›2004- 9- 1

またしても

Posted by LSD at 23:44 / Category : その他
仕事が忙しくなりそうな気配。二日連続で残業。困ったもんだ。
それにしても、9月以降の清志郎の活動がまったく見えてこない。これにも困ったもんだ。こんなときこそ、唯一の連載モノ、「TVBros」だと、最新号をめくってみたら、「KING SUMMER 大成功のうちに終了。夏休みへ」とのこと。うーん。

›2004- 9- 2

素晴らしきこの世界/忌野清志郎

Posted by LSD at 23:49 / Category : Kiyoshiro Imawano
真心COVERS活動休止中の真心ブラザーズですが、2004年9月1日でデビュー15周年を迎えます!それを記念して豪華アーティストが集結したトリビュートアルバムが登場!HMV
ということで、清志郎が参加しているこのアルバムを聴きました。
真心ブラザーズは、ベスト盤をもっている程度のファンなので、アルバムの中の半分くらいは知らない曲でした。清志郎がカバーしているのは、「素晴らしきこの世界」で、この前の野音ライブで披露したときにはじめて聴いたと思っていました。が、うちにある真心ベスト盤「B.A.D」に収録されていたので、そんなことはありませんでした。購入当時、それほど印象に残らなかった曲だったのでしょう。
清志郎は、すべての楽器(SAXもフルートもあり)をこなしているのはもちろん、録音もしています。しかも、骨折して退院から4日目に録音をはじめたそうです。これだけでもすげーなと思ってしまいますが、演奏もなかなかよいです。少なくとも、昨年発売された「Discover URC」に収録されいる「明日なき世界」より、100倍くらいよくなってます。「明日なき世界」はがっかりしたもんなー。
ということで、「素晴らしきこの世界」、野音で聴いたときも感動しましたが、いい曲です。原曲は、前半のフォーク調と後半の激しいボーカル&リズムのメリハリが特徴で、今聴き返してみたら、こりゃかっこいーって思ってしまいました。
今回の清志郎版は、そのメリハリはあまりつけてなく、最後までわりと淡々とした演奏となっています。曲途中や最後は蝉の声が入ってたりしてオリジナルに比べると、のほほんとした感じですが、そこは清志郎、ボーカルの説得力や表現力はやはり頭抜けていると思います。歌詞が頭の中に素直にまっすぐに届きます。また、ライブで演ってほしいなぁ。
清志郎以外では、正直、つまらなく感じた曲もあったりしたアルバムですが、奥田民生の「空にまいあがれ」やYUKI「BABY BABY BABY」なんかが良かったです。残念なのは、期待していたサンボマスター「拝啓、ジョン・レノン」。悪くはないんですが、あまりに歌詞が聞き取れない。絶叫するだけじゃ、ちょっとなー。オリジナルのほうが、100倍くらい良いと思ってしまいました。うーん、残念。

Amazonでは、ここ

›2004- 9- 5

Discography

Posted by LSD at 21:23 / Category : その他
天気が悪いということもあって、食料品の買出し以外に外出せず。土曜日はWOWOWのFuji Rock二日目をようやく見る。清志郎出演日だ。ようやく「JUMP」を聴くことができた。やっぱり良い曲だ。iTunesに取り込んでヘビロテだと思いつつ、まだやってない。
そして今日は2年間ほったらかしの本サイト「Discography」の改造に着手する。とんでもなく多作の清志郎、1枚ごとにHTMLを書いてられないっつうことで、これまたMySQLとPHPで構築する予定。いつ頃公開できるかまったく未定。
と、こんな休日。

›2004- 9- 9

群青日和/東京事変

Posted by LSD at 23:55 / Category : Rock
群青日和2003年2月のアルバム『加爾基 性液 栗ノ花』、そして同年11月の節目シングル「りんごのうた」と12月の節目DVD『Electric Mole』と、数々の作品に手掛かりを残しながら、“何処か”へ向かっていることを示唆していた椎名林檎。
その“何処か”とは2003年秋に行われたツアー“雙六エクスタシー”限定と誰もが思っていたはずの5人組バンド・東京事変での本格的な活動だった。自作自演家として一世を風靡した椎名林檎が葬られ、首謀者を得た彼女はいよいよバンドヴォーカリストとして新しく歩み出す。 そして、初秋デビューシングル『群青日和』をリリース!
東京事変は”声弦”の椎名林檎(シーナリンゴ)をはじめ、太鼓の刃田綴色(ハタトシキ)、鍵盤のH是都M(エイチゼットエム)、四弦の亀田誠治(カメダセーヂ)、六弦の晝海幹音(ヒラマミキオ)からなる。
HMV
長々と引用してしまったが、椎名林檎のシングルを聴いた。椎名林檎は、その衝撃的なファーストアルバム「無罪モラトリアム」でふぁんになり、続々と発表されたその後のシングルにも狂喜したものの、「勝訴ストリップ」で、ん?となり、以降発表される作品は、どんどん聴かなくなり、「Electric Mole」に至っては、購入したものの未だに封を開けてない状態だった。
で、このシングル「群青日和/東京事変」。まずは、1曲目タイトルナンバー「群青日和」がなによりよい。POPでROCKだ。新宿といった詞も登場し、初期の椎名林檎をホーフツさせる。爆発する高音かつ変幻自在なボーカルと曲のスピードがほどよく絡まって相乗効果をあげている。
2曲目以降はJazzyな感じが、最新版椎名林檎といったところ。「その淑女ふしだらにつき」の猥雑なボーカルは、あとちょっとで鳥肌だ。
ということで、たいへん気に入りました。私のなかの林檎復活です。

Amazonはここ

›2004- 9- 10

激務の再来

Posted by LSD at 23:50 / Category : その他
ということで、22時過ぎまで会社に居る毎日だ。
困ったことに、来週、再来週は死ぬのが今からわかっているスケジュール。へたすると、更新がストップするかもしれないなー。それだけはとりあえず避けたい。

›2004- 9- 11

防犯グッズ

Posted by LSD at 23:6 / Category : その他
ふとしたきっかけで、自宅用防犯グッズを購入し、設置した。
ドア用防犯アラーム スーパードアアラーム(暗証番号式)
窓ガラス用防犯アラーム ゆれても・あいてもナール(超薄形)
スーパードアアラームは、ドアや窓が開くと大音量のアラーム音が鳴るというもので、キースイッチで警戒や警戒解除ができる。鳴動時間(10秒、20秒、30秒)・ディレータイム(0秒、8秒、20秒)を選べるほか、暗証番号も自由に設定できる。
ゆれても・あいてもナールは、窓ガラスに貼るだけでガラスの振動と開閉を同時に見張り、どちらかを検知すると大音量約90dB/mの警報音を警鳴(約20秒)するというもの。
とりあえず、これで安心かな?
どちらも、シーズンプロショップという防犯・防災関連ショップで購入。このシーズンプロショップは、その他いろいろな商品が置いてあって、眺めるだけでもおもしろい。

›2004- 9- 13

これからはあるくのだ/角田光代

Posted by LSD at 22:36 / Category : BOOK
一歩も外出せず。Discogaphyの作成、進捗率10%ってとこか。
合間に、角田光代さんのエッセイ「これからはあるくのだ」をちょっとだけ読む。最初の話が「わたしの好きな歌」で、清志郎の「スローバラード」に関してだ。・・・と、ここまで書いて突然の腹痛で断念したのが昨日。
ひとつふたつの話しか読んでない(しかも、この作者の小説も読んだことがない)のに紹介するのも気が引けるが、この「わたしの好きな歌」での「スローバラード」に関する視点というか、感覚はまったく同じだ。

声、というものが以下に力を持つものかそのとき知った。
愛しさも涙も嫉妬も汚さも美しさも、全部を乗せて時間はどんどん過ぎ去っていってしまう、その残酷さも、この歌には全部つまっていた。
声と歌詞とメロディとがとけあって、こんなにも饒舌な歌を私はほかに知らない。


まったくそのとーりだ。
ここで、はたと思いつく。最近お気に入りのサンボマスター、アルバムタイトルに「新しき日本語ロックの道と光」とあるように、確かに歌詞も悪くない。だが、何かが足りない。その何かっつうのは、事象の具体性だ。
「スローバラード」は、いたって簡単な言葉しか使われてなく、抽象的な言葉といえば、「悪い予感」と「夢」だけだ。清志郎の詩は、そこで歌われている世界がまるで目の前で行われているかのようで、そこからさらにイメージが鮮やかに無限に広がるような感覚を覚える。
一言でいってしまえば、リアルということになろうが、たぶん、簡単な日常言葉を連ねるだけでは、イメージが広がる詩の世界に昇華することはできないと思う。
具体→抽象への展開がうまくはまったとき、それこそ、言葉の奇跡といったものがおきるのだ。「スローバラード」はその奇跡の最たるものではなかろうか。

角田さんは最後にこう結んでいる。
「毛布にくるまってラジオを聴きながら車の中で一緒に眠れるひと」、つまりこの歌の良さを共感できるひとが好みなのは変わっていない。
まったく同感だ。

bk1では、ここ(文庫本)か、ここ(B6判)。

›2004- 9- 14

腹痛の再来の予感

Posted by LSD at 23:24 / Category : その他
仕事中に腹部激痛。まいった。1時間弱でおさまったけど。
年に1回くらい、なぞの激痛に襲われる。下痢でも便秘でもないものの、下手すると5~6時間は動けない状態になる。前兆として、まさに今日のような腹痛が断続的に起こる。うーん、いやな予感だ。
健康診断やら人間ドックではほぼ異常なしなんだけどな。ストレス・・・かなぁ。

›2004- 9- 24

忙しすぎて

Posted by LSD at 23:17 / Category : その他
何もできません。何も考えられないし。まいったー。明日は休日なのに8時前から出社。
仕事以外のトラブルもでかいなぁ。
右のコーナーのrecent TunesやiTunesPublisher Jの表示が変わらないのは、そのトラブルのせい。まいった。

›2004- 9- 26

オートポリス[盗難警報機]

Posted by LSD at 22:15 / Category : その他
オートポリス[盗難警報機]NAiS(松下電工)オートポリス[盗難警報機]
・ 「ひとセンサNaPiOn」内蔵により車内全体を監視 車内侵入の居座りに対し連続検知・警報
・ オートポリスMPの4段階威嚇 (「音圧センサ」及び「ひとセンサNaPiOn」による)
・ リモコン付きでON/OFF操作が簡単
・ 警告キャンセル機能付き
・ 充電電池(ニッケル水素電池)による約1週間監視可能 (約1時間のフル充電、警報が1回/日あった場合)

最近、神経質なほど防犯意識が高まっているのだが、今度はクルマだ。新車を購入したので、これを導入してみた。設置は極めて簡単。操作も極めて簡単。まだ10日足らずしか使ってないが、けっこう優れものだ。ともかく、簡単というところが良い。ほんとに何も予備知識は要らず、クルマの乗り降りの際に、リモコンで警戒開始のON/OFFをするだけ。
リモコンを常時持ち歩かなくちゃならないことが玉にキズ。

Car Dressup Station KONGというお店で購入しました。

›2004- 9- 27

SG-310DW/コードレスレーダー探知機

Posted by LSD at 22:16 / Category : その他
SG-310DW GPSアンテナ一体型コードレスレーダー探知機SG-310DW
/GPSアンテナ一体型コードレスレーダー探知機

■GPS測位
■ハイブリッド・モード
■IDSP
■トリプル識別
■カーロケ遠近識別+圏外ボイス通知
■アラーム
■自動制御
●ロングライフ80時間 
●12V車専用
●取付場所: サンバイザー/フロントガラス/ダッシュボード

防犯といえるのか?とりあえず、これも購入。レーダー探知機なんて15年ぶりくらいだ。昔と違って、コードレスだ。昔と違って、コンビニ自動ドアの誤動作がほぼない。昔と違って、なんだか小型だ。昔と違って、ピピピなんてアラームだけじゃなく「GPS測位しました」なんて喋りやがる。うーん。とりあえず、凄い。
これも、設置は極めて簡単。操作も極めて簡単、というか、ボタンがたくさん付いてるけどめんどくさいのでデフォルトのまま。それでもなんだか効き目がありそう。

これも、Car Dressup Station KONGというお店で購入しました。

›2004- 9- 28

セキュリティワイヤーロック

Posted by LSD at 22:44 / Category : その他
セキュリティワイヤーロックセキュリティワイヤーロック
■ノートパソコン、液晶モニタのセキュリティスロットにセットすることによりノートパソコン、液晶モニタを盗難から守ます。ワイヤーをデスクに取り付け、PCに付いているスロットと接続するだけの簡単仕様。
ということで、防犯シリーズ、今度はノートパソコンのセキュリティグッズだ。今までまったく興味がなかったので、パソコンにセキュリティスロットなるものがあることさえ知らなかったが、これもなかなかの優れもの。
一度スロットにセットしてしまうと、当然ながら、持ち運びができなくなるので、あっちこっちパソコンを移動させたり、持ち運びしている方にはお勧めできないが、ほとんど動かさない方にはちょうどよい。強固なワイヤーが、これならそうそう盗られはしないだろうと思わせる、値段がそこそこ高いからかもしれないけど。

エレコムダイレクトショップというお店で購入しました。