›2011- 2- 23

『ブーアの森』 iPad版

Category : Book
忌野清志郎・作画の絵本を、清志郎本人による朗読音声、本人歌唱のテーマ曲「ブーアの森へ」等と共にお楽しみいただける電子書籍版です。
『ブーアの森』(TOKYO FM出版)は、忌野清志郎氏が地球へのメッセージ、子どもたちへのメッセージを絵筆に込めた17枚の絵と、児童文学の執筆などで活躍中のせがわきり氏の文で構成された「環境絵本」で、TOKYO FMの環境活動「アースコンシャス」の一環として、2002年4月に発行されました。それ以来、忌野氏の美しく、且つ迫力ある絵と、子どもたちに環境保護の大切さを伝える内容が評価を得続け、発売から8年以上経った今でも注文の絶えないロングセラー商品となっています。
この電子書籍版は、絵本として子どもも大人も楽しめる内容であることはもちろん、清志郎ファンには貴重な原画集でもあり、同時に本人の声や楽曲も聴くことが出来る、お宝的アプリケーションです。

iTunes App Store

3月21日現在で、450円です。

›2010- 6- 28

『BOYFRIEND おおくぼひさこ写真集』 発売

Category : Book

ぴあ

おおくぼひさこ×仲井戸麗市による、究極の清志郎写真集!
1977年から忌野清志郎を撮り続けてきた写真家・おおくぼひさこ。
これまで撮りためた膨大なキヨシローの写真から彼女自身が68枚を厳選、1冊の写真集として世に送り出すこととなりました。
写真に添えられるのは、 RCサクセション時代からの忌野清志郎の盟友であり、おおくぼひさこのパートナーである仲井戸麗市。
「キヨシローファミリーに捧げる」と銘打たれたこの本は、ふたりにとってかけがえのない“ボーイフレンド”である忌野清志郎の素顔と、3人が共有したかけがえのない時間が収められた写真集となりました。
(Amazon)

楽しみです。
おおくぼひさこさんオフィシャルサイトの「information」と「Gallery」に書かれているひさこさんとChaboの言葉が心に響きます。

›2010- 5- 6

『NAUGHTY BOY KING OF ROCK'N ROLL IMAWANO KIYOSHIRO』 発売

Category : Book

音楽出版社 2940円

デビュー40周年記念!
80年代半ばから1990年までのRCサクセションのライヴ、アルバム『COVERS』レコーディング風景、1990年以降のソロ・ポートレートを中心に、ミック・ジャガーとの2ショット、街頭ライヴ......など1985年から2007年にかけて撮影された未発表を多数含む写真約130点を"デジタル・リマスター"して収録した待望の1冊!
(Amazon)

フォトグラファー有賀幹夫さんによる忌野清志郎写真集です。楽しみ。

›2010- 2- 7

『地球音楽ライブラリー 忌野清志郎 増補改訂版』 発売

Category : Book

TOKYO FM出版 1910円
オリジナルアルバム&シングル、ベスト盤、コンピレーション、ビデオ&DVD他、「青山ロックン・ロール・ショー 2009.5.9 オリジナルサウンドトラック」、最新シングル「Oh!RADIO」はもちろんのこと、2010年2月までの最新データを更新した忌野清志郎ディスク・ガイド完全版。(Amazon)

3年前に出版されたディスク・ガイドの改訂版です。
もう3年経つのか。
Char、梅津さんのインタビューが掲載されるらしい。
TOKYO FM出版の「現在宇宙ツアー中で、地球では不在の忌野清志郎40周年Yearのスタートを飾る書籍になります。」ってのがちょっと嬉しい。

›2009- 12- 10

『エリーゼのために』 発売

Category : Book

角川学芸出版 1400円

2009年、急逝したKING OF ROCK忌野清志郎、生涯唯一の名詩集。詩という形で初めてわかる「清志郎の本当に伝えたかったこと」。「解説」は角田光代が書き下ろし。

1983年だったっけ、彌生書房から発売された清志郎の詩集「エリーゼのために」の再販(?)です。ようやくって感じです。でもとっても嬉しい。

›2009- 10- 17

『ぼくの好きなキヨシロー』 発売

Category : Book

WAVE出版 1995円

去る5月2日、ガンで亡くなった清志郎の40年来の親友、泉谷しげると加奈崎芳太郎(元古井戸)が、若き日の清志郎との衝撃的な出会いから、盟友を失った現在の決意を激白する!

›2009- 8- 22

『忌野清志郎の世界』 発売

Category : Book

ぴあ

8月22日からラフォーレミュージアム原宿で開催される「個展 忌野清志郎の世界」にあわせて、展示絵画作品や、展覧会では展示しきれない作品なども網羅した作品集が刊行されるようです。
ぴあ ニュースページ

›2009- 8- 20

『旅する清志郎。』 発売

Category : Book

小学館 1575円

キューバ、沖縄、九州、箱根…。去る5月に亡くなった忌野清志郎と、一番旅をしたメディアはビーパルでした。
派手なステージパフォーマンスとは裏腹に、メークをしていないときの清志郎は、シャイで知的な""アウトドアズマン""。
そんな写真・イラストなどを中心に、新たに取材した関係者の記事などを交えた、未公開情報満載の追悼ムックです。
また、キューバ取材を撮影した秘蔵映像のDVDが付録に付きます。コレはファンにとっても初めての映像で、たまらないものであり、話題性も大きいと確信しています。
この企画は、事務所(+ご遺族)の承諾を得ており、唯一の「公認」ムックでもあります。


HMV

›2009- 8- 8

『Dreams To Remember 清志郎が教えてくれたこと』 発売

Category : Book

飛鳥新社 1575円

★「トランジスタ・ラジオ」から29年…。
日本ロック界のシンボルでもあり、後続ミュージシャンに多大な影響を与えた忌野清志郎言行録。
1970年代のデビュー当時から現在まで、RCサクセション、清志郎へのインタビューを中心に、執筆構成。著者しか書き得なかった清志郎の素顔が、圧倒的なリアリティーをもって甦る。

›2009- 7- 29

『ロックで独立する方法』 発売

Category : Book

太田出版 1764円

どうすれば、この時代に、世間/会社/メディア/ファンetc...といった諸々に振り回されずに、自分のペースで自分流の自由・創作を貫けるのか?自身の長い体験と同時代観察を交えつつ語られる、忌野清志郎の決定版人生論。

HMV

「ロックで独立する方法」は2000年12月発売の「Quick Japan Vol.34」から2002年2月発売「Vol.41」まで8回にわたって連載されていました。
それらがすべて一冊にまとまっているとしたら、とても嬉しいです。
ここで展開されたテキストはとても刺激的で、どれもみな新鮮でした。
ちなみに、そのときの連載のタイトルはこんな感じ。
Quick Japan Vol.34 第一回「わかってくれない世間が悪い」
Quick Japan Vol.35 第二回「歌われていないことは山ほどある」
Quick Japan Vol.36 第三回「バンドマンの夢と現実」
Quick Japan Vol.37 第四回「「業界」からの独立 前編」
Quick Japan Vol.38 第五回「「業界」からの独立 後編」
Quick Japan Vol.39 第六回「独立は「自由」か「面倒」か?」
Quick Japan Vol.40 第七回「「バンド」からの独立」
Quick Japan Vol.41 第八回「・・・・最終回」

1 |  2 |  3 |  4  次へ