›2012- 7- 1

あれま

Posted by LSD at 23:26 / Category : その他
気がついたらもう7月じゃないか。
なんと!
早すぎだな〜。
梅雨はまだあけてないのかなー。
この辺り、まったく把握してない。

7月か〜。
なんだかんだと忙しいぞ〜。

ぜんぜん関係ないけど、夜になってから、ひょんなことからYouTubeで清志郎の映像をずっと観てた。
Timers、ソロ、RC。。。そして。
群を抜いてダントツに他と比較のしようもないくらい圧倒的。
それが清志郎のステージ。たぶんこの思いは一生変わらない。
なんてことを思ったり。

今は、長澤くんに夢中だったりしてるけど、清志郎への思いは変わらないな。
長澤くんが悪いって行ってる訳じゃ、当然、ない。
シツコイけれど、比較のしようがないんだな。
それほど圧倒的。私の中では。
そんなことをツラツラ思ったりして時間が過ぎてく7月1日の夜。

›2012- 7- 2

バベル

Posted by LSD at 23:59 / Category : 長澤知之
私はアルバムの中の1曲にハマるってことはあまりない。
年をとるに連れ、その傾向は強くなってるかもしれない。
が、長澤知之ニューアルバムのラストナンバー「バベル」、今、むちゃくちゃハマってる。
今というか、アルバム発売が6月6日だっけ、それ以来、もう一か月かな。
たった今も、1時間、この曲ばかりリピートしてる。

詳しく書くのは、なんとなく、また後日にしようと思うんだけど。
って、書けるかわからないんだけど、とにかくハマってる。
たぶん、清志郎の「Baby#1」以来、だと思う。

この曲はいい。
ライブで初めて聴いたときから、固まった。
ジワジワ来るタイプじゃなくて、ドンピシャでキタ。
初めてライブで聴いた時のシャウトのほうが、スタジオ録音版よりもぐぐっときたような気はするけど、それでも、いい。

歌詞もいい。
メロディーも最高。
特に、この高揚感がたまらない。
斜に構えていながら、一筋の光を信じてるようなトコロがたまらない。

  責任なんか持つ気ないけど どうなるかは分かってるよ
  なあ、俺は信じてる

そして、長澤くんのボーカル、ギター。
この声が心にグサグサくる。
とにかく、今、「バベル」にハマってる。

›2012- 7- 3

偉い人

Posted by LSD at 22:27 / Category : その他
タイトルにはほとんど意味ありません。
社会的なことでもなく、嫌味なことでもなく、シニカルな感じでもなく。
ま、どーでもいい話。

私は、偉い人に認められなくてもあまり気にしないタチみたい。
偉い人って書くからアレなのか。
上司って素直に書けばいいのか。
その上司からどう思われようともあまり気にしない。
ちょっと強がり入ってるかも、だけど。
でも、別にどーでもいいなぁ、ホントに。

いわゆる出世欲は皆無って言っていいくらいだし。
給料に関しては、どのくらい貰ってるのかすら、よくわかってない。
認められたい、とは、そりゃ思うけど。

なんでこんなこと書いてんだっけ。。。

あ、そうか、今日、仮の上司(なんだそりゃ)から、ちょっと変なメールの返信もらったからか。
ほんのちょっとだから、まったく気に留めるほどのもんじゃないけど、あらためてこんなことを思ったんだった。

まー、嫌な奴なんだよな。
あ、自分が、だけど。
けっこう、昼間はヘラヘラしてて、さっさと帰ってから自宅仕事なんかしてたり。
この態度は20年前、どころか、中学生の頃からそうだな。
なんて、嫌な奴〜。

ま、いいか。
そんなこんなで、ヘラヘラ人生を楽しんでるぜ〜。

›2012- 7- 5

むむ〜

Posted by LSD at 23:5 / Category : その他
なにやら忙しい雰囲気がヒタヒタと漂ってきてイヤな感じ。
あぁ、そんなことより、今日は暑かったなー。
暑さに弱いんだ〜。
寒さにも弱いけど。
この、ひ弱さをなんとかしたいぜ〜。

ぜんぜん関係ないけど、長澤くんのアルバム「SEVEN」が発売されてから一か月が過ぎた。
まだまだ聴いてる。
けっこう、がんがん聴いてる。
今回は、どちらかと言うと、アルバム全体が好きというより、個々の曲が好きって感じだな〜。
私には珍しく。
って、こんなこと数日前にも書いたかな。

でもってぜんぜん関係ないけど、久々、クルマに乗った。
今年に入って3回目、前回から2か月ぶり。
随分、乗らなくなったなー。
クルマを持ってることがホントにもったいない。
というか、故障中のまま半年以上放ったらかしなんだけど。
って、そっちをさっさと何とかしろよって感じなんだけど。
てことで、久々のクルマの運転でした。

›2012- 7- 6

長澤知之@渋谷

Posted by LSD at 23:59 / Category : 長澤知之
長澤知之、長澤くんのライブに行ってきました。
待望の、東京渋谷公演です。
duo MUSIC EXCHANGE、久々に行ったなー。

詳細はまた後日に書こうかなって思ってます。たぶん。
なもんで、一言。

すごかった〜。
よかった。すごくよかった。

ギター、声、歌詞、メロディー、そしてシャウト。
これはハマる。
心にグサグサ突き刺さってくる感じ。
間違いない。
すごいよ、長澤くん。

今日の長澤くん。
ゴキゲンだったな。
昨年の東京公演ではちょっとぶっきらぼうって感じが強かったんだけど、今日は、MCもちょっと多かったし。
遠目だったけど、笑顔も多かった。かな。

ともかく。
今もちょっと放心状態。
大満足のライブでした。

›2012- 7- 7

バベル

Posted by LSD at 23:59 / Category : 長澤知之
シツコイが、また、長澤知之 / バベル。
好きだな〜。
またしても、ずっと聴いてる。

展開がなにしろかっこいー。
前向きなトコロと後ろ向きなトコロが絶妙で。
声が刺さる。

とはいえ。
ここまでハマるのは自分でもちょっとオカシイんじゃないかって気がする。
勝手に妄想する。
日記だし。
バベル、なんというか、「罪で綺麗な病まない病」を感じられるかどうか。
そこで、感じ方、聴こえ方が変わってくる気がする。
そして、私は、勝手にそれを感じてる。
わかった気になったりして、泣けてきたりしてる。

  内に堕ちて築き上げろ もうあとは笑うしかないのさ

前向きだけど、そもそもの地点が絶望の底の底のような。
そんなこんなで、ずっと聴いてる。

›2012- 7- 9

プレッシャー

Posted by LSD at 22:8 / Category : その他
意外とというか、見た目通りというか、プレッシャーに弱い。
でもって逃避癖があるから始末が悪い。
何かやらなきゃいけない事、それが嫌な事だと尚更ズルズルと引き伸ばしてしまう。
でも、なんとなくだったり、おもいっきりだったり、その事が頭にのしかかってるのは感じてる。
なもんで、どーにもこーにも、けっこう休日仕事とかも多かったり。

あ、プレッシャーの話か。
とはいえ、ホントにプレッシャーに弱いのかなというと、実は、そうでもない面もあったりするような気がする。
時と場合にもよるけど。
プレッシャーに弱かったら、こんなにグダグダしてられないとも思うし。
そもそも、これほど、あれもこれも放ったらかしにはできないだろうし。

プレッシャーに弱い。
というか、投げやり度が強いのかな。
ま、いいかって。
なんか話がちんぷんかんぷんだな、我ながら。
でも、ま、いいかって。

そうそう、だから、あんまり達成感を感じることがないんだよなー。
いつも中途半端なままの状態が続いてるから。
あれもこれも。
そんなこんなで21年間くらい。
変化はないよね。

›2012- 7- 10

さらに激動かもの1週間

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
なかなかキビシイ毎日だ。
なんだか昨日のこともよく思い出せなかったりして。
日曜夜がほぼ徹夜かな。
月曜夜はなぜか浅草あたりのビジネスホテル。
火曜の昼間、つまり今日だけど、取引先?のところに一日カンヅメ。

あ、そういえば、浅草。
めちゃくちゃ久しぶりに街をちょっと歩いたけど、ホントにちょっと歩いただけだけど、いいところだったな。
ちょっとびっくりした。
あまりの良さに。
スカイツリータワーは、ま、それなりにいいだけだけどね。
浅草の街並みはなんかすごく好きだな。

ということで、週の前半が終わったのかな。
後半もキビシイかな。
でも、今日が一番きびしそうな雰囲気だったから、なんとかなるかな。
という感じの7月の夜。

›2012- 7- 11

冷めてる

Posted by LSD at 22:55 / Category : その他
のかもしれないな、などと思う。
小沢一郎さん新党発足。でいいのかな。
何も書くことないな〜ってことで、書いてるんだけど。

新党の名前。
確かに、なんだかなって感じ。
ちょっとな。かんべんしてほしいな。

でも、なにしろ初日だしね。
何の感想もないな。
政権交代があったのって、いつだっけ。
数年前の政権交代のときは、それなりに興奮したんだけど。
民主党が好きってわけでもないけど、自民党よりはマシだろう。
今でも、実は、そんなふうに思ってるトコがある。
だがしかし、ぜんぜんダメダメだったよな。
こんなところでわざわざ書かなくても周知のこと。

To-Be、あるべき姿がぐらぐらしてちゃなー。
あるべき姿を今すぐ実現するなんて無理なお話。
それまでの道筋を、ビジョンを示す。
そのくらいはやってほしいよな。
なんて、えらそうなコトを思う。

ムズカシイのは誰もが承知。だと思う。
例えば、あるべき姿を実現させるために、武力を使う。
あるべき姿がいくら素晴らしい世界でも、これは賛成しかねる。
自民党でも民主党でも、なんとか党でも、大きなくくりであればあるほど、あるべき姿にそんな変りはないはず。
どうやって実現させるのか、それをみせてほしいな。

›2012- 7- 12

暑い

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
いや、昨日が「冷めてる」だったんで。
にしても、今日は暑かったな〜。
いや、気温的には、一般的には、それほどではなかったのかもしれない。
だがしかし、私的には最悪的に暑かった。

けっこう重たい荷物を持っての徒歩移動が多かったんだよな〜。
遅刻しそうで早足だったり。
地下街も蒸し暑く。
てな感じで、汗だくの一日でした。

意外と歩いたかもなー。
うーん。汗だく。

›2012- 7- 13

6年目

Posted by LSD at 23:59 / Category : Kiyoshiro Imawano
2006年7月13日から6年。
さすがに早いと感じる。
それでも、まったくもってどうしよう、だ。
いまだに、だ。

にしても、今日は、一日最悪だったなー。
仕事が、だけど。
うっすらと予想はしていたけど、こういう時の予想は大抵当たる。
3連休も水の泡〜だ。ってこんな言い方するのかな。
ま、仕方ない。

夢を忘れずに!
夢ってなんだ? なんてことは思わない。
20年以上、夢をもってるかい? って問われ続けたんだから。
そんなヤボなことは思わない。

夢を忘れずに!

›2012- 7- 16

3連休

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
ほぼ仕事ばっかだったぜ〜。
まいったなーって感じ。
それでも予定してたことが終わって一安心。
悪いことばかりじゃなかったしなっ。
明日から、フツウの生活に戻りたいぜ〜。

›2012- 7- 17

またしても、【バベル/長澤知之】

Posted by LSD at 23:4 / Category : 長澤知之
バベルのPVがYouTubeで公開されました。
珍しくといっていいかな、長澤知之、長澤くんの演奏シーンをひたすら撮るというシンプルな映像。
これでいいと思うなー。
カッコいー。
欲を言えば、もうチョットだけカッコよくというか、イカれた感じで撮ってくれたらなって気がしないでもない。
でも、カッコいー。
なにしろ曲が大好きなんだ。
歌詞も、メロディーも、演奏も。
長澤くんのシャウトもね。

なんというか、骨太ロックっていうのかな〜。死語かな、もしかして。
ま、その骨太ロックって感じの曲だけど、歌詞が深い。ような気がする。
深い、というか、重たいよな〜。
一時、思いっきりこの曲にハマって、延々リピートしてて、なんだかこの世界にどっぷり入り込んでしまって息苦しくなって体調悪くなりそうだったよ。
本末転倒なんだろうけど。
でも、それほどの力がある曲。私にとっては。
絶望と希望が、絶妙な奇跡的なバランスで成り立ってる曲。
私にとってはそんな曲なのだ。

バベル/長澤知之

ライブでの長澤くんのシャウトは、この音源よりももっとずっとスゴイよ。
ホントに固まるさ。

›2012- 7- 18

MEDAMAYAKI/長澤知之

Posted by LSD at 23:39 / Category : 長澤知之「JUNKLIFE」
長澤知之、長澤くんのアルバム「JUNKLIFE」の9局目「MEDAMAYAKI」。
勝手なA面、B面分けにすると、B面1曲めにあたります。
そのB面1曲めに相応しいテンポの早いロックンロール。

ぶっ飛んでるな〜。
ぶっ飛んでます。
なにしろ歌詞がスゴイ。
意味がわからないようでわかるようで。
深読みをしようと思うといくらでもできそうな。
でも、ノリだけで言葉を連ねているような気もするし。
とにかくカッコいー曲です。
好きだな〜。
ギターのリフもかっこい~し。
伴奏のカッティングもカッコいー。

フツウに読むと「九」が題材なんだろうな。
で、さっき気づいたんだけど、「鏡へと号泣」って、もしかして「鏡へと Go 九」なのかな。
って、こんな風に深読みしたくなる。

コーラスには、andymoriの小山田壮平くん。
クレジットはこんな感じ。
Vocal, Chorus, Guitar : Tomoyuki Nagasawa
Chorus : Sohei Oyamada
Bass : Yosuke Sato
Drums, Tambourine : Jun Tanaka
Recorded & Mixed by Yosuke Sato

最近、ライブで聴いてないような気がするんだけど、バンドで爆音で聴きたい曲だな〜。


MEDAMAYAKI

うぬぼれが好きですし 今より易しい矛盾はありませんし
サニーサイドアップ 時代とドッキング 性的な意味で
ああ これ以上 これ以上ないお金が欲しいんです
サニーサイドアップ 卵白を聴いた卵黄なME MEDAMAYAKI

全米が泣いた映画で泣いて 洋楽で想像妊娠して
どんどん産めよ増やせよ状態の焦げた MEDAMAYAKI
もうこれ以上 僕には「ふるさと」が唄えないよ
サニーサイドアップ 鏡へと号泣

パープルなピープルがグレーゾーンで三三七拍子を練習中
みじん切りにされた芯の無いキャベツと共に 性的な意味で

危険な事はもっともっと言って でも私生活は細々生きて
メイクアップ 片頬だけのチーク ME ME MEDAMAYAKI

もうこれ以上 これ以上ない情が欲しくってさ 欲しくってさ
妄想上ではとっくにヒーローなんだけど

なんとなく全米No.1に弱くて なんとなく脱色されちまって
なんとなく九を凄いと思ってるんだよ 悪いかい

サニーサイドアップ 僕らはオカルト
順調だった過去の未来像を演じて暮らして生きるだけ

正解が好きですし 「自分通りで在ろう」とも思いますよ
でも僕はどうしたってPAPER STAR 卵白を聴いた人生だから
順調だった過去の未来像のミイラの過去の未来像の・・・ミイラさ

›2012- 7- 19

上がり下がり

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
どうにも疲れた一日だった。
何気にこういうことになるんじゃないかって予想してたんだけど、ま、予想通り。
だったら、ちゃんとやっとけよって話なんだけど。
あ、仕事だけど。
やっぱ、こういうことばかりだと、慣れてないというのを通り越して、ムリだわ〜って思うな。
いや、バイトみたいなもんだからどーでもいいけどねっ。

どうでもいいけど、嫌なことがあると贅沢に走る傾向にあるな〜。
過去にはクルマの衝動買いとか。
そこまで大きくはないけど、今日も新幹線で帰ってきちゃったよ。

翻って考えると、前にも何回も書いてるけど、前職は楽だったな〜。
どんなに残業が多くても。
いや、そんなこともないかな。
ま、いいか。
またちょっと間が開くから、テキトーに持ち直そう。

›2012- 7- 22

早っ

Posted by LSD at 22:33 / Category : その他
あっという間に金土日と過ぎてしまった。
早すぎ。
職場というか仕事は相変わらず冴えないけど。

この数日、涼しくて助かる〜と思ってたんだけど、涼しすぎたらしく、若干、風邪ぎみ。
うーむ。
まずいかもー。
今更ながら、摂生生活に入ります。

›2012- 7- 23

Stone Roses

Posted by LSD at 22:9 / Category : Rock

Stone Roses: 20th Anniversary Remastered Edition (Amazon)

Stone Roses。
オリジナルアルバムは2枚しか発表してないんだよな〜、たぶん。
1989年にデビュー・アルバム発売。
私は、まだ、洋楽を聴いていた頃、かな。
で、このデビュー・アルバム「The Stone Roses」は、初めて聴いたときから大好きだった。
なにしろ、曲がいいんだ。
メロディーがすごくいい。
カッコいー。
当時、発売されて、私が聴いた洋楽の中でもずば抜けていいと思ったな〜。

残念ながら、ライブに行く習慣がぜんぜんなかったから、ライブは観たことがないんだけど。
今も、このデビュー・アルバムを聴いてるんだけど、ホントにいいアルバムだと思うな〜。
どこをどう聴いても、「名盤」だと思うよ。
そんなに文句も言われないと思う。
大好きだな、Stone Roses!

›2012- 7- 24

いよいよ7月下旬

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
なんと、もう7月下旬だ。
2012年も半分以上が過ぎたんだ。
いい一年だったよ〜。それは早すぎか。

今日も2時間近くかけて某所へ。
こういう生活がフツウになっているけど、こんな生活はこの20年間では考えられないことなんだ。
あらためてそんなことを考えると、驚いちゃうな。
思ってもみなかったことさ
とはまさにこのこと。

それはともかく。
7月下旬。
いよいよ体調に気をつけねば。ねば。の季節。
暑いんだか、そうでもないんだか、の天候が吉なのか。
それはフタを開けてみないとわからない。
どうあれ、日にちは過ぎていく。
どんなことが起きようとも淡々と日にちは過ぎていくんだな。
てなことを思う、クーラーがいるのか、いらないのか微妙なくらいの夏の夜。

›2012- 7- 30

フジロック・フェスティバル

Posted by LSD at 22:50 / Category : Rock
フジロック2012に3日間、行ってきました。
むちゃくちゃ楽しかったです。

時間があれば、現地で日記を書こうかとも思ったんですが、あいにく通信環境が最悪で、何も書けずじまい。
というか、今年は、これまでになく現地でステージを楽しんでいたので、とても、日記を書く余裕はありませんでした。

フジロックに出かける前に、これまで、私はどのくらい参加してるんだろうと、ざっと調べたんですが、2002、2003、2004、2005、2006、2008、2009と参加してました。
確か、2009年は一日だけの参加。
その他の年は、うーん、たぶん、ほとんど3日間通しで参加してたんだじゃないかな〜。
とはいえ、一目瞭然なんですが、2009年以来、3年ぶりのフジロック。
体力に自信がないので、どうかな〜と思ってたんですが、楽しかったです。

いやー、よかった。
行ってよかったよ〜。
さすがに詳しく書く気力がないので、詳しくは後日書くとして(たぶん)、やっぱり、フジロックは最高だわ〜。

›2012- 7- 31

FUJI ROCK FESTIVAL '12 初日

Posted by LSD at 22:22 / Category : ライブ
7月27日(金)、FUJI ROCK FESTIVAL '12 初日です。
先日も書きましたが、3年ぶりになるのかなー、フジロック。
今までは、清志郎がお目当て、だけで通っていた面も少なからずあったので、ちょっと新鮮な気分です。
そしてそして、今回のラインナップがスゴイんだ。
私的には、よだれが出ちゃうような夢のような出演者。

とりあえずは、初日です。
地元からレンタカーで苗場へ直行。
暑かったなー。10時過ぎ出発で、途中休憩など入れつつ、結局16時くらいだったのかな、会場に着いたのは。
苗場も暑かったぜ〜。
で、グリーンステージに腰落ちつけたときに演奏していたのが、The Birthday。
私、CDも持ってないし、ほとんど聴いたことなかったんですが、フジロックの雰囲気も手伝ってか、すごくいい感じに聴こえてました。
ちょっとビックリするくらい。へーって。

で、続いて、ヘブンでERNEST RANGLIN。
失礼ながら、お名前も知らなかったんですが、なんとなく、興味をもって。
フジロック公式サイトによる紹介だと「アーネスト・ラングリンはジャマイカを代表するギターリストであり、ジャマイカが誇る、国宝級ミュージシャンである」とのこと。
確かに、観たはず。。。
で、確か、けっこう感動したはず。。。
なのに、ぜんぜん覚えてないな〜。なんてこった。って感じ。
なんで覚えてないんだろう。うーむ。

って、何気に原因はわかってるんだけど。

そして、19時20分からグリーンでBEADY EYE。
BEADY EYE、私は、フジロックの数週間前に初めて知ったバンドです。
なんと、ってことはないか。
元オアシスのリアム・ギャラガーが結成したバンドで、フジロック公式サイトでは「91年イギリスはマンチェスターにて結成された、英国史上ビートルズ以来の最強ロック・グループ「オアシス」のシンガー、リアム・ギャラガー率いる新バンド」とのこと。
予習?ってこともあって、アルバム「ディファレント・ギア、スティル・スピーディング」も聴いてました。
このアルバムがなかなかカッコイーんですが、ステージがまたなかなかカッコいー!
そういえば、リアムって、後ろに手を組んだまま歌うんだよなって10年以上ぶりに思い出したりして。
そう、そのリアムのボーカルがいいんだな。
吐き捨てるようなボーカルがすごく好き。
てことで、すごく満足のステージでした、BEADY EYE。

そして、そして。
グリーンのトリ、21時30分からTHE STONE ROSES。
私的には、別格のバンドです。
オリジナルアルバム2枚しか発表してませんが、デビュー・アルバムはともかくすごい。
発売当時から大好きです。
といっても、そもそも、私はライブを観るって習慣がなかったんで、CDで聴くだけでしたが。
ということで、めちゃくちゃ期待のストーンローゼズでしたが。。。

これが、すごかったんだ〜。
私、洋楽のライブって、ストーンズを除いて、ほとんど観たことないんですけど、ストーンローゼズのライブはホントにすごかった。
ドラムとギターかな、一番印象に残ってるのは。
めちゃくちゃカッコいー。としか言いようがないな〜。
なんというか、曲の塊がずずーんと心に突き刺さる感じ。
清志郎の歌で心に突き刺さるってのは何度も経験してるけど、サウンドのみが、ガーンとくるのは、個人的にはチョー珍しいことです。
なんなんだろうね、あれは。
デビュー・アルバムの曲は、たぶん、全部演ったと思います。
とにかく、衝撃でした。

よくわかってないんですが、新しいアルバム作らないのかな、ストーンローゼズ。
新譜を出してほしいな。
ということで、ストーンローゼズは、ほんとによかった。
今までのフジロックのなかでも、私の中では、もしかして、一番印象に残るくらいによかったかも、です。
あ、そういうことで、ERNEST RANGLINのことが頭からすっ飛んだんでしょう。

てな感じのフジロック初日。
すごく頑張りました。
10回近くフジロックに来てますが、こんなに頑張ったのは初めてかも、です。
でもって、それぞれのステージが、よかったなー。
とはいえ、シツコイですが、ストーンローゼズはやっぱり別格でしたが。

楽しかったな〜。
宿に着いたのが、1時30分過ぎだったかな。
そんなこんなでフジロックの初日が終わりました。

あ、天気は最高によかったです。
暑かったですが、それなりに対処しつつ過ごしてたんで、ダイジョブでした。
なにしろ、雨が降らなかった。
ぬかるみさえなかった。
とってもいい一日でした。