›2003- 9- 7

豚の生姜焼き

Posted by LSD at 0:0 / Category : その他
を夕食に作った。
唐突だが、私は子供の頃、牛肉を家庭内で食べたことがなかった。それほど貧しい家庭
だったとは思えないが、何気に家計のやり繰りが窮屈だったのかもしれない。学校の給
食でも牛肉がでるような時代じゃなかったので、ステーキというと豚のロースの厚いやつ
と思い込んでいた。
大学に入って、バイトをするようになって、初めて牛肉を食べた。肉というのは、中まで火
を通さなければいけないと思いこんでいたので、血が滴るようなものでも食べられる牛肉
というものは、一種の衝撃であった。
生姜焼きに話を戻すと、子供の頃の家庭内の生姜焼きといえば、砂糖が入っていなかっ
た。なんとなく辛いだけという思い出がある。大人になって、料理をするようになって、生姜
焼きに砂糖やみりんを入れることを知った。なんだか、この方がうまいような気がした。
さほどというか、まったく、食べ物に興味がない私だが、生姜焼きはなんとなくノスタルジー
を感じるお惣菜である。

›2003- 9- 8

一日出張

Posted by LSD at 0:0 / Category : その他
久しぶりに外回りです。いつも朝はのんびりしている、というか、動けないだけなんです
が、今日は特別だめでして、あっという間にやばい時間に。とりあえず、車で出勤して高
速乗ったら事故があったらしく通行止めとのこと、しょーがないから一区間で一般道へ。
一般道は、激混み。しょーがないから近くの駅まで行って、電車に乗ることにしました。
駅に着いたら、お目当ての電車が目の前で発車。次は20分後とのこと。
もーだめだー。しょーがないから、20分後の電車に乗って、乗換駅から新幹線へ。
一区間の新幹線を飛び降りて、タクシーへ。
てな感じで、ようやく目的地に到着。10分程度の遅刻。
と、とんでもない一日でした。これが月曜か・・・。たまりません。

›2003- 9- 10

そして今日も

Posted by LSD at 0:0 / Category : その他
一日出張。今日は、一昨日のようなこともなく、まー距離も短いこともあって、余裕で会場
に到着。まー適当にやり過ごす。2回目とはいえ、始まる前は緊張する。始まっちゃえば、
なんだか、夢中で、終わると、ぐったり。ライブの出番の前の清志郎のことをなんとなく思
ったりして。
主語というか、何をやってんだか書いてないから、いまいちわかんないすね。

›2003- 9- 14

MovableTypeって何?

Posted by LSD at 23:16 / Category : Movable Type
管理人不定期日記をちょっとバージョンアップしてみた。
BLOGという言葉は、なんとなく知っていたものの、さっぱり忘れていた。
が、昼間にふとした拍子にひっかかって、検索しまくり、このサイトに導入してみた。
とはいえ、このサイトの中の一番地味なページなので、どこまで続くか。
なんせメインページのライブレポはUPしていないし、なんだかDBの調子が悪くて接続できないし。

とりあえず、MovableType導入において、参考にしたページは以下のところです。
MovableTypeで行こう!
みんなのレンタルサーバ シフトウェブ

›2003- 9- 15

MovableTypeの続き

Posted by LSD at 22:49 / Category : Movable Type
今日も一日中、MovableTypeの設定変更をやっていました。
職場からパソコンまで持ってきて、内職仕事をやるはずじゃなかったのか>自分。
清志郎ライブレポをUPするんじゃなかったのか>自分。
ま、こんなもんだ。とうとう3日間遊んでしまいました。
ということで、苦闘10数時間、デザインを変更。なんだかよくわからないが、一応、動いて
いるようです。デザイン変更といっても、一から自分ができるわけもなく、というか、ほとんど
すべてを以下のサイトからいただいています。

2xUP CSS  3カラムのスタイルシートのテンプレートがあります。
そのほか、ARTIFACT -人工事実- Weblog-blog-ブログ ツールリストも参考になりました。

›2003- 9- 16

SION

Posted by LSD at 23:25 / Category : SION
SIONは、ファーストアルバムの「SION」が店頭に並んでいた頃、ジャケ買いしたのが出会いです。当時(1986年)は、まだまだCDなんてものはそれほど出回ってなく、熱中していた清志郎(RC)に興味を失って、STONESの既発表アルバムをほとんど聴いて、BLUE HEARTSがまだデビューしてなく(インディーズ盤が出ていたような気はする)、ろくに聴きもしないでBeatlesなんていまいちだぜなんて言いつつ、Zeppelinにちょっとはまって、Princeの凄さに気がつかない、そんな学生の頃でした。
レコード屋で異彩を放っていたそのアルバム、いったい何者なんだって感じの「SION」。
家に帰り、プレーヤーで聴いてみると、やけにパキパキとしたビートの効いたロックでありながら、詞が妙に気になる、でもって、なんといってもしわがれたSIONの声が印象に残る、イカシタアルバムだったのでした。これは、凄いぞと思ったものです。メロディもいいし。
それから、ちょっと遠ざかっていた時期もありましたが、今のSIONは、ひょっとしたら衝撃のデビューアルバムの頃よりも、よいです。
最新アルバム「ALIVE ON ARRIVAL」も、むちゃくちゃカッコ良いし、ライブも最高。
なぜか、Heavyな朝の支度の時は清志郎、疲れて帰宅した時はSIONというのが、私の定番コースです。
この二人、音楽性もタイプ(性格)もまったく違うのですが、ファンの方はけっこう重なっているようにも思えます。それと、SLIDERS(HARRY)もかな。
清志郎のデビュー時は、さすがに知らないのですが、SIONとSLIDERS(HARRY)はデビュー時からファンだぜ(でもって、今でも最高の最新アルバムを聴き続けてる)というのは、私のささやかな誇りだったりします。

HMV
ALIVE ON ARRIVAL

›2003- 9- 17

なんだか今日も

Posted by LSD at 23:38 / Category : その他
忙しかった。かけずりまわって、電話に対応して、協力会社さんと何度となくやりとりして、明日の準備をして、気付くと23時。それでも、やりきれないよーな感じを覚えなかったので、まだましか。
たまに、というか、三日に一度は、とてつもない空しさに襲われることがある。大概は、よかれと思って一生懸命やっているのに、それが空振りに終わるときだ。我侭でひとりよがりなしょーもない事だと判っているだけに、どーしようもない。
この前は、泉谷の春夏秋冬の歌を口ずさんでしまったなぁ。
人のためによかれと思い~西から東へ駆けずり回る~ ・・・しょーもない。

›2003- 9- 20

Mysqlへ移行

Posted by LSD at 17:12 / Category : Movable Type
また一日使って、カスタマイズ。というか、Mysqlにデータベースを移行した。特に意味もないのだが、Mysqlが使える環境なのに、使わないのもなーてな感じである。「Movable Typeで今すぐできるウェブログ入門」という本を購入したというのも一つの動機かな。
新たにインストールをやり直したので、移行というわけではないかもしれない。で、とりあえずは終了したので、こうして、新たに日記を書いたりしているわけだが、ぜんぶがうまくいったわけではない。「Rebuild」の画面が空白のままで、反映されない。なぜか、Entryを行うと反映されるようだ。わけわからん。

Amazon.co.jp
Movable Typeで今すぐできるウェブログ入門

›2003- 9- 21

清志郎ソロアルバム2枚組!

Posted by LSD at 23:1 / Category : Kiyoshiro Imawano
待ちに待った清志郎のソロアルバムが発売される。11月19日らしい。今夏の野音ライブや告知されているソロツアーから鑑みると、今回のアルバムは、たぶん、まさにこれぞ清志郎というものになるだろう。しかも2枚組み!ライブでしか聴いたことのない「WANTED」や「雑踏」、「おもちゃ」に「ウィルス」、「Give Me Love」そして極めつけ「Baby 何もかも」なんかが収録されているに違いない。
思えば、あの「RESPECT」から3年余り。Ruffy Tuffyからセムシーズ、LOVE JETS(これは違うか)とほんとに多彩な活動をしてきた清志郎だ。私は、評判のあまり良くないセムシーズも、Ruffyの実験的な音も好きだし、この前のツアーのときのLOVE JETSなんて、涙がでるほどかっこよかったと思っている。
だが、しかし、この前の野音のときの清志郎。恥ずかしながら、RCのライブを体験したことのない私は、あー、これが清志郎なんだーと改めて感じてしまった。その圧倒的な存在感。心を鷲掴みされるような感覚。そりゃーもう、ほんと、腰が砕けてしまった。
ということで、ソロアルバム。ライブで聴いた新曲群は、むちゃくちゃ良い。ほんとに良い。期待するなってのは無理な話だ。
退屈なこの国に、とうとう傑作アルバムが届くのだ。

›2003- 9- 23

SWEET LOVE SHOWER 2003

Posted by LSD at 18:6 / Category : ライブ
SWEET LOVE SHOWER 2003に行ってきました。昨日、0時過ぎまで会社に居たため、ふらふらです。なんとか、開演時間3時に野音に到着。ともかく席に着こうと観客をかき分け、ふと、ステージを見ると、なんと、三宅さんが、宮川氏がいるじゃありませんか。清志郎がトップだ!
で、席に座った瞬間に、お馴染みのイントロを三宅さんがかき鳴らします。「雨あがり」だ~!
清志郎がステージに登場!
てな感じで始まりました。メンバーは、梅津さんを除く先日の野音と同じ。
リストは、「雨あがりの夜空に」、「おもちゃ」、「サン・トワ・マ・ミー」、「WANTED」、「キモちE」、「Baby 何もかも」 だったかな。
時間にして、30分強のステージでしたが、すんごくかっこよかったです。終始、鳥肌立ちっぱなし。
もったいないかなとも思いましたが、他の方は興味がなかった(UAは観たかったかな)ので、さっさと野音を後にしました。野音の固い椅子に6時間はもちません。
なんだか、何度目かのピークを迎えつつあるような気がします。>清志郎

›2003- 9- 24

マニフェストって何?

Posted by LSD at 19:37 / Category : その他
最近、マニフェストという言葉をよく聞く。今日もNHKのアナウンサーが当たり前のように使っていた。どうやら、
manifest「明確にする」「はっきりさせる」という「形容詞」から出た「名詞」で、政治的には「宣言書」「声明書」ということになり、これまで世界中で政治は判りにくい、理解できないといわれてきたことから、「manifesto」を出すことによって、これからは、何に向かって活動していくか目的を明確にするために公開されるようになってきている。ただし、マニフェストは公約であり、守れなかった場合は責任問題が発生する。(マルチメディア・インターネット事典/デジタル・クリエイターズ連絡協議会)
ということらしい。
公約を具体的にしたものということか。日本において、初めてマニフェストを掲げた政治家は、三重県の北川前知事で、それが革新的といわれている首長を中心に広がったらしい。
そういえば、今まで、選挙というと、自民党とか無党派とか、芸能人とか有名人なんてことばかりが注目されてきたような気がする。マニフェスト、とてもいーじゃないか。それこそ、選挙の意味があるというもんだ。
マニフェストが総裁選の中心になれば、政治の引退とか、選挙に勝てるとか、そういうくだらない考え方はなかったはずだ。
って、清志郎の影響で、ようやく数年前から選挙に行くようになった私が偉そうに言うことでもないが。
(参考)
マニフェストが政治と行政を変える可能性
【マニフェスト】真の公約にするために

›2003- 9- 25

このサイトは

Posted by LSD at 22:49 / Category : その他
清志郎のファンサイトである。開設してから早2年が経とうとしているが、実は、管理人(私)に関することや、開設した意図のようなものは一切記載しなかった。清志郎のこと(特に最近、リアルタイムな情報)さえ紹介できればよいという考えがあったからだ。
が、なんとなく、いい機会(?)だし、ちょっとだけ補足しておこうと思う。
清志郎の情報が詳細なページを作りたいのさ。で、清志郎の凄さを世界中の人々に知ってほしい。そのために、ちょっとだけ努力をしているんだ。・・・MC風に書くとこんな感じ。
それと、個人的に、HTMLとデータベースに興味をもっていて、清志郎のぼーだいな曲や歌詞をDB化したいという目標もあります。
ということで、いきなり、ですます調に変わりますが、清志郎の曲のDB化を進めています。この半年くらい、全く進捗がなかったものの、昨日から再開。DB化といったって、パンチするだけ(そのまえの構築は大変です、素人なので)ですが。
でもって、曲データと歌詞の入力を同時に行っていたのですが、ちょっと方針を変えて、まずは曲名だけでも入力することにしました。今のところ、登録した曲は429曲(歌詞入力済みは328曲)になります。ようやく「秋の十字架」を超えたところなので、CD化されたものは、もうすぐ完了です。それにしても、多作です、清志郎。
まったく目途がついていないのですが、作詞名で抽出できたり、発表年月日でソートできればいいなぁって感じです。
でもって、それを使って、LIVEの感想ページを構築しなおそうとしています。こちらは、PHPで書くつもりです。
と、だらだら書き綴って、LIVEの感想が遅れているという言い訳をしているのです。

›2003- 9- 26

なんだかやっぱり

Posted by LSD at 23:44 / Category : その他
忙しい。プロジェクト(私のお仕事です)としては、最終局面に入っているところだと思うのだが、いまだにうまくいくのか、全く自信がない。ストレスもけっこうキツイものがある。
このプロジェクトに参加して以来、かれこれ1年半が経つが、今の方向がBestだったのか、自問自答のループ状態に陥る。もう、時期が時期なだけに、やるしかないのだが。
そんなときに、ふと頭に浮かぶのは、清志郎のわりとマイナーな曲「瀕死の双六問屋のテーマ」だ。
どんな圧力にも負けない
どんな無理解にも負けない
君はフツーなんかじゃない
君は特別さ
俺は負けない

とりあえずかもしれないが、なんとかやっていけるような気になる。

›2003- 9- 27

椎名林檎 実演ツアー@武道館

Posted by LSD at 23:40 / Category : Rock
椎名林檎「実演ツアー双六エクスタシー」に行ってきました。武道館に16時30分過ぎに着いてしまったので、ライブの前に北の丸公園を散策。かなり広くて、東京とは思えないよいところでした。なんといっても、野良猫数匹に遭遇したのに感動。ここの猫は、さすがに人馴れしていて、というか、歩道の上にふんぞり返って寝そべっていました。また武道館に行く機会があったら、ここに行こう。
ということで、初めての生林檎嬢。ファーストアルバムの「無罪モラトリアム」に衝撃を受けた私ですが、その後の展開は、?って感じだったので、まぁ、気楽な気分でした。ステージは、超シンプルで、上方にスクリーンがあって、そこに映像が映されるのが唯一の飾りといっていいくらいです。ステージ後方の席も開放していて、ほぼ超満員の観客。男女比はほぼ半々、ちょっと男が多いかなって感じ。中高生はいそうもなく、20~25歳くらいがメインの客層。まじめそうな方が多かったような気がします。
さて、肝心の演奏ですが、着物姿の林檎嬢、さすがに、歌がうまいなーと思いました。1曲目の「幸福論」は、ボーカルが走っちゃっていましたが、その後は、最後まで、パワーが落ちることなく、なかなかでした。可愛いし。ドラムは手数が多いのが気になりましたが、かっこよかったです。印象に残ったのは、「ギブス」、「罪と罰」かなぁ。
・・・が、やっぱり、私はR&Rが好きなのでした。R&Rから、どんどん離れてしまっている林檎嬢、ちょっともの足りなかったです。演歌からシャンソン、ジャズを混ぜた感じの曲群は、肌に合わず、うーん。まだまだ記憶に新しい清志郎@野音とかSION@野音のステージと比較しちゃうとなぁ。比較することは、意味ないとは思いますが。
とはいえ、並外れた才能の持ち主であることは間違いありませんので、今後も聴きつづけようと思います。
そういえば、このライブ、「お土産付」ということで、ライブ終了後、「お土産」をもらってきました。中身は、双六セットでした。これがなかなか豪華で、満足。こういう意味不明というか、悪く言ってしまうと役立たずのお土産、大好きです。

›2003- 9- 28

映画館

Posted by LSD at 23:54 / Category : その他
何気に毎日覗いているサイトのひとつに、Hiroe's Private Libraryの日記「椰子の実通信」があります。本の感想がメインのページであるだけに、文章がうまくて、なかなか面白い。ちなみに、読まれている本も、参考になります。
で、昨日の日記に、「私と同年代の人は、中学生が生徒同士で映画館に行くこと自体がご法度だった人もいるのでは。」と書かれていました。そーかなー。この方は、私より10歳近く年下のようなのですが、私が初めて映画館に行ったのは小学生の頃で、友達と一緒でした。忘れもしない(ってほどでもありませんが)、池袋の映画館、題目は「銀河鉄道999」です。アニメということもあって、小学生の客はさほど目立っていたとは思えません。
映画館といえば、金沢で立ち寄った映画館での思い出の方が、そのときの経験よりも、強烈です。ふらっと立ち寄ったところ、観客が私一人だったのでした。題目は、なんだっけ・・・、「未来の想い出」ですね。調べてしまいました。goo映画
監督が森田芳光、キャストに工藤静香、清水美砂、和泉元彌(!)、唐沢寿明、鈴木京香と、今思うと、凄いメンツです。あまりヒットしなかったのかなぁ。わりと面白かったような気がしますが。
ということで、広い映画館で、観客一人という経験は、このときが最初で最後でありました。

›2003- 9- 29

目覚し時計は歌う

Posted by LSD at 23:29 / Category : その他
私は、朝、非常に弱い。毎朝、目覚し時計(若しくはそれに代わるもの)を7つ使用しているのだが、それでも寝過ごすことがある。目覚し時計を止めてから、また寝なおすならまだいい。最後に鳴らすのは、タイマーでのFEN(ラジオ)なのだが、ふと気付くと、他の6つの目覚しもどきはすべて鳴り止んでいて(止めた形跡なし)、そのラジオだけが最大に近いボリュームでがんがん鳴っているという事態に陥ることが、年に1~2回ある。これは恐ろしい。
明日は、いつもより1時間早く起床しなければならない。あ~恐ろしい。ということで寝ます。

›2003- 9- 30

夢遊病 SLIDERS

Posted by LSD at 22:55 / Category : Harry
週が始まって2日目、早くも死にそーな感じ。
何から手をつけてよいか、こんがらがったまま、とにかくもう帰ろうと20時くらいには会社をでる。
帰宅してから、ふと、久しぶりにSLIDERSを聴きたくなって、手にしたCDが「夢遊病」。SLIDERSのアルバムのなかでは、かなり地味なアルバムだと思う。けだるさという点では、一番かもしれない。世間的には、このあと発表された「天使たち」でブレークしたんじゃなかったっけ。
私は、「天使たち」よりもこの「夢遊病」のほうが好きだなぁ。すごいナチュラルな音で、なにしろよい曲がそろっている。確か英国録音されたんじゃなかったかな。だからというわけでもなかろうが、なんとなく、パブロックって雰囲気も漂ってる。妙に力が抜けている感じがたまらない。
っつうことで、すでに4回ほど繰り返されているところだ。