›2005- 5- 1

ARABAKI

Posted by LSD at 20:36 / Category : その他
ARABAKI キャンセルから始まった連休。まだ風邪が完全には治ってない。それにしてもARABAKI、ヒロトにスカパラ、奥田たみお、高野寛にクドカンか(このブログ参照)。返す返すも残念(行けなくて)。
といってる間にすぐに大阪だ。

›2005- 5- 2

Nikon オンラインアルバム

Posted by LSD at 23:51 / Category : Nora
Nikon オンラインアルバムというサービスを見つけたので登録してみました。写真を公開するスペースを50MB貸してくれるというものです。以下のリンクから閲覧することができます。コメントまるでなしのそっけないページで写真も10枚しかUPしていませんが、よろしかったらどーぞ。
http://album.nikon-image.com/nk/NAlbumTop.asp?key=563323&un=98554&m=0

›2005- 5- 5

大阪から帰宅

Posted by LSD at 20:47 / Category : ライブ
OSAKA Rock CITY "FLY THE FLAG"から帰ってきました。今日は、東京に戻る前に、2時間くらい大阪城公園を散策。さすがに天守閣には行きませんでしたが、ぷらぷら歩き回っていました。ま、ノラ猫を探していたんですが、大阪城公園にはまったくいなかったです。唯一、黒猫を見つけたのですが、警戒心ばりばりですぐに逃げられてしまいました。
それにしても、大阪城公園、木々の緑が綺麗でとてもよい感じなのですが、木からぶら下がってる毛虫の割合が高くてちょっと辟易。農薬とかあまり使ってない証拠でもあり、自然のことを考えれば、良い環境だといえますが、ちょっとなぁ。大の苦手な私は公園にいた時間、それだけで体中が痒かったです。
それにしても昨日のライブはよかった。大阪まで来てほんとによかった。ライブの感想は本編サイトにUPしましたので、こちらからどうぞ。

›2005- 5- 6

大阪城

Posted by LSD at 23:6 / Category : その他
大阪城
とりあえず、大阪城。外堀?では目に見えるほどの魚がうようよいました。
天気がよくてよい感じです。
今年のGWは出だしこそ失敗したものの、そこそこGWらしい休日を過ごしたような気分。ここ2~3年の狂騒がウソのよう。当面休日出勤の予定もないし。

›2005- 5- 7

2曲目覚書

Posted by LSD at 23:54 / Category : DAW
そういえば、DTM環境を整えてから、最初の1曲目は4月中旬くらいに出来上がった。何から何まで手探りでやったのだが、とりあえず自己満足。
で、本日、2曲目に着手。1曲目は曲の構成を打ち込みながら順順に作っていったが、これはとても効率が悪くて、いまひとつのやりかただった。ということで、今回は、だいたいの構成を決めちゃってからまずはドラムのトラックを最後まで作成。続いて、ほとんどノーマルなエレキギターを録音。このエレキはガイドのようなもんで、ミックス時にはまるまる落とすつもり。
最後にPODのメモ。
エレキ:デフォルトの5D(Tube Preamp)

›2005- 5- 8

2曲目覚書の2

Posted by LSD at 23:51 / Category : DAW
EDIROL PCR-M30EDIROL PCR-M30
キーボードとしての演奏性向上のため、新規パーツを使用したこだわりの新鍵盤を採用した32標準鍵盤、USB-MIDIキーボード/コントローラー。27ものコントローラーを備え、DAWソフトやソフト・シンセのコントロールも思いのままです。USBケーブル1本でパソコンと簡単に接続することができます。MIDIプロセシングは、アプリケーションを選ばず、安定したMIDI入出力が行えるFPTに対応。ボディ・カラーも一新されました。Windows、Macintosh両対応。 コグレレコード楽器館楽天市場店


晴れていたら出かけようと思っていたが、12時過ぎ起床、さらに曇り。ということで、昨日に引き続き今日もほぼ1日Sonarで遊ぶ。Bassとボーカルパートを録音。ボーカルはMIDI音源を使っているが、キーボードからのリアルタイム録音なので打ち込みという感じがしない。そのMIDIキーボードというのが、EDIROL PCR-M30。
Bass:PODデフォルトの5D(Tube Preamp)
ボーカル:Cakewalk TTS-1 Normal Solo Vox

›2005- 5- 9

斉藤和義

Posted by LSD at 23:22 / Category : 斉藤和義
とうとう斉藤和義にはまった。思えばずいぶん時間がかかった。良いと思えば、わりとすぐにのめりこむ性質なので、これはめずらしい。
斉藤和義を初めて知った(音を聴いた)のは、たぶん、2000年の清志郎「Respect@武道館」でだ。斉藤和義は「シュー」の弾き語りで登場したのだが、そのときは、かっこいーとは思ったが、CDを買うまでもないという印象だった。ただ、その頃ネットで流行っていたmp3ファイルの違法配布で「COLD TUBE」というアルバムを落として聴いてはみた。たぶん、一度くらいだけだ。
次に観たのが、これも翌年の清志郎の「LSDカーニバル@日比谷野音」だ。このときは、バンドで出演してけっこう長く演奏していて音もかっこいーと思ったはずなのだが、それよりも女性ファンの歓声に驚いた。なんだ、凄い人気があるんだなどと思ったものだ。
さらに次の年の「最期の悪夢 PART1 忌野・泉谷・スパイスマーケット@日比谷野音」での前座(?)。このときも凄いかっこよくて、「歩いて帰ろう」や「彼女は言った」、「Orange」、「社会生活不適合者」なんかをハードな音で演奏していたと思う。このサイトの本編ライブの感想でもとりあげている。この年はほかにも「Arabaki@仙台」イベントでも斉藤和義を観ている。ArabakiはLOVE JETS目当てで参戦したのだが、斉藤和義やHarryのほうが良かったことを覚えてる。
こんな感じでイベントでの斉藤和義を見続けて、自分の中の評価が高まるばかり。
とうとう昨年オリジナルアルバムを購入。「青春ブルース」、これがよくて、未だに聴き続けてる。さらに、今年になって、「Romance Gray@Parco劇場」での熱演を観て、超感動。とうとうすべてのオリジナルアルバムを一挙に購入。シングルや企画モノを除けば、すべて揃えてしまった。
清志郎のようなインパクトはなく、いたって地味だ。が、唯一無二といってよいほどの存在感はあると思う。歌詞も曲も演奏にも。ライブがいいことはわかっているので、今度はイベントではない斉藤和義を観にいこうと思う。

›2005- 5- 10

ギタリスト

Posted by LSD at 23:55 / Category : Rock
仲井戸"CHABO"麗市、真島"マーシー"昌利、三宅伸治、斉藤和義が好きだ。CHABOとマーシーはスーパーバンドのギタリストとして人気を博し、自らがボーカルをとるソロ活動も盛ん(マーシーはどうかな?)。三宅と斉藤はそれぞれシンガーとして活動しつつも、ギタリストとしての評価も高い(たぶん)。
ということで、ギタリストといっても、歌えるギタリストが好きなのだ。ギターだけに徹しているアーティストにはあまり興味がわかない。歌モノが好きということもあると思うが、歌えるギタリストのギターのほうがなんだかイカシテルように聴こえるのだ。Keith Richardsもそうだな。
でもって、この4人、なんとなく同じ匂いがする。これがまたすごく惹かれる匂いだ。
新しい音楽をなかなか聴かないのは自分の悪い癖だが、今の若手で、この4人と同じ匂いのするアーティストはいるのだろうか。

›2005- 5- 12

ちょっと忙しいかも

Posted by LSD at 23:34 / Category : その他
GW明け、ちょっと忙しくなりつつある。3日連続で22時過ぎまで会社。
それにしても、麗蘭の「R&R Tonight」は心に沁みる。

›2005- 5- 14

何も言えなかった日

Posted by LSD at 12:2 / Category : その他
最悪の13日の金曜日だった。ここ10年くらいのなかで最大級の自己嫌悪が襲う。20時には寝てしまう。それでも”なにげない朝は 知らん顔して ぼくを起こした”。さすがに今日は8時には起きてしまった。いつにもまして何もする気がおきず、録りためた映像を観始める。昨年の清志郎Wantedツアー最終日、渋谷公会堂のライブ(Viewsic)を、今、観終えたところ。ともかく、またひとつ諦めて、またいちからやり直しだ。
  麗蘭 【R&R Tonight】
  人の生き方なんて100万通り それ以上 限りなくあるさ
  だから世の中と自分を比べたりしなくてもいいのだろう

›2005- 5- 15

2曲目覚書の3

Posted by LSD at 23:9 / Category : DAW
自己嫌悪が引き続き、9時起床。なんだか、このほうが健康に良いような気さえしてくる。
とりあえず、ほぼ1日Sonarで遊ぶ。E.Guitarのパートを2つかぶせる。あとはギター・ソロをかぶせて完成だ。
E.Guitar_1:PODデフォルトの2A(Line6 Clean)
E.Guitar_2:PODデフォルトの2D(Line6 Layer)

›2005- 5- 16

どうしようもない日

Posted by LSD at 20:13 / Category : その他
どうしようもない一週間が始まってしまった。底辺を這っているような気分だが、なるべく淡々と一日を過そうと心掛けた。つもりだが、やっぱりだめだなぁ。
ということで、今日も21時には寝てしまうことを決意。

›2005- 5- 17

忙しくなくなったかも

Posted by LSD at 20:41 / Category : その他
あっという間に忙しくなくなったかも。やる気が失せたともいうかも。
坊さんのような生活、21時には布団の中にというのもなんだか自然。坊さんが21時に寝ているのかどうか知らないが。
やる気もないが、なんとなく生きているという毎日。しょーもないが、会社に毎日行っているだけでもよしとしよう。

›2005- 5- 18

21時過ぎに寝ると

Posted by LSD at 19:50 / Category : その他
21時から22時くらいにはベッドに入る生活がこれで5日間くらい続いてる。朝が超弱いはずなのだが、さすがに、目覚ましが鳴る1時間くらい前にはなんだか目が覚めている。ベッドから出はしないが。さすがに、昼間、体調が悪くて死にそうだ~なんてこともない。こんな生活を20年くらい続けていれば、性格も体質も変わってたかもな、なんて。性格は変わらんか。
飽きっぽい性格なので、自己嫌悪にも飽きてきたらしい。が、まだ当面は自戒の意も込めて、仙人生活を続けよう。

›2005- 5- 19

気付いてみれば

Posted by LSD at 20:30 / Category : その他
もう明日は清志郎のツアー初日だ。札幌だったっけ、今度はどんなツアーになるんだろう。確か、どこかのインタビューで、日替わりメニューとかなんとか言っていたような記憶があるが、前回と同じような展開かな。楽しみだ~。
それにしても、気付いてみれば、もう今年も半分近くが終わり。信じられないな。

›2005- 5- 22

斉藤和義@渋谷公会堂

Posted by LSD at 22:46 / Category : ライブ
昼間、DTP3曲目を完成させる。乾いた感じがよい。
で、斉藤和義のライブに出かける。イベントではないワンマンのライブは初めてだ。18時30分開演とばかり思ってたら、17時30分開演だった。あせって出かけて、ほぼちょうどに渋公到着。思ったとおり、女性ファンが多い。7割から8割くらいかな。2階の最後尾5列くらいはまるまる空席だった。
で、ライブだが、初っ端と後半のR&Rはやっぱりかっこいい。圧巻だ。それに、後半1発目辺りに演奏された「老人の歌」(たぶん)、斉藤和義のバカデカイ音のギターが凄かった。ドラムの音もかき消すくらいのアバンギャルドなソロが延々続いた。斉藤和義がキーボードを弾いた2曲も良かった。
3ピースのシンプルな構成ながら、ハードな曲からソフトな曲、パンクからヘビメタ、フォークからR&Rてな感じで飽きさせないのもさすが。MCがぼそぼそっとしているのに。
ちょっと残念だったのが、中盤のミディアムな曲がいまいちだったかな。というか、自分が好きな曲を演ってくれなかったことが原因かも。
あとは、曲によっては、リズム隊がいまいちに聴こえた。数年前にみた別のメンバーのときのほうがよかったかも。
何はともあれ、アンコール2回、2時間30分のライブ、満足でした。何といっても、アンコール1曲目、弾き語りの「歌うたいのバラッド」。すんごい説得力のある演奏。自分にとっては、清志郎「Romance Gray」のときの再現。涙。
今日がツアーファイナルということなので、次回は、情報をちゃんと掴んどいて、何回か行ってみよう。

›2005- 5- 23

斉藤和義と清志郎とインターネット

Posted by LSD at 22:31 / Category : その他
昨日の斉藤和義ライブでもらったチラシに、斉藤和義インタビューが掲載されていた。彼は、昨年くらいからパソコンをいじりだしたという。で、インターネットについて、あまりの情報量の多さにとまどいつつ、その便利さに慣れてはいけないといったことを言っていた。
清志郎は最近のCDではマックに録音している。が、どこかでマックは録音機材として使っているだけでネットにはつなげていないと言っていた。Timersのライブは、必ず、前説の「ライブは中止となりました」という一幕から始まる。そして、「誤った情報に惑わされるんじゃねーぞ」とToppiが叫ぶ。Timersについては様々な人があれこれ言っているけれど、私はこの「誤った情報に踊らされるな」というメッセージこそが、Zerryが一番伝えたいことではないかと確信している。
話がそれた。斉藤和義も清志郎も実に正しいことを言っていると思う。ネット社会はとても便利で、半径50cmの世界で、あたかも社会のすべてを知ることができ、すべてを手に入れることができるような感覚を覚えるときがある。
が、それはものすごく危ない幻想だ。ネットの世界だけで、人は生きていくことはできない。これはたぶん確実だ。人が人として存在できるのは、顔を合わせ、言葉を話し、コミュニケーションがあってこそだ。顔の見えないネットの世界だけでは、人の心は病んでいくだけだ。
清志郎も斉藤和義もそんなネット社会の危うさを、直感だけで把握している。二人とも天才なのだ。

›2005- 5- 24

最悪/奥田英朗

Posted by LSD at 21:25 / Category : BOOK
最悪最悪/奥田英朗
不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。無縁だった三人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。比類なき犯罪小説、待望の文庫化。 Amazon

群像劇というのでしょうか、まったく接点のない3人がそれぞれ最悪の状況に陥っていき、出会ったときに起こる運命は如何にという小説です。後半に入るまでの各々の状況描写がとにかく丁寧で、延々と長いのですが、描き方がうまいのか読ませます。それがまたほんとに最悪で、わりとBlueな気分になったところで、3人が出会い、あとは一気にジェットコースターです。
正直、最高に面白い!とまでは思わなかったですが、少なくとも、他の作品も読みたくなるほどには面白いです。
解説に映画「パルプ・フィクション」を例えに出していました(たぶん)が、まさに、そんな小説で、読後感も、いったん陥るBlueな気分を吹き飛ばすほどに爽快です。
大阪から帰る際に、売店でたまたま目について手にとった小説でしたが、読んで正解でした。

›2005- 5- 25

プラティの死 とうとう

Posted by LSD at 22:7 / Category : はじめての熱帯魚
プラティ
もう2~3日前になるけど、とうとうまたプラティが死んでしまった。水草のなかに絡まった感じで、なんともかわいそうな姿だった。これで、11月下旬に購入したプラティ5匹が、ほぼ半年で全滅。これはどのようにとらえたらいいんだろう。同時に購入したコリドラス・パンダ3匹はいたって元気そうだというのに。プラティは、この水槽で産まれた2匹のみとなってしまった。
写真は死んでしまった2日前くらいの写真。このときはまさか数日後に死んでしまうとは思っていなかった。元気はなかったが。

›2005- 5- 26

コリドラス・パンダ

Posted by LSD at 23:20 / Category : はじめての熱帯魚
昨日、コリドラス・パンダ3匹は元気だと書いたばかりなのに、今日帰宅してみたら、1匹、妙に元気なく、なにしろ色が白っぽく変色してる。めげるなー。なんだか今にも天国に行ってしまいそうな雰囲気だ。いったい、何がわるいんだろ。かかさず水換えもやってるんだけどな。
なんとか元気になってほしい。

›2005- 5- 27

清志郎@静岡

Posted by LSD at 22:48 / Category : ライブ
清志郎@静岡ライブに行ってきました。すげー。やっぱりすごいです。どー考えても日本一、世界一、宇宙一のRocker、エンターテイナーです。2階席に空席が目立って、それだけが残念だったけど、こんな凄いライブ、絶対に一生に一度は体験すべきだと思うなぁ。ほんとに凄いんだ。
想像とおり、アルバム「GOD」のナンバーを中心にRCの名曲をちりばめるという構成。なんといってもハイライトは「君を信じてる」。ちょっと前に、ここにライブで聴いてみたいと書いたばかりのこの曲、もーしつこいですが、ほんとに凄くて、腰が砕けました。涙です。
これだからやめられないんだ、清志郎のライブは。
これを目にしている貴方、チケットはどうやら完売になってなさそうなんで、是非とも、お近くの会場に足を運んでください。人生変わります。

›2005- 5- 28

足柄サービスエリア

Posted by LSD at 23:31 / Category : Nora
清志郎@静岡に行く途中、東名高速の足柄サービスエリアに寄ったら野良猫がいました。さすがに、人に慣れているようでまったく逃げる素振りはありません。というか、私が食べてるなんとかもちのおすそ分けをもらいたいようで、じっと見つめられてしまいました。この日は、午前中会社で、急いで家を出たので、これが昼食みたいなもんでした。ということで、ほとんど食べ終わった残り物をあげたら、それほどありがたがるわけでもなく、食べてくれました。
あと3枚ほど、こちら(ニコン オンラインアルバム)にアップロードしています。

道中は、天気もよくて、気持ちよかったなぁ。

›2005- 5- 29

ルービックキューブ

Posted by LSD at 23:0 / Category : その他
ルービックキューブ(攻略本あり)ルービックキューブ(攻略本あり)

シンプルだけど難しい、という良質なパズルのお手本的存在でもあるルービックキューブ。ハンガリーのルービック博士が発明したというこの立体パズル。立方体の6面すべてを同じ色にすると完成となる。しかし、初めて手にしたときは、どこをどうすればいいのかさっぱりわからず、手当たり次第に回転させるだけでギブアップした人も多いのでは。1980年に発売された当時は、爆発的な売り上げを記録。社会現象にまでなり、日本各地にローカル早解き名人が出現した。実は構造をよく考えれば攻略法は存在するのだが、それを見つけるためは立体的思考が大切。この2次元でないという部分が、単純だけど難解で夢中になってしまう要素なのかもしれない。 Amazon

ルービックキューブかぁ。凄い懐かしい。25年前か、信じられないな。まだ昨日のことのようだというのに。なんだかなぁ。ちょっと待ってくれという感じだ。
そういえば、「ちょっと待ってくれ」という清志郎のとても地味な曲を思い出す。地味というか忘れられてる曲と言うべきか。地味と書いたが、ファンキーなR&R。
そういえば、「Time Waits For No One」なんて曲がStonesにあったな。いかんなー、ギタリストの名前が思い出せない、テイラーだっけ、そのギタリストのソロが綺麗で印象的な歌だ。
やたら感傷的になるのはよくないなー。ということでもう寝よう。

›2005- 5- 30

天国はまだ遠く/瀬尾まいこ

Posted by LSD at 21:2 / Category : BOOK
天国はまだ遠く天国はまだ遠く/瀬尾まいこ

自殺志願の千鶴が辿り着いたのは山奥の民宿。そこで思いがけずたくさんの素敵なものに出逢って……。期待の新鋭が清冽な文章で綴る、癒しと再生の物語。
Amazon

「卵の緒」をはじめとした瀬尾まいこの他の小説と比べてしまうと、ちょっと・・・てな感じでしたが、悪くはないです。いつもながら、死というヘビーな事象を題材に、読みやすい平易な文章で最後まで飽きさせずに読ませます。
ちょっと・・・と思ってしまったのは、自殺をしようと過疎の地を訪れる主人公が魅力的に感じられなかったからかもしれません。あとは、さらりとし過ぎているかな。もうひとつのひねりが欲しかったという気がします。泣けなかったしなぁ(泣ける小説が良い小説とは必ずしもいえませんが)。
とはいえ、読後感は相変わらず爽やかそのもの。この本に出会えて、読んで良かったと思わせるだけのパワーはあります。

›2005- 5- 31

ライブのチケット

Posted by LSD at 20:40 / Category : その他
コンサートのチケットは、「ぴあ」が主流となって以来、おなじみのぴあのマークがあるぺらぺらの紙となっている。誰のライブであろうと、それがどんなに貴重な、あるいは自分にとって大事なライブであろうと、チケットを見ただけではほかのものと変わりはない。
で、今回の清志郎のツアーにあと何箇所か出かける予定で手元にチケットがあるのだが、そのなかの岡谷市文化会館でのチケットがとても素敵なのだ。デザインももちろん、なんと、エンボス加工までしてある。私はなんとなく今までのライブのチケットの半券をほぼすべて持っているのだが、こんな素敵なチケットは初めてだ。チケットを見ているだけでライブが楽しみになってくる。ちなみにこんな感じのチケット。
岡谷市文化会館あるいは主催のグッドニュースの思いつきなのか、よくわからないけど、とにかく粋な計らいである。
他のライブでもこういうチケットを発行すれば、もっとライブ(の興行)が人間的に感じられて、身近になるような気がするなぁ。