›2005- 4- 2

谷中霊園の2

Posted by LSD at 21:18 / Category : Nora
新しいデジカメDMC-FZ5を連れて谷中霊園に行ってきました。まだ桜は咲いてないに等しかったのですが、花見の宴会があちこちで開かれていてけっこう盛り上がっています。今日も、たくさんの野良猫に出会えました。2時間弱で50枚ほど撮りましたが、面白いです。
この辺りの町の雰囲気もほんとによくて、楽しい一日でした。
 

›2005- 4- 4

パーティーシャッフル

Posted by LSD at 23:59 / Category : iTunes
23時過ぎまで会社。帰宅後、iTunesのパーティーシャッフル、これがすごくかっこいー曲順でまいった。Albert Kingからはじまって、今がStonesの「Midnight Rambler」しかも「Get Ya-Ya's Out」からだ。たまりません。ちなみにこんな感じ。
♪Midnight Rambler / The Rolling Stones
♪Don't Let Me Down / The Beatles
♪Catch the Blues / 三宅伸治プロジェクト
♪手紙のうた / 忌野清志郎&2・3’s
♪Rocky Road / Nick Lowe
♪Centerfold / J. Geils Band
♪QTU / 忌野清志郎
♪The Modern World / The Jam
♪Mellow / Prince
♪Cold Feet / Albert King

›2005- 4- 6

ラジオ

Posted by LSD at 22:59 / Category : その他
最近、清志郎のラジオ出演が続いています。昨日は竹中さんと今日は山崎まさよしさんとの共演です。普段、ラジオを聞く習慣がなく、申し訳程度のチューナーがあるだけなので、番組のチャンネルをあわせるのにも一苦労、さらに一応録音しとこうとするのですが、その配線でまた苦労てな感じ。
そういえば、中学生の頃は深夜放送を夢中になって聞いていたのになぁ。
そういえば、ミスDJリクエストパレードではがきを読まれたこともありました。歳がばれる。そのときにリクエストしたのが、RCの「多摩蘭坂」、DJは向井亜紀さん(たぶん)でした。

›2005- 4- 13

LINE6 POD2

Posted by LSD at 21:32 / Category : DAW
LINE6 POD2LINE6 POD2
モデリングされたアンプの種類もさらに32種類に大幅アップ。フェンダーやマーシャルなどリアルなアンプサウンドをライン出力で出せる。スピーカーの箱鳴りをもリアルです。また内蔵されているエフェクトもリアルなヴィンテイジエフェクトを再現。ギタリストに捧げる究極のレコーディングツール。 コグレレコード楽器館

遊びの宅録を再開し、ぽつぽつと毎日のようにパソコンに録音をしています。機器やソフトをたくさん衝動買いしてますが、そんななか、一番感動したのが、この「POD2」です。今まで、フツウのエフェクター(といってもかれこれ10年くらい前のもの)しか触ったことがなく、なんだか音が悪いなーという印象しか持っていなかったのですが、これは違いました。こいつを通すと凄いいい音が鳴ります。というか鳴っているように聴こえます。サンプリングされただけの音なんでしょうが、そんなこと素人の私には関係ありません。ドライブの効きかたとかリバーブとかなんだかほんとによいです。宅録なんてやってなくても、ギターで遊ぶときには、これは必需品ですね。20年間くらいがっかりし続けてきた自分のエレキの音でしたが、こいつのおかげでようやく楽しめる環境になりました。

›2005- 4- 18

こんな時代に

Posted by LSD at 22:15 / Category : その他
中国、韓国、北朝鮮そして日本。なんなんだ、いったい。そんなに戦争したいのか?
戦争なんて政治家がやりたいだけだと思っていたが、なんだかそうでもないらしい。それとも、中国のデモは反日教育の賜物らしいからこれも政治のおかげなのか。
日本領事館(でいいのか?)に石を投じていた若者は笑っていたな。なんなんだ、いったい。
君はそんなに戦争がしたいのか。数十年前にやられたお返しをしているつもりなのか。
日本でも中国語学校(だっけな?)に石を投じた奴がいるよ。
やられたらやり返される、そんな繰り返しはもうやめないか。
アメリカとイラクで充分学べたはずだ。
「国」ってそんなに大事なのか。国が後ろにいるから安心してデモができるのか。
日本は戦争放棄してるじゃないか。世界に自慢できる最高の憲法があるのが知らないのか。
反省していないのは、一部の政治家だけだよ。そんな一部の政治家に踊らされて、人を殺そうとしているのか。それじゃ、君たちが反吐がでるほど嫌ってる占領下のかつての日本と同じに見えるよ。
なんなんだ、いったい。

›2005- 4- 19

Machine Head/Deep Purple

Posted by LSD at 22:48 / Category : Rock
Machine Head [FROM US] [IMPORT]Machine Head/Deep Purple
<1><5><6><7>などの代表曲を多数含む、72年発表の7作目。『Live in Japan』と並び賞されるディープ・パープルの代表作だ。
また、「ハードロック界を代表する名盤」とか、「へヴィメタルの古典」などとも言われ、ハードロック・ファンの間ではバイブルのような扱いを受けている。ホテルの廊下で録音することによって生まれた、ユニークでクリアな音も興味深い。
 Amazon

ふと無性に「Highway Star」や「Smoke on the Water」が聴きたくなって、購入。高校1年の頃、貸しレコード屋さんから借りてよく聴いていました。当時(1983年くらい)、このアルバムもDeep Purpleも既にクラシック・ロックの扱いで、自分でも遡って聴いている印象を持っていました。ヘビーメタルが流行っていて、日本のLoudnessとか好きだったなー。とはいうものの、あっという間にヘビメタというかハードロックは好みじゃなくなり、RCに戻ってきて既に20年。CDを買いあさっていた頃にはすっかりご無沙汰になって、Led Zeppelinはともかく、Purpleは手にとることもなくなっていました。
ということで、すっかり前置きが長くなりましたが、この「Machine Head」、前述の2曲はもちろん、かなりPOPで聴きやすいロックです。黒魔術的・クラシック的味付け(リッチー・ブラックモアの趣味?)が全面にでていなくてよいです。
高校1年の頃はZeppelinがわからなくて、Perpleを好んで聴いていたな。そうそう、「Smoke On The Water」のリフが弾きたくてエレキを初めて買ったりもしました。生意気にもなんだ簡単じゃんなんて思ったり。
たまに引っ張り出して聴くには充分すぎるほど楽しめます。
クラシック・ロックなどといっても、1972年発表の作品なので、初めて聴いたときでいえば、まだ10年そこそこしか経っていなかったんだな。これはかなり驚き。
たとえばRCの「カバーズ」が1988年発表だから、もう15年以上経っています。こんなことを考えると、今の高校生辺りの若者が清志郎の第一印象をどのように感じるか、なんとなく理解できそうです。
どんどんずれていきますが、ちょうど、その「Smoke On The Water」が聴こえ始めたので、終わりにしよう。

›2005- 4- 20

清志郎の今度のツアー

Posted by LSD at 21:44 / Category : Kiyoshiro Imawano
清志郎のツアーがあと1ヶ月ほどで始まる。その前哨戦のようなイベント3本はもう目の前だ。ということでとても楽しみ。前回のツアーはRCの代表曲の大復活と傑作アルバム「KING」という構成、しかも、演奏された曲の多いこと多いことってな感じだったが、今回はどーだろう。なんとなくどんなライブになるかテキトウに予想してみる。
ライブの中心になるのは傑作アルバム「GOD」になるのは間違いない。1曲目は「Rock Me Baby」できまり。トーゼン、RCの曲も随所にちりばめられるはず。前回ツアーではラストは「Baby何もかも」。これは、曲前の清志郎のMCに涙し、曲前半はバラード調、後半はアップテンポに転調、最後はマントショーに布団ショーという20分にも及ぶほとんど完璧に完成された流れなので、たぶん、今回のツアーでもこれがラスト曲になるような気がする。ライブのハイライトとしては、「GOD」のなかの「君を信じてる」じゃないか。というか是非この曲をライブで聴いてみたい。ライブではまだ演奏されたことないと思うのだが、生で聴いちゃったりしたらすんごい感動しそう。
なんとなく外されちゃいそうなのが、「KING」からの「奇妙な世界」に「雑踏」かな。この2曲、凄く好きな曲なので、また是非ともライブで聴きたいなぁ。
最後の最後で「約束」を演るかどうか、これは微妙かなぁ。ライブのほんとの最後の曲としては、この曲ほどぴったりなものはそーそーない(「夜の散歩をしないかね」に匹敵)と思うんだけどどーだろう。
てなことを考えるだけで楽しくなる。まずは24日のアースディだ。

›2005- 4- 21

プラティの死

Posted by LSD at 21:38 / Category : はじめての熱帯魚
4月に入ってから、連続してプラティ2匹が死んでしまいました。1匹は2ヶ月くらい前から調子が悪くなっていて、最後のほうは、やせこけちゃって見るのも可哀想なくらいになっていました。もう1匹は購入した5匹のなかでボス的存在のやつで、体格も一番、他のプラティをいじめたりするしょーもないやつだったのですが、これが、なんだか元気がないなと思い始めて二日後くらいに唐突に死んでしまいました。
うーん、いったい何が悪いんだ。
さすがに落ち込み、水質を検査する試薬を購入。pHは正常、亜硝酸塩も正常、硝酸塩濃度が高めという結果です。水質なんて全然詳しくないので、あわててネットとかで調べたのですが、硝酸塩はさほど毒性が強くないものの、水換えが必要だそうです。今まで1週間に一度、必ず水換えをやっていたのに足りないのかな~。
とりあえず、もう少し、様子をみよう。現在、この水槽で産まれた2匹と元々の購入1匹のプラティ3匹という構成。

›2005- 4- 24

アースデイ・コンサート

Posted by LSD at 23:30 / Category : ライブ
代々木公園までアースデイ・コンサートに行ってきました。珍しく本編サイトのLIVEの感想をアップしたので、詳細はそちらを見てください。
それにしても、すごい人だったなぁ。ちょっと甘く見てました。すごい人というか、会場が狭くて、怖かったです。とはいえ、ライブはいつものごとくすごく良くて、Romance Grayを凌ぐかと思ったほどです。なにしろお客さんの盛り上がりがすごい。いつもより若者が多かったからでしょうか。ノリが違いました。ともかく、楽しかったです。
仙台、大阪に行こうかと思っているのですが、なんだか風邪をひいてしまったらしく、ちょっと嫌な感じ。ということでもう寝よう。

›2005- 4- 25

素朴な疑問シリーズ

Posted by LSD at 21:50 / Category : 素朴な疑問
日本が常任理事国入りすると、どんなにいいことが起こるんだろう。国益のため?
では、その国益とはなんだ?国益があると、いったいどんなにいいことが起こるんだ?

›2005- 4- 26

仲井戸"CHABO"麗市

Posted by LSD at 20:43 / Category : Rock
唐突だが、CHABOは大好きなギタリストだ。自分のなかでRCの新譜がつまらなく感じ始めた頃、アルバムでいえば「Heart Ace」や清志郎のソロ「RAZER SHARP」が発売される前辺り、清志郎よりもCHABOの楽曲のほうが好きだった。
CHABOのソロアルバムでいえば、「DADA」が一番、「BOOK」と「絵」がその次、麗蘭のファーストアルバムは最高ってな感じ。最近のアルバムはちょっと合わないかなぁ。10分近くある曲がだめなのだ。
とはいえ、昨秋の麗蘭のアルバムに収録されている「R&R Tonight」はすごく好きだ。特に、イベント会場で聴く「R&R Tonight」はほんとに最高で必ず涙ぐんでしまう。楽曲単位では、清志郎を含めここ数年のなかで一番かもしれない。
また、CHABOといえば、やっぱりギターだ。テクニックがうまいのかどうかはわからない。が、心にグッとくるフレーズがすごいのだ。それを改めて感じたのが麗蘭のファーストビデオだった。土屋"蘭丸"公平とのツインギターで、ほとんどのソロを蘭丸が弾いているにも関わらず、その存在感では圧倒的にCHABOだった。「がらがらへび」のソロには鳥肌が立つ。
この間のRomance Grayのときにも強烈にそれを感じた。三宅さんのギターももちろん好きだけど、ちょっとCHABOにはかなわないなーと思ってしまった。決して弾きまくるタイプじゃないのにあれだけギターの存在をアピールできるギタリストって日本ではほかにいないんじゃないかな。

›2005- 4- 27

またしても風邪

Posted by LSD at 22:6 / Category : その他
実は風邪をひいていたりする。明後日は仙台である。チケットは買ってしまった。ホテルも予約済み。まいった。
おとなしく3日間ほど過してきたが、一向に治る気配がない。というか悪化の一途。まいった。
とりあえず、明日一日の様子で決めようと思うが、少なくとも今の体調のままじゃ、とても仙台までは行けないなぁ。

›2005- 4- 28

残念

Posted by LSD at 22:0 / Category : その他
どうにも体調が悪く、ARABAKI ROCK FEST.04292005への参加をほぼ断念。残念。
信じられないなー、まさか、またしても風邪をひくとは。
まだ代々木公園なら行けそうだが、今の自分には仙台はちょっとあまりにも遠い。
うーん、残念。