›2004- 11- 1

防犯24時 USBカメラ付き

Posted by LSD at 22:37 / Category : その他
防犯24時 USBカメラ付き (1000本限定生産)防犯24時 USBカメラ付き
PCカメラを使用してご使用のパソコンをホーム監視システムに変えるセキュリティソフトです。動きを自動的に感知して自動録画し、メールによる自動送信ができますので、離れた場所からあなたの大切なものを守ります。携帯電話のWeb閲覧機能で遠隔地からライブ映像をモニタリングすることも出来ます。PCカメラ同梱。

空き巣に入られて以来、セキュリティグッズを揃えたが、とりあえずこんなものも購入し、毎日セッティングしている。ソフトウェア自体は使い勝手はいまいちだし、なにしろ、日が落ちて暗くなるだけでずうっと反応しっぱなし、つまり、延々録画続けるという代物で、当初はほんとに困った。
が、カメラの設定を、電気がついたまま「固定」、つまり明るさが変わってもまったく変化しないようにすると、暗くなるだけで反応することはなくなった。まぁ、どろぼーも暗いなかじゃ作業しないだろうから、これでOKとした。
ウェブカメラは、たぶん、クラス最低レベルのものと思われるが、それでも今はこんなものが出てるんだと素直に感動。テレビ電話っつうんでしょうか、十分、使えると思う。
そうそう、このソフト、動きを感知して録画をはじめるときに警告音が鳴るので、それだけでも効果があるかも。

Amazonで購入。

›2004- 11- 2

豚肉とにらの鍋

Posted by LSD at 21:10 / Category : その他
冬の料理といえば、鍋です。なんといっても簡単なところがよいです。ということで、今日は、豚肉薄切りとにらの鍋にしようと思い作り始めたところ、あるはずの冷凍ご飯がないことに気付き、急遽、豚肉とにらの雑煮に変更。
スープは鶏がらスープに塩を少々、それにしょうゆをテキトウ、ゆず入りポン酢をテキトウ。
これにはじめににらを入れて柔らかくなるまで煮込みます。煮込むってほどでもないが。
それに薄切りの豚ばら肉を入れ、テキトウに切った長ねぎを入れるだけ。本当は、しょうゆをいれないで、ポン酢につけて、ご飯を食べようと思っていたのですが、雑煮に変更したので、しょうゆともちを入れました。
思いのほかうまくて、満足。

›2004- 11- 4

2・3’s

Posted by LSD at 22:19 / Category : Kiyoshiro Imawano
久しぶりに、SSTVで放送された、清志郎&2・3’sの93年9月に開催された日比谷野音ライブを聴いている。2・3’sといえば、当時、なんだか酷評されていました。でもRCと比較しちゃいけないよ。というかできない。RCのライブを体験できず、2・3’sが初清志郎ライブ(たぶん)の私は、2・3’sは全然OKだ。L.S.Rよりも好きなくらいだ。
で、このライブ、何気によい。特に、「メルト・ダウン」。鬼気迫る清志郎のボーカル、弦の切れたギターを弾きまくる(確か)清志郎、かっこいー。でもって、最後に、Beatlesの「Hey Jude」をかぶせてきます。これがまたよい。会場静まりかえっちゃうんだけど、これも清志郎のステージのひとつの姿なんですよね。
ということで、これも是非ともDVD化してほしいなぁ。

›2004- 11- 5

Audioscrobbler

Posted by LSD at 23:54 / Category : iTunes
Audioscrobblerとは、今聞いている音楽の情報をネット上にアップし、最近良く聞いている音楽情報や他人の情報とも合わせてあるアーティストにおける順位を表示できたりするサービスです。
というなかなか面白いサービスなのですが、なにしろ、英語のサイトなので、いまいち使いこなせないというのがホントのところです。コミュニケーション苦手だったりするし。
で、先日、唐突にアップグレードしろといった趣旨のポップアップが表示されたので、よくわからないまま「iTunes (Mac) Plugin v0.7.1 」という最新版をダウンロードしてファイルを置き換えました。すると、なぜか、いままで調子のよかったそのプラグインソフトが落ちる、落ちる。
原因はまったくわからず、Mac初心者なのでインストールがまずかったのか、悩むことしきり。
しょーがないので、元に戻そうと思うものの、元ファイルは上書きしちゃったし。ということで、元ファイル名「iscrobbler.0.6.3.dmg」で検索したら、ひとつだけ引っかかりました。フランス語っぽいサイトだったのですが、もうどーでもいいやとそいつをダウンロード、テキトウにファイル上書き。・・・よくわからないまま直りました。
特になんてことはない、出来事ですが、一安心。
気付いたら、参加した8月以来、4000曲を超えていました。っつうことで、記念に公開します。
ここです。

›2004- 11- 8

遭難/東京事変

Posted by LSD at 22:20 / Category : Rock
遭難 [MAXI]バンド・メンバーの手掛けた楽曲が中心のデビュー作から一転、今作は椎名林檎が作詞・作曲を担当。そして前作同様、バンドのコンセプトを象徴するスタンダード・カバーの計3曲収録!「遭難」はバンドサウンドを基調としながら、スバイ映画風のギターフレーズや、ジャジーなサウンドがスリリングでかっこいい楽曲。「ダイナマイト」はBrenda Leeなどが歌った詞:Tom Glazer/曲:Mort Garsonの楽曲。「ダイナマイト」のアグレッシヴでファンキーでキュートな一面と、「心」の繊細かつ昔の椎名林檎を思わせる(名曲とういうこと!)2曲は、デビュー・アルバムには収録されていないので一聴の価値ありです!HMV
東京事変のセカンド・シングルです。まずは、ジャケットが凄く良いです。
で、肝心のサウンドですが、前作の「群青日和」と構成をあわせてきました。タイトル曲では、「群青日和」のほうが好きです。ただ、遭難のイントロのギターは一瞬「麗蘭」を思わせるかっこよい雰囲気です。
3曲目の「心」は、どこでも評判がよいのですが、私にはちょっとぴんとこなかったです。昔の椎名林檎を思わせるというのも、よく聞きますが、これにも「?」だなー。
とはいえ、林檎嬢の表現豊かなボーカルは、ますます磨きがかかっているようで、今度のアルバムが楽しみです。

Amazonはここ

›2004- 11- 9

ライブ・エイド

Posted by LSD at 23:56 / Category : Rock
ライヴ・エイド(初回)ライヴ・エイド DVD
飢餓で苦しむエチオピアを救うべく立ち上がったミュージシャンが集結した伝説的なコンサート 「Live Aid」。1985年7月13日にロンドン・ウェンブリー・アリーナとフィラデルフィアJFKスタジアムの2カ所で行われた 「Live Aid」 の模様が、約20年の月日を経てついに映像化。
参加アーティストはクイーン、エリック・クラプトン、U2、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ボブ・ディラン、フィル・コリンズ、ビーチ・ボーイズ、デヴィッド・ボウイ、ザ・フー、エルヴィス・コステロ、マドンナ、ニール・ヤング、ジューダス・プリースト、ブラック・サバス、デュラン・デュラン、ホール&オーツなど。


思いっきり昨日のことのようなんですが、もう20年前か・・・。参加アーティストをみると、イギリスのミュージシャンが元気なような気がしますね。
これは、当時、テレビで中継していて、確かビデオにも録画した記憶があります。で、一番印象に残っているのが、終盤近くの「風に吹かれて」 ボブ・ディラン、キース・リチャーズ&ロニー・ウッドでした。直前だったかな、ミックがソロで華やかなロック・ショーを展開したのに対し、この3人のオヤジはアコギ3本で無茶苦茶渋い「風に吹かれて」を演奏したのでした。もしかしたら、初めてこの曲を聴いたときかもしれません。なんだか凄いしびれました。やっぱり、キースだよなーなんて思った記憶があります。
あのシーンだけでも、もう一度見る価値があるなぁ、個人的には。

Amazonでは、ここ

›2004- 11- 10

Golden Delicious/斉藤和義

Posted by LSD at 23:47 / Category : 斉藤和義
Golden DeliciousGolden Delicious
斉藤和義、数年前から気になっていたアーティストで、ここんとこ、わりとHeavyに聴くことが多くなった。それほど詳しいわけでもないのだが、このベストアルバムのトップを飾る、彼の「僕の見たビートルズはTVの中」は殊のほか好きだ。
「分からないものは分からない けど すっとしない」など、文末が「~ない」で終わる歌詞が特徴的で、厭世観が漂うなか、「浮き足立った奴がこの町の主流」など皮肉な視線もあれば、「ずっと ひねくれてるばかりじゃ能がない」といった基本的には後ろを向きつつも、ちょっと前向きな感じもある。
この辺りが、たぶん、世代的にも近いはずの私の感覚に合う。
斉藤和義はライブもよい。というか、清志郎のライブにゲスト出演していて、それがはじめての体験で、そのギターのうまさや歌のうまさが耳に残ったのだ。アルバムではフォーク調の曲も多かったりもするが、ライブでの激しい曲を演奏する斉藤和義がまたよい。「彼女は言った」なんて最高。
ということで、なんだかBlueな夜は、ずっと ひねくれてるばかりじゃ能がないよなーと、斉藤和義を聴いたりすることが多い。

Amazon

›2004- 11- 11

夢・音楽館

Posted by LSD at 23:50 / Category : Kiyoshiro Imawano
を観ました。まずはやっぱり新曲「JUNP」、かっこいいです。鳥肌モンです。
 世界のど真ん中で ティンパニーを鳴らして
 その前を殺人者が パレードしている
 狂気の顔で空は 歌って踊ってる
 でも悲しい嘘ばかり オレには聞こえる
このフレーズは清志郎しか描けないですね。あー、ヒットしてほしい。
残念だったのは、今回はフルバージョンじゃなかったことかな。

期待していたオリジナル・ラヴとの「ステップ!」はいまいちだったかな。田島貴男のボーカルがちょっと苦手。それとテンポ落としすぎ。

まぁいいや。「JUNP」が観れただけで。

›2004- 11- 12

少年時代/忌野清志郎

Posted by LSD at 22:50 / Category : Kiyoshiro Imawano
YOSUI TRIBUTEYOSUI TRIBUTE
1970年代から30年以上に渡って、数多くの名曲たちを世に送り出し、今なお第一線で活躍し続ける井上陽水。今回それらの名曲を、現在邦楽シーンで活躍する豪華アーティストがカバー!

清志郎の陽水カバー「少年時代」を聴きました。またしても、すべての演奏からレコーディングまで一人でこなしています。ウクレレがメインと思われるほのぼのとした雰囲気です。間奏のブルースハープもいい感じ。エンディングにまたしても蝉時雨。
ですが、この前の「素晴らしきこの世界」を聴いたあとだからか、さほど興奮というか感動を覚えなかったです。やっぱり、「帰れない二人」のほうがよかったんじゃないかなぁ。
とはいえ、ほかのアーティストに比べれば、ダントツです。

Amazon

›2004- 11- 13

JUMPのPV

Posted by LSD at 23:55 / Category : Kiyoshiro Imawano
清志郎の新曲「JUMP」のプロモーションビデオがテレビで流れ始めました。
で、今日それを見て、PVで使う音源とCDの音源は違うのかもしれないけど、ちょっと、バックの音が弱いなぁと思っちゃいました。もっとビートの効いたガンガンのR&Rって感じに仕上げてほしかったなぁ。FUJI ROCKのライブ版のほうがずっとかっこいい。
映像は、清志郎が中野6区(ロックというとこがよいです)から立候補して、選挙活動で街を練り歩くというもので、これはなかなか面白かった。ほとんど金がかかってなさそーなんだけど、たかがPVだからなー。
とにかく久々にヒットしてほしい。

›2004- 11- 14

Discography

Posted by LSD at 23:44 / Category : Kiyoshiro Imawano
本編サイトの「Discography」、なんと、2年半近くぶりの更新です。全面改修し、 これで、清志郎の発表してきた作品(音源)のほぼすべてを網羅できました。なにしろ、多作で有名な清志郎、でもって来年でデビュー35周年、すんごい量の曲です。曲とアルバムのデータはMysqlに、表示はPHPで作ってみました。素人にしては、十分やったぜという気分です。そー、凄いだろー。自己満足が大切なのです。清志郎もそのように言っておりました。
ということで、そのDiscographyは、こちらです。清志郎のファンなら結構楽しめるような気がします。

›2004- 11- 15

「恋の門」 オリジナル・サウンドトラック

Posted by LSD at 21:49 / Category : Kiyoshiro Imawano
恋の門 オリジナル・サウンドトラック恋の門 オリジナル・サウンドトラック

劇団「大人計画」主宰、鬼才 松尾スズキ初監督映画『恋の門』のオリジナル・サウンドトラック。主題歌「月に咲く花のようになるの」を歌うサンボマスターの楽曲をはじめ、松尾スズキ自ら作詞を務め、映画のクライマックス・シーンで登場する楽曲「恋の門」(歌:忌野清志郎)など、話題沸騰間違いナシのサントラ。

2004年10月に公開された映画「恋の門」のオリジナル・サウンドトラック盤です。清志郎はたぶん挿入歌として使われたと思われる表題曲「恋の門」を歌っています。映画でもコスプレして出演しているらしいですが、今のところ観ていないのでちょっと不明。このアルバムを通して聴いたり、オフィシャル・サイトをみると、面白そうな映画ではあります。個人的に、この映画の広告によって、サンボマスターに出会えたということも嬉しい。
清志郎の「恋の門」ですが、他人の作品ということで違和感がありますし、どうも喉の調子が悪かったのか、声があまり出ていないような感じがして残念。アレンジを変えて、清志郎の声がいつも通りだったらもっとよい作品になったと思います。

Amazon

›2004- 11- 16

プレジデント

Posted by LSD at 23:57 / Category : その他
プレジデントという雑誌があります。名前からして偉そうだし、本屋とかで表紙をさっと見た印象では、一生手にはとらないだろうなというものです。
なにしろ、2004年11.29号の特集が、【最新「叱り方」入門】です。以下、目次ですが、
~解決!「嫌われる、ナメられる、辞められる」悩み~
~亭主関白道四段が指南!「妻を諌める」必殺技 ~
~部下の目を覚ました「名経営者の一喝」 ~
なんだかなぁ。
経営者だか管理職だか、あるいはボスを目指している人か、誰かを叱りたい人が読む雑誌のようです。名経営者になるような人はこういう雑誌は絶対読まないと思うんだけど偏見でしょうか。と、手にとったこともないくせに偉そうに憶測で書いてる私こそ、なんだかなぁ。
一生手にとらないと思われたこの雑誌に清志郎のインタビュー記事が掲載されるとの事です。これを機に年間購読することになったりして。>自分
そりゃないか。

›2004- 11- 18

自民が憲法改正素案

Posted by LSD at 23:58 / Category : その他
自民党憲法調査会(保岡興治会長)は17日、憲法改正草案大綱の素案をまとめ、同日の憲法改正案起草委員会に提示した。前文を含む現行憲法の全面改正を目指すもので、焦点の9条については「戦争放棄」をうたった1項は残すものの、「自衛軍」の設置と集団的自衛権の行使を明記した。象徴天皇制は維持するが、天皇を「元首」と明確に位置づけ、女性天皇も認めた。   (Asahi.com 11/17 11:41)

いったいどういうことだ。私は反対だ。日本国民は反対しないのか?
この発表のタイミング、絶妙だ。それにしては、大きなニュースになっていない。メディアはどうなってる?賛否両論はないのか?それとも、たかが自民党の憲法調査会の素案に騒ぐことはないということか?とはいえ、自民党は与党じゃないのか?
どこをどう読んでも、改悪としか思えない。最悪だ。
日本は平和を維持することで、世界に貢献できる国のはずだ。それができる立場にあるし、力もある。なにしろ、もう50年も戦争に関わっていないのだ。それをなぜ誇ることができないのか。国益?なんだ、そりゃ。
ひさしぶりに、ほんとに久しぶりに憲法前文を読んだ。どこにも隙のない簡素な素晴らしい文言じゃないか。世界にこれほど素晴らしい憲法を持つ国があるのか。いったいどこを修正しようというのだ。

【日本国憲法 前文】
~前略~
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと務めている 国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する ことを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、 政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、 他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげて この崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

›2004- 11- 22

茨城県随一の水質と景観を誇る河原子海水浴場

Posted by LSD at 23:56 / Category : その他
河原子海水浴場
茨城県随一の水質と景観を誇る海水浴場という河原子海水浴場に行ってきました。これといった特別の理由はなく、最近ちょっとはまっている温泉というか大浴場のあるホテルに安く泊まれて、1泊くらいで帰れるところを探したら、そこだったという感じです。
温泉は、そういえば、Fuji Rockの参加がきっかけでした。Fuji Rockは3年連続で3日間参加していますが、宿泊先はテントではなく、冬場はスキー場となるホテルと旅館を足したような、苗場からは少々離れたところです。これがオフシーズンということもあって、安いし、部屋は広いし、温泉だしとFuji Rock本編よりも楽しみだったりもします。来年も苗場で開催されれば、まちがいなくそこに予約すると思います。
と、茨城でした。茨城の海は、生まれて初めて行きました(たぶん)。海といえば、神奈川や静岡に出かけていたので、なにしろ、なじみがありません。今回、車で行って、高速を使ったこともありますが、2時間30分で着いてしまって、あまりの近さに驚きでした。でもって、その浜辺や海が綺麗なこと。オフシーズンということもありますが、なかなか感激でした。ちょっと周辺が寂しい感じはするものの、茨城、いーじゃないか。
ということで、ちょっとしたひまつぶしには、おすすめです。

›2004- 11- 23

はじめての熱帯魚

Posted by LSD at 23:57 / Category : はじめての熱帯魚
長年の夢であった熱帯魚にとうとう手をだしてしまった。先日の茨城行きで、ふと立ち寄ったばかでかいホームセンターのような店で、初心者OK水槽セットをみてしまったのが直接の原因だ。そして、今日、熱帯魚屋さんで、水槽セットと砂を購入。
家に帰って、わけもわかんないまま、濾過器やらヒーター、ライトなんかを組み立て、水槽に設置、砂をひいて、なんとか水を入れ終わったところ、どうも水槽がゆがんでいるような気がする。パソコンのラックに水槽を載せたのがバカだった。みるみるうちに、底が抜けそうな気配が漂っている。しょーがないから、せっかく風呂場から7往復くらいして、バケツの水から水槽に入れたものを、7往復くらいして元に戻す。何といっても、あまりに重くて水が入ったままでは、とても持てないのだ。
そして、水がなくなったところで、しょーがないから、キッチンに設置しなおし。7往復くらいして水を入れる。すでに6時間弱が経過。ここで、力尽きた。
魚を買ってこなくてよかった。

›2004- 11- 24

水槽一日経過

Posted by LSD at 21:45 / Category : はじめての熱帯魚
何にもいない水槽

みようみまねでセッティングしたものの、どうもおかしい。水温があがらない。さらに、水温計も壊れてる感じ。いくらなんでも水温6度ってことはないだろー。うーん。はずれをひいたかも。
とりあえず、購入したセット物は、スティングレー104(45cm) 9点セット
お店は、アクア&アニマルのスリーペットというところです。

›2004- 11- 26

水槽3日目経過

Posted by LSD at 23:58 / Category : はじめての熱帯魚
水温計が壊れているのは明白だったが、ヒーターが正常なのかどうかがわからない。さわってみても、どーもあったかくない。ということで、しょーがないから近所にかなり大きな熱帯魚屋さんがあったので、ヒーターと水温計を新たに購入。水温計は一番安い200円のもの。といっても今回は5度ということはなく、正常に水温を示しているようだ。よかった。ヒーターは、サーモスタット付きのやつにした。というか、その店でその効能を知ったんだけど。温度を設定すると、ヒーターが自動的にOn/Offするらしい。うーん、便利。
改めて設置しなおして、しばらくすると、水温が25度を表示。生物はまだ何も居ないけど、一安心。なんだか、新しいことのやり始めは、こんなことでも楽しい。
購入したサーモスタット&ヒーターはこれ

›2004- 11- 27

JUMP/忌野清志郎

Posted by LSD at 22:29 / Category : Kiyoshiro Imawano
JUMP [MAXI]JUMP/忌野清志郎

2005年3月5日、“King”忌野清志郎がデビュー35周年を迎え記念すべき日にむけてカウントダウンを開始!ちょうどその100日前にあたる11月26日にテレビCMソング集とも言えるシングルをリリース。CD発売の問合せが殺到したあの曲もあり!!「Jump」はエースコック「スーパーカップ1.5」CMソング、「イヤシノウタ」はダイドードリンコ「デミダスコーヒー」(’02)、「赤いくちびるに」は高橋酒造 「純米焼酎白岳しろ」、「 ラクにいこうぜ」は中外製薬 「グロンサン」CMソングです。 HMV

とうとう発売されました。久々の万人に受けそうな「JUMP」シングルです。
・・・が、ちょっと演奏が弱いなぁ。もっともっとかっこいー曲なのに、清志郎のスタジオレコーディングものって、大概、こんな感想をもってしまいます。WOWOWで放送されたFUJI ROCKでのライブバージョンのほうが全然よいですってところが悲しい。でも、売れてほしい。
「イヤシノウタ」、「ラクに行こうぜ」もよいけど、残念ながら、これもライブで聴いたほうがグッとくる。思いのほかよかったのが「赤いくちびるに」。作詞が清志郎じゃないので、ちょっと違和感を覚えますが、いい歌です。
と、いまいちな感想を書いていますが、私が期待しすぎていたせいもあります。ともかく、「JUMP」は良い曲なので、皆様お買い求めくださいませ。

Amazon

›2004- 11- 29

レッド・プラティとコリドラス・パンダ

Posted by LSD at 20:58 / Category : はじめての熱帯魚
レッド・プラティ
熱帯魚屋さんでレッド・プラティ5匹とコリドラス・パンダ3匹を購入しました。どちらも1匹300円。とりあえず初めての熱帯魚ということで飼い易いことを優先したつもりですが、ピグミーグラミーとレッド・プラティを間違えてました。レッド・プラティも容易みたいなので結果オーライです。飼い易いこと優先とはいえ、どちらも可愛いです。まだ物珍しさもありますから、ずうっと観ていても飽きないです。
同じ魚でもそれぞれ性格が異なっていて、その見分けがつくようになるとますます興味深くなります。1匹、なんだかいじめっ子みたいな奴がいて、自分より体がでかい奴をしつこく突っついてたり、いつも一人でぼーっとしていたり。
購入以来、今日で2日目が終わろうとしていますが、まったく分からないのが餌の量。よく2~3分で食べ終わる量が適当らしいのですが、それがぜんぜんだめで、半日近くは餌が残ってる状態でした。固体が小さいから、ほんとに少なくても大丈夫なのかも。