分的にはすごく、ある意味むちゃくちゃ大変なイベントなんだ。
お金もけっこうかかるし、体力はぜんっぜん自信ないし、もう不安な事だらけ。
いつものように、ライブに急遽行けなくなってチケット無駄にしちゃったけど、ま、いいか〜、じゃ済まされないというプレッシャー。
けっこうたいへんよ〜。
もちろん、それを乗り越えての?楽しさは、それこそ言葉にできないくらいだけど。

って、フジロック常連さんとかはそんなにプレッシャー感じないのかな。
ま、いいか。

ともかく。
半年くらい、どこか頭の片隅で、楽しみとともに不安を抱えてたフジロックが終わって脱力の一週間。
ようやく開放された〜って気持ちもちょっとだけあったりして。
と、同時に、来年はどうするか!なんて気持ちもムクムクと膨れ上がってきたりして。

小さな子どもじゃないけど、フジロックが終わって、ちょっと逞しくなった気もするよ。
なんつって。

あ、そうそう。
そのフジロックに出演するのに、わざわざ途中のインターでクルマを降りて、自転車で現地に向かったという忌野清志郎。
観客として参加するというならともかく、フジロックのステージを控えていながら自転車。
もう、これだけで、信じられない、付いてけない、ぶっ飛んでる、フツウじゃない、だ。
ホントに凄い人だ。大好きだよ。

›2012- 8- 6

燃え尽き症候群

Posted by LSD at 22:14 / Category : その他
いや、タイトルは思いつきです。
まったくそんなことはありません。

とはいえ。
なんか気が抜けたなー。
先週の火曜からの仕事のほうが、緊張もしてたのか、ちょっとはキリッとしていたような。
気のせいかな。

にしても。
なんとなく今日はいつにも増してグダグダだったな。
風邪をひいてんだか、ひいてないんだか、のなか。って感じもあって。

今日は、朝、ドアを開けた途端に雨が降ってきて調子狂わされたんだよな、そういえば。
そんなこんなで、ま、とりあえず、また明日から。

›2012- 8- 7

某地方都市

Posted by LSD at 23:14 / Category : その他
今日は、某地方都市に出張。
某地方都市、だって。なんだそりゃ。
ま、いいか。
県庁所在地なんだけど、こう言っちゃ何なんだけど、意外と寂れてる。
いや、寂れてはないけど、ちょっと失敗しちゃったなって感じ。
いやいや、もっと地方の都市に比べれば、ぜんぜんマシなんだろうけど。

とはいえ。
これがまったくの失敗とは思わないんだな。
潰れたホテルがあろうが、まったくテナントが入ってないビルがあろうと。
失敗は失敗だけど、そんなものは、これからは作らなければいいだけ。
ハコモノ行政から脱却すればいいだけの話だ。
そろそろ日本全国、そういう流れだろう。
だから、いいんだ。
これからだから。っていう、某地方都市の話。じゃなくて、日本全体のお話。

›2012- 8- 8

グダグダ

Posted by LSD at 22:49 / Category : その他
なんというか、私は、自他共に認める(って言うのか?)グダグダだ。
今日も、ウチに着いてから、どうだろう、3時間近く経つのかな〜。
で、帰り道では、買ったままになってる数枚のCDを取り込んで、聴こうかな〜とか、清志郎の写真集まだ見てないじゃん、とか思ってたんだけど。
椅子に座ったまま、ほぼ、まったく動かず。
で、これが、今日だけじゃなくて、ほぼ毎日。
ヘタすると、椅子の上で、10時間くらいすぐに経っちゃう。休日はね。
すごいなー。何もしてなくても、時間があっという間に過ぎていくぜ〜。

それでも。
反省はあまりしないな。
シャカシャカ動く気にならないし。
シャカシャカ動く人を見ているのも嫌いだし。

もしかして、どんどん世の中から遅れてるのかもしれないな。
なにしろ、テレビも一切見ないし。
世間話が何より苦手、かもーん。

それでも。
別に、クビにもならず、なんだか毎日働いてるよ。

あ、グダグダの話だったっけ。
そう、そんなことでグダグダな毎日。
ぜんぜん問題ないな。
けっこうシアワセな毎日だよ。
グダグダ万歳!

›2012- 8- 9

はぐれ雲 けもの道 ひとり旅/長澤知之

Posted by LSD at 22:54 / Category : 長澤知之「JUNKLIFE」
長澤知之、長澤くんのアルバム「JUNKLIFE」の10曲目「はぐれ雲 けもの道 ひとり旅」。
勝手なA面、B面分けにすると、B面2曲目。
で、なんとなくですが、アルバム「JUNKLIFE」を聴いていて、ようやくホッとするような曲。
ようやく、というと、あまりいい感じに聞こえませんが、なんというか、ここまでがちょっと尋常じゃないエネルギーというか、だったので。

その「はぐれ雲 けもの道 ひとり旅」。
これが、またいい曲なんだ。
長澤くんの新しいアルバム「SEVEN」の「あんまり素敵じゃない世界」が、長澤くんらしくない曲ということでなんとなく話題になっていたような気がします。
が、私は、むしろ、この「はぐれ雲 けもの道 ひとり旅」のほうが、曲調も歌詞も「らしくない」って感じたかもなー。
いや、最初に聴いた印象では。
そして、その印象も、ぜんぜん悪いわけじゃなくて。

爽やかなエレキギターの音色に乗った、ちょっと爽やかな歌詞。
テンポが早く、メロディがよくて。
ポップ。って感じかな〜。

はぐれ雲、けもの道、ひとり旅という3つの言葉で、歌詞が別れてます。
韻を踏んでいる言葉もあったり、いい歌詞だなーって思います。
好きだな〜。

「人生」って歌詞にあると、なんだか薄ら寒いって気がしちゃったりする方なんだけど、大上段に構えてないというか、「・・・いいや 人生の事など僕は分からない」だもんね。
共感もしちゃうし。

長澤くんのクセのある楽曲がちょっと、、って人にも好きになってもらえるような気がするな〜。
素直にいい曲、そんな風に思います。
でもって、なんとなく、わけもなく涙ぐんじゃうような、そんな曲です。

クレジットはこんな感じです。
Vocal, Chorus, Guitar : Tomoyuki Nagasawa
Bass : Yosuke Sato
Drums : Takahiko Akiyama
Mixed by Yosuke Sato


はぐれ雲 けもの道 ひとり旅

少しその街を離れて ケータイの電源を切って
しばらく友達も忘れて 鈍行に揺られるだけでいい
君にとってその生活が時折負担になったなら
恋しくなるまで旅をして
恋しくなったら戻ればいい

人生は駆け抜けるものではない
人生は振り返るものではない
・・・いいや 人生はあの日の月が照らした
はぐれ雲のようにたゆたうだけ

こないだ君が彼女と観た映画のストーリーみたいな
展開の透けた将来に僕らの求めるものなどない
顔を赤らめる事ばかり もう口にしたくない名前
顔を青ざめる事ばかり もう思い出したくない場所

人生の死は週末なんかじゃない
生涯の完成であり無ではない
・・・いいや 人生の事など僕は分からない
けもの道のように続くだけ

なおも美化しようのないヘマやドジを踏んで
なおも美観を損ねる過ちを犯して
なおも無邪気に希望を抱いて笑う
小鳩を追う子供の手みたいに
ただ真っ直ぐなだけ

日帰りでも何泊でもいい 幼い日の腕白ぶりに
敵うような美しさの思い出探しに出るといい

人生に悲哀は気取りでしかない
人生に素直は演技でしかない
・・・いいや 人生は方位磁石も星も無い
ひとり旅のように風任せ

そして誰かを失い 誰かと巡り会い
そして何かが過ぎ去り 何かを思い出し
そして転がり続ける自分を歌い
何にも見えない夜空を笑い
絶え間なく回るだけ

少しその街を離れてケータイの電源を切って
しばらく友達も忘れて鈍行に揺られるだけでいい

›2012- 8- 10

等々力渓谷

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
等々力渓谷に行ってきました。
なんとなくその言葉を聞いたことがあるような、ないような、程度の知識だったんですが、よかったです。
すげーよかった。
びっくり。
(写真をクリックするとPicasa ウェブアルバムに飛びます)

等々力渓谷


都心、世田谷区にあるってだけでも驚きですが、すごく素敵な場所でした。
なんというか別世界ってな感じで。
体感温度はめちゃくちゃ涼しいです。
めちゃくちゃキモちのいいところでした。

観光地としては、狭いかな。
って気もするけど、その狭さがまたなんとなはしによくて。
近いトコロに住んでたら、毎日のように出かけたいな〜と思う感じ。

そういえば、入り口のところに野良猫も気持ちよさそうに寝てたしな。
何度でも行ってみたいところです。
等々力渓谷。

›2012- 8- 11

「東海道五十三次の世界ー広重と国貞」@太田記念美術館

Posted by LSD at 22:34 / Category : art
太田記念美術館で開催されている「東海道五十三次の世界ー広重と国貞」(前期)を観てきました。
見たことのある浮世絵が多かったですが、広重のヤツはやっぱりいいな〜。
今回、展示されたなかで印象に残ってるのは、「庄野宿」と「亀山宿」かな。

(庄野宿)


(亀山宿)

あと、「人物」の国貞と、「風景」の広重による豪華なコラボレーション作品とか、後の絵師が模写?したような浮世絵の展示とか、面白かったです。
説明もけっこうふんだんにあるし。
太田記念美術館の展示はやっぱり丁寧だよなーとか思います。

そうそう、東海道五十三次の昔の地図(あたりまえだけど、すごく長い)とかも展示されてたりして。
気軽に見られるし、オススメです。
後期も楽しみ。

›2012- 8- 12

クルマ

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
ちょっとクルマで一回り。
20年くらい前は、それこそ、週に一度はテキトーに回っていた小平〜福生〜国分寺あたり。
昔は、若さゆえ〜、で、年間2万キロくらい乗ってたのかなー。
それが、今では、年間2000キロも乗らないくらい。
というか、クルマは故障中だし。

あ、福生か。
そう、そんなこんなで一回り。
小平出発、新青梅街道から福生に入って、帰りは五日市街道で、というコース。
何も考えず、ぶら~っと行くにはちょうどいい感じ。
何もないけれど。

何もないけど、ちょっとは変わったかな、街並みも。
というか、けっこう変わったかな。
一番、残念なのは、バイト先のファミレスが産廃屋さんになっちゃったこと。
それと、真島昌利、マーシーを偶然見かけた本屋さんがなくなっちゃったことかな。

と、そんなこんなの真夏の暑い一日。

›2012- 8- 13

何にもなかった日

Posted by LSD at 23:21 / Category : その他
何回かこのタイトルで書いてるな、たぶん。
今日も暑い一日でした。そりゃ、そうだ。夏だし。

それでも、今年は、激しく暑い夏、ってわけでもなさそうだな〜。
なんとなく。
冷夏って感じでもなさそうだけど。
ぜんぜんテレビを見ない生活だと、意外と、こういうどうでもいい、それでもなんとなく大切そうな話題がわからない。
ま、いいか。

何にもなかった日、でも、いい一日だったでした。
なんだかグダグダしたり、二重生活の場を行き来したり。
雨も降らないし。
電車もそんなに混んでないし。
何にもなかった日、バンザイ。

あ、今、思い出した。
もしかして、オリンピック、今日で終わったのかな。
とうとう、今回は、10秒くらいしかオリンピックを見なかったな。
オリンピック、まったく興味がなくて。
閉会式(だっけ)に、Whoが登場したらしいんだけど、どうもそれほど興味もわかず。
いいことなのか、よくないことなのか、年々、興味のあることが狭まっている気がする。
ま、いいか。
もういちど、何にもなかった日、バンザイ。

›2012- 8- 16

ずんだらけ〜

Posted by LSD at 23:38 / Category : その他
何気に夏休みに入ってます。
で、あっという間に、その夏休みも終わりに近づいて。

この3日間、ほとんど、グダグダ、ずんだらけ〜のシアワセな時間を過ごしてました。
一年中、こんな感じに過ごせたらホントにいいんだけど。

そういえば、この休みの間に、ようやく故障中のクルマをディーラーのトコに持っていってもらいました。
営業の人には、半年くらい乗ってないって言ったけど、半年どころじゃなかったな。
去年の7月から、走行距離が40Kmだったらしい。
40Kmか〜。
そりゃ、バッテリーもあがるよな〜。
でも、どうやら、無事にウチに戻ってきてくれるみたい。

そうか、この1年、ほとんどクルマなしの生活だったんだな〜。
数年前とは激変だわ、考えてみると。
そう考えると、ホントにビックリ。
ま、戻ってきたら、もうちょっとクルマに乗ろう。

›2012- 8- 17

Posted by LSD at 23:41 / Category : その他
びっくりしたなー。
グダグダしてたら、急にすさまじい雷鳴。
びっくりしたなー。

すごい雷でした。
久しぶりに稲妻を間近?で見ました。
この辺り、山間部ってわけではないので、それほど凄まじい雷ってそうそうないんですが。

で。
さらに驚いたことに、というか、困ったことに、落雷による停電。
私は、もしかして、落雷による停電って、これまでに1回経験したことがあるかないか、です。
はるか昔、小学校の低学年くらいのときに、そんなこともあったかも〜ってくらい。
当然、なのか、信号機も機能停止してるし。
停電は1時間くらいは続いたかな。
幸い、なのか、それまでガンガン部屋を冷やしてたので(スイマセン)、暑くて死にそうってことにもならず。
それでも、真っ暗な部屋は、否が応でもあの計画停電を思い出させたりして。

ま、それでも、雷がずっと続くわけもなく、ほどなくして落ち着いた夜になって、電気も復旧して。
イロイロあるな〜。
そんな8月中旬、夏の終わりを感じ始めた一日でした。

›2012- 8- 18

とても何気ない言葉/長澤知之

Posted by LSD at 23:0 / Category : 長澤知之「JUNKLIFE」
長澤知之、長澤くんのアルバム「JUNKLIFE」の11曲目「とても何気ない言葉」です。
勝手なA面、B面分けにすると、B面3曲目となります。

この前の曲「はぐれ雲 けもの道 ひとり旅」に続いて、この曲もとても聴きやすい。
なんというか優れたポップスというか、小品というか、佳曲というか。
トッド・ラングレンとかビートルズを彷彿しちゃうような。
いや、私が、ですが。

とはいえ、だからこそ、かな、イントロのギターのリフとか凝ってるような気がします。
変拍子っていうのかな〜、途中、3拍子に変わったりして。
この辺り、すごくビートルズを感じます。
ただ単に聴きやすいってだけでないような気がするんだな〜。
もしかして、演奏するの、ムズカシイんじゃないかなって気もするし。

それにしても、この曲もメロディーがいいし、歌詞も好き。
多少ひねくれた感じがあるような気もしますが、視線が新鮮。
言葉の使い方も面白い。
この曲も好きだな〜。

あらためて歌詞を眺めてると、カッコの付け方がわからないといえばわからないかな。
冒頭と最後のセンテンスの前までをカッコで括っているんだけど、これはどういう意味なんだろう。
今のところ、よくわからないなー。
最後のセンテンスは、ちょっと唐突で、「何気ない言葉」とは関係ないといえばそうなんだけど。
聴いているうちに、その意味もなんとなくわかってくるのかな。
そういうところが残っていることも、私にとっては、長澤くんの魅力の一つです。

クレジットはこんな感じです。
Vocal, Chorus, Guitar, Tambourine : Tomoyuki Nagasawa
Bass : Toshiaki Sudo
Drums : Takahiko Akiyama
Recorded & Mixed by Yasumasa Hamano


とても何気ない言葉

「二人の暮らしは どうデフォルメしても劇的ではないけど
テーブルを挟んで向かい合えることが僕は嬉しいんだ
互い違いのエスカレーターでかすれるくらいの出会い達
だけど目を見てすぐ感じ合うものがあった出会いは ただ一人

君のいつもの愚痴が恋しいよ

陽当りの悪い部屋だから困るわ 洗濯モノが大変なのよ

昨日の続きや明日の過去だと思うとあっけない今日さ
廃人のように寝て それでも君の声を思ってるんだ

陰り とうに姿を失くした日常

別に品のない話題でもいいのさ 君の溜め息さえ愛せるもの

独り 君の今日を考えてる 君の明日を祈ってる

陽当りの悪い部屋だから困るわ 洗濯モノが大変なのよ
とても何気ない言葉が欲しいのさ 君の溜め息さえ愛せるもの。」

起床の時間だ 夜になれ
消灯の時間だ 朝になれ

›2012- 8- 19

夏休み終わり

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
これで夏休みも終わり。
何気に、11連休でした。なんと!
こんな夏休みは、今後、二度とないだろうなー。
基本、グダグダでしたが、すごくいい夏休みでした。
そういえば、ほとんど晴れてたしなー。
今年の夏はトクベツだったなー。

明日からどんな日々が待ってるんだろう。
また来年。
いや、その前に、秋、冬、春と。

って、その前に、まずは明日。
明日からまたフツウの日々が始まりますが、テキトーに過ごしていきます。
テキトー、バンザイ。

›2012- 8- 20

二学期

Posted by LSD at 21:49 / Category : その他
じゃないけど、始まっちゃったなー、とうとう。
そういえば、夏休みの最後の日って、すごく寂しかったなー。
今、思い出した。
たいてい、夏休み最後の日は晴れていたような気がする。
そんな思い出しかない。

なんて、書きながら、その日に具体的に何をやったか、なんて何も覚えてないな。
覚えているのは、その日のキモち。
強烈な思いだったんだろうなー。
そんな気がする。

で、二学期の始まりといえば、楽しいといえば楽しかったのかもしれない。
けど、やっぱり、そりゃ夏休みのほうが良かったからなー。
これまた、たいてい、9月の初めのほうは、残暑がキビシクて。
それはそれはキビシクて。
ってなことも覚えてる。

って、今は、二学期じゃないか。
でも、気分的には、そのときのキモちに似てるかも。
あぁ、似てないか。
楽しくはないな!会社は!
とにかく、今日から似非二学期の始まり。(やだなー)

›2012- 8- 21

iPhone

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
iPhoneってタイトルだけど、そんな大げさというか、役に立つというか、タメになるってもんじゃありません。
さっき、ふと、もしかしてiPhone使い出してから3年経つんじゃないか〜って思って調べてみたら、見事、3年前の8月21日からでした。
って感じです。

2009年から使っているようです、iPhone。
何度も書いていますが、私は、それまで、携帯電話が大キライでした。
頻繁に携帯でやり取りするようなメル友(ってもしかして死語?)もいないし、インターネットにはつながらないし(あれ、つながったのかな〜?)、なにしろ、「使い勝手がめちゃくちゃ悪い」。
カギ括弧付きで強調してしまいましたが、ホントにあの使い勝手の悪さは、すごいもんがあったなー。
今でも、会社の携帯を持たされていますが、ほとんどまったく使いこなせていません。
使う気にもならないし。
バリバリ使えば、印象も変わったのかな。
いや、あの使い勝手の悪さは異常だろう。

と、散々、携帯の悪口を書いていますが、今では、iPhoneをほとんどいつでも弄ってます。
変われば変わるもんだよなー。と我ながら思います。
前述の悪口が、すべて、解消されてるんだよな〜、なにしろ。

私的には、パソコンに次ぐ、発明?なような気がするな〜、iPhone。
いや、パソコン以上かもしれないな。
なにしろ、この歳で交友関係が広がるとは思わなかったよ。
それも、清志郎やRCのファンだよ。
これまでの20年以上のファン一人状態は何だったんだ。
って、感じです。

もちろん、iPhoneが直結してってわけではありませんが、iPhoneが起爆剤的な役割を果たしていたのは間違いないでしょう。
少なくとも、私は、直結です。

最初のうちは、パソコン的な感覚でスゴイな、これ、って印象でした。
でも、この3年の間に、完全に生活を変えてくれたもんな〜。
こういう経験って私だけじゃないんじゃないかな。
iPhone、バンザイ!

›2012- 8- 22

うーむ。

Posted by LSD at 23:31 / Category : その他
ってタイトルのときは、いまひとつ、気分が乗らないとか、余裕がないとかそんなとき。
休み明けから、地味に、仕事が忙しい。
地味に、って書いたけど、一応の締切が来週末。
なにやら社内レビューとかあるんだろうから、実質、もっと前。
今のところ、順調に遅れてる。

うーむ。
かといって、徹夜とかする気にはならないし(まだ時間はあるし)。
今回は、大量の書類を見なきゃなんで、自宅仕事にはなりづらいし。

なもんで、とりあえず、体力温存?のため、さっさと寝ようかと思ってはいるものの、ついついグダグダ過ごしてる。
てな感じで、まさに、うーむ。

›2012- 8- 23

KINKS

Posted by LSD at 23:31 / Category : Rock
KINKS。
なんとなく、あまり聴かないまま今に至っちゃったな〜。
聴いてるとカッコいーんだけど、なんというか、すべての曲のタイトルがわかったり、アルバムの曲順を覚えるほどは聴いてない。
というか、アルバムも、5枚くらいしか持ってない。


One for the Road / KINKS (Amazon)

今、聴いてるのは、このライブアルバム。
実に、カッコいー。たまらんよね。
1980年のライブらしい。

先日のフジロックでも、レイ・デイヴィスは見逃しちゃったしな。
これからは、もっと、ちゃんと聴こう!

›2012- 8- 24

1週間

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
うーむ。キビシイ1週間だったなー。
って、まだ終わってないんだけど、ぜんぜん。
いや、仕事だけど。

久々に、超短い締め切りありの、しかも、超キンチョーする仕事。
まいったなって感じで月曜から過ごして、あっという間に、今。
まいったな、は続いていて、どうしようって感じ。
でも、今はグダグダ。
キンチョーはほぐれにほぐれ、ずんだらけ〜。

締め切りといっても、来週末だしな〜。
といっても、ギリギリもギリギリだけど。
とはいえ、今はグダグダしててダイジョブだろう〜。

なんてことを逡巡したりして、の夏の終わりの金曜日の夜。

›2012- 8- 27

ぐぅ

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
うーむ。いそがしいぞ。
今年度で一番だなー。
なんかキンチョーする仕事だし。
しかも、なんだかタイミング悪いし。

てな感じもあと2週間で落ち着くかな〜。
とりあえずは。

なんか、この間にも、ふとした衝動買いのDVDやらCDが溜まったりして。
その他、なにやらやらなきゃいかんってことも、いろいろあったりして。

ま、いいか。
いつものように、テキトーに、なるようになる〜。だ。

›2012- 8- 28

RC

Posted by LSD at 23:37 / Category : Kiyoshiro Imawano
RCサクセション。
何をいまさら、だけど。
中学の時に、貸しレコード屋さんで借りたのが初めてだっけ。
いや、友達からレコードを借りたのが初めてかな。
それから、30年。
相変わらず、RCを聴いてる。今も聴いてる。
今は、FEEL SO BAD。
これを選んだのは、特に理由はない。
その前は、HEART ACE。

にしても。
状況はずいぶん変わったな。
RCが活動休止したのが、1990年。
20年以上前、だって。
そもそもその頃から、RCを聴いてる奴なんて周りには誰もいなかった。
バンドとかやってたわけでもないから、いや、それが理由ってわけでもないけど、結局、RCのライブは一度も行ってない。
それでも。
状況は変わった。
ようやく、RCの「わかってもらえるさ」がわかった。
もしかしたらRCはもう活動しないのかもしれない。
それでも、自分にとって永遠なんだ。その存在は。
このことだけでもわかるよ。
「わかってもらえるさ」がホントにわかる日がくるなんて、夢にも思ってなかったから。

まだまだRCについては知らないことがいっぱいだ。
知ってる、わかってると思ってることでも、実は、違った、なんてこともたくさんだ。
いや、別に知らなくても、わかってなくても、どうでもいいんだ。

ぼくら何もまちがってない もうすぐなんだ

›2012- 8- 31

明日が見えない

Posted by LSD at 12:36 / Category : その他
明日が見えない~。
アナム&マキの歌。なんだか唐突に思い出した。
久々、聴きたいかもー。

で、ここんとこ、まったく明日が見えない。
月曜日からきびしー毎日だったな~。
昨晩、ようやく、とりあえずの資料作成が終わったから、ようやくなんだかちょっとモノを考える余裕ができたかもー。
ってな感じ。
とはいえ、修正依頼というか、命令か?、がくるか読めないんだよなー。
その資料を使うのが、来週の月曜日の9時30分からの会議。
けっこうなボリュームだし、出先での会議だし、そもそも印刷する余裕があるのかな~。

ってな感じで、まったく明日が見えない。
土日、どうなんのかな~。
ってなコトで、すごく久々に、というか、昼休みは初めてだ、この日記をiPhoneから書いてる。
何はともあれ、今現在は、ずんだらけー、なので、ちょっとシアワセな気分。

このまま、平和に(何もやるコトが発生せずに) 土日を迎えたいな~。
午後のいつかの時点で、それも判明する。
と、思う。
どうなることやら!