›2011- 7- 2

そして7月

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
あっという間に6月が終わってしまった。
昨日、というか金曜の夜から土曜にかけて久しぶりに10時間くらい寝たんだけど、まったくもってイマイチの体調だったなー。
先週はお仕事がけっこうヒマだったはずなんだけど、木曜だっけ、のけっこうハードな一日が響いたみたい。
ま、それでも、一日が終わって、ようやくなんとなくフツウの体調になったみたい。

で、今は元ウチ。なんだそりゃ。
ま、元のウチ。
日当たり悪いし、一階だから窓を開けっ放しにするわけにもいかない、どうにもこうにものウチ。
それでも、ステレオから鳴る音楽はいいよなー。
平日過ごしてるウチでは、環境がないんで、しょうがないからMacからの音を聴いているけど、どうにもこうにもピンとこなくて。
ステレオが素晴らしいってわけでもなく、きっと、適度な距離にあるスピーカーからの音が好きなんだ、と思う。
落ち着く。
実は、イヤホンも嫌いで、ここ何年も、イヤホンを使って音楽を聴くことをしなくなった。

と、話はズレまくりかな。
とにかく7月。
ちょっと規則正しい生活に戻そーかな。

›2011- 7- 3

いい気分

Posted by LSD at 23:40 / Category : Kiyoshiro Imawano
RCのベスト盤【Wonderful Days The Rc Succession 1970-80】を聴いてる。
Wonderful Days。
いい響きだなー。

私がRCにハマったのが中学3年の時。
このアルバムに入ってる曲は当時から知ってたはず。
それが、かれこれ25年以上、かな。
未だに新鮮で、まだまだ知らないことがあったり、気がつくことがあったり、教えられたりすることがあったり、なによりとてもキモちがいい。
これはやっぱり凄いことだと思うよ。

今日も素晴らしい一日だった。
ホントに感謝してる。
忌野清志郎に出会えてよかった。ホントによかった。

›2011- 7- 4

ただいま出先

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
お仕事で出張中。
月曜日からなかなかハードな一日。
ようやくビジネスホテルにて落ち着いたところ。
いろいろ面白い体験をしてる。
たいしたことないけど、4月以前では思いも寄らない事だ。
で、今は、なぜかRCの「君を呼んだのに」をヘビロテしてる。
この曲はずいぶん印象が変わったなー。
きっかけは完全復活祭だけど、ホントにいい曲だと思うよ。

›2011- 7- 6

東へ西へ

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
あちこちに行ってるぞ。
今日は北の方へ。
飛行機、慣れてきたかも。
なんといっても、事前に予約なしで、チケット購入。
で、帰ってきた。
やればできるじゃないかっ。

空港というか搭乗手続きもようやく慣れてきたぞ。
もう傍目にもビクビクしてないはずだ(たぶん)。

にしてもけっこー疲れた。
帰宅して気づいたけど、超久しぶりに足にマメができてた。
運動不足が第一の原因なのはともかく、けっこー歩いたんだなー。

にしても、こんな全国を飛び回る生活が待っているとは。
人生、何が起こるかわからんなー(大げさ)。

›2011- 7- 7

七夕

Posted by LSD at 22:34 / Category : その他
七夕かー。
あまり思い出がないなー。
小さいころ、ウチでは飾り付けとかしたっけ。
してないよな気がするなー。

若かりし頃、クルマに小さな笹飾りをしたっけ。
健康であるように。
違ったかな、嘘かもな。
でも、こんな情けない願い事が書かれていたような。
あぁ、虚弱。
こんなとこでも虚弱。
ま、懐かしい。七夕か。
思いは遙か20年以上前に。

›2011- 7- 9

わかってもらえるさ

Posted by LSD at 23:59 / Category : Kiyoshiro Imawano
暑い一日でした。
梅雨があけたのかな。
神奈川から埼玉、それから吉祥寺、で最終電車で埼玉、という一日。
暑かった。

今日は3度目の幻の清志郎野音の日。
それを思うとホントに悲しくなってきますが、それを吹っ飛ばす素敵な集まりに行ってきました。
それが吉祥寺。
ゆるゆると時間が流れ、楽しい一時でした。

不思議な感じです。
私が清志郎のライブに頻繁に通うようになったのが2001年くらいから。
そのほとんどのライブは一人で参加してました。
ライブに通う前も清志郎のコトを語るなんて極めて稀なことで、思えば、随分、孤独というかある意味マニアックな行動に見えた、のかもしれません。
清志郎がこんな状況になってしまった今、今日は10数名が集まったのかな。
こんな集まりに、今年の1月から、どうだろう、私は4,5回は参加してるのかな。
どれも皆素敵な時間でした。もちろん、今日も。

不思議な感覚。
でもとても居心地がイイ。

「わかってもらえるさ」というRCの曲があります。
ここでも何回か書いた覚えがありますが、とっても素敵な歌で大好きです。
その歌の意味がようやくわかった、ような気がします。
遅すぎたかな、いや、そんなことはないよね、きっと。
スゴク嬉しいのです。
素敵な一日に乾杯。


わかってもらえるさ (作詞:忌野清志郎 / 作曲:肝沢幅一)

こんな歌 歌いたいと思っていたのさ
すてきなメロディー
あの娘に聞いて欲しくて
ただそれだけで 歌うぼくさ

この歌のよさが いつかきっと君にも
わかってもらえるさ
いつか そんな日になる
ぼくら何もまちがってない もうすぐなんだ

気の合う友達って たくさんいるのさ
今は気付かないだけ
街で すれちがっただけで わかるようになるよ


この歌のよさが いつかきっと君にも
わかってもらえるさ
いつか そんな日になる
ぼくら何もまちがってない もうすぐなんだ

気の合う友達って たくさんいるのさ
今は気付かないだけ
街で すれちがっただけで わかるようになるよ

いつか君にも会えるね
うれしい報せを もっていってあげたいんだ

›2011- 7- 10

うむ

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
どちらかといえば、ダラダラと過ごすほうだし、歩くのも遅い。
だがしかし、この何もやってないまま時間が過ぎてく感はすさまじい。
この3か月間、テレビもDVDも映画も本もほとんどまったく見てない、読んでない、に近い。
新しいCDを聴くのもなんだか激減しているような気がする。
溜まっていくばかり。

これはまずい。

何気に部屋の中がスゴイ。
積ん読ものばかり。
まずいよねー。
何だか、このままじゃ、今ためているものだけを消化するのも自分が生きてるうちでは終わらないんじゃないかって気がしてきた。

なんだろー。
時間の使い方がまちがってるのかねー。
とはいえ、もう月曜の2時過ぎ。
明日、というか、今日だけど、起きれなかったら最悪だ。

あ、ズレた。
なんだろー。
もう少してきぱき行動すればいいのか。
いや、そりゃ無理だな。
と、グダグダ感まるだしでこの文章も終わるのだ。

いや、それでも、もうチョットだけでいいから時間がほしい。です。

›2011- 7- 11

南へ

Posted by LSD at 23:35 / Category : その他
そして今日は南の方へ。
また飛行機だっ!
すごいな。

にしても、現地滞在時間が1時間程度。
お仕事込みなので、まったく余裕なし。

でもって、帰り道、福岡空港への電車がよくわからず、ともかく乗ったら反対方向。
ん?と思って急いで戻ったものの、予約していた飛行機には、間に合わず。
まいった。
ということで、今度はiPhoneから予約のキャンセル&新規の予約を電車の中から。
必死に。
できたっ!
やれば出来るじゃないか。
キャンセル料1500円だったかな、は取られたけど、数万円は戻ってくるみたい。
しかも、電車の中で、iPhone駆使して飛行機の予約だぜ、1時間後くらいに飛ぶやつの。
すげーなー、自分。

と、そんなこんなで南の方に行って、帰ってきただけの一日でした。
が、飛行機のキャンセル方法やiPhoneからの予約ができただけで満足だー。

›2011- 7- 12

ちょっと涼しい

Posted by LSD at 22:25 / Category : その他
昼間はともかく、今、なんだかちょっと涼しい。
エアコン無しでOKだ。
時折吹く風が気持ちイー。

そういえば、今日の月はきれいだった。
この季節にこれだけきれいに見えるの珍しいんじゃないか。そんなことないか。
ともかく、ちょっと泣きたいくらいきれいだった。
満月になるのもあと少し、だ。

今日はなんとなく平和な一日だったかな。
そんな気がする。
明日は嫌な日なんだけど。
ま、今日はいい日だった。と思う。

›2011- 7- 13

7月13日

Posted by LSD at 22:54 / Category : Kiyoshiro Imawano
2006年7月13日から5年だ。
悪夢はこの日から始まったんだ。
どうしても忘れることができない。

5年間。
それでも2009年4月まではよかった。
2008年の前半なんて浮かれまくってた。

ともかく。
これからもずっと私はこの日を忘れることができないだろう。
それはそれでいいのかもしれない。
いつまでも、この言葉を反芻できる機会になるから。

「夢を忘れずに!」

›2011- 7- 14

サマータイム・ブルース

Posted by LSD at 21:38 / Category : Kiyoshiro Imawano
RCの「Covers」に収録されている「サマータイム・ブルース」。
  たまのバカンス田舎へ行けば
  37個も建っている
と歌われている。
1988年のことだ。
確かめてないけど、清志郎のことだ。
たぶん数は合ってるんじゃないかな。

2003年、2004年頃、清志郎はLOVE JETSやソロのライブで「サマータイム・ブルース」を歌ってる。
そのときはこんな歌詞になっていた。
  たまのバカンス田舎へ行けば
  60以上も建っている
20年足らずで倍近くも増えてるんだよなー。

1988年から数年のうちにバブルが弾けてそのまま長い低迷が続いて、もう、高度成長なんて夢の夢。
というか、別に高度成長しなくてもいいだろうけど。
にしても、倍近くだってさ。

成長産業だったのかな。
よくわからないけど。
ま、不景気とは関係ない産業だ。
産業といっていいのかな。
独占企業だ。
たくさんの問題を抱えてる。
今のままじゃダメだよね。それだけは間違ってない。たぶん、きっと。

›2011- 7- 15

RC

Posted by LSD at 23:45 / Category : Kiyoshiro Imawano
RCのライブを観てた。
昔のやつ。NHKのYOUの頃のやつ。
凄くカッコイー。

その頃のRCが最強だか最高だかってことをよく聞く。
確かに、そんな気がしてくるなー。
何度も、それこそ何万回も(大げさか)聴いてる「雨あがり」の新鮮なこと。
むちゃくちゃカッコイー。
涙が出そうだ。

細かいことだけど、Chaboはギターを変えてなかったみたい。
それでいいんだよな。という気がする。
ひとつのステージでひとつのギター。
なんかカッコイーじゃないか。

RCサクセション。
ライブを観たかったな、生で。やっぱり。
行こうと思えば行けたはずなのに。
珍しく後悔しちゃうな。珍しくもないかな。

にしても。
清志郎。
最高だぜ〜。

›2011- 7- 16

没後150年記念 破天荒の浮世絵師 歌川国芳

Posted by LSD at 23:59 / Category : art
国芳展太田記念美術館に「没後150年記念 破天荒の浮世絵師 歌川国芳」を観にいってきました。
太田記念美術館オフィシャルサイトはこちら
後期の「遊び心と西洋の風」というテーマです。

前期は「豪快なる武者と妖怪」というテーマで見応えありました。
国芳のイメージはこの前期のほうで、迫力あるし、斬新だし、とってもよかったのです。

が、この後期の展示、これがまたすごくよかった。
というか、この後期のほうがもしかしてよかったかもしれないなー。
なにしろ猫が可愛い。
遊び心ってタイトルでしたが、まさにそんな感じ。
こんな浮世絵は初めて観たなー。
もしかして、このなんていうか、うまい表現が思い当たらなかったのでオフィシャルからコピペしちゃうと「ユーモアとウィットが満載の戯画」こそが浮世絵の本質かもなー。

匂いが雰囲気が、私の好きな井上ひさしや清志郎と似てるかもしれません。
破天荒かー。
すごいパワーでした。
すっかりファンになっちゃったなー。
これは面白いよ。

今年の冬だっけ、また別の規格で国芳展があるみたいだ。
とっても楽しみ。

›2011- 7- 18

Nagasa・Oneman 6 "JUNKLIFE" TOUR ~Band ver.~ / 長澤知之 @新宿BLAZE

Posted by LSD at 17:48 / Category : ライブ
先日、といってももうずいぶん前、6月19日(日)に長澤知之「Nagasa・Oneman 6 "JUNKLIFE" TOUR ~Band ver.~」ライブに行ってきました。
新宿BLAZEです。
長澤くんのライブ、このところ随分出かけてます。
今年のライブはまさに長澤くんが中心です。
5月は3回も観たのかな。なんと。

新宿BLAZE。
初めてのライブハウスでした。
そんなに大きくもなく、小さくもなく、ライブハウスにしては大きいのかな。
新しいんでしょうか、なんか綺麗な感じがしました。
キャパはどうなんでしょう、代官山UNITくらいかな。
が、これが観やすかったんだなー。
後方に段があって、私はその段があるところの3列目くらいでした。
UNITのように変な柱もないし。

お客さんはやっぱり若い女性の方が中心。
さすがにお子さん連れの方はいない。そりゃそーか。
それでも、男のお客さんも増えたような気がします。

で、開演時間の18時ちょうど位だったでしょうか。
唐突に、ステージに映像が流れました。
曲は長澤くんのJUNKLIFE。
コミカルな映像で凝っているようでチープなようで。
笑えるようでそうでもないようで。
JUNKLIFEの歌詞にあるように「何だか笑うツボが違ってイラッと来ちゃってさ」って感じ。
いや、その場ではけっこう面白く感じたんだよな。周りの女性もかなり受けてました。
今、見返すと、うーむ。。。
そう、これはこの日の朝(だっけ)できあがったJUNKLIFEのPVで、今はYouTubeで観られます。こちらです。

うーん、長くなってきたぞ。。。

さて、そのPVが終わって、「消防車」が流れる中、メンバーそして長澤くん登場。
メンバーは、ギター : 松江潤、ドラム : 秋山隆彦、ベース : 須藤俊明。
一発目は強烈なドラムから「JUNKLIFE」。
か、カッコいー!
凄いです。
長澤くんボーカルはちょっと掠れ気味でしたが、ヤサグレ感が10倍増しくらい。
やっぱバンドだろう。
だがしかし、これからがまた凄かった。

間髪入れずに「THE ROLE」、「MEDAMAYAKI」と続きます。
この初っ端3連発は、もー、何だコリャって感じの素晴らしさでした。
凄いぞ。ホントに凄いぞ。
この3曲だけでも満足、てなくらい凄かった。
さらにエラそうに書いちゃうぞ。
今の長澤くんのライブ、特にバンドVer.、観ておいたほうがいいぞ〜。
絶対、いいよ。いいと感じると思う。

「Nagasa・Oneman 6へようこそ」だったか、そんなちょっとしたMCを挟んで「神様がいるなら」、「どうせ陽炎」。
激しい曲が続きます。
「どうせ陽炎」では長澤くんハンドマイクも観られたっけかな。

で、ブルーのレスポールのネックが折れちゃったというMC。
カッコいーギターだったのに残念。
最近、ステージでは見ないような気がしたんだけど。
ネックって取り替えられなかったっけ。。。と思いつつ「明日のラストナイト」。
大好きな曲、なんですが、この日はちょっとピンとこなかったかも。
これまでの展開が素晴らしすぎたのかもしれないし、長澤くんの声がかなり掠れてきたからかもしれません。
単に、私の気分の問題、というだけだったかも。

「夢先案内人」、「僕らの輝き」、「狼青年」と続きます。
この辺りもいい曲なんだけどなー。
掠れ声がちょっと残念でした。
ダイジョブかなー。

  あまり喋ることがないんだけど、ここにMCって書いてあるから。
  仲よくしてください。
といった可愛いMCから「はぐれ雲けもの道ひとり旅」、「とても何気ない言葉」。
そして幻想的な「マンドラゴラの花」。
これはよかった。
最後の高音シャウト。固まります。

Zepバリのギターのリフがカッコいー「Blue Blue」。
なんだか長澤くんの声も復活してきたような、気のせいか。
この曲が第二部というか後半へのキッカケみたいな感じでした。
前回アコギバージョンのときに歌詞が吹っ飛んだ「左巻きのゼンマイ」。
これまたよかった。もちろん、この日は歌詞が飛ぶこともなく。

高速「零」。カッコいー!
変拍子バリバリ「死神コール」。
これまためちゃくちゃカッコいー。うーん、凄い。
でもって、ギターがめちゃくちゃカッコいー「RED」。
素晴らしい。声も復活したよな、きっと。

そして「ねぇ、アリス」から本編ラストの「回送」。
「回送」は弾き語りから音が徐々に重ねられていくアレンジ。
感動。
そしてMCから「回送」はデビュー前の曲だと判明。
凄すぎ。

アンコールは一曲目が「EXISTAR」。
これまたギターのリフが強烈で。
カッコイーぜ。
だがしかし、次の曲に始まる前、長澤くんが珍しく(なのかな)、「知っていたら一緒に歌ってください」みたいなMC。
そして、アカペラというか鼻歌というかで「桃源郷より桃源郷へ...」と歌いました。
なぜだろう、この瞬間、涙がバーっとでるようなキモち。
もしかして、この日、一番感動した瞬間だったかもしれません。
まさに、こんなキモちうまく言えたことがない。
私だけかもしれないな、一瞬だったし。
歌われたのは「P.S.S.O.S.」。
掠れ気味の声でのシャウト。
声が潰れんばかり、です。
もしかして、プロのシンガーとしてはダメ、なのかもしれません。
だけど、この刹那感というのかな、これはたまらんです。
長澤くん自身、どう思ってるのかはわかりませんが、これはキマした。

客電が点きそうな、もう終りになりそうな雰囲気が漂う中、アンコールを求める拍手は止みません。
予定にあったのか、なかったのか、ともかく、再々度、長澤くん他メンバーが登場。
二回目のアンコールは「真夜中のミッドナイト」。
なんか懐かしい気がしましたが、大盛り上がり、でした。
大団円って感じ。
うーん、満足だー。

という、Nagasa・Oneman 6 "JUNKLIFE" TOUR ~Band ver.~。
良かったなー。
これまで観てきた長澤くんワンマンライブでは、一番、だったような気がします。
惜しかったのは、やっぱり、声だなー。
掠れているところを無理やりシャウトっていうのも、カッコいーのですが。

ともかく、もう一度、エラそうに書いておこう。
今の長澤くんのライブ、特にバンドVer.、観ておいたほうがいいよ。
絶対に、いい。と思う。


最後に曲リスト。間違ってるかもしれません。
01. JUNKLIFE
02. THE ROLE
03. MEDAMAYAKI
04. 神様がいるなら
05. どうせ陽炎
06. 明日のラストナイト
07. 夢先案内人
08. 僕らの輝き
09. 狼青年
10. はぐれ雲けもの道ひとり旅
11. とても何気ない言葉
12. マンドラゴラの花
13. Blue Blue
14. 左巻きのゼンマイ
15. 零
16. 死神コール
17. RED
18. ねぇ、アリス
19. 回送

〜アンコールの1〜
20. EXISTAR
21. P.S.S.O.S.

〜アンコールの2〜
22. 真夜中のミッドナイト

›2011- 7- 19

台風が来る

Posted by LSD at 22:38 / Category : その他
台風が来る。みたい。
昼以降のニュースを全然見てないんで今どうなってるのかな。
今日の朝は久しぶりに激しい雨の中の出勤だった。
運が悪かったのかな。
その後、会社に着いてから帰宅するまで、雨はそれほど降らなかったみたい。

明日はどーなんだろう。
ヘビーな一日になりそうだから、せめて、天気は穏やかでいってほしいなー。

にしても、今日は疲れたなー。
睡眠時間もかなりとったはず、なんだけど。
月曜だし、って月曜じゃないか、ま、週初めだし、こんなもんか。
Blue Monday (だから月曜じゃない)

›2011- 7- 20

今日は

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
3時間以上の打ち合わせが午前から午後にかけて、昼休みも何も無いじゃないかという移動後に、東京駅構内でカレー後に3時間以上の、なんだ、講義か、セミナーかに参加。
非常にキビシイ一日でした。

基本、自分が主役じゃないというか、責任がないというか、という立場なので気が楽、なような気もするけど、なかなかそういう気分にもなれず。
いや、気は楽かな、どうにも自分の立ち位置がフラフラしていて落ち着かないというか。
どこまで踏み切るか。
いや、そんなカッコイー感じでもないな。
よくわからないことをさもわかっているような、平然とした顔をしているのが疲れる。
うん、これがぴったりのような。
あとは、発注者と受注者がいるとすれば、発注者のほうがずっと楽、だな。
と、そんなこんなを思うJimi Hendrixを久しぶりに聴いてる夜。

›2011- 7- 21

でもって

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
何やら忙しモードに突入。
予定に入ってたことなので想定通り、なんだけど、実際に突入するとちょっとクラクラ。
ま、冷静に考えればそれほどのことじゃないかも、なんだけど、バタバタするなー。

明日は元職場へGO、なので、元ウチに帰宅。
B.B.Kingを久しぶりに聴いてる夜。
うーん、明日起きられるか不安。

›2011- 7- 22

うっうー

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
タイトルにはまったく意味はありません。
今日は、いつだ、一昨日か、に引き続き、午前2時間、午後3時間に渡る拘束会議、というか、報告会というか、ま、そんなもん。
その後は、なんだ、飲み会なのか、ま、よくわからないけど、そんなもん。
それほど楽しいものじゃないけど、それほどキビシイものでもない。かな。

でも疲れたなー。
その飲み会なのか、なんなのか、のときに、ついつい珍しく食べ過ぎて、体調崩して、帰り道がまたキビシイもんだった。

ま、とりあえずのキビシイ予定は概ね終わったかな。
あとは、超めんどくさい車検を土日に完了させれば、さしあたっての懸案クリアだ。
がんばろ。テキトーに。

›2011- 7- 23

CHABOの恩返し

Posted by LSD at 23:59 / Category : Rock
CHABOの恩返し/Leyona with 仲井戸“CHABO”麗市@南青山MANDALAに行ってきました。
南青山MANDALA、初めてのライブハウスでした。
小綺麗だー。

。。。って感想書こうと思ったけど、ちょっと疲れたー
ので、また後日。
今回は詳細には書けないと思うけど、ライブはとっても良かったー。
Leyona、むちゃくちゃ可愛かった!

›2011- 7- 24

『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2011』

Posted by LSD at 23:0 / Category : 長澤知之
ALあー、今日が比較的ヒマでよかったー。
出かけなくてよかったー。
番組やってることに気がついてよかったー。
ということで、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2011』を観ました。
もちろん。小山田壮平 × 長澤知之(AL)がお目当てです。

ALは一度だけライブを観たことがあります。
長澤くんの重たさがいい感じに柔らかくなってけっこういいのです。
小山田くんのボーカルもいいしね。
ALだと、どちらかといえば、長澤くんがギター、小山田くんがボーカルって感じかな。
小山田くんのハンドマイクもALならでは、なのかな。

で、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2011』。
4曲、15分と短かったのがとっても残念でしたが、映像で、テレビで放送されるってのがともかくよかった。
レコード会社も事務所も違う(よね)二人がこうして同じステージに立って、テレビで流れるっていいなーと思います。
ライブもよかったなー。
小山田くんのボーカルがメインの曲が多かったけど、それはそれでよいのです。
長澤贔屓の私ですが、長澤くんの持ち歌「左巻きのゼンマイ」で高音コーラスのシャウトが聴けただけでも嬉しい。
にしても、長澤くん、さすがにコーラスうまいよなー。

小山田壮平 × 長澤知之。
この二人がこれから先、10年、20年も音楽シーンをかき回してくれることを祈ってるし、きっとそうなると思います。
佇まいからして、他の幾多のバンドとは違うと思うよ。
そして、そのうち、この二人の音源が、映像が、正式にリリースされることを祈ってるし、きっとそうなると思ってます。
むちゃくちゃ楽しみです。

曲リストはこんな感じです。
HAPPY BIRTHDAY
左巻きのゼンマイ
投げKISSをあげるよ
北極大陸

›2011- 7- 25

メガネ

Posted by LSD at 22:14 / Category : その他
私は目が悪い。
むちゃくちゃ悪い。
視力は左右ともに0.1ない。
普段は昼間はコンタクトをしていることが多いけど、コンタクトは、せいぜい15時間くらいが限界かなー。
なもんで、帰宅すると、メガネ着用だ。

で、今日はそのメガネをモトウチに忘れてきてしまった。
生活必需品の中の必需品、なモノを忘れてしまうとは。
ということで、まさに今、けっこう悲惨な状態。
これを打つにも、パソコンの画面から20cmほどのところまで顔を近づけてる次第。
すべてがぼんやりの世界。
うーん、キビシイなー。
コンタクトはもちろん、メガネは素晴らしい発明品だと思うよ。

とはいえ。
家の中で生活する分には、これでもなんとかなるかなーとも思い始めてる。
ま、なんとかなるもんだなー。

とはいえ、さすがにこの状態で外出はできない。考えただけでも恐ろしい。
ということで、さっさと寝よう。
あ、この生活があと5日間くらい続くのかー。キビシイ。

›2011- 7- 26

ここは

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
何気に夜景がとっても綺麗。
前にも書いたか、ま、いいや。
居候とはいえ、まさか、こんなところに住むことになるとは夢にも思わなかった。
ってくらい、綺麗。
(今はメガネ無しなんで、ぼんやりとして綺麗も何もない、んだけど)

高層だから、ってこともないけど、カーテンも閉めず、窓も開けっ放しだ。
開放的な気分になる。
精神的にもスゴクいい。

座り心地のよい椅子がないとか、机がないとか、諸々あるけど、それらを引き換えにしてでもいい。
ちょっと言いすぎか。
でも、これは考えちゃうなー。
元ウチは賃貸マンションの一階。
一度は空き巣に入られた。
窓やカーテンを開けっ放しなんてできないし、西向きだからほぼ一日中暗いし。

考えちゃうなー。
今までどうでもいいな、って思ってたけど、大切だなー、住環境。
しばらくは悩む、というか、いろいろ考えてみよう。と思う。

›2011- 7- 27

なんとまー

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
あっという間に7月も終わろうとしてるじゃないか。
こんなに早くていいのかね。
相変わらず、なにもしてないぞ。

4月からの特殊事情である程度しょーがないにせよ、わけもわからず走ってる感じがある。
映画も(観てないけど)、CDもライブもどこか上の空って感じだ。
よくないなー。
なんせ、今だって、何にもしてないのに木曜日の0時30分過ぎだしなー。

そうか。
なんだか今なんとなくふとわかったような気がした。
OnとOffがごちゃごちゃなんだな、きっと。
OnとOffって何だ、よくわからんけど、たぶん、そんな感じだろう。

ま、いいや。
今年いっぱいは慣れるのに心血を注ごう。
大げさか。
早く慣れることさ。だな。
このところちょっと涼しいのは助かる。
いい感じに支離滅裂だ。

いいな、支離滅裂。
今週で7月も終わりだ。

›2011- 7- 28

30年

Posted by LSD at 23:12 / Category : その他
ふと考えた。
30年は長いのか。
いや、短いなー。
あっという間だ。
なにしろ、30年前のことなど昨日の事のように覚えている。
中学だ。
その頃に考えていたことと、今思うことに大きな差はない。
趣味・嗜好も変わってない。
まるで昨日のことのようだ。

では30年後はどうだ。
おお、もうこの世にはいないかもしれないな。
なるほど。

と、考えると、ホントに人の一生なんて一瞬だなー。
確かに生活パターンというか、時間の過ごし方はずいぶん変わってるだろう。
パソコンが主流になって。
60年前とかいったらテレビもない?かな。
でも、思うことはそんなに変わらないと思うなー。
10年単位で物事を考えたり判断するのはやめたほうがいいんだろーな。
少なくとも100年単位で考えるべきじゃないかなー。

などと思ったりする夜。
涼しいような、それほど、涼しくもないような。
Prince “Little Red Corvette” カッコイー。

›2011- 7- 29

うむ

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
一日お仕事で、24時近くに帰宅という一日だとさすがに何も思い浮かばないなー。
何も思い浮かばないというか、頭が回っていないというか。
それは同じ意味か。

とりあえず。
まだまだJUNKLIFEにハマっているよ。
この半年でいえば、清志郎やRCを上回って聴いてると思う、長澤知之。
とっても面白い。
このユニークさはフツウじゃないよ。

ということで、今週が終わり。
あぁ、休日の内職が決まっちゃったんだな、そういえば。
ま、しょーがない。
日当たりの悪い部屋でがんばろう、一日だけね。
来週も超忙しそうだぜ〜

›2011- 7- 30

ウクレレ

Posted by LSD at 23:59 / Category : Kiyoshiro Imawano
UKULELE2000年に清志郎ウクレレが発売された。
ってことをふと思い出した。
当時、30周年のお祭りみたいな感じだったんだよな。
私は、今ほど、ハマってなくて、というか、ハマりつつあるときというか。
いや、もちろん、中学からずっとハマっていたけど。
あ、ズレた。

で、2000年の武道館も、どうだったかな、淡々と観ていたのかもしれない。
いや、その後の展開の方が刺激的だったし、興奮したからそんな印象になっているのかもしれない。

あ、ウクレレか。
その武道館コンサートが2000年3月3日、その後も4月4日に何らかのイベント、5月5日にも、6月6日も、、、って続いたんじゃなかったっけ。
その6月6日にウクレレが発売されたんだな。
3万8千円。
当時、というか、もう10年以上前なんだ。
当時、このお金を出すのはちょっと躊躇。

それにしても、このチラシの清志郎。
やっぱり若いなー。
ちょっとふっくらしてるし。

そんなことを思い出させてくれた、記念すべき日。
いい日だった。
ウクレレDays。

›2011- 7- 31

今日は

Posted by LSD at 22:51 / Category : Rock
Fuji Rock最終日だったんだなー。
SIONに斉藤和義、三宅伸治、それに詳しくはないけど外国人の方々。
ロックだ。

Fuji Rock。
何回参加しただろう。
ここで何度か書いてるけど、なんだかんだで6回くらいは行ってるんじゃないかな。
今年は、清志郎も参加しないし、チケット発売時の春先はバタバタしてたしで、参加する気がまったく起きなかった。
というか、忘れてたってほうが正しいかなー。
でもないか。

なにしろ、Fuji Rockは特別なのだ。
なにしろ、チケットが高い。
会場がばかでかい。
必ず雨に降られる。晴れると、あたりまえだけど、むちゃくちゃ暑い。
過酷なのだ。
駐車場から入口までも遠い。
泊まるところを探すのも苦労する。
モチベーションがよほど高くないと、私みたいなぐーたら人間は躊躇する。

それでも。
あの雰囲気は特別だよな。
私のFuji Rockの直接の参加動機は、もちろん、清志郎。
だけど、清志郎が参加してなくても、行きたくなってたもんなー。
今回の超魅力的なラインナップなしでも、楽しめるハズ。
私はオレンジコートで一日中寝そべってるだけでも満足。なハズ。

来年は本気で考えよう。
あの泥々でぐちゃぐちゃの世界に入り込むんだ。