›2006- 4- 2

ROLLING STONES/さいたまアリーナ

Posted by LSD at 23:54 / Category : ライブ
2日のROLLING STONES@さいたまアリーナです。席は、ステージ真正面、1階の10列めくらいと、まさに真正面にMickやKeithがいるなかなかよいところです。ドームと違ってそれほど遠くはないし。
ということで、この日のStonesも最高でした。やっぱりドームよりは音が良かったような気がします。リストは、初日のドームの流れがメインで、いくつか入れ替えがありました。「Wild Horses」はたぶん初めてだな~。この曲では、MickとKeithのコーラスの絡みがあって感無量。そうそう、最近のStonesのライブの不満といえば、Keithがコーラスしないことでした。映画『Let's Spend The Night Togeher』では、すごいかっこいーコーラスをKeithがきめているのに、しかもたくさん。いつからKeithは自分の曲以外はマイクに向かわなくなっちゃったんだろー。ともかく「Wild Horse」は良かった。
それと、やっぱり、最強「Midnight Rambler」。もう、鳥肌立ちまくり。なんなんだろう。R&Rを自在に操る、完全に自分の手中にしている、そんな感じがしました。ドームのときよりも良かったです。ということで、3回のStonesのステージで披露されたなかで、文句なくNo1です。ほーんと、かっこよかった。ここでもKeithとMickの絡みがありました。KeithがMickの肩に手を回すシーン、これだけでもう感涙。

ということで、とってもとっても満足なステージでした。
巷ではStonesのライブはこれで最後と言われてるような気がしますが、ぜんっぜん、OKです。まだまだ演れますね、Stonesは。前回来日のときより、バンドの音を重視っつうか、メンバーだけでがんがん曲を演るという印象があります。ホーンセクションも引っ込んでるときが多かったし。今回のライブのほうがぜんっぜん良かったです。
あー、また観たい。

›2006- 4- 3

新しい季節

Posted by LSD at 23:12 / Category : その他
4月ということで、新しい季節が始まった。期待と不安の新しい門出。とはいうものの、精神的に非情に疲れた。清志郎の「瀕死の双六問屋」を糧に、「どんな失望にも負けない」やら「君は特別さ 世界でただ一人の人」と思いたいところだが、どうにもこうにも通用しそうもない。まだ初日だけど、かーなり、世界が違うところに来ちゃったみたい。
うーん。なんとかなるかな~。負けそう。

ということで、「瀕死の双六問屋」の一節。

  暗い未知の世界は
  怖いって言うのかい
  みんなの後をついて行った方が いいって言うんだろ~
  それはフツーフツーフツー
  フツーフツーフツー
  フツーの人々が考えること

  君はフツーなんかじゃない
  君はフツーには見えない ぼくには
  君は特別さ
  世界でただ一人の人 Yeah
  世界でただ一人の人

›2006- 4- 8

なんとまー

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
新しい季節とか書いといて、もう1週間くらい経つのか。なんだかわりとHeavyでBlueな毎日だったな。今までが良すぎたんだと思うことにしよ。
ということで、「Soul Of どんと」をテレビで観ている。当日は3階の一番上の方の席だったから、出演者の表情なんてとーぜんさっぱりわかんなかった。今日は、はっきり見えるぜ。
だがしかし、やっぱりライブは生だよな~とこれまた当たり前のことを思う。UAのときは鳥肌モンだったけど、これを書きながらふつーに見えちゃうモンな。
ということで、この後10数分経てば清志郎の登場だ。楽しみ。

›2006- 4- 9

墓参り

Posted by LSD at 23:46 / Category : その他
今日は天気が良かった。自転車で出かけるかと思ったけど、風が強かったし、さすがにいきなり60Kmは無理だろうということでやめて、車で実家近くの墓参りに。
今も続く親不孝はいまさら謝ってもどーにもならないが、なんだろう、やっぱりちょっとは許してほしいという気があるんだろう。Blueなわりにヒマなとき、でもって快晴なんてときには、なぜかいつも墓参りだ。1年に1,2回しかないけれど。

›2006- 4- 10

やる気がでないなー

Posted by LSD at 23:28 / Category : その他
どーにもこーにもやる気がでない。ような気がする。
昼間は緊張してないフリしてるから疲れるんだろーなぁ。民主党小沢代表が自分のことを人見知り(だったか)と言っていたが、ほんとかな。
やる気がないかわりに、以外と体調がよい。これも何気に緊張しているからかもしれない。気が抜けると一気に風邪とかひくかもなー。

なんてことしか考えられない夜。明日雨かもなー。

›2006- 4- 11

なんだか寒い

Posted by LSD at 23:25 / Category : その他
なんだか寒いなー。たまらんなー。
とはいえ、なんとなく一筋の光が見えてきたような、そんな一日だった。
だがしかし、もう少し、違う方向にベクトルが向けば、もっとというか少しは良くなると思うんだがなぁ。これは長年にわたって積み重なってきた、慣習みたいなもんか。打破しようという雰囲気がいまひとつ。ここでこの雰囲気では、全体が変わることは相当難しい。
もちろん、自分をふりかえてみれば、まったく偉そうなことはいえないんだけど。

›2006- 4- 17

COUNTDOWN JAPAN 05/06

Posted by LSD at 23:40 / Category : Kiyoshiro Imawano
ナニワ・サリバンとCOUNTDOWN JAPAN 05/06の模様が土日でテレビ放送。どちらもよかったなー。ということで、今日は、「COUNTDOWN JAPAN 05/06」の簡単な感想。
2月19日放送された総集編のときとの違いは、「仕草」がなくなって、「Rock Me Baby」が入りました。

Rock Me Baby
雨あがりの夜空に
キモちE
JUMP

で、20分強の放送でした。 当日演奏された2曲目からの「RAZOR SHARP・キレル奴」、「IN THE MIDNIGHT HOUR」、「トランジスタ・ラジオ」、「仕草」、「スローバラード」といったところをすぱっと切った編集はちょっと安直かなーという気がしないでもありません。
それでも当日の会場の盛り上がりが伝わる編集でした。定番中の定番「雨あがり」の、特にこういったイベントでの盛り上がりは凄いモンがあります。25年以上前の曲が色褪せないというのは、曲のもつパワーが桁違いということなんでしょうか。
なんだかんだで、いつでも盛り上がるし、家で聴いても、もーいいやって感じにならないもんなぁ。

で、その前日に放送された麗蘭は、「時代は変わる」、「Get Back」の2曲だけ。それでも20数分。当日はあと1曲「R&R Tonight」が演奏されただけなので、テレビ放送としては上出来かなー。しかし、この選曲は前にも書いたような気がしますが、ちょっとなぁ。Chaboらしいんだけど。とはいえ、良いものは良いので、テレビの前で感動してました。

›2006- 4- 18

うーん

Posted by LSD at 23:42 / Category : その他
残業もせず、早めに帰宅しているのに、もうこんな時間。
とりあえず、二日連荘でまーぼーとーふを作る。今日は、別のものにしたかったが、ひき肉を使ったてきとーな料理が見当たらなかった。

ここんとこ、この数年、清志郎自らのアルバム以外に収録された楽曲をヘビーに聴いている。「サムライロックス」、「ひとつだけ」、「恋の門」、「乞食のパーティ」、「少年時代」、「ジライヤ」、「素晴らしきこの世界」、「サヨナラColor」、「愛の行方」といったところ。どれもこれも素晴らしく、これだけでもアルバム作っちゃってもいいんじゃないと思う。なかでも「素晴らしきこの世界」はいいなぁ。これ、全部の楽器を清志郎が一人で演ってるとは思えない出来栄えだ。というか、そういうこと抜きでも、曲を聴いているだけでなんだか泣けてくる。
「ジライヤ」もかっこいー。もちろん、最近の「ひとつだけ」も最高。陽水の「少年時代」も然り。

›2006- 4- 19

新ナニワ・サリバン・ショー

Posted by LSD at 22:10 / Category : Kiyoshiro Imawano
NHK-BSで放送された「新ナニワ・サリバン・ショー」。1時間30分、ほとんど100%清志郎の歌で編集されていました。うーん、満足。他の出演者のファンの方にはちょっと残念な構成だったかもしれません(特にすごい盛り上がりをみせた「グループ魂」)が、清志郎の特別番組ということでご理解いただきたい。って、何を言ってるんだ。

とはいえ、清志郎の歌った歌の全部が全部放送されたわけでもなく、また、他の出演者のすごく良かったところをスパッと切られたところは、やっぱり残念かな。ちなみに、その残念なところは、ハナレグミとの2曲(「君が僕を知ってる」と「サヨナラCOLOR」)が切られた、斉藤和義の「雪どけ」と「歌うたいのバラッド」が切られた、Chaboとの「いい事ばかりはありゃしない」が切られた、このくらいでしょうか。斉藤和義は、すごく良かっただけにほんとに残念。

だがしかし、4時間30分を1時間30分にまとめなければいけないということであれば、上出来です。なにしろ、こういう特別番組にけっこうな割合でついてくるインタビューがほぼゼロ、清志郎がメインの歌では途中カットなしという編集で、名曲ががんがんと放送されました。これは嬉しい。盛り上がります。歌と歌の繋ぎもわりと自然で、カメラワークっつうんでしょうか、それもよかった。

そうそう忘れてましたが、番組の始まりがまたすっごく良かった。真っ黒な画面に浮かび上がる白文字。

  みんなに聞きたいことがあるんだ。
  愛しあってるかい?

このオープニングはシンプルながら、むちゃくちゃ感動しました。

ということで、NHKのサイトからのパクリですが、放送された曲のリストです。
「ナニワ・サリバン・ショーのテーマ」
「トランジスタ・ラジオ」
「愛の行方」
「スローバラード」
「パープル・ヘイズ音頭」
「500マイル」
「ひとつだけ」
「パンチラ・オブ・ジョイトイ」  (ほんのちょっとだけ)
「芸術家」  (ほんのちょっとだけ)
「雪どけ」  (ほんのちょっとだけ)
「君が僕を知ってる」  (ほんのちょっとだけ)
「雑 踏」
「世界中の人に自慢したいよ」
「キモちE」
「JUMP」
「君が僕を知ってる」
「ドカドカうるさいR&Rバンド」
「雨あがりの夜空に」
「夜の散歩をしないかね」

›2006- 4- 20

変な天気

Posted by LSD at 22:36 / Category : その他
一日変な天気だった。朝、雨が今にも降りそうというか、起きたときは降ってたのでしょーがないからバスに乗って出勤。昼間、すんごい風と雨。タバコを吸う場所が水浸し。
1時頃かな、地震かと思うほど建物揺れる。あれは、地震だったのか、風だったのか、いまだに不明。
と思ってたら、いつのまにか、すんごいいい天気。だけど、バスで来ちゃったから、しょーがないからバスで帰宅。
と、そんな一日。

›2006- 4- 21

一週間が早い

Posted by LSD at 21:55 / Category : その他
それにしても早い。あっという間だ。
今日は、久しぶりに都心へ。ほんとに久しぶり、いや、仕事で行くのがだが。いただいた資料が重いということもあって、なんだかんだで疲れた。スイカがあるのに無意識に切符を買ってしまったりしたのも疲れからかなー。
ということで、金曜日だというのに、平日のどの日よりも早く寝てしまいそうな気配。

›2006- 4- 23

スウィングガールズ

Posted by LSD at 23:21 / Category : Movie
スウィングガールズスウィングガールズ

野球部の応援に行った吹奏楽部にお弁当を運んだ補習クラスの女子だったが、炎天下、チンタラ運んでいたせいで、お弁当は腐り、吹奏楽部は体調を崩してしまう。ひとりだけお弁当を食べなかった男子・中村は、即席吹奏楽部を作ろうと思いつく。責任をとらせようと補習クラスの女子を誘うが、吹奏楽をやるには人数が足りなかったため、ビッグバンドでジャズをやることに。でも女子たちは楽器などロクにやったことがなかった・・・。
Amazon

映画情報に疎い私ですが、この映画が公開された当時、けっこうな話題になっていたような気がします。で、スカパーで放送されたものを観ました。
いやー、よかったです。東北の片田舎で繰り広げられる青春モノで、全編にわたってジャズが流れてます。主役の上野樹里をはじめ、女子高生のいきいきとしている姿が気持ちいーです。お話はさほど凝ったものじゃないし、さほどお金がかかったものとも思えないけど、青春モノのお手本のような傑作です。
恋愛的なところは一切ありませんが(片鱗があるかな?その片鱗という程度がまたよい)、理由なく夢中になれるもの、ときがある、そのまさに旬な時を切り取って映像化したといった感じでしょうか。お勧めです。

›2006- 4- 24

SIONのライブ

Posted by LSD at 23:3 / Category : SION
SION自身のサイト「うりきち」のURIKICHI NIKKI や掲示板によると、23日、SHIBUYA-AXのライブがなんだかよかった模様。
やっぱり行けばよかったなー。
Stonesのライブが続いたことや、これからアラバキ、Music Dayが控えていたりして、ついつい億劫になってしまった。AXなのに椅子席だったこととか、バックにMogamiがいないこととか、そんなことも行かなかった要因なんだけど。Chaboと競演した2月のライブは、すんごく良かったしな~。あー、失敗した。

›2006- 4- 25

Profile

Posted by LSD at 22:16 / Category : その他
ふと思いたって、ここに「Profile」なるものを載せてみた。
すんごい量のスパムが嫌で、メールアドレスは本編サイト「Long Slow Distance」トップページでも画像にしているのだが、ふと思いたって、検索してみたら、何気に回避できることがわかった。なもんで、メアドをテキストで表示してみた。

で、その回避策で参考になったページは、ここ(メールアドレスロボット対策)。

›2006- 4- 26

今年の清志郎

Posted by LSD at 23:43 / Category : Kiyoshiro Imawano
6月からの清志郎の動きがさっぱり見えない。発表されてないからだけど、もう一月ほど先のスケジュールがぜんぜん見えてないというのは、この数年、このサイトを開設してからはじめてのような気がして、なんとなく不安。ふぁんの勝手な不安だが、今年はツアーはないんだろーか。Fuji Rockはどーなんだ?

と、ここまで書いて、そういえば、RSRは出演するんだっけと気付く。だけど、ちょっと遠くてねー。北海道は。

それにしても、アルバムはでないのかなー、ツアーはないのかなー。
清志郎って、昔からレコーディングの情報とか流れてこないような気がする。唐突に発売されるようなそんな感じ。ロックロール研究所ができる前から、勝手にレコーディングしたとかいう話もあったしなー。「シングルマン」もそーだっけ。

と、そんなことをつらつら考える4月最後の水曜日。

›2006- 4- 27

堀江元社長

Posted by LSD at 22:9 / Category : その他
堀江元社長の保釈劇の中継をついつい見てしまう。他に放送するニュースがあるんじゃないのと思いつつ、NHKは保釈するまで40分も中継していた。
アナウンサーは「堀江元社長、堀江元社長」と連呼していたが、すんごく言いづらそうだ。
ホリエモトシャチョウというより、ホリエモンと言っちゃえばいいのに。

›2006- 4- 28

明日はArabaki

Posted by LSD at 21:57 / Category : その他
明日はArabakiだ。思えば、去年は直前に体調を壊し、泣く泣くキャンセル。清志郎のステージでは、ヒロトや奥田民生が共演したと聞いて、ますます泣いた。
Arabakiは、2001年の第1回のとき、Love Jetsを観たよなーと思ったら、2001年はSION観たさに出かけたんだ。エレカシはこのとき初めて観た。で、翌2002年「多賀城ブルース」で、Love Jets、Harry、斉藤和義、Leyonaを観たのだ。このときのHarryは良かったな~。斉藤和義をかっこいーと思いはじめたのもこのArabakiがきっかけだったかも。

思えば、Arabakiはこの2002年以来だ。ほー、4年ぶりか。早い~。

毎日のように天気予報は予報を変えてくるけれど、とりあえずはなんとかもちそうだ。久しぶりに車で遠征だ。楽しみ。

›2006- 4- 29

ARABAKI

Posted by LSD at 23:16 / Category : ライブ
アラバキ初日に行ってきました。結局、いつもと同じで、出発が遅れて、到着が6時過ぎ。
とりあえず、久しぶりの清志郎、いつものように良かったです。一発目に「JUMP」とは以外でした。印象に残ったのは、「ラプソディ」、「いい事ばかりはありゃしない」、「デイ・ドリーム・ビリーバー」といったところでしょうか。
最後の「雨あがり」では宮沢和史とかモンゴルとかもステージに登場。超盛り上がりました。清志郎は、「今日は初日だからアンコールはないと言われた。主催者には悪いがやらせてもらうぜ」とか言ってたかなぁ。
天気は良かったですが、寒かった。。だがしかし、ライブが終わった後の夜桜がとても綺麗で、気持ちいい一日でした。満員のお客さんもみんな満足していたと思います。

›2006- 4- 30

ARABAKI2日目

Posted by LSD at 16:32 / Category : ライブ
ARABAKI2日目、チャボバンドを観る。お客さんが少なくて、ちょっと寂しい感じでしたが、チャボらしいライブでした。
「アメリカンフットボール」、「花園神社」、「フリータイム」といった曲を30分強、やりました。
なにはともあれ、チャボのギターは、かっこよかった。
ただいま、帰宅途中の高速のサービスエリア、あと3時間くらいはかかるかな〜
とりあえず満足した2日間でした。