›2005- 12- 1

The Day of R&B/RCサクセション

Posted by LSD at 20:23 / Category : Kiyoshiro Imawano
The Day of R&B/RCサクセションThe Day of R&B/RCサクセション

Amazon

初CD化されたばかりの「The Day of R&B」を聴きました。LP(レコード)は持っているのですが、出し入れがめんどくさくて聴く機会が少ない音源でした。
で、一聴、おー!よい!!
こりゃ、いいや。すごいかっこいーです。RCは「君が僕を知ってる」、「スローバラード」、「Sweet Soul Music」の3曲だけの収録ですが、どれもライブ音源としては最高の位置にあるように思えます。なかでも「君僕」が最高かな~。ソウルフルなRCの魅力がビンビンに伝わってきます。清志郎の気合もガンガンに感じます。

このライブの完全版がホントに聴きたいですね。Rhapsodyネイキッドをも凌ぐライブ盤になるような気がします。

›2005- 12- 2

世の中が悪くなっていく

Posted by LSD at 23:6 / Category : その他
なんだかなぁ。この数日のニュースは異常だな。偶然なのか、今の状態がフツウになってしまったのか。数ヶ月前に、今の小学生は放課後に校庭で遊べない(学校が遊ばせない)というのを聞いて、異常だなと思ったけど、なんだかな。放課後、子供たちだけで遊べない、遊ばないというのが今のフツウになってるのかな。

›2005- 12- 3

谷中霊園の4

Posted by LSD at 23:52 / Category : Nora
久しぶりに谷中霊園に行きました。野良猫の写真を撮りにというより、自転車でいってみようと思い立ったからです。ということでどちらかといえば自転車メインの気分だったのですが、着いてしばらくふらついていると、木の上に登って寝そべっている猫を発見。びっくりしたのですが、とてもおかしかったです。窮屈そうな感じながら、すっぽり木の幹にはまっています。彼(彼女?)はどうしちゃったんでしょう。彼の周りには猫が3匹くらい居ましたが、他の奴はおとなしく地べたに座ってました。

と、そんなこんなでなかなか楽しかったのですが、いざ帰ろうとしたとたん、急激に体調が悪化。風邪かなぁ、やっぱり。家にたどり着けるか、ほんとに心配でした。帰宅後、もう5時間くらい経ってますが、どうもいまいち、というか最悪に近い。まいりました。

猫の写真はこのほか、こちら(ニコン オンラインアルバム)にアップロードしています。

›2005- 12- 5

野ブタ。をプロデュースを観た

Posted by LSD at 23:28 / Category : その他
久しぶりに連続テレビドラマを毎回欠かさず観ています。清志郎が出演しているということもありますが、なかなかお話が面白い。先週の土曜日は、たぶん、このドラマの一つのハイライト。起承転結でいえば、「転」といったところでしょうか。
主人公は誰にでもよい顔をみせて人気者でいながら、誰一人として信じていない実は寂しい人間です。いじめられっこを人気者に仕立てるということを影で操るというちょっと嫌な側面も持ってたりしますが、根はいい奴です。そんな主人公が、同じような嗜好の奴にはめられて、自らがいじめられっこになってしまう、そのときこの主人公はどうする?といったところが今までのおおまかなあらすじ。
主人公といじめられっこ、そして一緒にプロデュースをやっている友達。「こいつらだけには信じてもらいたい」だっけな。こういう台詞には弱いです。ぐぐっときちゃいました。「君が僕を知っている」の世界ですね。

ということで、清志郎がきっかけで観始めたこのドラマ。かなりの傑作というところまでいきそうな気配です。そろそろクライマックスと思われますが、楽しみです。
清志郎も和服姿でいい味だしてます。

›2005- 12- 7

あかぎれ

Posted by LSD at 23:58 / Category : その他
最近、それほどひどくはないものの、あかぎれができてちょっと困っている。手の皮?はわりと丈夫なほうで、今まで洗剤をどれほど使おうが全然平気だった。で、しょーがないので、昨日あたりから初めてゴム手袋をはめて皿洗いなんぞしている。そういえば、昔、母親が使っていたような遠い記憶がある。いまいち、汚れが落ちているかわからなくて、しっくりこない。
それにしても、あかぎれとはな~。歳かなぁ。

›2005- 12- 8

John Lennon

Posted by LSD at 23:5 / Category : Rock
今日は仕事に行っていた時間を除いて、John Lennonを繰り返し聴いている。まぁ、毎年の恒例行事みたいなものだ。John Lennonは、大ファンというほどではないような気がする。なにしろ、すべてのアルバムを聴いたわけではないし。だけど、スピーカーから流れるJohnの声はとても優しい。そう、優しいという表現が一番しっくりくる。この声が大好きだ。

John Lennonといえば、去年の清志郎のクリスマス・ライブでのアンコールのときを思い出す。大きなキャンドルに囲まれて、ギター一つ抱えた清志郎が、ささやくように、こう切り出した。
 メリー・クリスマス
 戦争は終わった
 世界中は平和になったんだ
そして、清志郎版「イマジン」を歌った。

John Lennonが生きていたら、今の状況をどう思うだろう。
これも10月のJohn Lennonスーパー・ライヴのときの清志郎の言葉だが、ほんとにそう思う。

›2005- 12- 10

衝動買いに拍車

Posted by LSD at 23:9 / Category : その他
なんだかなーという日々がちょっと続いて衝動買い。とうとうAVアンプ導入、さらに5.1ch環境に(まだスピーカは届いてないけど)、なんかもっと購入した気がするんだけど、こんなもんだったかなぁ。
とりあえず、新しいAVアンプの音に感動。音場プログラムを通しているので、本来の音じゃないんだけど、その臨場感と効果が目新しくて、よいです。

›2005- 12- 11

衝動買いに拍車の続き

Posted by LSD at 23:27 / Category : その他
昨日は衝動買いとかなんとか書いたが、その後、今日の朝5時近くまでネットをうろつき、スピーカのケーブルやらなんやらを購入。で、昼12時に起床、三度、ネットからCDラック(というか収納ボックス)やらなんやらを購入。
予定していたことはすべてキャンセルだ。うーむ。
考えてみると、来週の土日を越えちゃうと、何気にライブ三昧の日々に突入だ。とりあえず、体調に気をつけて過そう。

›2005- 12- 12

野ブタ。をプロデュースを観た 第9回

Posted by LSD at 22:43 / Category : その他
先週、ぐぐっと盛り上がった「野ブタ。をプロデュース」、第9回を観ました。若干、テンションが落ちたかなという気もしないではありませんが、なかなかでした。すっかりクラスの連中から無視されまくりの主人公がいじめられっこ(野ブタ)を学校に復活させるのに、頭を下げて、なんだっけな、「(クラスの連中に)俺の言葉が届かないと思うと凄く怖い」とかいう台詞はたまりません。
4人が放課後に唐突に居眠りしちゃって、同じ夢を見るというシーンがハイライトとしてあったのですが、これはさすがに強引過ぎだよなぁ。もうちょっとうまい落としどころがあるような気がします。
清志郎は、唐突に夜の学校で、誰かを待ちつづけるというシーンに登場。物語には直接関係ありませんが、真夜中の着物姿がかっこよく印象的でした。

さて、来週がとうとう最終回。ちょっと大波が過ぎちゃった感があるこの物語をどのようにまとめるのか、興味があります。

たまーに、ネットに溢れているこのドラマに関連するブログ等に「主人公がハリー(スライダーズ)に似てる」という記事を見かけます。確かに、あの爬虫類系の顔は、ハリーにちょっと似てるかも。いや、けなしているわけではなく、かっこいーという意味です。

あー、そういえば、再来週くらいのハリーのライブは、やっぱり行けないなぁ。残念。

›2005- 12- 13

フローリング用お掃除ロボット 新型ロボモップ

Posted by LSD at 23:26 / Category : その他
フローリング用お掃除ロボット 新型ロボモップフローリング用お掃除ロボット 新型ロボモップ

ボールが回ってフレームが走行、付属のダストシートがほこりを拭き取ってくれる、ユニークなお掃除ロボット。タイマーを装備しているので、不在時などにも対応する
●ほこりも髪の毛もしっかり吸着、専用ダストシートは清潔な使い捨て型、ベットの毛も逃さない
●空気も汚さず、騒音もないので夜中でも赤ちゃんが寝ていてもお掃除OK

Amazon

このところの衝動買いの商品の一つがこれ。よく知らなかったんですが、ホンモノというか、もっとちゃんとしたお掃除ロボットがあって、それは4万くらいするのかな、で、これは4500円くらい。まぁ、冗談のような気分で購入しましたが、箱をあけてあまりにちゃちいのにびっくり。
まー、でも冗談だからと充電してフロアリングに置いてみると、なかなかの動きをするじゃありませんか。週に一度のワイパーでさえめんどくさい、掃除機なんて手にとることさえ面倒なんて人(私)にはぴったりです。ホコリ取りの効果も、完璧さえ期待しなければ充分。
ロボットというには程遠いですが、ころころ動く姿も可愛らしく、猫でもいればきっと喜ぶだろうななんて思います。

›2005- 12- 14

Posted by LSD at 22:40 / Category : その他
今年はライブドアやらフジテレビやらTBSやら楽天、それに東証などなど、なんだか株に関するニュースが多かったような気がする。
唐突だが、私は株にまったく興味がない。というか、わからない。わかろうとも思わない。なもんで、どうでもいいっちゃどうでもいいんだけど、なんだかな。
虚業の最たるものという感じがして、どうも嫌な感じだ。そこには創造性があるのかな。
宝くじも興味がないから買わないけれど、宝くじのほうがまだ夢があるような気がするなぁ。似たようなもんか。

›2005- 12- 17

野ブタ。をプロデュースを観た 最終回

Posted by LSD at 22:40 / Category : その他
久しぶりの連ドラ鑑賞「野ブタ。をプロデュース」最終回を観ました。お話的には先週で一段落、今週は後日談的な感じでしたが、主人公が引越したあと、野ブタが「笑えるようになったよ」と空に向かって泣き笑いの表情を浮かべるところは感動でした。
あとは、なんだったかな、素直に自分の思いを語り合う主人公と野ブタ(未だに二人とも名前を覚えられないのですが)の場面もよかったです。下町の豆腐屋の2階というのが、よいシチュエーションでした。
しかし、最後のほうの主人公の独白「人生はゲーム云々~」というのは、要らなかったような気がするなぁ。最後までかっこよくということなのでしょうか。

清志郎が出演しているということで見はじめた番組ですが、テレビドラマとしては面白かったと思います。主人公と野ブタは、なんかこれからの可能性を感じさせました。特に野ブタは、よい女優さんになりそうな気配、というか、もう超売れっ子なの?

今日の清志郎は、なぜか神主。実家が神社というのは、唐突だよな。それでもいつもに増して、出番はあったかも。和服姿の清志郎はやっぱりかっこいーです。

›2005- 12- 18

AVアンプ/YAMAHA DSP-AX160

Posted by LSD at 23:53 / Category : その他
YAMAHA/AVアンプ DSP-AX1600AVアンプ/YAMAHA DSP-AX160

音と映像に新次元のスタンダードを! 「音」を極めたスペシャルチューンド7.1chDSP AVアンプ!
高音質と臨場感を妥協なく追求したハイパフォーマンスAVアンプです!
DVDの映画から音楽CDに至るまで、あらゆるソフトをより高品位に再生します!

【楽天市場】ホームショッピング

このところの衝動買いの出発点のAVアンプです。今まで使っていたアンプはAVアンプではなかったものの、DVDやらパソコン(iTunes)やらビデオなんかをセレクタでもってテキトウに使っていました。あまりにフクザツな配線でどこをどうすればこの映像が見られるのかダビングできるのかわからず状態。ということで、ここ数年、事あるごとになんとかしようと思っていたのがAVアンプ。それでも元のアンプは、音はちゃんと出るし、20年くらい使っているのになかなか壊れもしない。

が、ふとこれが良いんじゃないという天の声が聞こえてきて、2週間前くらいに購入。とりあえず、AVセレクタとしても快調(あたりまえ)。音的には、音場プログラムという、たぶんマニアの方からすると邪道だと言われそうですが、その音場プログラム(iTunesには「The Roxy Theatre」を使っています)が良くて、臨場感がたまりません。「The Roxy Theatre」は、YAMAHAのサイトによると、
L.A.にあるロック系ライブハウス(約460席)。客席中央左寄りの音場です。
となっています。

この音に慣れちゃうと、もう元の環境というか、『CDやスーパーオーディオCDなどの2chステレオソース(アナログ/PCMデジタル)を最高品位で再生するピュアダイレクトモード』で鳴らす気にもなりません。
ということで、なんだかすごいよい買物をしたと思っています。調子に乗って、スピーカも追加購入してしまったくらい気に入っています。

明日からは気が向けば、スピーカも紹介します。
ちなみに、購入先の【楽天市場】ホームショッピングは、調べた限りでは一番安く、北海道のショップでありながら送料無料でこれまたよかったです。

›2005- 12- 19

フロントスピーカー/BOSE 111AD

Posted by LSD at 23:56 / Category : その他
BOSE スピーカー 111AD
スピーカー/BOSE 111AD

数々のボーズ・テクノロジーを結集した11.5cmフルレンジドライバー
歪を抑え豊かな低音再生を実現するエアロダイナポート
ハードな使用にも応えるピークパワー150Wの高耐入力設計
設置場所を選ばないコンパクト外形寸法

BOSE 【楽天市場】デジ電ランド

使い方を間違っているのかもしれませんが、5年位前から使っているこの「BOSE 111AD」というコンパクトスピーカーをフロントとして継続して使用しています。何はともあれ、「BOSE」というロゴがかっこいー。音のよしあしは正直よくわかりませんが、アンプからメインではないほうの出力として同時に使用しているYAMAHAのコンパクトスピーカーと比べると、音が柔らかいような感じがします。
とりあえず不満なところはないので、まぁいいかと。

ちなみに、5年前の購入はオークションだったのですが、センターとサラウンドスピーカーを購入した【楽天市場】デジ電ランドを紹介しておきます。このショップもこのくらいの商品ならば送料無料、でもって、楽天のなかでは最安値じゃないかと。
【楽天市場】デジ電ランド

›2005- 12- 20

センター・スピーカー/BOSE 33WER

Posted by LSD at 22:13 / Category : その他
BOSE センター・スピーカー 33WERセンター・スピーカー/BOSE 33WER

高音質とマルチユースを両立させた小型高性能スピーカー
55WERの血筋を継ぐ、スペース効率の高いスリムでコンパクトなアルミボディ
効率的な低音再生を実現する「Sレゾナンス・ガイド」
理想的な音響特性を実現する独創の「レゾナンス・マトリクス」
縦置き、横置きのどちらでも使用可能な広い指向性

BOSE 【楽天市場】デジ電ランド

センター・スピーカーはこれにしてみました。特にこだわりはなく、ただBOSEのなかでは安いという理由のみです。とりあえず21型というさして大きくないテレビの上に設置する分には、まったくもってちょうどよく収まっていて、いい感じです。まだ、映画なんかをDVDで観たりしていないのでその性能はわかってないです。
ちょうどよく収まったってだけで満足。

これも【楽天市場】デジ電ランドで購入です。
【楽天市場】デジ電ランド

›2005- 12- 21

サラウンド・スピーカー/BOSE 161B

Posted by LSD at 22:38 / Category : その他
BOSE スピーカー 161Bサラウンド・スピーカー/BOSE 161B

より小型で美しいラウンドフォルムと高音質再生を両立したスピーカーシステム
豊かな低音再生を実現する新開発の6.0cmフルレンジドライバー
リスニングアリア全体に均一な音楽再生を実現するステレオエブリウェア方式
AV機器との組合せによる多目的活用が可能な防磁仕様

BOSE 【楽天市場】デジ電ランド

サラウンド・スピーカーはこれ。BOSEのサイトに「サラウンドリアに最適な」とあったので、まーいいかと。というか、BOSEのなかではやっぱり安いのです。
で、実物はフロントに使っているBOSE 111ADよりも横幅が大きかった。これはどちらかといえば、BOSE 111ADをフロントというのが間違っているような気がします。
音的には、これまた、まだサラウンドとしてはほとんど使ってない(ちょっとは音が出ているのですが、そもそも2ch音源なので)ということで、いまだ不明。
ま、とりあえず揃えたぞという感じ。

これも【楽天市場】デジ電ランドで購入です。
【楽天市場】デジ電ランド

›2005- 12- 22

山下久美子ライブ

Posted by LSD at 23:11 / Category : ライブ
山下久美子のライブに行ってきました。特にふぁんというわけでもなかったのですが、思いのほか楽しめました。特にライブ前半、初期の頃のR&Rをガンガンやってくれた時は、最高でした。総立ちの久美子と言われてただけのことはあるなぁと。
ライブ後半からはゲストが登場、1曲づつ歌っていきました。吉川こうじ、背が高ぇ。
清志郎はラス前に、いつものどハデな衣装で登場。新しいアルバムでデュエットしている曲をやりました。ブルースハープがかっこよかったです。1曲だけだったのが残念でしたが、お客さんの反応はよかったですね。
ということで思いのほか良いライブでした。山下久美子の双子のお子さんも最初と最後にステージに上がってきました。五歳ということで、とても可愛いかったです。

›2005- 12- 23

麗蘭のライブ

Posted by LSD at 23:57 / Category : ライブ
麗蘭ライブ@渋谷AXに行ってきました。何気に、イベント以外の仲井戸Chabo麗市のライブに出かけるのは初めてでした。Chaboのライブを避けてたわけでもないのですが、タイミングというか、ライブがどうも長そうでというほとんど意味のない理由からかな?
麗蘭は確か昨年のFuji Rockが初めて、そこで無茶苦茶感動して、Countdown Japanでも感動して、今年の清志郎の35周年記念ライブ@パルコのChaboのプレイにまたしても感動して、さらに5月の大阪イベントの麗蘭も凄くよくて、という流れから、とうとうワンマンに行く気になりました。こうやって書いてみると、けっこう観てるかも。
で、本日のライブ、アンコール含めて3時間強でしたが、これが良かった!Chaboはほんとに変わらないよなぁ。姿かたちのかっこいーギタリストNo1だと思います。もちろん、プレイも最高。特にスライドがよいです。土屋公平も独特のフレーズがかっこいー。
印象に残っているのは、やっぱり、「R&R Tonight」、これはいつ聴いても泣いちゃいます。あとは、「あこがれの Southern Man」とか「時代は変わる」でしょうか。決してPOPなわけではなく、ノリのいいR&Rばかりでもなく、麗蘭の世界としかいいようのないステージでしたが、ほんと良かったなぁ。
もうちょっとファーストアルバムからの曲が聴きたかったけど、充分、満足のライブでした。機会があれば、また出かけようと思います。

›2005- 12- 24

サブウーファー/パイオニア S-W22

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
パイオニア防磁設計パワードサブウーファーS-W22パワードサブウーファー/パイオニア S-W22

16cmユニット+100Wアンプによるパワフル重低音
オートパワーON/OFF機能搭載
2台以上の接続も可能な出入力端子装備

パイオニア 【楽天市場】ババデンキ

サブウーファーは、重低音が響き渡るのがそれほど好みではないこともあって、ともかく安いものを探してこれにしました。5.1chの入門篇としては妥当なところかなという気がします。
とりあえず、ベースの音がブンブン鳴ってます。最初は、おー、臨場感があるなぁなどと思いましたが、そのうちどうもいまいちに聴こえてきて、今は、けっこう抑え気味にしています。
とはいえ、これがあるとないとでは、やっぱりちがう。ということで、気に入りました。

これは、ともかく安いところということで、【楽天市場】ババデンキから購入しました。

›2005- 12- 25

X'mas 35/忌野清志郎

Posted by LSD at 23:55 / Category : ライブ
X'mas 35@渋谷AXに行ってきました。すんごい数のお客さん。空気薄いし、お客さんの汗?の水蒸気が見えたような気がしましたが、気のせいでしょうか。そう、今年最後(Countdown Japanもあるけど)のライブに相応しい、すんごく盛り上がったライブでした。
今年の清志郎のライブというと、声の凄さが増したことが印象に残っていて毎回凄いなと感動してましたが、曲のリストが固定していたような気もします。で、今日は、またしても清志郎の声はもの凄く、特に、3回目(!)のアンコールで演ったオーラスの曲の「世界中の人に自慢したいよ」が一番声に張りがあったんじゃないかってくらいでした。ほんとに凄い人です。
で、リストですが、今日は変えてきました。「GOD」からの曲が減って、RCや昔のソロの懐かしめのナンバーが増えました。そんななかで印象に残っているのが、「恐るべきジェネレーションの違い」、「自由」かな。さらに、驚いたことに本田美奈子への提供曲「あなたと熱帯」を披露。めずらしい~と思いましたが、本田美奈子の死というのは、清志郎も相当ショックだったのかもしれません。「俺より若いやつは俺より先に死ぬな」といったことを言ってたのが印象的。「あなたと熱帯」は、イントロはなんだか歌謡曲みたいだな~などと思いましたが、それはイントロだけで、かなり、ロックでソウルな曲でした。先日の麗蘭のライブが頭に残っているからだと思いますが、「ハーレム・シャッフル」をホウフツさせ、かっこよかったです。
でもって、今日の鳥肌&涙は、「スローバラード」に前述の「世界中の人に自慢したいよ」、それに「雑踏」だったかな。バラードがぐさっときました。

それにしても、冒頭に空気が薄いと書きましたが、会場が熱い熱い。清志郎もアンコール登場時だったかな、酸欠だみたいなことを言っていたような気がして、その後に、なんか会場に空調が入った気配を感じました。遅いよ~と思いつつ、それで朦朧としていた頭が持ち直しました。清志郎の一言が効いたのかわかりませんが、あれは助かったなぁ。倒れた人も居たようなので、マジ、キビシイ状況だったと思います。いや、すんごい盛り上がったライブでよかったのですが。

ということで、今日のライブは全体的にMCが減って(キヨシねたがなくなりました)、もう、がんがん曲を演ったという感じでした。パワーソウルっつうか、ともかく、パワーです。清志郎のパワー底知れず。ほんとに100年経っても死なない男なのかもしれません。ほんとに凄い人です。3時間弱のライブだったかな、もう、お腹いっぱい、大満足の夜でした。

›2005- 12- 26

2005年 本

Posted by LSD at 22:2 / Category : BOOK
気付いたら、2005年もあと6日。ということで、唐突にこの1年を振り返ります。
まずは本。今年は、さっぱり本を読まなかったような気がします。読んだ本はここに感想を書いているはずなので、カテゴリーを見返してみると、7冊だけ。
それでも、瀬尾まいこに出会えたのは幸せだったと思います。彼女の小説は、軽い文体で読みやすいのですが、死をテーマとしていることが多く、考えされられるとともに泣けます。まだ買ったまま読んでいない小説が2つあるので、それも近いうちになんとか読もう。
あとは、これまた買ったまま読んでいない多くの小説のなかで、荻原浩。3年位前にファンになって、その頃出版されていたものは全部読んだはずなのですが、知らないうちに、かなりの数の小説が発表されていました。3年前と比べてもずいぶんメジャーになった感があります。これも近いうちに読もう。

で、7冊のなかからベストを選んでも、まったく意味がないと思いますが、とりあえず、「卵の緒/瀬尾まいこ」を推します。そのなかでも「7’sblood」が最高でした。

›2005- 12- 27

2005年 熱帯魚、DTM、自転車、野良猫

Posted by LSD at 17:7 / Category : その他
今年もなんだかんだとちょっとずつ新しいことに手をつけては、それにずっぽりはまることもなく、かといってまったく飽きたわけでもなくという、いつもながらの中途半端な年でした。
まずは、昨年の12月くらいからはじめた熱帯魚。当初は、コリドラス・パンダ3匹、プラティ5匹、ヤマトヌマエビ9匹という構成でしたが、プラティは子供が2匹生まれたものの、結局全滅、ヤマトヌマエビとコリドラスはそれぞれ原因不明で一匹ずつお亡くなりに。あまりに寂しいので、11月にエンゼル・フィッシュ2匹を追加。と流れていき、現在は、コリドラス・パンダ2匹、エンゼルフィッシュ2匹、ヤマトヌマエビ8匹が水槽にいます。
プラティの全滅を考えると、どこか飼いかたに問題があるような気がしてきますが、コリドラスは元気そのもの、エンゼル・フィッシュも餌の食いつきがいまいちではありますが、とりあえず元気なので、まーいいのかなと。初めての熱帯魚飼育にしては、成功しているといってよいのかな。コリドラスは観ていてほんとに可愛くて、ユーモラスです。たまらないですね。

続いて昔ちょっとはまっていたDTM(DAW)。久しぶりにその熱を復活させて、バカ高いソフト(SONAR)にインタフェースに、専用のPCまで揃えてしまいました。衝動買いの極致。3月から5月にかけては、かなりがんばりましたが、それ以降は・・・。原因はドラムです。どうにもこうにも、これ!といった感じにならず、MIDIで一から打ち込むほど根気もないし、テクニックもない。言い訳のような気がしないでもないので、ヒマをみてまた再開しよう。

さらに自転車。完全に清志郎の影響ですが、もともと虚弱体質なので、それほどがんばれません。9月以降、休日にちょこちょこ乗ってはいましたが、12月3日の体調大崩から遠ざかってしまいました。なにしろ、今寒いしねぇ。これも完全に言い訳なので、ヒマをみて再開しよう。とりあえず、自転車は思いのほか、楽しいということがわかったので、それだけでもよかった。ちょっとだけ、ちがう世界を垣間見ることができたような気がします。

あとは、野良猫。というか、猫の写真をがんばって撮りに出かけました。1年間で5回くらいは行ったかなぁ。Panasonic「DMC-FZ5」というデジカメを購入したのがきっかけです。「FZ-5」は、当初、「一眼デジカメ」と勘違いしてました。使いやすいし気にいっているので、どうでもいいっちゃどうでもいいのですが。つい最近、一眼デジカメで天体写真が撮れるという記事を見て、かなり本気でもうひとつステップアップ(というか衝動買い)しちゃおうか迷いましたが、止めました。さすがに、そこまで手を広げられないかと。

と、こんな感じの1年間。充実してたのか、不完全燃焼なのか、微妙なところです。

›2005- 12- 28

2005年 CD

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
今年新たに購入したCDを列挙してみる。こんな作業をするのにもiTunesはかなり便利。
Deep Purple : Made In Japan
Deep Purple : Machine Head
Deep Purple : Deep Purple In Rock
Howlin' Wolf : Howlin' Wolf: His Best, Vol. 2
Ian Dury & The Blockheads : Do It Yourself
Johnny Thunders : Live In Japan
MOJO CLUB : 社会復帰
Otis Redding : In Person at the Whisky a Go Go
Otis Redding : The Dock Of The Bay
RCサクセション : The Day Of R&B
RCサクセション : Rhapsody Naked
RCサクセション : Greatful Days The Rc Succession 1981-90
RCサクセション : Wonderful Days The Rc Succession 1970-80
SION : Sion '98>'03
SION : 東京ノクターン
Sionと福山雅治 : たまには自分を褒めてやろう
The Rolling Stones : Live Licks
The Rolling Stones : Rarities 1971-2003
The Rolling Stones : Bigger Bang
The Who : Odds & Sods
The Who : Tommy
The Who : The Who Live At Leeds
The Who : Odds & Sods (Original)
サンボマスター : 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
サンボマスター : サンボマスターは君に語りかける
ハナレグミ Featuring 忌野清志郎 : サヨナラColor ~映画のためのうたと音楽~
ワタナベイビー : 坂道
井上陽水 : 氷の世界
忌野清志郎 : 仕草
忌野清志郎 : GOD
忌野清志郎 feat. RHYMESTER : 雨あがりの夜空に 35
忌野清志郎 with 井上陽水 : 愛を謳おう
忌野清志郎&仲井戸麗市 : Happy Birthday, John
坂本冬美 : Oh, My Love ~ラジオから愛のうた~/幸せハッピー
三宅伸治 : 旅路
山下久美子 : Duets
斉藤和義 : 素敵な匂いの世界
斉藤和義 : 弾き語り 十二月 in 武道館~青春ブルース完結編~
斉藤和義 : Collection B
斉藤和義 : ジレンマ
斉藤和義 : やわらかな日
斉藤和義 : Because
斉藤和義 : FIRE DOG
斉藤和義 : WONDERFUL FISH
斉藤和義 : 青い空の下…
仲井戸麗市 : Chabo's Best Hard & Heart - Hard編
仲井戸麗市 : Chabo's Best Hard & Heart - Heart編
東京事変 : 修羅場

シングル、アルバムあわせて48枚(iTMSからの購入含む)であった。何気にけっこう買っている。斉藤和義をほぼ全部そろえたところが大きい。
さて、このなかからベストを選べと言われたら、もう即座に「GOD/忌野清志郎」だ。「KING」に続いて、また傑作アルバムが聴けて、ほんと嬉しい。とにかくすんごい好きなアルバムで、むちゃくちゃ聴いたと思う。iTunesの記録を見ると、現在までに「JUMP」の178回を筆頭に、一番聴いていない「わからず屋総本家」でも132回だ。これはけっこう凄いんじゃないか。聴いた回数はどうでもいいが、ともかく「GOD」は飽きません。もう断言しちゃおう、そして、もう一回言おう。「GOD」は傑作だ。

次点としては、SIONの「東京ノクターン」だなー。アコースティックな味付けに戻ってはいるけど、なんか深みが増したような気がする。これも傑作だ。

Stonesの新作は相変わらず未だに自分の中の評価がぐらついている。また、日本最初のミリオンセラー井上陽水「氷の世界」もこの歳になってはじめて聴いた。けっこうかっこよかった。あとは斉藤和義のアルバムも、それぞれよかったなぁ。考えてみると、斉藤和義をほんとに好きになるまで5年くらいかかった。

という感じの今年のCDでした。それにしても、見事に新人さんというかあたらしめの音楽がありません。サンボマスターくらいかな。だって、興味ないんだもんと開き直ります。
で、実は、ここに書いていませんが、RCのリイシュー盤をすべて購入してしまったので、やっぱり清志郎関係のCD購入数がダントツに多かったのでした。

›2005- 12- 29

2005年 DVD、映画

Posted by LSD at 23:59 / Category : その他
今年は久しぶりに映画館で映画を観ました。といっても、「妖怪大戦争」と「スター・ウォーズ エピソード3」の2本だけ。DVDでは、以下の映画を観ました。
  スター・ウォーズ エピソード1
  スター・ウォーズ エピソード2
  殺人狂時代
  恋の門
  69 sixty nine
これだけか、少ないなー。このなかではテキトウに「殺人狂時代」をベストに挙げておきます。でもって、スター・ウォーズシリーズはさすがにどれも面白かったですね。エピソード3も感動しました。

ライブのDVDは、清志郎@パルコをはじめとして、SIONやら麗蘭やら斉藤和義を購入しましたが、どうもDVDはなかなか観ようという気になれなくて。それでも、清志郎@パルコの仲井戸CHABO麗市のところはむちゃくちゃ感動しました。

›2005- 12- 30

2005年 ライブ

Posted by LSD at 23:59 / Category : ライブ
今年のライブは、COUNT DOWN JAPANの清志郎から始まった。
で、今年、観にいったライブを手元にあるチケットの半券で確かめてみる。
全部で22本(Fuji Rockは3日参加だが1本と換算)だった。このうち、清志郎関係ではないライブはというと、斉藤和義@渋谷公会堂と麗蘭@渋谷AXの2本だけ。うーん、さすがにこれはちょっとなー。今年はSIONのライブを、清志郎ライブと被ってしまったりスケジュールが合わなくて見送ってしまったのが痛い。SIONは、珍しく、たくさんライブを演った年だったのになぁ。無理してでも遠征すればよかった。Harryの久しぶりのライブも観たかったなぁ。どんなライブを繰り広げたんだろう。

ということで、ベストというか印象に残っているライブはといえば、清志郎@静岡だ。今年の清志郎ツアー初参加の地であったということも大きな要因のような気がするが、お客さんの盛り上がりとかライブそのものとか、すごく衝撃的だった。曲単位で言えば、「君を信じてる」。もーのすごく感動した。
静岡だけじゃないけど、今年の清志郎のライブはほんとに凄かった。先日のクリスマス@渋谷AXも、夏のFuji Rockや野音も、SSTVイベント@野音も、アコギでのJohn Lennonイベント@武道館でも、とにかく圧倒された。清志郎のライブは中毒だ。これからのライブ全てが観たい。そんな気にさせる。

清志郎は、ほんとに、ロックの神様だった。

›2005- 12- 31

2005年 Long Slow Distance

Posted by LSD at 2:29 / Category : その他
とうとう2005年最後の日となってしまいました。実に、実に早い一年でした。ほんと信じられないくらい早い。何気に、というか、完全に過去を振り返ってはうじうじすることの多い私です(だからこそ、過去を振り返らない清志郎に憧れたりする)が、過去を振り返るヒマもないほど早い一年でした。仕事はけっこうヒマになったはずなんだけどな。
ということで、今年最後のエントリーは、本編サイト「Long Slow Distance」についてです。昨年は、あまりに忙しくて、一時休業状態に陥ったサイトでしたが、今年はまーまーコンスタントに更新できたような気がします。といっても、サイト公開以来、4年間が経つというのに未だに完成していないコンテンツも数多く、反省材料には事欠きません。
何より、今年の清志郎の最大といってもよいイベント35周年記念ライブ@パルコに、ラッキーにも4日間通えたというのに、ライブ感想が初日のみしか書けなかったというのはどうしようもないですね。
構成的なことをいえば、あとは、Discographyのコーナーに音源以外のものを掲載すれば、自分のなかでは完成です。まだまったく手付かず状態なので、まったく予定がつかない(というかそもそも予定を立てたことがない)のですが、来年中にはなんとかしたいと思います。

幸い主人公である清志郎の状態は、ここ数年のなかでも最高です。
新しいアルバムが発表されることを期待し、これからも素晴らしいライブを繰り広げてくれることを期待し、来年も地道に更新していこうと思います。

ということで、来年も当サイトをよろしくお願いします。
見ていただいた方々、ありがとうございました。